ギア其の242、「D-MAX投魂SS T-1」

今年の新作、SaqSasを纏った「D-MAX投魂SS T-1」
バレンタインのチョコはもらえませんでしたが、試供品いただきました。
D-MAX投魂T-1、トーナメントでは良くお世話になっている針です。

針が外向きの独特の形状&ナローゲイプ、この形状のおかげで違和感なくキスに針を飲み込ませ喉奥に掛けて釣る、素晴らしいコンセプトだと思います。
ここからは自論ですが、比較的小型のキスにおいては針を唇に掛けにいくよりも飲みこませて喉奥に掛けるってのが確かに効率良さそうです。外向きの針が喉奥付近に掛かりは早そうです。
キスの投げ釣りにおいてはアワセができない、すなわち向こうアワセの釣り。
針の鋭さ、刺さりの良さが非常に重要だと思っております。
特にキスが頭を振って針を外そうとするあのブルブルは結構強烈で、喉奥ではカエシまではしっかり針掛かりしないとキープ力も心配です。
今回の「D-MAX投魂SS T-1」では針の表面にフッ素系の特殊プレーティング加工をすることによって従来品よりMAX40%(平均20%)の刺さり性能UPだとか。
向こうアワセ、喉奥にしっかり、SaqSas、素晴らしいコンビネーション(^^)
以前のT-1と比べてみると色が黒くなったかな。

個人的には6~7月の白尾~千里浜付近のアベレージ15cm前後のキスにはT-1 4号がジャストかなと思ってます(^^)

シーズン中はキスの活性も高いのであまり針にはこだわりませんが、これからの春キスのシーズン、超低活性のキス、しっかり乗せれる針ってなんでしょうかね。
永遠の悩みです。

日曜は久しぶりに万葉で投げようかなぁ~(^^)
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ