2017年7月30日、サマーフェスタ in かほく 白ギス釣り大会

2017_07300007_R.jpg
石川の夏といえば、かほく四季まつり~サマーフェスタ in かほくで開催される白ギス釣り大会、通称ブドウ大会。
この大会が終わると今期のキス釣り大会も一段落って感じです。
今年も盛大に開されました。

まだ暗い午前4時、会場に到着。
早速受付でゼッケンをいただきます。
久しぶりの皆さん、よく会う皆さんと情報交換。
最近の白尾、やはり遠投で数が釣れるそうです。型を狙うならやっぱり沈堤付近が狙い目なのかな。

午前4時30分、開会式&競技説明
2017_07300001_R.jpg
2017_07300002_R.jpg
2017_07300003_R.jpg
競技時間は午前5時から午前8時帰着の3時間。
競技エリアは白尾海水浴場~外日角まで、釣り上げたキスの総重量で争われます。
参加者は例年よりやや少なく118名。
まだ暗く、足元悪いので全員で浜に降りてからスタートです。

海はベタナギ、風は弱い追い風でコンディション抜群。
さ、どこでやろうかっと思いましたが朝は沈堤前を探ってみる算段でやってみます。
まず釣り座に選んだのは3基ある沈堤の左側の端。
7色出し切ると沈堤に届きそうで危なそう。
今日のタックルはトーナメントプロキャスターAGS33-405、トーナメントサーフ45、PE04号、30号オモリ+自作天秤、掛けキス4号12本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは沖から、7色ラインにオモリを落として探ります。
すぐにアタリ(^^)
結構いいアタリ5色まで探って回収。
13㎝~16㎝までのキス5連にチャリコ。
2投目も同じところで同サイズ5連にチャリコ、チャリコ。
いいね~
3投目も5連。
好調です。
4投目は色気を出して沈堤外側に遠投。
小型1匹とゴミゴミ・・・・
やっぱ沈堤絡みで攻めることに決定。
少しずつ横に探る釣りで6.5色~6色の狭いレンジをじっくり探って4連~単発。
ほとんど素針ありません(^^)
でも段々外道も増えてきます(^^;
さらに移動しますが、段々アタリ少なくなってあれれ?
沈堤際をタイトに攻めますがやっぱアタリは少なく元のポイントに戻って釣り再開。
このポイントが良いようで粘って探って3連、4連。
最後までここで頑張って競技終了。

検量に向かいます。
余裕をもって検量に向かいますが、最後の坂道は厳しいね~
汗だくで何とか検量所に。
40~50匹で786g。
2017_07300004_R.jpg

検量終了後は美味しいトン汁とおにぎりをいただいて皆さんでワイワイしながら遅めの朝ごはん。
2017_07300005_R.jpg
2017_07300009_R.jpg
旨いです~♪

さて、いよいよ表彰式。
2017_07300015_R.jpg
今年のかほく白ギス釣り大会を制して優勝したのは釣果1010gで和田選手でした。
8色~7色ラインのキスを狙って遠投されたそうで、抜群の遠投力はさすがです。
準優勝は917gで大野選手。
沈堤を超えた浜で7色ライン~5色をテンポよく探って8連、8連と好調、後半は失速したそうですが足を使った見事なスタイルで好釣果をだされておりました。
第3位は787gで若宮選手。
僕の近くにおられ沈堤の間を抜くテクニックと遠投で沈堤周りの良型を撃沈、26㎝のキスもいたそうで抜群のキャストコントロールがお見事でした。
僕は4位、ケンさんが5位、ごっちくんが9位とどすこいもがんばりましたよ~♪
最後にかほく市の油野市長が来年の景品に「ルビーロマン」を一房出すほうで検討しますと(^^)
来年が楽しみですね。
2017_07300017_R.jpg

お声かけていただいた皆様どうもありがとうございました。
早朝から準備していただいたかほく市のスタッフの皆様どうもありがとうございましたm(__)m
また来年もよろしくお願いいたします。

来週は鳥取行ってきます。
今度は砂丘でバトルじゃ~~(^^)

2017年7月23日、第16回フィッシングかがキス釣り大会

2017_07230005_R.jpg
今日は石川県加賀市塩屋海岸で「フィッシングかがキス釣り大会」が開催されました。
フィッシングかがさんは加賀市大聖寺にある釣具屋さんで片野~塩屋~波松エリアの良い釣り情報がいただけるのでこちらに釣行の際には一度お立ち寄りください(^^)

午前3時30分、ごっちくんにお迎えに来てもらって塩屋に向かいます。
塩屋海岸の駐車場に到着したのは午前4時。
すでに満車近い・・・
どうも別団体のキス釣り大会も開催されているようで、すでにスタートした後だそうです。

午前4時30分、開会式と競技説明。
2017_07230003_R.jpg
2017_07230002_R.jpg
フィッシングかがの社長さんからご挨拶と競技委員長の谷本さんから競技説明。
釣り上げたキスの総重量で争われます。
競技時間は午前5時15分から午前9時15分までの4時間。
競技エリアは塩屋海岸~上木海岸の一帯で約2㎞。
参加人数は約50名、一般の部とエキスパートの部、レディースの部の3部門に分かれて競われます。
一度でも釣り大会に参加したことがある人はエキスパートの部に振り分けられます。
昨日の試釣では小型のキスの数釣りが楽しめるそうです。
降水確率が高いので雨が心配ですが、何とか大会終了まで大丈夫だろうっとカッパなしで・・・・

開会式終了後、順次スタート。
塩屋海岸、石川県の最南端に位置する砂浜でアクセスが不便なため釣り荒れがなくキスのパラダイス。
一般的には塩屋海岸から奥に行けばいくほど良い釣りができるっと思ってます。
なので、迷いもなく歩きにくい砂浜を延々と30分歩きました。
2017_07230006_R.jpg
競技エリア最奥のワンドから釣り開始。
今日のタックルはトーナメントプロキャスター33-405、トーナメントサーフ45、PE06号、ウッドガンスリム25号+自作天秤、掛けキス5号12本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは中~近投でモーニングを。
が、アタリなく回収した仕掛けには藻・藻・藻・・・
波口を探りましたが素針。
周囲もポツポツ程度、あまり釣れてません。
さて、沖を探ろうと6色ラインを探って15㎝ほどのキス。
ゴミ多いです。
これじゃダメだっとエリア奥の旗際まで移動。
ここで山本さん、マサさんに6色~5色ラインで良いサイズがアタるっと教えてもらって20㎝オーバー連発。
ありがとうございます。
ワンドの中にはゴミが溜まってますが、ワンドの外はまだマシです。
アタリが出るのは6色ライン、広くサビくとゴミが付くので回遊待ちのスタイルで待ちの釣り。
粘っていいアタリでます。
24㎝の激震いただいました~♪
気分良かったですが、ここで土砂降り(泣)
風も吹いてずぶ濡れで寒いっす。
それでもアタリはでるのでテンションは維持できました。
2時間ほどでパタっと釣れやんでいろいろやってみますがアタリでず。
しばらくするとまた釣れだすような感じ。
後半1時間、一度失投してから急にキャストにコントロールが悪くなりました。
こんな時に限って隣のマサさんが遠投でいいのが釣れてくるようになりましたよっと20㎝オーバーを連発。
それなら僕もっと力入れますが、すっぽ抜け、引っ掛けでノーコントロール。
そのまま良型キスを追加することができず競技終了。

検量に向かいます。
エリア奥は総じて不調、僕の周りはマシなほうだったみたい。
良かったのは塩屋海岸付近だったそうですよ。
2017_07230009_R.jpg
僕の結果は16匹で525g。
2017_07230010_R.jpg
検量の列にはデカいキスの姿がありますね~、さすがポテンシャル高い塩屋海岸です。

すべての検量が済んで結果発表。
2017_07230023_R.jpg
エキスパート部門の優勝は愛知の石黒さん。
デカいキスがたくさん入ったバッカンが圧巻でした。
6色ラインの回遊待ち置き竿釣法だったそうです、素晴らしいです。
準優勝はマサさん。
僕の隣でした(^^;
お見事でした~♪
第3位の高野さんは多くのキスを釣って重量を稼がれておりました。
さすがですね(^^)

エキスパート部門の結果です。
2017_07230011_R.jpg

フィッシングかが釣り愛好会の皆様、フィッシングかが社長さん、お世話になりました。
皆さんの手際のよい進行、心温まるお心遣いどうもありがとうございました。
2017_07230020_R.jpg

大会終了後、土砂降りだった雨も上がったようなので隣の波松で少しやってみよっかとごっちくん、やまたかさん、KOCさんで波松向かいます。
2017_07230026_R.jpg
昨日の波松はバコバコだったそうで300匹オーバー@@
先週は時速98匹@@
デカいキスも釣れますと@@
到着後、早速投げてみます。
雨が心配なので車横付けできる楽チンポイントで。
1投目は活性の高いキスに出会ったようで6連バナナ・・・
2017_07230027_R.jpg
隣のごっちくんは13連。
2017_07230028_R.jpg
僕の2投目は10連。
次は9連。
さらに10連。
15本針でやりました。
2017_07230029_R.jpg
同じく針数増やしたやまたかさんには16連@@
2017_07230031_R.jpg
近くを探ったKOCさんに25㎝のキスダブル@@
恐るべし波松・・・・
釣りはじめと同時に降り出した雨でずぶ濡れ、寒くなってきたのでわずか5投で納竿としました。
僕は5投で40匹。
ごっちくんは5投で50匹。
バコバコですね。

今週末はかほく市白尾海岸でブドウ大会、美味しいブドウとトン汁が楽しみです~♪

2017年7月17日、ダイワキスマスターズCブロック大会

2017_07170006_R.jpg
鳥取県弓ヶ浜で開催されたダイワキスマスターズCブロック大会に参戦してきました。
今年の弓ヶ浜、近年稀に見るほどの好調が続いているそうでどんな戦いになるか楽しみです。

大会前日、日曜日の早朝に出発。
北陸道ー福知山ー国道9号ー鳥取ー山陰道ー米子のルートで向かいました。
昼間の下見は暑くて大変そうなので、夕方下見することに決めて鳥取で砂丘観光(^^;



鳥取砂丘ってこんな大きいんですね、ちょっと感動。



砂の芸術を堪能して、お昼は鳥取市の名店「中富」


魚介ダシの醤油ラーメン。
旨味の強いスープにコシのあるストレート麺、旨かったです。
弓ヶ浜に向けて出発。
到着は午後2時。
まだ暑いし車で移動しエリア範囲を確認。
西は展望駐車場前、東はログハウスの300mほど手前まで。
展望駐車場前で少しだけ投げてみます。
追い風が凄く普段は届かない距離でアタリ連発。
25cm前後混じって4連とか5連とか@@
凄いわ、弓ヶ浜。
釣った魚は海水浴の方に貰って頂きました。
明日は投げて投げて、力の限り投げることに決定。
ホテルにチェックインして体力つけるために肉喰いに行きました(^^)

大会当日。
午前4時30分頃に会場入り。
西日本を代表する猛者が集まっております。
粛々と準備。
エサも地元の釣具屋「釣好」のお父さん頑張ってくれました。
遠投主体に10度スプールにPE0.2号を数個追加。
オモリはタングステンのみ。
受付してゼッケン抽選はホワイトエリア。
東のエリアです。
午前5時過ぎ、開会式と競技説明。
参加者は55名、各エリアから上位40%の11名が2回戦に進出できます。
競技時間は午前6時から午前9時の3時間、午前9時30分までに検量場に到着とのこと。
各エリアが1kmほどと狭いので時間最後まで釣っても帰ってこれます。
スタート順も14番と中程、狙いのポイントはないので浜を歩きながらポイント探して歩いてエリア端まで来てしまいました(^^;
2017_07170002_R.jpg
釣れなかったら戻りながら探ろうと。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、ダイワ45、PE0.2号、トップガン30号、針は5号6本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
気持ち良いくらいの追い風なんで投げて楽しそう。
午前6時、競技スタート。
第1投目はフルキャスト。
この色は何色?と思うほど飛びました。
糸ふけもいっぱい出てるんでしょうけど(^^;
サビき開始からすぐにアタリ。
すぐに回収。
20cmオーバー含む3連。
周囲もかなりの連掛け、これはかなりのペースで釣らなければキツそう。
期待の2投目、回収は結構な手ごたえ、でも残り3色で何かに強奪され仕掛けごと全ロスト…
何かがいる…
その後も遠投のみで2時間、針数少ないので数はそこそこですが型が良いので重量戦では何とかなると信じてがんばりました。
残り1時間は欲張って6色以内を探って、6連とか(^^)
凄いな、弓ヶ浜。
時間いっぱいまで釣って1回戦終了。

検量に向かいます。
ありぁー、皆さん持ってますわー
半数の選手が1kg超え。
2017_07170003_R.jpg
僕の釣果は1226g。
大林選手は2300g超え、圧巻です。
ドキドキして結果待ちました。
何とか2回戦に進むことができました。

さて、2回戦。
23名の選手から秋田へのチケットは4枚。
狭い門です。
どこが良いかわかりませんが、昨日夕方投げた感じでは西側のキスが大きかったイメージ。
颯爽と西に向かって歩きますが、あら、半数以上の選手は東に(^^;
奥まで歩くと混んでいたので少し手前の川付近にクーラー置きました。
2017_07170005_R.jpg
2回戦開始頃からは更に風が強くなり、まさに神風(^^)
さらに沖を攻めれそうです。
第1投目、渾身のフルキャスト。
着底、糸ふけとったらすぐにアタリ。
半色だけサビいて回収。
22cmの良型含んで4連。
次も4連です。
型物は初めの1投目にきますが2、3投目は型が小さくなる感じだったので、釣れていても1~2投で移動しながら広く探る作戦に。
100mほど東に移動したポイント。
見た目は普通ですが、沖にオモリが食われるくらい大きなカケアガリがあります。
ここがパラダイス(^^)
届けば間違いなく25cmクラスが混じります。
竿先が持っていかれるくらいのアタリ、最高です。
その周囲のキスも活性高いようで食い上げ気味のアタリでバナナになりますがいやー楽しい。
最後まで釣れて競技終了。

検量は1600g超えと2時間の釣りではプライベートでもなかなか味わえない最高の釣りでした。

選手全員の集計が終わっていよいよ表彰式。
一等賞で秋田での全国大会の切符を頂けました(^^)v
2017_07170009_R.jpg
2017_07170010_R.jpg
秋田、頑張ってきます。
お声かけていただいた大勢の皆さま、どうもありがとうございました。

帰りは定番のラーメンをやめて「蒜山焼きそば」

美味しゅうございました。
今週末は地元の釣り大会。
楽しみです~♪

2017年7月9日、FISHERS SUPER CUP 投 石川県大会

2017_07090005_R.jpg
石川を代表する大型釣具屋「FISHERS」さんが開催する「FISHERS SUPER CUP 投 石川県大会」が石川県かほく市の高松海岸で開催されました。

7月の高松は小型の数釣り道場。
多点針を用いてのキス釣りが楽しめます。
今日は最高の天候、波もないし風もないし日差しも弱い(^^)
釣るよ~

早朝daiさんにお迎えに来ていただき高松を目指します。
到着時にはすでに駐車場は満車。
クリーンビーチ石川の海岸清掃のイベントも同時に行われるようで浜にはすごい人です。
早速受付してかっこいい帽子をもらってニコニコ。

午前5時30分、開会式と競技説明。
2017_07090001_R.jpg
2017_07090002_R.jpg
競技時間は午前6時30分から午前10時30分、10時50分までに検量所に到着のルール。
競技エリアは西は七塚小学校の沈みテトラ付近まで2㎞、東は高松の道の駅までの2.5㎞と広大です。
参加人数は100名弱とのことで広くエリアを使えそうです。
釣り上げたキスの総重量で争われます。
ここしばらくの高松海岸、遠、中、近とどの距離にもキスはいます。
サイズもいろいろとばらつくのでどこをどう釣ったら一番効率が良いか難しいです。

午前6時、海岸清掃開始。
2017_07090003_R.jpg
さすがにこれだけの人数でやるので一気に綺麗なりました(^^)
午前6時30分、抽選のスタート順で出発。
すでに競技は開始しているので遠方まで歩くとちょっと不利。
それでも道の駅付近が良かったよっと情報もらって2㎞東に歩きました。
最奥まで歩こうっと思ってましたが、途中の船溜まりで急に足が止まり釣り開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、ダイワ45、PE04号、タングステンデルナー30号、手返しキス5号10本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは6色~5色の深みを狙って探ります。
6色ラインでアタリでて3連(^^;
次はさらに沖に投げて7色~6色ラインで6連。
その付近の魚が良いようでしばらくは釣れますが魚は薄くなります。
人が少ないのであっちこっち移動してキスを探し時速20匹くらい。
沖のキスが少なくなったタイミングで近くで竿出されているいのたにさんに8連@@
7連@@
すごい。
思わず近くまでにじり寄って・・・(^^)
5色付近のキスを狙っておられるようで朝からずっとこのペースですって。
僕もお邪魔して6連、7連。
ありがとうございますm(__)m
少し潮が満ちたタイミングで群れがいなくなったようで単発。
元の釣り座に戻ります。
風が強くなる前にっと目いっぱいのフルキャストで沖を探りますが小型の単発。
どうしようかっと悩む僕にototoさんが近くでもキスいますよっと。
針を12本に増やして3色~2色狙いで7連、5連とキスきます。
最後まで近投でキスを探って競技終了。

検量に向かいます。
検量所はたくさんのキスを持った皆さんで大賑わい。
デカいのは少ないですが12~15㎝がアベレージだったようです。
2017_07090006_R.jpg
僕は1080g、推定70匹ほど。

検量・集計の間はシマノテスターの日置さんとダイワテスターの吉野さんとで新竿を用いた投げ講座。
2017_07090013_R.jpg
とってもわかりやすい説明で僕も明日から実践してみます。

いよいよ表彰式。
2017_07090011_R.jpg
2017FISHERS SUPER CUP 投 石川県大会を制したのは釣果1.3㎏の上越の名手 広瀬さん。
中~近距離のキスを手返し良く探って歩いたそうです。
準優勝は富山の小竹さんで釣果1.2㎏、沖~手前のキスを順番に縦に探って一帯のキスを一網打尽にしたそうです。
第3位はトシ兄貴で1.2㎏。
左エリアの奥、良型含めて釣り歩いたそうです。
皆様おめでとうございます。
2017_07090010_R.jpg
僕は何とか8位に(^^)v
今日は沖を探った選手も、近投で探った選手も、中間距離を横に探った選手とどのパターンでも上位に行けたようでなかなか面白い展開だったようですね。
大物賞はケンさん。
2017_07090012_R.jpg
総重量の部門でも5位、ダブル受賞。
さすがやわ~
お声かけていただいた皆様どうもありがとうございました~♪

帰りは「ラーメンとんとん」で反省会。

名物の担々麺いただきました。
やっぱ旨いわ。
来週は鳥取行ってきます。

2017年7月2日、G杯キス予選 高松海岸

2017_07020008_R.jpg
今期3度目のG杯キス予選会に参戦してきました。

地元の高松で開催、気合い入れて行ってきましたよ。
実は前日の土曜の午後に少しだけ下見。
2回の下見で良い感触を掴んでおりました。

午前4時過ぎに高松海岸に到着。
駐車場は満車。
天候は大きく崩れそうもないけど一応カッパを装着。
2017_07020004_R.jpg
海は昨日より波が上がってます。
近くの河北潟の放水路が開いて放水しているのでたぶん高松はゴミゴミでしょうと・・・・・

午前5時過ぎに開会式&競技説明。
2017_07020001_R.jpg
参加人数は120名弱、2回戦には上位20%タイまで。
海に向かって左のエリアが僕の勝負するエリアになりました。
右のエリアはポイントのムラが大きく釣れないところと釣れるところがはっきりしていたのでポイントは決まっていたのですが、左のエリアはイマイチ絞り難い。
最奥の川付近の小屋前くらいが大きな払い出しが出る場所なんで狙い目かな。
ゼッケン順にスタート。
僕は最奥を目指してテクテク。
あれ?
エリアがとっても狭く僕の狙いのポイントはエリア外・・・・・
ありゃ~
時間もないので少し戻って波に変化のある場所をポイントに選びました。
早速準備開始。
今日のタックルはがま競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04号、タングステンデルナー30号、シロギスファイン3号10本針仕掛け、エサはイシゴカイとチロリで挑戦です。
昨日は7~4色ラインでアタリが多かったので同じように狙ってみます。
まず第1投目、7色ラインまでフルキャスト。
着水と同時にアタリ(^^)
海の状態は良くなさそうですが魚はいるね。
しかし、漂流ゴミとぶっ飛び潮でアッという間に斜め45度まで流されます。
周りはお知り合いばかりで上手にかわしていただけたのでトラブルもなく回収。
あれ、素針・・・・・
お隣の選手にはダブル、3連とキスが釣れてます。
もう一度沖に向かってフルキャスト。
潮の流れにしたがって僕も浜を歩きながらの探り。
今度はピン1匹。
ん・・・・
桑原選手は5連とか@@
針減らして更に沖を狙います。
単発でキスが釣れてきますが、何かが違う。
1時間は仕掛けいじったりエサを変えたりといろいろやってみましたが効果なし。
時速6匹ほど。
少し明るくなって海を見直すと4色付近に明らかな浅瀬。
その瀬の周りを攻めてみると6連(^^)v
距離にして5色ライン。
投げ過ぎてたようです。
それからは素針なくキスを追加。
隣の高田選手も好調にキスを釣り上げておられました。
ゴミは相変わらず酷く道糸についた海藻がトップガイドに詰まってもう大変(泣)
皆さんのクーラーの周りには海藻の山ができてました・・・
こんな感じで修行の3時間の競技時間終了。

検量に向かいます。
僕は27匹。
2017_07020002_R.jpg
集計が終わりボーダーの発表。
僕らのエリアは24匹。何とか2回戦に進出できました。
右のエリアは少し下がって1?匹だったかな。

2回戦に進出した27名、全国大会への切符は4枚。
狭き厳しい門です。
決勝エリアは1回戦で使われず温存。
高いところから見るといかにも釣れそうな払い出し。
迷わずど真ん前に釣り座をゲット。
2回戦開始。
2017_07020003_R.jpg
同じパターンでしょうっと6色ちょっと投げて潮に流しながら5色で回収。
ルンルンで回収したら素針。
周りも素針。
そんな中、一人気を吐いていたのがどすこいのエブさん。
1投目は3連。
その後も素針少なく2連、単発とキスを釣り上げておられます。
同じことをやってるつもりですが僕は素針、素針。
これはアカン。
逃げるように左エリアに。
こっちはごり3さんのオンパレード。
4連、ダブル、3連とあっという間にツ抜け。
僕はまだ1匹・・・・
周りの選手も多くて5~6匹。
1時間ほどでキスは薄くなり素針の選手が目立ちます。
釣れない僕は当然悩みます。
薄いながらも沖を狙おうっとPE03号、針数落として渾身のフルキャスト。
風向き悪いですが会心の飛距離。
アタリもわからずピン1匹。
沖にはロマンがあるさっと現実逃避なのか・・・
残り時間は投げ続けました。
釣果は聞かないでください(号泣)
2回戦終了間際、ゴミに絡んでPE高切れ。
踏んだり蹴ったり・・・
競技終了。

集計が終わって表彰式。
2017_07020005_R.jpg
G杯キス 高松会場を制したのは湘南の上井さん25匹。
ダントツです。
準優勝はちぃむどすこいからエブさんこと江縁選手19匹。
第3位は石川屈指の遠投派、米田選手でした。
皆さんおめでとうございます~♪
2017_07020006_R.jpg

散々な結果の僕でしたが、いいこともありました。
2発高切れしたタングステン、どちらも無事に僕の手元に戻ってきました~♪
ちょっとうれしかったです。

帰りはちぃむどすこいでエブさんの祝勝会と次点に泣いたごり3さんを励ます会。

なかなか厳しい高松会場でしたがキスの居所と仕掛けを流すタイミングをしっかり極めた選手が上位を占めた様子でした。

さて、次の日曜は「フィッシャーズさん主催のスーパーカップ投 石川大会」
同じ高松海岸で開催されます。
がんばります♪
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ