2018年5月26日、シマノジャパンカップ北陸大会

2018_05260003_R.jpg
今日は福井県三里浜でシマノジャパンカップ北陸予選が開催されました。
なかなか都合つかずしばらくご無沙汰のジャパンカップ三里浜だったので、昨日は無理矢理有休とって下見して準備万端で今日を迎えました。

三里浜に到着は午前4時30分。
昨日はベタナギでしたが、今日は不思議なウネリが入ってます。瀬の周りはサーファーさんがいます。
下見の状況だと、浜もテトラ帯もそれほど状況変わらずで浜の奥で良型多く、手前の川付近は数がでるけど型がでない感じ。
重量勝負なので良型狙っていこうっと。
魚もそれほど濃くない感じだったのでボーダーは200g半ばくらいかなっと。

さて、午前6時開会式。
2018_05260004_R.jpg
今日の参加者は110名、2回戦に進出できるのは20%の22名。
最終的にセミファイナルに進出できるのは7名。
僕のスタート順は78番。
とりあえず浜の奥を目指して歩くつもり。
最奥を目指しましたが20分歩いて力尽きました。
昨日の朝は釣れんかったけど、午後から下見された方の話ですとこの付近もかなり良型交じりで良かったよっと。
今日のタックルはキススペシャルCX+、テクMG、PE06号、山本Vシンカー25号+自作天秤、掛けキス4号10本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
昨日は2色以内が良かったので、その付近を探りますがアタリなし。
周囲もアタリないみたいなので、少し奥に移動。
こっちは移動後すぐに激震入って23cm(^^)
その後もピンがパラパラっと釣れます。
魚は薄いようで30分ほどで止まりました。
最奥が気になりましたが、奥の密集はすぐにバラけたので釣れてないと判断し本部方向に戻る向きで移動。
途中、新潟の名手がパラパラっと釣りあげていたので隣でやらせてもらいますが、小さいアタリ入るものの針には掛からず‥
近くの夏目さんは朝から好調ですでに十数匹とのこと。お見事です。
更に戻ったところでセニョさんとぎっちょさんを発見。
お二人とも渋いながらもポツポツ釣りあげておられますが、僕にはアタリもでません。
すでに1時間以上アタリなし‥
更に戻って昨日好調だった川周りに。
こっち数は伸びているようで、15~16匹とのこと。
無理矢理お邪魔させていただきます。
K森さんは2色以内を攻めてポツポツ釣れますよっと。
チーム投げ北の坂元っちゃんも4色~2色でアタリますよっと、僕の目の前で3連。
僕の1時間30分かけて釣った魚を数投で超えていただきました。
少し沖めを探ろうと5色ラインから探ります。
4色入ったところでアタリ、小型のキスでしたが久しぶりのキスにちょっと嬉しい。
それからはさっきの不調が嘘のように3連、ダブルと釣れてきます。
しかしここで無念のタイムアップ。

検量結果は12匹で286g。
2018_05260005_R.jpg
200gは後半40分の釣果ですわ(^^;
続々と検量に来られます。
今年の三里浜はテトラ帯のキスが良かったみたいで数もサイズもでてました。
三里浜、難しいわー
2回戦ボーダーは325g。
ちなみに250gで50位ほどとのことなので250g~300gの方がたくさんいるみたいですね。
2回戦進出者はこの方々。
2018_05260006_R.jpg

僕は用事で買い物に。
岡惣かまぼこ店のはんぺん、旨いと評判らしいです。
今回はごぼ天、はんぺん、ばくだんの詰め合わせを(^^)
2018_05260007_R.jpg

来週は鳥取にお邪魔させていただきます。
たくさん釣れるといいな。

2018年5月20日、GFG関西北陸合同キス投げ釣り大会

2018_05200006_R.jpg
今日はGFG(がまかつファングループ)関西&北陸支部合同のキス釣り大会が福井県波松海岸で開催される予定でしたが、昨日からの荒れにより波松での開催は無理と判断。
会場を三里浜に移動して開催されました。
三里浜は沖にテトラが入れられており多少の波なら何とか釣りになります。
時折テトラを超える波が押し寄せますが十分釣りになるレベル、しかし北東の冷たい強風は厳しいレベルでした(泣)

早朝3時30分、ごっちくんに迎えに来てもらって波松に出発。
昨日からの荒れで多分釣りは厳しいやろな~
午前4時過ぎに到着。
GFG大会運営の皆さんで協議の結果、会場を三里浜に移すことに。
三里浜に向かいます。
こちらはテトラの内側なら何とか釣りになるかな。
濁りも少し出ていますが十分釣れそう。
全員集合したところで開会式。
GFG北陸の高田さん、宮本さんからご挨拶と競技説明。
2018_05200001_R.jpg
2018_05200003_R.jpg
2018_05200004_R.jpg
本日の参加者は48名。
三里浜のテトラエリアが競技範囲、競技時間は開会式終了後から午前10時30分本部帰着、釣り上げたキスの匹数で争われます。
競技スタートです。
どこで竿出そうが考えますが、やはりこの荒れ方だと少しでも水深のあるところがいいのかなっと大きなワンドの右肩に釣り座を構えました。
この付近が一番深そうです。
今日のタックルはがま競技Ⅱ35-405、投げリール、PE06号、30号オモリ+自作天秤、シロギスファイン4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは5色に投げてじっくり探ってきます。
4色ラインでいいアタリ(^^)
いるやん(^^)
追い食い待っても次はなさそうなので期待の回収は痛恨の素針(泣)
下から2番目のエサが綺麗になくなってました・・・
すぐにアタリでたのでこの状況でもキスはいるっと信じて次を投入。
しかし次はありません。
少し奥のケンさんが3連@@
隣にすぐに移動したマサさんにもキス。
おお、釣れるね。
僕もアタリのあった付近をネチネチ探りますがアタリなし。
試しに近くを探ると鈍いアタリでフグ・・・
なかなかキスが釣れません。
そんな中、マサさんに3連@@
2018_05200007_R.jpg
うっそ~~
隣の渡辺さんも単発ながら順調にキスを釣り上げておられますし魚はいるはずなんだけどなぁ~
狙ってる距離も間違いないと思うんだけどなぁ~
段々心も冷えてきました。
北東の風も冷たく体も冷えてきました・・・・
大野さんもポツポツと釣り上げているようだし、皆さんすごいわ。
僕は寒いし風強いしっと完全に傍観者モードで置き竿で待ち伏せスタイル。
釣り開始3時間、アタリもわからずマシーンのように釣りを続けていると・・・
おお!
海面に姿を見せたのはキスじゃん。
それも@@
4連(^^)v
2018_05200008_R.jpg
It'sミラクル
でも結局それっきりでした(^^;

検量に向かいます。
皆さん厳しい釣りだったようです。
美味しいお弁当をもらって皆さんでワイワイっと(^^)
投げ好き、キス好き、がまかつ好き最高ですね。

いよいよ表彰式。
優勝はこの荒れた海から13匹もキスを釣り上げた石田 匠さん(アカシアサーフ・石川鱚酔会)でした。
エリアの左側でキスを拾って歩いたそうです。
おめでとうございます。
準優勝は10匹で中田 健治さん(石川鱚酔会)本部前でじっくり探っておられたそうですよ。
第3位は大野 正浩さん(アカシアサーフ・石川鱚酔会)、エリアの右側を広く探っておられました。
大物賞は江縁 和人さん(ちぃむどすこい・石川鱚酔会)で19.5㎝。
第1投目で釣れたそうですよ。
2018_05200011_R.jpg
2018_05200012_R.jpg
入賞の皆様、おめでとうございました。
20180520GFGresult.jpg
大会運営していただいたGFG役員の皆様どうもありがとうございました。

さ~、いよいよトーナメント初戦「JC北陸」が今週末。
がんばるよ。

2018年5月18日、安宅の関キス釣り

2018_05180013_R.jpg
今日は夜勤明けでしたので、仕事を終えてから投げに行ってきました。
どこも好調のようなので、近くて楽ちんな勧進帳で有名な「安宅の関」で竿出すことにします。
駐車場から釣り座まで1分、冷たい自販機まで2分、綺麗なトイレまで3分のパーフェクトな釣り場です(^^)

到着は午前9時30分過ぎ。
先客さんが竿出されておりますが浜の端のほうなので状況不明。
2018_05180006_R.jpg
とりあえず浜の真ん中から釣り開始です。
今日のタックルはがま競技29-405、サーフ45、PE06号、宮島木オモリ23号+自作天秤、秋田狐5号10本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
沖にはテトラが入っているのでテトラ際の5色まで投げて探ってきます。
4色入ったところでいいアタリ(^^)
いるね~♪
アタリは続いて我慢ならん。
っと回収~♪
2018_05180001_R.jpg
20㎝~18㎝のいい奴が5連。
楽しっ。
あっち投げてもこっち投げてもアタリでます。
2018_05180004_R.jpg
1時間ほどは4色~3色をメインで探って最高5連まで。
今度は少し手前まで探ってみようっと4色~2色まで、魚は小さくなりますが数がついて8連(^^)
2018_05180007_R.jpg
でも2投目にはいなくなりました。
すでに晩御飯のおかずには十分なのでいろいろ探ってみることにします。
テトラの間を少し抜いて深みを狙うと竿先をひったくるようなアタリで25㎝のどすこい。
おデブちゃんなキスも多くて数はつきませんが型が良い。
テトラをタイトに狙っているとゴツゴツっとひときわ派手なアタリ。これは違う魚だわ~
ん?
オコゼです。
2018_05180009_R.jpg
30㎝弱のなかなかサイズなので背びれの棘に気をつけながらクーラーに。
このオコゼで心とクーラーは満たされて午後12時30分納竿としました。

結果
9:30~12:30 安宅海水浴場
14㎝~25㎝キス 49匹(お持ち帰り分)
2018_05180016_R.jpg
なかなか楽しい釣りができました(^^)v
今年は地元の浜が好調のようですよ。

今日のキスちゃんは‥
ナンプラーを使った「タイ風キスの唐揚げパクチー乗せ」
キスのマリネ
オコゼの味噌汁

オコゼとキスのお刺身、釣った翌日のほうが味あるね。

キスの生ハム風チーズ巻き。ピチッとシートで半日脱水。旨味凝縮でめっちゃ旨い(^^)

定番のキスの南蛮漬け。定番ですがいいねー
ごちそうさまでした。

2018年5月13日、穴水沖タイラバ


春のノッコミ真鯛のシーズン到来。
しかし、穴水周辺の沖はイマイチらしい。
釣れんかったら穴水湾のクルージングじゃっ。
s隊長とハニさん、僕の3名でレンタルボート借りて行ってきました。

今日の船長は僕(^^)v
穴水のアルベルトフィッシングサービスさんで20ftのボートを借りて出船です。
まずはオススメと言われた水深70mのポイント。
僕はスロージギング、s隊長はタイラバ、ハニさんはサビキ仕掛けと異種混合戦。
アタリませんねー
海底の変化も少ない様子。

次のポイントに船を走らせます。
こっちは底が荒いようです。
スロージギングの僕にアタリ、結構引き込みますが多分根魚ぽい。
浮いてきてもまた暴れだすので、なんだろっ?
赤い魚体?
オニカサゴでした。

結構良い型(^^)
その後、タイラバやってるs隊長にアタリ。
フッキングにはいたりませんが、アタリが続くのでヤル気でてきます。
10分後、s隊長にヒット。
タイ独特の3段引きやー、真鯛確実っと。

しっかり真鯛をゲット、お見事です。
サビキ仕掛けのハニさんにも穂先引き込む良いアタリ。

この魚もオニカサゴ(^^)
それから同じポイントを再度流しましたが、今回はアタリなし。
お昼頃からは雨と風がひどくなる予報なので、早めに根魚のお土産でも狙いに行きますかっと。
水深40mの根魚ポイントに。
こっちではs隊長に良型のキジハタ。
僕もタイラバに持ち替えて狙いますが、アタリませんねー。
やっぱ、一番アタリのでた70mのポイントに戻ります。
こっちで僕のスロージギングにまたまた良い型のオニカサゴ(^^)
お土産満足です。
よーし、これからじゃー。
しかし、この頃から風が強くなり船が流されて重いジグを使っても底取り出来ず。
波とウネリも出てきたので湾内に緊急退避。
湾内のポイントでアジかメバルでも。
ハニ隊員にアジ、でもポイント過ぎると全くアタリなし。
雨もひどくてずぶ濡れ。
帰港することにしました。
心配だった人生3回目の着岸も何とかなって無事に陸地に辿りつくことできましたよ。

大したことのない釣果でしたが、自分の操船で釣れた魚は格別ですね(^^)

オニカサゴの湯引き。
オニカサゴの胃袋ポン酢和え。

オニカサゴとキジハタのお造り

オニカサゴとキジハタの唐揚げ(^^)
どれもこれも旨いわー
まだまだ冷蔵庫で熟成中(^^)

2018年5月10日、能登島キス釣り

2018_05100014_R.jpg
今日は夜勤明けで能登島に行ってきました。
能登島のキスもそろそろシーズン開幕、丁度この頃がベラなどに邪魔されずにシモリ際などを狙えて楽しいんですよね~♪
まだハイシーズンのようにどこにでもキスがいるわけではなく、シモリ際とかアマモの際とか結構タイトに狙う必要ありましたが、いい釣りできましたよ(^^)

朝、仕事を終えてから能登島に出発。
金沢市内は通勤ラッシュ、いつもより時間かかります。
能登島大橋渡ったの午前10時過ぎでした。
雨の心配はありませんが、北からの冷たい風で気温も上がらず寒い一日になりそうです。
北の風を嫌って風裏になる南湾側で竿出します。
楽なのは「佐波~佐波漁港」付近。
2018_05100004_R.jpg
沖にはアマモやら海草地帯が点在しており結構ややこしい釣り場です。
風裏になるはずでしたが、右横からの強風(苦笑)
とりあえず探ってみることに。
今日のタックルはがま競技29-405、XT遠投、PE1.5号、ショート発砲25号+自作天秤、キススペシャル6号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
第1投目は5色付近から探ってきます。
アタリありません。
回収した仕掛けには海草、海藻・・・
綺麗に取り除いて2投目。
4色入ったところでいいアタリ入りました。
しばらく追い食い待ってみましたが、次がないので回収。
2018_05100001_R.jpg
20㎝の良型キス(^^)v
5色~4色付近が良いようです。
海藻が絡まなければほぼ毎回アタリでます。
いいアタリで釣れてきたのは22㎝のグッドサイズ。
2018_05100002_R.jpg
たまにダブルっても。
2018_05100003_R.jpg
型も良くって最高ですね。
1時間ちょっとでアタリが遠くなってきたのでポイント移動することに。

次のポイントはシモリ場。
2018_05100007_R.jpg
手前が藻場。
数年前には結構通ったのでシモリの位置はなんとなく覚えているはず。
早速釣り開始。
4色に投入。
確かこの向き4色から2色は大丈夫なはず。
慎重に探ります。
3色ラインでいいアタリ。
2018_05100006_R.jpg
ベラかと思いましたが24㎝の本日最長寸(^^)v
シモリ場のキスは走りませんね。
ゴツっと短く力のあるアタリ。
それからもシモリかわしながらポツポツと。
キスは少ないようで30分ほどでアタリとまりました。
う~ん、少し移動。
更にシモリの厳しいポイント。
探れるのは3色~2色の真ん中まで。
ここにキスが溜まっていたようです。
サイズは16~18㎝と小型ですが、3連、ダブル、3連と数は釣れます。
2018_05100008_R.jpg
いや~楽しい。
お持ち帰り分が結構いい感じなので、最後の30分は挑戦的にポイント開拓。
シモリに仕掛けを食われて交換面倒、気力もなくなった頃にいいアタリ。
回収中も激しく頭振っているのが伝わります。
いい型や。
水面に姿を見せたのはおそらく今日一番のサイズ。
し・か・し・・・・
少し気が抜けていたのか、手前の藻場を抜けるときに一気に藻の下に潜られ痛恨のロスト(泣)
残念・・・
そのままエサ切れで納竿としました。

結果
10:30~14:30 能登島
15㎝~24㎝キス 29匹(お持ち帰り分)
2018_05100012_R.jpg
ビッグワンはいませんでしたが、なかなか型揃えでした。
やっぱ能登のキス釣りは楽しいですね。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ