10月10日、能登島キス釣り

10月10日、旧体育の日。
秋雨前線が去って、晴れの確率が高い日だからと1964年に東京オリンピック開会式が開催された日。
台風一過の石川県も晴天に恵まれました。

昨夜は夜勤、朝仕事を終えて職場を出ると綺麗に澄みわたった青空、釣りにいくぜぃ~
台風一過ですので外海は荒れ気味、こんなときは全天候型釣りパラダイスの能登島やね。
一度自宅に帰り道具を積んで出発。
時間節約のため高速使いました。
途中の釣具屋はまだ開店してませんので自動販売機でイシゴカイを。
1パック500円分じゃ心もとないのでもう1パックとお金入れてボタン押しましたが・・・無反応。
オイ、お金返せー
もう一回お金入れる勇気なかったので今日はイシゴカイ500円で勝負です(^^;

高速~能登里山海道と乗り継いで釣り場に向かいます。
最近好調の島内のポイントは最後に攻めることにしてまずは島の外からじっくり攻めてやろっと(^^)
まずは深浦の車横付けできる楽ちんポイントから釣り開始です。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投改、PE1.2号、発泡25号+自作天秤、在庫処分の8号3本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
5色付近から探ってきます。
すぐに小さなアタリ、ピンギスかな。
4色ラインで微かな前アタリの後、竿先ひったくるような派手なアタリで22cmキス(^^)v
スタート好調デス。
次も同じポイントで18cm。
バコバコかも(^^)
しっかしそんなに甘くなくそれからはピンの連発・・・・
大きな針にアッパーくらったように釣れてくる10cm未満サイズばかり。
次の釣り場に向かいます。
今度も島には入らずちょっと手前で。
こちらも1投目は20cmとピンの3連。
それからは12cm前後の小型が釣れてきます、クーラー入れるサイズはなし。
う~ん厳しいな。
やっぱ島で勝負しよう。
やっと島に入ったのは正午、狙いのポイントに向かいましたが、途中でちょっと寄り道(^^;
シモリの中の砂地を探るマニアック釣り場、根がかなりキツイのでややこしい釣りになりそうです。
水深浅いので太陽が出てシモリが確認できる間に海を見て網膜にシモリの状態を焼き付けます。
砂地に向けて狙い撃ち。
1色分サビくのがやっと、でもこんなところのキスはなかなか移動しないようで残ってるんですね。
ポイントハマればいいアタリでます。
サイズは18cm~20cmまでですがシビアに狙って釣るスタイルで釣った感は満点(^^)
楽しいなぁ~。
次はいよいよ本命ポイント。
いつ来ても釣れるので楽勝気分で竿出しましたが・・・・
釣れてくるのはテカミとガッチョ・・・
30分ほど広く探ってみましたがキスのアタリは一度もなし(><;
さてこうなったら次はどこ行こうか。
カレイで有名な更にマニアックな草むらの奥のポイントまで歩きましたが、生体反応なし。
スズメバチが怖くて15分で敗退。
最後は更にマニアックなドン深ポイントで。
予想外にアタリは多いですが、80%は外道。
それでもたまにキスが釣れてまぁいいか。
午後3時過ぎに納竿としました。

結果
10:30~15:30 能登島周辺
14cm~22cmキス 20匹(お持ち帰り分)
この時期は端境期で釣果が安定しませんね。
釣果はイマイチでしたが一人のんびり能登島巡りも気分癒されました。
週末は四国にお邪魔の予定です。
楽しみだなぁ~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ