ギア其の198「FUJI KWガイド」

皆さんご存じの富士工業の新商品「Kガイドシリーズ」
投げ用だとダブルフット型のKWシリーズがメインでしょうかね。

このKガイド、微妙に傾斜している構造でガイドでの糸絡みを減少させる効果があるとか・・・・
カタログ見たら詳しく長い説明が載っておりますのでいろいろ勉強になります。
またローライダー型に比べ長さが短いので本来の竿の性能をより引き出せるそうですね。

で、ワテのType-RにはKガイドを装着してみました。
ローライダー型と投げ比べたわけではありませんので評価はわかりませんが、とりあえず糸絡みは今のところありません。

最近ちょっと気になりだしたがガイドの設置位置。
S社のセッティングはKガイドだろうがローライダーだろうが全く同じ位置でAXだと140,160,200,270,400,500の位置。リールシートの位置が変わっても先の5つの位置は変わらず6番、7番がちょっとずれるくらい。
F社の場合はローライダーとKガイドではちょびっと違ってます。Kガイド4.05、リールシート88cmでいくと150,190,230,340,460,700で、ローライダーだと160,180,230,330,470,600。
F社推奨だと2番にガイドが2個付きますね。
S社とF社のセッティング、並べてみるとかなり違う印象を受けます。
どちらにも正解はないのでしょうがどれくらいフィーリングが変わるのか非常に興味あり(^^)

早速自宅にあったがま競技のガイドを以前のがまかつ純正位置からF社の奨励位置に変更してみました。
昨日は試し振りしてみました、なんだかかなり変わったような気がします。どこがどう?と言われるとはっきりは答えられませんが・・・・
しばらく様子見てみようと思います(^^)
やっぱ面白いですね、投げ釣り(^^)
週末は日曜午後だけフリータイム、どこ行こうかな。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ