2014年1月19日、穴水湾キス釣り

今日は今年初のウェーダーゲームに行ってきました。
例年より高水温が続いている能登方面、先週から冷え込みも強烈になっていよいよ冬キスの本番。
そろそろウェーダー磯も爆釣の予感(^^)
とってもスペシャルなゲストをお二人もお迎えしてThe ウェーダーゲーム開幕(^^)v

午前5時、自宅を出発。
気温はマイナス2℃、積雪10cm、吹雪、ワイパー凍って大変・・・・
穴水湾まで120km、無事に辿りつけるか心配デス・・・・
能登里山海道に乗る頃には雪もなくなる楽勝かと、しかし標高高い別所岳付近はマイナス4℃で路面は完全凍結、ゆっくりゆっくり走って何とか釣り場に到着したのは午前7時30分でした。
生憎の北西の強風、狙いの磯は風が当たって厳しいようなので風裏になるマニア系の磯を戦場に。
さて、気になる今日のスペシャルなゲストさんは・・・・
僕の尊敬するトーナメンターのお二人。
キス投げ釣りトーナメント界で彼らのことを知らない人はいない、西向さんと大野さんのスペシャルなお二人です(^^)
足を使った非常に早い展開のキス釣り、僕の憧れであります。じっくり冬の磯場で技を拝見させていただきますっ。
さて今日の釣り場、水深は10mほどとあまり深くはありませんが潮通りも良くて通年を通してキスの姿を見れる我がウェーダー隊でも屈指の鉄板ポイント。
2ケタ、楽勝でしょ。

ウェーダーを装着、磯場を歩くこと20分。
釣り場に到着。
早速準備開始です。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投、PE1.2号、発泡20号+自作天秤、ファーストキス7号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
エサ付け準備中にすでに西向さんにアタリがでたようでキスをゲット。
よ~し爆釣じゃ~
し・か・し・・・・
ノーシグナル。
2投目もアタリなし。
??
お隣shima隊長にキス。
30分くらい探りますが生体反応なし。
移動じゃね。
ちょっと奥まで歩いて水深深めを狙います。
奥まで行った西向さんはキスを見つけたようで連発。
僕にも待望のアタリ、でも非常に分かりにくいほど小さい。
粘って18cmのキスダブル。
次もアタリ出ますが乗せきれず素針。
次も同じようにアタリは出るのですが・・・・針には掛からず。
そのうち風が強くなり猛吹雪。
氷点下の気温に吹雪はつらい。
でも30分ほど耐えると青空広がって太陽ポカポカ(^^)
防寒着暑いわ・・・
でもまた30分すると吹雪・・・・
まさに北風と太陽みたい(笑)
天国と地獄の繰り返しに徐々に体温を奪われ、体力も奪われ、更には気力も奪われ・・・痛恨の納竿(^^;

あまりに寂しい釣果に次のポイントでリベンジじゃ。
次も水深はそこそこあって外れの少ない民家の裏の小さな釣り場。
でも1時間ほどやってノーシグナル・・・・
あれっ??

とりあえずランチして仕切り直し。

もうすでに午後2時近くでしたが泣きの3回戦突入。
国道沿いのアクセス楽チンポイントで釣り開始。
1投目から小さなアタリ、その後2色でいいアタリ(^^)
ルンルンで回収したもののピンギスと23cmの良型ハゼ。
その後も微かにアタリはでるものの針には乗りません。
針を5号と小さくして探ると10cmほどのマイクロサイズのキス、でも嬉しいものです(^^)
1時間ほどやって3匹釣って午後3時過ぎに納竿となりました。

結果
8:00~15:30 ウェーダー磯~国道沿い
マイクロピン~18cmキス 6匹
ここまで釣れないウェーダーゲーム、初めてでした。
しかしこの渋くて寒い海からは西向さんはツ抜け、大野さんは26cmを含めビッグサイズを連発と凄技炸裂でした。
ホントにスゴイお二人でした。

穴水湾全体が不調みたいですね。
この厳寒の中お付き合いいただいた皆様どうもお疲れさまでした。
しばらくはウェーダー封印しようかな・・・
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ