2014年11月18日、能登島カレイ釣り

2週連続の休日出勤が続いたので今日はお休みが貰えました。
天気予報は冬型から解放されたようで雨の心配はいらないようです。
よ~し久しぶりのカレイ釣り、がんばるよ。

朝5時、自宅を出発。
能登島に到着は午前7時ちょっと前。
数年ぶりのカレイ釣りなので一発大物場は避けて数釣りできるポイントをチョイスしました。
さすがに平日なんで人っ子一人いません。
いつもの定番ポイントで竿出すことに。
今日は竿3本、カレイイレグ15号2本針仕掛け、遊動天秤、エサは青虫で挑戦です。
準備できた竿から投入、糸ふけとったと同時にアタリ。
シャープなアタリ、キスかな。
2本目を投入してから回収してみるとエサは綺麗になくなってました(^^;
やっぱまだ11月、エサ取りの活性高そうです。
しばらくは竿2本で、エサが残るようになったら3本かな。
アタリはすぐに出るけど魚はつきません。
こうなったら針を投げ専用12号にサイズダウン、アタリの正体を突き止めよ。
ドラグをフリーにしてたらドラグが唸りました。
これは24cmのどすこい系キス(^^)
やっぱキスのアタリなんだね。
それからは20cm超えのキスが連発、たまに連になります。
30分ほどでキスのアタリは遠のきました。
と同時に放置していた竿にアタリ。
しばらく待ってアワセてみると魚が乗ってるみたい。
回収中も軽く締め込み、カレイやね。
26cmの小型ながら久しぶりのイシカレイでした。
その後はヒイラギの群れに襲われてラギパラダイス・・・・
それでも根気よく撃ち返していると教科書通りにさ~っと糸ふけがでるアタリ(^^)
コイツはさっきより重量感あって32cmのイシカレイでした。
時合かなっと思ったら目の前30mに船が止まって漁師さんが網入れ出して・・・・船で行ったり来たり・・・
仕方ないので竿1本だけ持って手持ちサビキでキスを狙いにちょっと放浪。
3色付近でいいアタリで23cm。
その後も15~18cmクラスのキスは楽しいくらいに釣れてきます。
1時間ほどキスを堪能して釣り座に戻ると漁師さんいなくなってました。
カレイ釣り再開。
すぐにアタリ、重量感なく上がってきたのは25cmイシカレイ。
その後もすぐに30cmほどのイシカレイ(^^)
正午過ぎ、残りエサも少ないのでそろそろ納竿かなっと思っていたら1本の竿に糸ふけ。
風が強くなっていたので風のせいかなっとちょっと聞いてみると・・・
ん、重い。
おりゃ~っとゴリ巻き回収。
締め込みます、重量感たっぷり(^^)
期待でルンルンでしたが水面に現れたのはキスとデカイ藻の塊・・・
なあんだ~~
っとがっかりした瞬間、藻が暴れた??
中にイシカレイが隠れてました(^^;
32cm、筋肉系。
午後1時納竿。

結果
7:00~13:00 能登島
25cm~32cmイシカレイ5枚
15cm~24cmキス 27匹(お持ち帰り分)

キスにカレイにと欲張りな釣りができました。
この時期のカレイは身が厚いのでお刺身に。
ヌメリを丁寧に取ると臭みもなくなります。
今日の晩御飯はイシカレイの刺身、イシカレイのなめろう、キスの塩焼(徳島産すだち添え)とどれも美味しくいただきました。
いいね、能登島。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ