2014年7月6日、G杯キス高松予選会

今日は石川県かほく市高松海岸でG杯争奪全日本がま投(キス)選手権 高松予選会が開催されました。
ゴミと遠投とピンギスの一日でしたが、ニューロッドがま競技Ⅱでのフルキャストは爽快でしたよ(^^)

午前2時、意味なく起きてしまって二度寝したらやばそうなんでそのまま準備して高松に。
到着してからしばらく車でウトウトでした。
最近の高松界隈、魚のサイズは10cm~12cm、ゴミがなければ遠も近もキスは多くてG杯らしい数釣りが堪能できそうです。
しかし、昨日がちょっと荒れたようで手前3色からは海草の切れはしがプカプカと・・・・・
極細糸は危ねぇ~かも。
午前4時過ぎに受付開始。
僕のゼッケンは51番、海に向かって左側のエリアになりました。
今日のタックルはがま競技Ⅱ35-405、投げリール、PE03号、タングステン30号+自作天秤、シロギスファイン3号10本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
午前5時、開会式&競技説明
競技時間は午前6時から9時帰着の3時間、釣ったキスの数で争われます。
各ブロックから上位20%が2回戦に進出できます。
10秒毎にスタートです。
僕は昨日の下見でゴミが少なかったポイントを目指して歩きました。
ポイントにはすけさん、エブさんの姿。
午前6時、いよいよスタート。
まずは6色ちょっとに投げて探ってきます、6色ラインでアタリ。追い食い待ちますが道糸にゴミがついたようで5色残しで回収。
回収中に更にゴミかついて重い・・・・
リール壊れそう。
何とか回収した仕掛けには15cm、12cmのキスダブル。
周囲もポロポロ釣れてるみたいです。
僕はアタリのでた6色付近を集中して探りピンギスをポツポツと追加、1時間ほどやりましたがあまりのゴミの多さに手返し悪いしゴミの少ないポイントを探しました。
エリアの左端、好調にキスを釣りあげているのが見えたのですかさずお邪魔。
ここで4連、3連と好調。
でも3投目には魚はいなくなりそれからは競技エリアを探りながら薄いキスを探しました。
数はあまり付きませんが素針もほとんどなく午前9時競技終了。

検量に向かいます。
僕の釣果は37匹、左エリア3位で2回戦進出です。
左エリアのボーダーは24匹?、右エリアは25匹だったと思います。
2回戦に進出したどすこいメンバーはG3さん、針さん、ケンさん、僕の4名。
他のどすこい衆の皆さんは竿出したポイントによっては更にゴミが酷かったそうで、ゴミに苦戦して本領発揮できなかったそうです。

さて2回戦。
約30名で争われました。
僕は終始遠投で攻めるつもりでPEラインを更に細く、オモリを固定の33号タングステンにチェンジ。
6.5色~6色ラインを集中して攻めるスタイルで釣り開始。
この頃から風は向かい風、楽して投げれなくなってきました。
気合いのフルキャストで何とか狙いのポイントに。
釣り始めはオマツリ、オマツリとキスはさっぱりでしたが周囲の皆さんにはキスが3連、4連と釣れています。
手前を探ったケンさんにも4連とか釣れてるし。
近投にも心揺れましたがやはり初志貫徹で投げました。
たまに群れに当たるのか4連、3連とキスが釣れてきますが魚のサイズが小さくてアタリはさっぱりわかりませんし6色ちょっとに投げて5色で回収のパターンで最後まで釣り続けました。
2時間戦って2回戦終了。
周囲では多点掛けを繰り出している選手が多くて僕の釣果じゃ勝負にならんなっと足取り重く検量に向かいます。
僕の結果は22匹、スタートはさっぱりでしたが何とかがんばりましたよ。
皆さんも外道に苦しめられていたそうで8本針にミニチャリコ6連とかもあったとか(^^;
たくさん釣れてるように見えたけど外道が多かったみたいですね。

いよいよ検量も終わって表彰式。
今年のG杯高松会場を制したのは28匹を釣った若宮さんでした、終始フルキャストでキスを狙っておられたようです。
準優勝は25匹で西向さん、やはり遠投で6.5色付近のキスをテンポ良く釣っておられました。
第3位は同じく25匹で我らちぃむどすこいのケンさん、4色付近のキスを丁寧に探ったそうです。
僕は22匹で同匹数の争いを重量で勝って5位入賞、ギリギリ全国大会の出場権をゲットすることができました(^^)v
G3さんは10位入賞。
リザルトです。

会場でお声かけてくださった皆様どうもありがとうございました。
10月の本戦は地元開催、がんばるよっ。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ