第28回シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権~全国大会~

平成24年6月30日~7月1日、鳥取県弓が浜で第28回シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権全国大会が開催されました。
運よく東日本大会で切符をもらっていたワシも参戦、皆さんの素晴らしい釣技に圧倒されっぱなしでした。

6月29日(金)
勤務のシフトを変更して夜勤明け、仕事を終えてから鳥取に向かいます。
自宅から弓が浜までは約500km、ほぼ95%が高速道路なんで楽といえば楽。
平日昼間の高速はガラガラで約6時間ちょっとで無事弓が浜に到着。
下見の時間は1時間ほどですがとりあえず競技エリアを歩いてみます。
朝から下見されていた石川の皆さんにお聞きしてなんとなく状況把握、魚は3色以内、小型メイン、たまに20cm、数はポチポチ、ゴミ多い。
Aブロック、Bブロック、Cブロックと歩いて何度か投げて下見終了。
前夜祭の開催されるサンルート米子にチェックイン。
午後6時からの前夜祭は思いっきり楽しめました(^^)
お久しぶりのどすこいZOEさんともお会いしてワイワイと(^^)

6月30日(土)大会1日目
雨は降ってませんがお昼頃には降りだす予報。
幸い風は南寄りで波はベタ、昨日の漂流海藻はどこかに流れていったようです。
午前6時30分、集合でタックルチェック。
流石全国大会、入念なタックルチェックとボディーチェック。
その後競技エリアに移動。

ワシの第1試合はAブロック。
エリア左寄りに川の流れ込みがあります、その付近がよく釣れていた様子。
しかしワシの出発順は5番目、予想通り皆さん河口に釣り座を構えておられます。
ワシの入る余地はなさそうなので昨日のちょこっと下見で良かったエリア右端に釣り座を構えました。
いよいよ90分の競技スタート。
3色に投入。
すぐにアタリ、2色でもアタリ。
小型のダブル。
2色付近でポツポツキスを拾っていきます。
川の流れこみに入った選手があちこちに移動されているのが見えますので釣れてないのかな。
昨日はゴミで探れなかった波口のキスを狙いにいくと、これがビンゴ(^^)
バコバコ(^^)
6連、4連、6連と@@
気づくのちょっと遅れたのでまだまだ釣れそうでしたがここで競技終了。
検量結果は600g越えでAブロック1位をゲット(^^)v
ポイントに恵まれてラッキーでした。

第2試合はCブロック。
こちらは昨日は全く竿出せませんでした。
他のエリアとはちがって波口が小砂利、多分この付近でもキス狙えそうです。
スタート順は7番目と場所選ぶ権利はありませんので丁度空いていた本部前に釣り座を構えます。
予想通り0.5色の攻防。
上越の釣りと全く同じです。
しっかしいいアタリは連発するのですが針に乗らずイライラ・・・・
5号→4号→5号といろいろ針替えますがアタリの半分ほどしか魚をとれません。
これじゃアカンとガラガラのエリア左側を探ることに。
1色に沈む海草中にキスがいるようで1投ごとに移動しながらキスを拾っていきました。
こちらのキスは12~14cmの小型メイン、ほぼ素針なくピンをポツポツ釣って競技終了。
検量は380g、数はかなり釣ったのですがサイズが小さい。
河合選手は遠投で良型混じりで400g越え、エリアトップはじっくり丁寧な釣りをされていた伊藤選手で450g。ワシは第3位。

第3試合、Aブロック。
1回戦同様右端が良かったそうで前試合は横山さんがトップ。
ワシの出発順はまたも5番、なかなか思った場所に入れないもんです。
今度は反対に人気のなかった川の流れ込みで遠くを探ってみる作戦。
6色~5色でアタリでます。
小型ですが単発、ダブルでキスがついてくるのでワシは遠めを探ります。
隣の谷本選手は2色以内のキスを集中攻撃されておりテンポよくキスを釣っておられます。
30分ほど遠くを攻めてみましたが小型多く重量は稼げてません。
移動されてきた松田選手が良型含めて6連@@
ワシも真似して近くを探ることに方針変更。
2色以内でポツポツキスを拾っていきますが圧倒的にワシには釣れません(^^;
こりゃあかんと本部前に移動してゴミ周りを攻めて小型をポツポツ。
最後に小型ながら5連(^^)
検量に向かいますが小型キスが20匹ちょっとで260gで5位。
谷本選手は400gで断トツトップ。流石っす。

一日目の競技終了。
この段階でトップは谷本選手で勝ポイント22.83。
ワシは何かの間違いか5位と大健闘(^^)v
よ~し明日はコケないように頑張ろうっと。
ホテルでの夕食会は壮大な飲み会。いろいろと勉強させていただきました。
かなり飲んだかなっと部屋に帰ってベットに横になったら寝てしまったようで起きたら深夜0時。
一度起きてしまったらなかなか寝付くこともできず深夜TVで時間つぶし。

7月1日(日)大会2日目。
土砂降りです・・・・
幸い風はありませんが前が見えないくらいの雨・・・・
午前5時、昨日より1時間以上も早い集合でまだ真っ暗。

第4試合、Bブロック
初めてのBブロックです。
エリアの左に大きなワンド、昨日歩いてみても結構気になるポイントです。
でも昨日全くだったようで釣れたのは右側が良かったとの情報。
ワシ、スタート順が1番。ポイント選び放題(^^)v
エリア右側に釣り座を構えました。
この時点で自分の中ではよっしゃ~~っとここでバコバコじゃ~~。
エリアトップになるには300gほどいるかなっと算段。
後になってみればこれがイカンかった・・・・
競技スタート。
ルンルンで仕掛けを投入。
きっちり2色以内を探ってみますが素針・・・・
2投目もアタリなし・・・???
そういえば5色付近も良かったっと聞いたような・・・
投げて探ってみますがアタリなし。
隣の松田選手、斎選手も調子良くなさそう。
左のワンドに入っている選手に遠目で見て3連。
そっちか、ワシも猛然とダッシュしてワンドに向かいました。
移動後2色でいいアタリでマシなサイズ。
ピンをポロポロ。
しっかし回収途中で何かに奪取、ダツかな。
30分ほどで釣れ止んで全く生体反応なし。
選手の皆さんもあちこち移動されておりなかなか厳しい様子。
アタリは何度かでますが針に乗せられずに最後の30分はノーフィッシュ。
検量も100gに満たず6位。
トップの斎選手でも160gと厳しい釣りでした。

第5試合、Cブロック。
この段階ですでに決勝には進むことはできなくなったので後はスイカ目指して頑張るつもりで気合いいれましたが・・・・
ここはやっぱり手前砂利際の0.5色勝負。
両隣は横山選手と山本選手。
開始早々からいいアタリでますが針に乗りません。
3打数1安打の低打率。
そのうち目前に数匹のダツ、水面で何かを追いまわして・・・
10m隣の横山選手はポツポツとキスが釣れています。
う~ん何か秘技でもあるのかっと30分ほどじっくり観察。
わかりません。
明らかに良型と思えるアタリ、針にもしっかり乗せたと思いましたが素針。
心の奥でポキッと音が聞こえました・・・・
その後30分はダメダメ人間・・・・
ヤケクソで投げた6色でアタリでて小型が釣れますが時すでに遅し。
5匹60gで大撃沈(><;

決勝に駒を進めたのは谷本選手、横山選手、松田選手の3名。

いよいよ前半45分、後半45分の決勝戦の始まりです。
決勝エリアは2日間にわたって竿出し不可で温存、キスは濃そうです。
出発順谷本選手、横山選手、松田選手の順。
谷本選手はエリア右端、横山選手はエリア左端、松田選手はド真ん中。
残念ながら観客席からはすべての選手の釣果を見ることができません。
ワシは谷本選手の後ろで一挙手一投足をじっくり観察。
良型混じりで4連、6連と好調です。
1色から波口を重点的に攻めておられるようです。
3人ともかなり接戦のようで前半戦終了。
後半戦、一度叩いたエリアからは魚が薄くなるようで皆さん小刻みな移動をしながらの釣り、全く誰がリードしているかわかりません。
そのまま競技終了。
最後の2投で横山選手に良型混じりの多点掛けあったようです。
決勝戦見学中のワンショット。
ジャパンカップの歴史に名前を残した皆様。
これからジャパンカップに名前を刻む予定の皆様達(^^;

いよいよ緊張の検量。
第28回シマノジャパンカップ投を制したのは700g超えの釣果で横山選手でした。
前人未到優勝5回目の快挙おめでとうございます。
ホントに凄かった、投げてクーラーに腰掛けて小刻みに竿先でサビきながらの釣りのスタイルですが海の中が見えているのはっと思いたくなるほどキスがズラズラっと釣れてきます。
魔法にかかったように・・・・

石川の谷本さんにはいつも地元でお世話になっておりますが、決勝を闘っている姿はマジでカッコ良かった♡
松田さんも初めてお会いしましたがとっても初めてのファイナルとは思えないほど堂々たる姿、圧倒されました。

帰り道は延々6時間の一人反省会・・・
いろいろ見つけた反省点、地元でまだまだ修行に励みます。
声かけていただいた皆様、お世話になったシマノスタッフの皆様本当にありがとうございます。
来年も弓が浜に来れるようにがんばりますよ~~

では今週末は地元釣具屋の釣り大会、バコバコだそうで楽しみっす。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ