1月29日、穴水湾キス釣り

今日は今年初の穴水湾越冬ギスを狙いに行ってきました。
もちろんウェーダーゲームっす(^^)
吹雪の中の寒中修行でしたがキスは活性高く楽しい釣りができましたよ。
寒い修行の後にはとっても美味しいご褒美が・・・・(^^)

早朝4時、自宅を出発。
途中でケンさん、shimaさんと合流し能登穴水湾を目指します。
ほぼ2ヵ月近くぶり、とても久しぶりな感じです。
風は弱くどこの磯でも上がれそうなんで車中で作戦会議。
ウェーダー部隊でもアクセスが厳しくあまり行かない辺境の磯場を目指すことになりました。
かろうじて除雪してあるくらいの細い道をクネクネ走ってなのとか午前7時前に到着。
気温は恐らく0度~1度の激寒、ウェーダー装着、防寒着をしっかり着こんでホッカイロをあちこちに忍ばせて・・・・モコモコに着ぶくれて準備完了。
こんだけ着こむとトイレが大変なんですよねぇ~(^^;
特攻隊員のケンさんが冬に埋もれた道をラッセルしながら力技で道を切り開いてくれました。
20分の悪路、水の中を四苦八苦しながら何とか釣り座に到着。
幸い潮は低く広大な磯場が姿を見せており釣りやすそうです。
ワシが手前、隣がshimaさん、ちょっと奥にケンさんの布陣で釣り座を構えました。
早速準備開始。
今日のタックルは能登戦用プロサーフSF405CX、フリーゲン、PE1.5号、海草改20号+自作天秤、ファーストキス6号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
久しぶりの釣り座でポイントの記憶が曖昧・・・・
2色ほどの近距離勝負やったかな?っと手前の磯際をしばらく狙いますがアタリなし。
隣のshimaさんに3色ラインでアタリが出るそうなのでもうちょっと沖を探ります。
教えていただいた通り3色の半分くらいでキスのアタリ。
今回から今までナイロン力糸だったのをPE力糸に変えたのでアタリはビンビン(^^)
16cmほどの小型のダブル。
小型がポツポツと釣れてきます。
たまにキスとは違うアタリがでて針がなくなるのでフグの仕業かな。
仕掛けの消費が早いです。
丁寧に底を探ってシモリ際で激震。
がっちり乗ったようで手前に藻に食われないように高速回収。
回収中も激しく抵抗したのはでっぷり太った25cmのキスでした(^^)v
その後は小型のみ、数はそこそこでます。
サイズアップを目指して大きく移動して、もうちょっと水深のあるポイントを探ってみることに。
しかしこちらはモロに風表、横殴りの雪が吹き付けて寒いこと寒いこと。
寒さに凍えながらそれでも近距離をじっくり探っているとコツっと小さなアタリ。
アタリの割には魚は大きいようでアベレージは20cm前後。
1時間ほど竿出しましたが寒くて限界。
その後はまた風裏に戻ってまったりのんびりモードで午前11時30分まで釣って移動しましょうかってことに。
次に向かうはこれまたマニアックなポイント。
5色~4色付近が底が荒いようで集中的に探りをいれます。
ケンさん、shimaさんも4色でアタリが出るようですが食いが渋いようで素針回収。
ワシに何とか15cmほどの小型キス。
その後すぐに根掛かりでプッチン。
手がかじかんで糸結び不能でわずか2投で納竿といたしました(^^;

結果
7:30~12:30 穴水磯
14cm~25cmキス30匹(お持ち帰り分)
いいサイズもそこそこ混じって楽しい釣りでした。
その後は穴水で開催されている「雪中ジャンボかきまつり」の会場に。
いや~この悪天候の中ですが大勢の観光客で賑わっておりました。
牡蠣、牡蠣ご飯、牡蠣の味噌汁、海鮮焼、貝焼きと炉端は新鮮魚貝でいっぱいになりました。
アルコールが飲めないのが残念ですが濃厚な焼牡蠣を堪能してデザートも食って満腹で帰路につきました。
帰りは腹いっぱい&暖房効いた車中で眠いこと眠いこと・・・・

釣りも最高、牡蠣も最高でとっても楽しい一日でしたよ(^^)
また来年も来よっと。

今週末は大阪フィッシングショー、今年の投げはちょっと寂しい感じですがいろいろ見て回りたいと思います。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ