6月7日、2009シマノジャパンカップ上越大会

先ほど上越より無事帰還いたしました。
コンディションの優れない中ですがキスは結構釣れて盛り上がった大会となりました。
ワテはとうとう念願の・・・・・(^^)v

6月6日(土) 下見編
午前の仕事を終わらせて速攻で準備を済ませ車に飛び乗り上越に向かいます。
しかし、ガラガラの北陸道、パンダカラーのペースカーがワテの前を走っております・・・・・
2009ジャパンカップ上越大会が開催される柿崎海岸に到着は午後3時30分過ぎでした。
浜には右往左往さん、はるパパさんのお姿。
ワテも早速タックルの準備をして下見釣行の始まりです。
使用するタックルはプロサーフSF405CX、フリーゲン、PE1.5号、ナイロン力糸、山本木オモリ25号+自作天秤、キススペ5号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
この時期の上越の浜はほとんどが近投、2色以内がメインの釣りになります。
キススペのビンビン穂先よりもプロサのまったり穂先が良いのかなぁっと、また近投を繰り返すのでZ45の6度スプールはバックラッシュしそうで怖いんでノーテーパーのフリーゲンを使用することにしました。
ちょっと重いタックルですががんばります。
まずははるパパさんががんばっておられたのでお隣にお邪魔して様子を伺います。
結構渋めとのこと。
ワテも早速釣り開始。
まずは階段状護岸の前から釣り始めますがアタリなし、波はないもののうねりが入って波口はちょっと釣り難いっす(^^;
渋い中でもはるパパさんはキスの3連。釣れますやん(^^)
ワテにもアタリ、追い食い誘って待って待ってなんと6連(^^)
でも15cm以下の小型サイズ。
さらに右に移動します。
徐々に右に移動していくと砂浜の起伏が激しくなってきました。
浜には砂利も見られます。
この付近では20cm近いいいサイズがでました。
更に奥に行くと浜の形状がなだらかになりキスのサイズも小型化しますが数がでます。
何となく状況わかったような・・・・
で、Aブロックの下見終了。

続いてBブロックの釣査開始。
こちらは沖にテトラが1本あります。
まずはBブロックの右端にある船小屋前付近から探ってきます。
しかしアタリはさっぱりでません。
どうもゴミ溜りになっているようで結構ゴミが絡みます。
テトラ前にはいっぱい釣り人がいたので探れず。
テトラ左脇に小さなワンドができており沖のテトラのおかげで海面が静かなところがありました。
そこを狙って投入。
1色入ったところでアタリ炸裂。
小型ながら6連。
次も4連。
キスがたまっているようです。
もう少し左に歩いて探りますが段々アタリはなくなって・・・・
Bブロックならテトラ左だわっと決めたところで約2時間の下見終了です。

お仲間と連れ立って近くの温泉&レストランのある道の駅に向い前夜祭のはじまり(^^)
石川、富山、新潟、群馬、栃木とあちこちから集まった皆さんと乾杯しながら明日の情報収集。
閉店まで飲んで食べて車に戻って爆睡でした。

6月7日(日)ジャパンカップ当日。
午前4時、グッドモーニング(^^)
すっきりと起床です。
身支度を整えて会場入りします。
すでに会場には大勢の皆様が集まっておられ見知った方のところでワイワイと世間話に花が咲きます。
しかし肝心の海はちょっと荒れ気味、波口でゴミが漂っておりました(><;
こりゃ~釣れんかもっとあちこちで声が聞こえてきます。
ワテも難儀な大会になりそうでちょっとブルーな気分っす。
午前5時、受付開始。
続々と参加者が集まってこられます、恐らく160人ほど。
さて恒例のゼッケンの抽選。
ワテが引いたのは78番。
Aブロックの最後のほうでしたが毎度のことなんであきらめてます・・・・
午前5時30分、開会式&競技説明。
クーラーチェック後にゼッケン順にヨーイドン。
この柿崎海岸は粒子の粗い砂浜で歩き難いデス。
それでも猛然とダッシュしてポイントを目指しました。
ヘロヘロになりながらも走りましたがやはり皆さん目指すところは同じようでワテが到着した頃には入る余地のないほどでした。
仕方ないのでちょっと右に釣り座を選んで準備開始。
さすがに波が高いので流されやすい山本木オモリではなく改造海草25号をチョイスしてセット完了。
午前6時、競技スタートです。
じっくり探ってきますが素針。
お隣は4連@@
2投目も素針。
お隣はまたも4連@@
30分ほどがんばりましたが全くアタリなし。
早くもやばそうな雰囲気・・・・・
ここでポイント移動。
右に行きかけますが昨日大きめのキスが好調だったちょっと左のポイントに向かいます。
こちらはノーチェックなのか結構ガラガラ。
仕掛け絡みを気にしすぎて近くを探っていないことに気付きヤケクソで力糸の距離で仕掛けを止めるとブルブルきました(^^)
あせらずにじっくり追い食い誘って20cm含む3連(^^)v
時折仕掛け絡みしますが気合で攻め続け素針なくキスをゲット。
20UPも混じって好調、周りはさっぱり釣れていないようなんで結構いい感じかも(^^)
さすがにキスは薄くなったのか素針が多くなってきたので周囲を広く探ってみることにしました。
本部テントに向かいながら探っていきます。
どうも左に行くにしたがい小型が多くなってくるようです。
としろーさんがいらっしゃったのでお隣に入れていただき釣りを続けますが最後の30分はキスを追加できずで午前9時、競技終了。
検量結果は700gちょっと。
Bブロックは良く釣れたようでototoさんはキロオーバー@@
30分ほど休憩していよいよ1回戦の結果発表。
なんとワテがAブロックのトップ(^^)v
Bブロックはototoさんがトップでした。

1回戦結果


さていよいよ2回戦の開始。
32人が2回戦に進め、このうち8名がセミファイナルに進出できます。
競技エリアは狭くなりテトラ右~護岸前までの数百メートル。
ワテとototoさんが先頭でスタート。
エリア左端をototoさんが、そのちょっと右に釣り座に決定しましたが・・・・・
皆さん考えることは同じようで凄い密集度・・・・
この狭い間隔で厳しい釣りになりそうですわ。
午前10時、競技スタート。
お隣さんがいきなりキスゲット。
ワテはアタリなく回収した仕掛けに10cm未満のピンがついてました(^^;
2投目も小型ダブル。
我ながら好調なスタート。
しかし右隣のG3さんがアタリ炸裂@@
そのまた隣のT本さんもいいサイズのキスを連で釣られております。
どうもG3さんも真正面、3mほどの狭いエリアでキスが釣れるようでその狭いポイントに6~7人が仕掛けをぶち込んでおられます。
ワテも負けじと参戦。
アタリが出るまで波口で仕掛けを止めて絡みそうになったら回収のパターン。
皆さんも同じリズムで釣られるのでちょっと面白いデス(^^)
さすがパターンを見切っているG3さん、T本さんが圧倒的に数を稼いでおります。
ワテも気合で追いかけますが疲労のためか集中力が落ちてきてせっかく針に掛かったキスを連荘で波打ち際でポロリ・・・・・(^^;
精神的にダメージ食らったようでそれからは素針連発。
残り30分で20UPのいいサイズがきてちょっと復活。
小型を数引き追加して2回戦終了。
検量結果は250gほどと微妙なところ。
G3さん、T本さんは400g超えで表彰台が決定。
300g台の人も数人おられ・・・・
結果発表までは砂浜を綺麗に掃除。
いよいよ結果発表。
優勝はさすがのT本さん、準優勝はG3さん、おめでとうございました(^^)
ワテは・・・・・
なんと8位。
ギリギリでセミファイナルに進むことができました(^^)v
うれしかったっす。

2回戦結果

ワテの奇跡の結果

その後はじゃんけん大会で盛り上がり2009ジャパンカップ上越大会は閉幕となりました。

前夜祭&会場でお会いした皆様、どうもお疲れさまでした。
しばらくは地元の浜でのんびり竿出して次の大会は20日の「SBC新潟」がんばってきます。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ