2月27日、穴水湾キス釣り

今日は天気も良くって気温も高め、最高の釣り日和となり能登穴水湾の越冬キスと戯れてきました。
タイトに根際を狙うシビアな釣りでしたがこの時期としては釣果に恵まれ楽しい一日を過ごせましたよ(^^)

早朝4時過ぎに自宅を出発。
途中で能登越冬部隊のケンさん、shou1さんと合流しワテのバモで能登穴水に向かいます。
放射冷却の影響か夜明け前は気温さがって氷点下です。
ガラガラの能登有料道路を快調に走って穴水に到着は午前6時30分。
今日は穴水湾屈指のドン深ポイントを目指しました。
最深部で水深30m近くもあるとか・・・・
冬季は潮位も下がって比較的足場の良い磯が姿を見せますが念のためにウェーダーを装着。
気合いが入ります(^^)
いつもと違って山越えルートでポイント目指しました。
難儀な山越え、草をかき分けロープにつたって急斜面を下りて何とか釣り座に到着。
相変わらず神秘的なロケーション、素敵です(^^)
3人並んで早速準備開始。
今日のタックルはプロサーフSF405CX、フリーゲン+SDスプール、PE1.5号、スーパーシグナル+25号オモリ、ファーストキス7号派手派手バージョン4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
おそらく1年を通じて一番水温が低いこの時期、キスは超活性低くって根際にタイトについているはず。
沖を探らず2色以内の岸壁際、所どころに散在するシモリ際を集中的に狙って釣る作戦で釣り開始。
ホントいつ来てもここの水深は深いなぁ~
1投目は足元まで丁寧に探っていいアタリ(^^)v
幸先良く20cm級をゲット。
それからはなるべくキスに違和感なくエサを食わせようとあれこれ試します。
すぐに2匹目ゲット。
調子良いみたいです(^^)
ちょっとずつ移動を繰り返しながら釣っていきます。
ウロウロして3色~2色にシモリが点在するエリアを発見。
根掛かりに脅えながらもその付近を集中攻撃。
アタリが連発します。
が、どうも食いが浅いらしく乗りません(><;
天秤&仕掛けのセッティングが良くないのかなぁ?
ここで思い切ってお試し版の仕掛け一式にチェンジ。
それからは嘘のように乗りが良くなり連荘連荘(^^)v
ダブルってのありました。
しばらく3人で叩いていたので魚も散ったらしくワテは更なるポイントを目指して移動。
岸壁際の回廊奥、上には木が覆いかぶさってバックも取れず投げにくいポイントですがサイドキャストで 何とか仕掛けを投入。
ここは若干水深浅めですが小さな入り江状になっております。
1色以内でキス連発、居着きのキスのようです。
時折激震~
24cm超えをゲット(^^)v
ポツポツとアタリを堪能して面白いわぁ~。
正午過ぎまで粘って一旦竿をたたんで磯を後にしました。

午後からは能登島に移動しよってことで車を走らせました。
島で竿出している欣太郎さんにTEL、状況をお聞きしますと朝の時合いにキスが連発したそうですが今はフグばっかり。
しかも昼ごろから西風の強風で釣りにならんそうで撤収するとのこと。
うっ、これじゃイカンと3人で協議して風裏になる穴水湾に戻ることにしました(^^;
湾内奥のどすこいの聖地を目指しましたが積雪多く通行止め・・・・
仕方なく車横付けできるポイントでがんばることに。
ここではshou1さんが絶好調。
連続で渋いキスを撃沈、お見事でした。
午後になってからパラパラを雨が降り出してきて雨がひどくなった午後3時納竿といたしました。

結果
7:00~15:00 穴水磯付近
16cm~24cmキス 24匹(お持ち帰り分)
お付き合いくださったケンさん、shou1さんどうもお疲れさまでした。
この時期にこの釣果、アタリも堪能できてやっぱ穴水はいいところです。
最高の釣りができました。
さていよいよ明後日からは3月、食いの浅い難儀な春キスがターゲットになりそうです。
この時期のキス、とっても勉強になりますね。
よ~しがんばるで~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ