7月20日、第14回ISHIKAWA OPENキス投げ釣り名人戦

第14回ISHIKAWA OPENキス投げ釣り名人戦が地元片山津で開催されました。
片山津は砂浜の浸食激しくてしばらくは大崎で開催でしたが今年は砂浜も復活、地元開催にちょっとうれしかったです。
土曜日にちょっとだけ竿出した感じでは遠くも近くもどこにでもキスはいるようで2時間ほどで50匹ほどの釣果、がんばって数釣らないとって感じでした。
しかし当日は海の状況一変で・・・・・
ホントに難しいデス(^^;

前日は波松でサンラインカップに出場。
一度自宅に戻ってタックルの再セッティングした後、遠方から参加される浅間おろしさん、ototoさん、Tuskerさんご家族、SBさん、地元のG3さん&まびゅさん、エブさんと近くの24時間温泉で大宴会(^^)
偶然出あった富山の友人達を交えてビアに焼酎・・・・
時刻は既に午後11時過ぎ、前日の睡眠不足もあってヘロヘロです。
仮眠室で速攻爆睡zzz・・・・
この施設、午前3時以降にチェックアウトは追加料金が発生しますので早めに出発しました。
そのまま片山津に向い到着は午前3時30分、集合まで1時間以上あるので車で仮眠。
起きたときには大勢の皆さんが集まっておられました。

さて午前5時、受付開始。
参加費を納めて自分で受付ボードに名前を記入。
参加人数は50名ほどでした。
当日の片山津の海況は生憎のうねり、前日は更にひどかったようです。
でもこの浜は比較的荒れには強いのでこの状況なら全く問題なく釣りが楽しめそうです。

午前5時過ぎ、開会式&競技説明。
この名人戦は独特のルールで競われます。
まず勝負は釣ったキスの匹数で争われ同匹数の場合は年長者の勝ちとなります。
2回戦に進出できるのは12名と昨年のシード選手3名の合計15名。
2回戦はこの15名を3人ずつの5ブロックにわけその中から一人が勝ちあがり決勝に進めます。
また惜しくも1回戦で力を出し切れなかった選手も同時に行われる敗者復活戦に挑戦し上位1名が決勝に進出、決勝戦は6名で争うことになります。
2回戦、決勝戦ともお互いの釣果がわかりますのでとっても精神衛生上良くありません・・・・
かなり精神力が鍛えられますわ(^^;

いよいよ1回戦の開始です。
競技時間は午前5時30分~午前7時30分の2時間、エリアは徒歩で移動できるところまでとのことでよーいドン。
ワテは先日の下見で浜の凹凸が激しくなっていたドカン右側の階段下にH満さん、れんとげんさん、SBさんと向かいました。
早速タックルの準備開始。
今日のタックルはがま競技35-405、Z45、PE04号、タングステンデルナー、キススペ6号6本針、エサはイシゴカイで遠投勝負のセッティングでがんばります。
競技開始。
まずは1投目からフルキャスト~~
やや向い風ながらも良く飛びました。
じっくり探ってきます。
この距離だとピンサイズのアタリはまずとれません。
5色残して回収しますが痛恨の素針(><;
お隣H満さんは良型含んで5連@@
SBさんも3連@@
近くで釣れてるようです。
試しに4色に投げてサビくとアタリ、そのまま追い食いさせて4連(^^)
これじゃ針数少ないわってことで針を10本に増やしてオモリもTusker工房木オモリ+自作天秤に換え近距離攻撃にでます。
初めは3色~2色で釣れてましたが日が上がるに従いどんどんキスが近づいてきたようで1色~波口の超近距離、でもこの釣り案外好きなんです(^^)
時折8連、9連とかもあって競技時間10分前には検量済ませてキス34匹の釣果で2回戦進出決定です。
気になるのは2回戦のブロック分け。
なんとお相手はこのメンバーで、できることならご一緒したくなかったお二人(><;
でもこの二人になら負けても当然、力一杯やれることだけやってみようと、更に何か新しい発見ができたらいいなっと気持ちを切り替えがんばることにします。

2回戦は午前8時~午前10時の2時間、同じブロックの者同士が並んで竿を出すのがルールです。
3人で相談した後釣り座はやはりキスが釣れるほうがいいでしょってことで1回戦好調のエリアに向かいました。
3人並んでクーラー置いていよいよ競技スタート。
やはり初めは近距離で攻撃開始です。
T本さん、カズ太郎さん共にテンポ良くキスを釣り上げておられます。
ワテも一生懸命ついていきます、お互いの釣果がすべてわかっちゃうので一度のミスが致命的、かなりのプレッシャーです(^^;
魚は2色~力糸で3連、ダブルとポツポツ釣れます、時折外道のアジやホウボウがややこしいアタリをだして苦笑い。
でも1時間が過ぎる頃にはアタリはさっぱり、でもワテが知ってる片山津はこんな釣り場ではなく遠投主体のはず。
この時間なら絶対キスは沖にいるはずってことで試しにフルキャスト~~
すぐにかず太郎さんもフルキャスト。
5色付近でアタリがでたようで急いで回収は小型キスながら4連(^^)v
それからは沖を中心に狙いますがどうも今日は引っ掛け気味が多くてノーコンです(><;
それが功を奏したのか素針なくキスが釣れて2回戦終了。

検量結果は25匹?やったかな。
苦しい2時間を戦って僅差で何とか決勝進出でした。

いよいよ決勝戦。
なんとちぃむどすこいが3人、凄いなぁ~~
決勝を戦うのはちぃむどすこい総帥G3さん、同じくちぃむどすこい新鋭エブさん、T部さん、H満さん、N向さん、ワテの6人。
競技時間1時間30分、精一杯がんばります。
釣り座をG3さん、エブさんの間に決めて競技開始です。
第1投目は恐らく皆さんがあまり攻めていないだろう4色~3色の中距離のキスを狙いにいきました。
じっくり探って2色残しで回収。
オープニングをド派手に飾るつもりで皆さんより早く回収しますが・・・・痛恨の素針(><;
すぐにG3さんが4連@@
エブさんもダブル@@
T部さんもH満さんも@@
くじけそうでした・・・・・
これじゃイカンと皆さんの釣りをじっくり観察。
G3さんは得意のド遠投、エブさんは中近距離、H満さん、T部さん、N向さんも沖を狙っておられるようです。
ワテの2投目はどこで当たったかわかりませんがピンのダブル。
お隣のエブさんはコンスタントにキスを釣ってこられます。
うまいなぁ~
手前は叩かれて渋ちんだろうしやっぱり沖狙いってことでフルキャスト、でも相変わらずのノーコンぶりを全開、皆さんの迷惑になって邪魔しとるような・・・・(^^;
それでも沖でポツリポツリとキスを追加。
残り1時間、皆さんが沖を攻めておられるので手前のキスがそろそろ戻ってきてもいい頃合かなってことで2色以内の近場を探ります。
早速1.5色でアタリ、追い食い狙いますがなかなか喰わずに大きなうねりに襲われて回収。
ピン単発。
仕掛けを近距離用に換えてネチネチ。
ピンがポツポツ、色黒の波口キスです。
素針2回引いたのを期に再度沖を狙うことに。
6色~5色付近に大きな海底の起伏がありますのでこの付近を中心に探ります。
で、競技終了の合図。
回収した仕掛けにはピンギスが1匹、G3さんは華麗に3連(^^)
やっぱりお師匠、すごいです。

結果発表。
優勝はさすがのG3さん、名人獲得おめでとうございます。
準優勝はどすこい新鋭のエブさん、今日のヒットパターンをしっかり見つけてさすがです。
3位はワテ。
1.2.3は「ちぃむどすこい」が勢ぞろい(^^)v

その後はがまかつさんの後援で豪華景品の抽選会。
天候も最高に良くってキスも釣れてシビアで楽しい釣り大会でした。
大会運営された石川鱚酔会の皆様どうもありがとうございましたm(__)m

これからは夏本番、暑くなりますね。
お体には気をつけてくださいまし。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ