FC2ブログ

2018年11月16日、九頭竜川河口キス釣り


今日は晩秋でもキスが狙える九頭竜川河口に行ってきました。

夜勤明けで出発。
外は気温低く寒いですが、すっきりした青空で空気が澄んで気持ちいいー♪
まずは堤防の付け根部分からスタート。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投、PE0.8号、海草天秤25号、競技キススペシャル5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは沖から探ってみます。
6色からサビいてきますが全くアタリなし。
3色入っていいアタリ(^^)
ルンルンで回収しますが素針‥
あれ?
次も同じ距離でいいアタリ、しばらく粘って次のアタリが出てから回収。
素針‥
あれっ(泣)
ノリの悪い奴ばかりなんでしょうか‥
3投目でやっとキスの姿。

キスは居ますが同じポイントで続けてアタリあることは少なく少しずつ投げる方向を変えてポツポツ拾っていきます。
流石に河口、流木も結構釣れます(笑)

たまにマイクロサイズがパラパラっと釣れますが概ね18cm超えた美味しいサイズがアベレージ。

稀に5連ってのありました。

あちこち探ってみましたがどこも同じような感じでした。
アジ狙いのおじさま達が夕マズメの場所取りに続々と到着。
お昼過ぎた頃から風が強くなってきたのと、投げるポイントが狭くなってきたので午後1時30分早めの納竿としました。
晩御飯のおかず分には十分でした。

結果
10:30~13:30 九頭竜川河口
16~22cmキス 21匹(お持ち帰り分)



良型キスは大野の里芋と一緒にホイル焼き。

残りは唐揚げで頂きましたよ。
今日も美味しくいただきました(^^)

2018年11月11日、七尾北湾船五目釣り

今日のターゲットは、カワハギ、アジ、アオリイカ、キジハタ、カマス、キスetc
何でも狙っていくよーっとタイラバ、サビキ、餌釣り、ティップランエギングと釣竿満載、欲張り船五目釣り(笑)
先週の大川浜戦を戦った皆さんと船をレンタルして行ってきました。

午前6時、アルベルトフィッシングサービスさんでレンタルボート「アミーゴⅡ」を借りて出船。
まずは貴重な朝マズメ。
アジ、アオリイカが狙えるらしいポイントに。
水深20m、底の雰囲気も良さそう、とりあえずティップランでアオリイカを狙ってみます。
どれだけ探ってもアタリなし、朝マズメは不発。
湾奥に移動して浅場でティップランしていたdaiさんに良型アオリイカ(^^)
お見事サイズです。
何度もポイント流しますが生体反応薄い。
そろそろティップランやめてカワハギ狙いに行きましょう。
カワハギポイントではサビキマスターのハニさんが炸裂。
ウマヅラハギ、本カワハギを次々にゲット。
僕の竿にもアタリ出ますが乗せれません。
あれこれしているうちにアタリが遠くなり次のポイントに。
漁礁ポイントに到着。
ここはピンポイントでアジが炸裂。

サビキ仕掛けに変えた僕の仕掛けに25cm前後のアジが連発です。
1時間ほどアジを堪能し、お土産十分になったので、そろそろ別のターゲットを探しましょうか。
大きく移動してキジハタとアオリイカを狙います。
ここでもdaiさんがティップランで上手にアオリイカを連発。
根周りを攻めるハニさんにキジハタ、サンバソウ。
僕の竿にはベラとチャリコ‥
いいとこなしですわ(泣)
午後1時沖上がりとしました。

全員の釣果を合わせると何とか五目釣り達成。

良い天気でのんびり船釣りは心癒されますね。


アジ旨いー♪

2018年11月8日、片山津海岸キス釣り


そろそろ地元の浜キスも終焉しそうな感じ。
今年最後になるだろう片山津に行ってみました。

夜勤明けだったので、片山津に到着は午前10時前。
波はないものの少し濁り入ってます。
晩秋ならこれくらいのコンディションが丁度良いのかもね。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE0.6号、30号オモリ+自作天秤、掛けキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは遠投で沖から探ります。
目一杯投げたつもりですが、5色半‥
着底と同時にアタリ(^^)
いいねー

20cmオーバーのナイスサイズ。
その後も6色~5色ラインでアタリでポツポツ釣れますが、魚は薄いようで同じポイントではアタリ続きません。

少しづつ探りながら少ないアタリを拾って行きます。
小型のプルプルってアタリが続いてまったりしていた頃、突然竿先持って走る激震。
回収中も激しく引き込んで、コレは‥
やっぱり外道のクロダイさん。
お持ち帰りで(^^)
2時間ほどやって納竿。

結果
10:00~12:00 片山津
ピン~22cmキス 12匹(お持ち帰り分)


美味しくお刺身で頂きますー♪

今年の地元の浜は5月初旬から釣れ始めてとっても楽しめました。
来年も良い釣りができますように。
さー今週末はまた能登行ってきます(^^)

2018年11月4日、大川浜キス釣り

2018_11040002_R1.jpg
今日は能登の落ちギスを味わいたいっと輪島の大川浜まで車を走らせました。
結構広い大川浜、一人じゃ心もとないので隊員sさん、ハニさん、daiさんも同行してもらって大きく広く探ってみます。
大川浜に到着したのは午前6時過ぎ。
波はベタナギ、風は追い風、濁りもなくコンディション抜群。
朝は気温が5度と寒く気嵐で海上が真っ白です。
浜に降りて4人で広く探ってみることにします。
僕は町野川方向に歩いて探ります。
今日のタックルはがま競技29-405、XT遠投、PE06号、ショート発砲23号+自作天秤Ⅱ、ビクトルキス7号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは3色付近から探ってみますが、アタリなし。
少し投げて5色付近からもアタリなし。
波口を探るとフグフグ。
う~ん、釣れん。
んっ、向こうで竿出している投げ釣り師がいます。
どんどんこっちに歩いてきます。
あのシルエット。
後ろの車。
・・・
やっぱカンちゃんでした(^^)
大川浜の達人に出会えてラッキーです。
でも残念ながら全く釣果がないそうです(泣)
釣れそうな雰囲気ムンムンなんですけどね。
やっぱギャンブル性高いね、大川浜。
ちなみに隊員sさん、ハニさん、daiさんとも2~3匹はキスが釣れたそうなので全く不毛ではない様子。
カンちゃんは粘ってみるそうですが、僕らは更なるパラダイスを探しに能登半島を南下。

辺境の釣り場「皆月」に。
いつ来ても離島のような雰囲気で釣れそうな感じ。
残念ながら狙いの波止には先客の釣り師さん。
釣り場が狭いのでお邪魔になるのを嫌って近くの浜から竿出してみます。
2018_11040005_R1.jpg
ここでは早々に沖を探ったdaiさんにアタリでて20㎝キスを頭に3連。
2018_11040006_R1.jpg
1色の近くを探ったハニさんには20㎝オーバーのダブル。
皆さんお見事です。
シモリを攻めた僕には良型ベラとワッペンカワハギ(^^;
2018_11040004_R1.jpg
今日は外道も持って帰って食ってやる~♪
1時間ほど竿出しましたが、段々小型になって最後はピンがポロポロって感じで移動です。

折角奥能登に来たんだし、今日は輪島で最後までやりましょ。
2018_11040010_R1.jpg
次は鹿磯漁港の近くの砂浜。
大川浜から移動されていたカンちゃんが先に竿出されていて小型も混じりますが5連とかにもなって釣れるよっと。
ここで僕もおかずを稼ぐつもりでがんばろっと。
少し変化のありそうなテトラ近くを探ってみると竿先を持って走るトルクフルなアタリ。
リールシートが激しく震えます。
慎重に回収。
2018_11040012_R1.jpg
波打ち際で横に走ったのは23㎝キスのダブル(^^)v
次も期待で投げますが素針。
次も素針。
少し投げ点を変えるとまたまたアタリ。
2018_11040013_R1.jpg
コイツも20㎝オーバー混じって3連。
何となくポイント見えてきました。
それからはコンスタントにキスが拾えるようになり、釣れてくるのも20㎝前後ばかりで面白い~♪
1時間ほどでキスは散ったようでアタリなくなりました。

時間は丁度正午。
最後に鳴き砂の浜で有名な「琴が浜」で〆ましょう。
2018_11040015_R1.jpg
ここではハニさんが絶好調、すごいピンポイントを攻めて順調にキスを釣り上げておられましたよ。
2018_11040017_R1.jpg
僕にはフグフグ・・・(泣)
午後1時過ぎ納竿。

結果
6:30~13:30 大川浜~皆月~鹿磯~琴が浜
15㎝~23㎝キス 22匹(お持ち帰り分)
2018_11040020_R1.jpg
数は釣れませんでしたが、能登のキス釣りを堪能できました。
ご一緒していただいた皆さん、カンちゃんありがとうございました。

今日のキスは「チーズ in キスフライ」、「ベラフライ」、「ハギフライ」(笑)
2018_11040021_R1.jpg
ベラフライ、予想以上に旨かったです。
2018_11040022_R1.jpg
そろそろ地元の浜を終わりかな、最後に一度行けるといいな。

2018年10月25日~26日、能登エギング&ティップランエギング


休日出勤が続きますので、平日に代休の連休をゲット(^^)
今回は能登半島を回って、陸から海からアオリイカを狙ってみたいと思います。

まず初日は陸っぱりでエギング。
この時期だと日中のエギングは厳しいかな、朝と夕マズメが狙いです。
西風のせいで少し波が出て磯には上がれそうになかったので外浦の大きな漁港からスタート。

暗いうちに到着、狙いのポイントに入れてラッキーです。
辺りも白々としてきたころに小型のアオリイカ(^^)
気分が盛り上がってきましたが、同時に便意も盛り上がってきました‥
風がフッと止まったタイミングで竿先がスッと走りアワセいれますが乗りませんでした。
デカイのがいる、緊張します。
肛門括約筋も緊張してます‥
あぁー
あぁー
もう無理や‥
速攻で車に戻ってトイレまで爆走‥
朝マズメはトイレの中で迎えてしまいました(泣)
明るくなってポイントに戻りますが、気配なし。
磯場を見に行きますが、ウネリが入って乗れそうもなし。
仕方なく内浦側に逃げました。
1時間かけて内浦に、こっちはべた凪ですがやや強い向かい風、風向き大丈夫な小さな漁港をランガン。

生体反応薄いです。それでもセコイポイントを探って何とかイカの顔を見ることはできました。
昼間は何処かで昼寝して夕マズメに期待しよっと。
宇出津まで北上し「海洋漁業科学館」でイカの生態、イカ漁の基礎をしっかり勉強してきましたよ。


天気良くて気持ちいいので、外の公園のベンチでお昼寝(^^)
午後4時過ぎ、そろそろ夕マズメの準備しよっかな。
この頃から続々と人が集まってきてズラっとエギングの竿が並びました。
地元の方の話ですと、あまり調子は良くないそうです。
僕は3.5号のエギを出来るだけ遠投、沖のイカを狙います。
明るいうちは釣れそうもないので、隣のおっちゃんとワイワイ。

太陽が沈んだタイミングで釣り開始。
早速お隣さんにヒット。
すぐに僕にもアタリでてヒット。
キツめのドラグが滑ります、デカイわー
足場が高いですが、針の掛かりが良かったので強引に糸を持って引き上げました。

24cm、推定500g(^^)
それからもポツポツっと釣れました。
明日のことがあるので、午後7時納竿。
穴水の「なごみ」で温泉入ってマッタリ(^^)

明日は海の上から頑張るよ。
穴水の道の駅で車中泊。

2日目はティップランエギングでアオリイカを狙います。

お世話になったのは穴水の遊漁船Seabreezeさん、穴水新崎港から午前5時出船です。
暗闇の中、ポイントまで船を走らせますが予報より酷い風とウネリで湾の外に出れません。
湾内の風裏ポイントでアオリイカを探ることになりました。
10~25mのポイント、かなり風が強いので重いエギでやってみます。
早々に同船した小松の達人さんがヒット、なかなか良型。
すぐに連発。
おー、スゲー。

(Seabreezeさんから画像いただきました)
しばらくして僕にも20cmオーバーをキャッチ。
風が収まるまでと湾内をピンポイントで探ってアオリイカを狙っていきます。

2時間が経過した頃、風が弱くなったタイミングで湾からでます。
かなりのウネリ、怖いー(泣)
ライフジャケットの性能評価にならなければ良いのですが‥っと船長談。
巧みな操船で何とか水深30mのポイントに。
ウネリで船が揺れてアタリ取りにくいですが、小松の達人さんはここでも連発。
凄いなぁー
いろいろ釣り方教わって勉強になりました。
その後、風が止まって潮も止まってイカの活動も止まって修行の時間が続きます。
残り1時間、最後のポイント移動でイカの牧場に到着(笑)
バコバコではありませんが、絶えず誰かがヒットする感じで釣れるイカもデカイし(^^)

とっても良い釣りができました。
深場から上がってくるイカの引き、最高ですー♪
Seabreezeの山瀬船長どうもありがとうございました。

2日間の能登イカ三昧の旅でしたー♪
次はカワハギ狙ってみよーかな。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ