9月18日、第3回どすこい杯争奪キス釣り大会

ちぃむどすこいが主催するD杯もすでに今年で3回目、今回も遠方から参加していただき賑やかに開催することができました。
ワテらに日頃の行いのおかげなのか雨マークの天気予報がD杯当日のみ好天、さらに先週の台風一過から千里浜のキスはさっぱりだったのが好調に急転しキスもしっかり釣れてとてもよい一日になりました(^^)

午前5時30分過ぎに千里浜に到着。
海はベタナギ、風はやや追い風で絶好のコンディション。
すでに大勢の参加者の皆様が集まっておられました。
早速大会の準備開始いたします。
次々に受付においでくださる方々に検量カードを参加記念のステッカーをお渡ししていきます。
今回の参加賞のステッカーはプロに委託して立派なものを作りました。
今年の参加者は37名、東は千葉県、西は大阪からもお越しになっていただき感謝感激です(^^)

午前6時15分、開会式
大会実行委員長のG3さんよりご挨拶と競技説明。
どすこい杯は釣ったキスの中から選抜10匹の重量で争われます。
皆さん思い思いのポイントに向かわれました。
前日までの釣況ですと釣果が狙えるのは朝の数投、日が上がるとさっぱりとのパターンのようで朝の30分が勝負になりそうです。
ワテは本部前のエリア右端にototoさん、マスターズサーフS山さんと並んではいりました。
午前6時30分競技開始。
今日のワテのタックルはプロスカイヤーDHZ27-405、フリーゲン、PE06号、木オモリ23号+自作天秤、キススペ6号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは追い風に乗せて6色付近からサビき開始。
すぐにアタリがでてニヤリ(^^)
そのまま追い食い誘って3色までじっくり探って回収は15~16cmが3連(^^)v
おおっ、釣れるやん。
周りも結構釣れてるようでキスが鈴なりになって上がっているのが見えます。
中でも圧巻なのはエボさんの釣果、周囲はおよそ2~3連なのにエボさんは5連、6連とバコバコ、凄いっす。
しかし予想どおり30分が過ぎたころからアタリは急激になくなりガッチョ、ハネなどの外道が多い様子。
ワテも一旦竿を置いて競技エリアを偵察に向かいました。
Uさんお見事(^^)皆さんやはり朝一が良かったようで20cm近いサイズも結構混じったようです。
距離は5.5色と手前3色付近が良かったそうです。
釣れない時間が過ぎて皆さんがまったりしはじめた頃から風向き変わり海がややざわめき始めた頃からキスの活性が上がったようでまたまたキスが釣れ始めキスがずらずらっと釣れているのが見えました。
日射しもかなり強烈、更に生ぬるい南風が吹き込んで暑いこと暑いこと・・・・(^^;
暑い中釣りにがんばっている皆さんに申し訳なりっと思いながらもワテは竿をたたんで検量準備に励みました。
午前10時、競技終了。
続々とキスが検量に持ち込まれます。
今回からは一番大きなキス1匹の重量で決まる「1匹どすこい賞」も新しく設けられたので自己申告制で大きなキスを提出していただきました。
20~30匹の釣果があった方が多く数日前の状況でこれだけキスが釣れるとはびっくりでした。
集計作業が終了したところでいよいよ表彰式の開始。

第3回どすこい杯争奪キス釣り大会を制したのは・・・・
10匹重量408gの静岡から参戦してくださったSBさんでした。
この海からこれだけの釣果、お見事な釣り腕です、どうもおめでとうございました(^^)
準優勝は惜しくも2g足りず、釣果406gで投梁さん、おめでとうございます。
第3位は391gですけさん、朝一のスタートダッシュでかなりの重量を稼いだとか(^^)
第4位は385gで太田さん
第5位は362gで佐野さん
上位入賞者の皆様素晴らしい釣果で本当におめでとうございました。

注目のたった1匹のキス重量で決まる「1匹どすこい賞」は
なんとこれまたSBさん。
23cm90gのお見事サイズで圧勝。
ことしのどすこい杯はSBさんの一人舞台でしたね(^^)

その後は本大会に協賛していただいた能登家族旅行村Weランドさん、フィッシャーズ金沢店さんより提供していただいた豪華景品を賭けての大抽選会。

お忙しい中参戦していただいた皆様、本当にありがとうございました。
拙い運営でご迷惑をおかけしましたが楽しんでいただけたでしょうか?
ちぃむどすこいのモットーは楽心至上主義、これからも楽しんでキス釣りができる場を提供していきたいと思います。
また来年お会いいたしましょ~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ