2月12日、穴水湾キス釣り

今日は一人で穴水湾を探ってきました。
いつもはウェーダーですが、今日は無理せずにノーウェーダーで挑戦です。
ちょっと水深浅めのポイントを中心にまわりましたので数は釣れないかなっと思いましたが、予想以上の釣れっぷりで寒い中頑張ったかいがありました(^^)

午前5時、自宅を出発。
昨日の好天で路面の雪はすべて溶けたようです、気温も2度ほどで路面凍結の心配もないようで快調に能登半島を北上しました。
当初の予定では能登島付近を釣査するつもりでしたが生憎の北西の強風というか爆風・・・・(><;
とっても釣りは成り立ちそうもないので、どこから風が吹いても竿出せる穴水湾に目的地変更です。
気楽な一人旅なので釣り座は普段行かないような小場所を中心に探ってみることにしました。
穴水に到着は午前7時前、結構雪あります。
まずはアクセス抜群の鯔待ち櫓前、キスは小型ですが駐車場からすぐに竿出せるので楽チンポイントです。
今日のタックルはプロサーフSF405CX、フリーゲン、PE1.5号、海草改造20号+自作天秤、ファーストキス5号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
確かここは3色~2色が狙い目のはず、4色投げてじっくり探ってくると2色ラインで小さいながらもキスのアタリ。
15cmほどの小型キス(^^)
それからもほぼ同じところでアタリが出て14cm~18cmキスを5匹ほど釣ったところでキスが散ってしまったようでアタリもなくなり移動することに。
移動先はちょっと説明難しい民家の軒先・・・・
静かに釣ってないと近所迷惑なんで静かに静かに竿出しました。
こちらは4色~3色でいいアタリ。
20cm級も混じって1時間ほど楽しめましたが、小場所ゆえ魚が散るもの早いようです。
能登島付近で竿出されているタムさんより入電「風が冷たい・・・・、キスも渋い・・・・」
午後から合流する約束してもう少し穴水湾を探ります。
次に向かったのは、超マニアック磯場。
ここは苦労の割にはあまり釣果に恵まれずで最近は来なくなってしまったポイントです(^^;
道路には30cmほどの積雪で車が入れないので徒歩でポイントに向かいました。
雪道を10分ほど歩いて到着。
いつもより潮が低く、丁度干潮のタイミングでしたので長靴でも磯に上がって竿出すことできました。
静かな海、綺麗な水、魚の雰囲気ムンムンでしたが全く生体反応ありません。
30分ほど根掛かりに苦しみながら完全に修行状態・・・・・
これだけアタリがでないのもびっくりだわっ、しかし3年ほど前に来た時に良かった小さな小さなワンドの中に試しに投げいれて見ると@@
2色~1色でいいアタリ連発(^^)
すべて20cm級(^^)
いやぁ~楽しい、30分ほど連発しました。
こんな小さなところに固まっていたようです。
もっと粘りたい気分でしたが、生憎長靴ですので潮満ちてくる前に撤収しないと大変です。
足早にあちこち探りましたが小型1匹追加で終了。
かなり奥まで歩いてきたので雪が積もった林道を歩いて帰るのが大変・・・・・
雪に足とられこけそうになるのを踏ん張って足腰ヘロヘロの難行苦行、20分近くかかって何とか車まで戻ってきました(^^;

午後からは能登島で竿出されているタムさんのところにお邪魔してご一緒させていただきます。
能登島入りは午後1時。
タムさんのお話ではかなり食いが悪いようでアタッても乗らないキスが多いそうです。
でも正午過ぎから潮が変わってキスの活性上がったのかポツポツ釣れ始めたそうでワシもヤル気満々でおりゃ~~っと。
4色でいいアタリ。
20cm級のダブル(^^)v
次も20cm単発。
それからも素針なくキスが釣れてきます、2月とは思えん・・・・
タムさんはちょっと早めに納竿されるようでお帰りになられました。
ワシはその後1時間ほどやって24cmをゲットしたところで午後3時納竿といたしました。

結果
7:00~15:00 穴水~能登島
14cm~24cmキス 38匹(お持ち帰り分)
写真は午後2時までの釣果です。

この時期にこれだけ釣れると満点っすね。
まだまだ脂の乗ったキスなんで美味しくいただけそうです(^^)

水温は徐々に低下中、これから段々厳しくなりそうです。
まだまだ頑張って釣りますよぉ~~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ