2014年4月22日、能登島キス釣り

平釣行ってきました(^^)

我が職場も4月から待遇改善、休日出勤したら代休貰えるようになりました。
朝5時過ぎに出発、昨夜までの雨も上がり能登は青空が広がって絶好の釣り日和です。
能登島内を巡るつもりですがスタートをどこにするか悩むなぁ。
散々考えて、やっぱまだ4月の半ばだし島を時計回りのルートに決定、すなわち深場からスタートし徐々に浅場を探るコースです。
まずは冬キスの名ポイント「通」
到着は午前7時過ぎ、早速準備開始です。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投、PE1.2号、発泡オモリ25号+自作天秤、シロギスファイン7号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは沖に投げじっくり探ってきますが素針。
近め、遠めを探ってあちこち移動してキスを探りますが・・・・魚は薄い。
時速3~4匹のペース、さらにサイズも小さくアベは15~16cm。
2時間ほど探って移動です。
移動先はウィークリー島人のビリちゃんお勧めのポイント。
事前情報通りに魚影は濃いようで3色~2色でアタリ連発。
型は小型メインですがたまに20cmオーバー混じって楽しいわぁ~(^^)
1時間ほどキスのアタリを堪能できました。
僕の欲求は満たされたようでこれからは新規ポイントを探る探究者となって島を放浪。
車で走ると通りすぎちゃうような小場所ですが歩いて探ると雰囲気満点。
そこそこ水深あって期待の1投目にドカンと24cm(^^)v
こりゃパラダイスかもっと思いきやそれからはポツポツ、でもサイズは良くってタイミング良い時期なら楽しめそうです。
次に向かったのは岸から10mのところにテトラが入って釣りにくいマニア系ポイント。
キスマニア的には「恋愛とキス釣りは障害があるほど燃え上がる」と思います(謎)
根掛かりも多く針が飛ばれますが根の際で待つとガツ~んっといいアタリ。
綺麗な魚体で23cm。
燃えるねぇ~
最後は能登島で一番有名な「閨フィッシングパーク」で〆。
人気のポイントからおりゃ~っと遠投。
5色ラインでいいアタリ。
22cmのナイスサイズ。
それからあちこち探りますがアタリなし、まだちょっと早いかな。
午後2時納竿といたしました。

結果
7:00~14:00 能登島
ピン~24cmキス 30匹(お持ち帰り分)
水温が上がってきたのかキスの活性も日に日に高くなってきているようですね。
個人的にはGW頃の能登島が好きです。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ