6月11日、シマノジャパンカップセミファイナル北日本大会

昨年のジャパンカップ上越予選でセミの権利をいただいておりました。
約一年の時を経過してジャパンカップセミファイナル北日本大会が新潟県上下浜で開催されました。
我武者羅にがんばりました、今できるだけの精一杯の自分の釣りを・・・・・・
後悔しないために・・・・・

6月10日、セミファイナル前日。
なかなかお休みが取りにくく金曜は勤務変更をお願いして夜勤明けで出発です。
顔は怖いけど心優しいhppさんがお疲れやろうから富山まで来たら乗っけてってあげるっと、本当にありがとうございましたm(__)m
平日でガラガラの北陸道を北上、上越名物の電気屋の釣具屋?「いせや」さんで予約してあった活きの良い極上チロリを購入して上下浜に到着は午前11時頃でした。
天気抜群、海況抜群でキスの匂いを感じます。
タックル持って浜に降りるところでS野さんにばったり、ガッチョパラダイスでキスはポツポツしか釣れませんよっと。
厳しい試合になりそうです。
早速左エリアから竿出してみます。
エリア端近くまで歩いて順に探ってきますがガッチョ、ガッチョ、ガッチョ・・・・
時折いいアタリでデカイガッチョ・・・
キスは不在。
しっかし右に移動した先でねじさん、タケちゃん、mitto師匠さんとお会いしたところでキスバコバコですよ~っと。
型はちょっと小型ながら4連、5連とキスが釣れてきます。
もうちょっと歩くとキスが釣れなくなったんでこの付近を要注意ポイントとして登録(^^)
その後ランチにいつものラーメン屋。
O本さんにばったり出会ったんで上越で今まで疑問だったことをいろいろ教えていただいてラッキーでした。
食後は浜に戻って下見の続き。
今度は右エリアから探ってきます。
丁度石川、富山のキス名人達も竿出すところでしたのでこっそり後をつけてストーカー(^^;
キスが周ってくるとバタバタっと連で掛かりますがそれまではさっぱり・・・
でも型は明らかにこっちのほうが大きいです。
明らかなパターンもつかめずに午後5時過ぎまでがんばって納竿。

今夜の宿泊地の温泉付きホテルに向かいチェックイン。
温泉で体の疲れを癒した後で同宿のねじさん、タケちゃん、mitto師匠さんと宴会のスタート。
まぁ皆さん美味しそうにビア、酒をグイグイ(^^)
ワテは途中でペースダウン、午後10時近くに部屋に戻って爆睡でした。

6月11日、大会当日。
午前2時前、意味なく起き出してしまって・・・・
ゴロゴロウトウトを繰り返し午前4時にチェックアウト。
会場に向かいました。
大会会場にはすでに大勢集まっておられお久しぶりな方々にご挨拶。
丁度この頃からポツポツと雨が・・・・
面倒だけど濡れると嫌なんでフルにカッパを着こんで受付に。
今回のセミファイナル北日本大会の参加者は36名のようです。
ゼッケン抽選の結果ワテはA-15、B-13、A-1。
午前5時30分、開会式&競技説明。
ゼッケン順にエリアに分かれます。

第一試合 Aエリア
ワテの出発順は15番目と後方スタート。
昨日の下見では魚は小型で薄い印象。
目星付けた付近で竿出せたらいいなっと。
順々にスタートです。
駐車場に一番近いからか一般の釣り人も大勢いてワテの出発順では狙ったポイントには入れずもうちょっと奥に釣り座を構えました。
午前6時30分競技開始。
1投目から激震で20cmゲット。
昨日はいなかったサイズににんまり(^^)
このままバコバコじゃっと思いましたがそれからはガッチョ天国・・・・
エリア右端の選手がこちらに移動してくるのであっちは不調なのかなっと釣れないワテも今の場所でステイ。
しかしどんだけがんばってもガッチョ・・・・
何とか競技時間内に3匹、検量に向かうと皆さん持ってますやん・・・
こりゃ初戦から大きくコケちゃった様子(><;
そこそこサイズ3匹で95gで第一試合は11位で終了。

第2試合 Bエリア
こちらは第1試合の結果から結構キスが釣れている様子。
型もいいようでトップは700gだったとか。
今回スタート順は13番を後方。
皆さん好調だったエリア右端に向かって猛ダッシュ。
ワテも向かいましたが辿りつけずにエリア中央で竿出すことに。
両側を広く見渡せる場所なんで釣況に応じて移動のつもりです。
この頃から天気予報外れて土砂降り、風も出始め波もちょっと上がってきました。
さて競技開始。
すぐに15cm級が連で釣れますが釣れるペースは遅くこれじゃとっても上位を狙えません。
エリア右の選手もこちらに移動してこられますのであちらもイマイチなのかな。
ワテは比較的スペースの開いている左に移動しながらキスを探りますがかなり薄くポツポツ程度。
ここでエリアの左端がガラガラなのに気付きます、先週の上下下見の時にもこのくらいの波でエリア左の大きなワンド内が好調だったことを思い出し一か八か不人気のエリア左端に向かいます。
移動を一投目から残念ながら針には乗りませんでしたが良型のアタリ。
針を今までより大きくして投げ返します。
これからはバコバコ(^^)
4連、3連、20cm混じって絶好調。
さすがに後半30分はペース落ちましたがいい調子でキスを釣って競技終了。
数ははっきりしませんが25~6匹で478g、第2試合Bエリアで1位をゲット。
ラッキーやったぁ~(^^)

ここで休憩、ランチタイム。
第2試合までの競技結果は張り出されました。
ワテは第9位。
最終試合は一番でも順位を上げるようにがんばるつもりで臨みました。

第3試合、Aエリア
相変わらず釣果の渋いエリアのようで一か所で粘らずちょっとずつ移動しながらキスを拾う作戦です。
幸いスタートが1番(^^)v
好調なポイント周辺を猛ダッシュでゲット。
隣にはねじさんの姿。
さて最後の試合の始まりです。
第1投目から15cmほどをダブル。
ええ調子じゃん。
っと隣のねじさんを見たらバコバコモード@@
凄い!!
ワテも負けじと少ない引きだしからあらゆる釣り方を試してみます。
釣り開始から1時間経過した頃から潮の流れが速くなったように思え今まで必要以上に動かしていた仕掛けをじっと止める作戦で。
これが良かったのか偶々なのか数がでませんがそこそこサイズが釣れだして何とか重量を稼いでいきました。
競技終了。
これにて2010セミファイナル全競技が終わりました。
いよいよ検量。
釣れなかったと思ってましたが案外重量稼いで227g、第3試合Aエリアで第3位。

さて緊張の表彰式。
U山さんからrinさんおめでとうって言われて???
嘘??
??
??
優勝は圧倒的な強さで勝ちポイント51点、島野さんでした。
準優勝は45.63点、斎藤誠さん。
第3位は44.50点、大野さん。
緊張の第4位、ワテの名前が呼ばれました(^^)v
未だに実感わかずにおります・・・・
44.30点
第5位には44.30点で新潟の広瀬さん。
この中に認定書を持って立っていることがびっくりです、信じられん・・・

来月は念願の弓が浜での夢舞台、ワテの頭では全く想像できてません(^^;
あと数週間、今のワテの力でやれるだけのことができたらっと思います。
がんばってきますね(^^)v
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ