12月30日、能登島キス釣り

2011年最後を締めくくる納竿釣行に行ってきました。
今年の能登島は熱いなァ~、シーズン真っ只中のように好調でしたよ(^^)

早朝5時、自宅を出発し途中でshimaさんと合流して能登を目指します。
気温は1℃、強烈な寒気の影響で今日は気温の上がらない寒い一日になりそうです(^^;
幸い道路は凍結していないようなんで能登島までは快適なドライブでした。
さて、どこで竿出しましょっかっと車中で作戦会議。
やっぱウェーダーでしょ(^^)
いろいろ候補地はでましたが、今回はワテらがキスでは未体験な往年のカレイ釣り場で有名なポイントに向かうことにしました。
島に到着は午前7時過ぎ、アウター+ミドラー(シマノ表示で+12)の激寒仕様+ウェーダーを装着。
歩きにくい磯場をテクテク15分歩きました。
久しぶりのポイントでしたが最近は人があまり入っていないのか道も荒れ気味。
まずは大きな椿の木の前から釣り開始。
今日のタックルはプロサーフSF405CX、フリーゲン、PE1.5号、ロック20号+自作天秤、キススペ10号3本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
天気予報では南西の風との予報でしたが、生憎の北西の強風・・・
向かい風ビュービューです(><;
冷蔵庫のチルド室くらいの気温で風も冷たいし厳しい状況です。
気合いでがんばります(^^)v
まず1投目。
3色に投入。
サビきと同時にプルプルとキスのアタリ。
あまり大きくないようで15cm~16cmのダブル。
お隣のshimaさんも同サイズ。
3色以遠には15cm前後、手前はフグの様子。
移動しますが段々風が強くなり吹雪いてきます。
しばらく木の陰で嵐が止むのを待ちました。
1時間ほどは小型主体、更に奥に移動。
移動先は2色以内がザクザク、根掛かり連発。
しかしこの根掛かり寸前がポイントらしく24cm混じって20cm超えがパタパタっと釣れます。
しっかし30分ほどでまた吹雪・・・
またも休憩(><;
こんな感じで3時間ほどやりました。
さすがに寒い冷たい北風に晒されていただけに体も冷え切ってそろそろ限界。
風の当たらない風裏に移動しましょうってことに。

能登島近くには加賀、越中の投げ師が集結しているようで状況をお聞きますがどこも好調とのこと、バコバコですよですって(^^)
ワテらも合流しようかなっと思いましたがその前に能登島内でもかなりマニア度高い釣り場を探ってからにってしましょうってことに。
これが良かった(^^)
マニア場は水深深め、カレイの一発場でも有名なとこです。
キスは2色以内がバコバコ。
しかも20cm超え連発。
shimaさんには25cm超え(^^)
20cm超えダブル
ワテには34cmの分厚いイシカレイ(^^)
1時間ちょっとでワテの8リットルはほぼ満タン。
それからは針数を1本にしてキスと一騎打ちじゃっとアタリ即アワセ釣法で(^^;
午後12時30分まで釣って納竿といたしました。

結果
7:30~12:30 能登島
15cm~24cmキス 38匹(お持ち帰り分)
34cmイシカレイ
帰り道はひょこりの湯でのんびりのはずでしたが生憎の休館日・・・
ちょっと足を延ばして志雄町の温泉でのんびりして帰路につきました。

2011年の釣行もこれにて終了。
今年も釣り三昧な一年でした。
あちこちでお会いしました皆さま、いろいろとお世話になりどうもありがとうございました。
来年も更に釣りに精進いたしますよ(^^)
では皆さま良いお年もお迎えください。
また来年(^^)v
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ