ギア其の253、「鱚介アブミ」

鱚介オリジナル工房様より9月10日に新発売される新針「鱚介アブミ」のサンプルを分けていただきました。
針の形状は軸の長いタイプで、既存の針だとがまかつのショットキスと同型。
この「鱚介アブミ」の特徴は細軸軽量、鋭い針先。やっぱりキス釣りは向こうアワセの釣りゆえに刺さり重視ってことで針の強度を妥協してでも細軸で刺さりの良いものが個人的には好みです。
この鱚介アブミは軸径0.37mm、自重が13mg、同型のがまかつショットキスが軸径0.41mm、自重が17.6mgなので、数値的にも細軸軽量です。
実際に手に取った針は細みで鋭い印象、軸の長い針はあまり用いることはありませんが、エサを大きくつけることできますし、針を外すのも楽チンそうです。
気になるお値段は100本で400円、500本で1800円と破格のプライス@@
詳しくはこちらに。

で、今日は早速仕掛けを作って片山津海岸で試してきました。
タックルはトーナメントキャスター33-405、45、PE06号、27号オモリ+自作天秤、鱚介アブミ6号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
途中の釣具屋でエサを買いにいきましたが、イシゴカイの品不足が深刻なようで300円分だけなんとか・・・・秋の落ちギスシーズンが心配やなぁ。
日曜はバコバコだったそうでポイントお聞きして釣り開始。
まずは6色に投入。
すぐにアタリでて16cm~18cmのダブル。
次は単発。
3投目は素針。
ポツポツ程度・・・
ちょっと移動した先で派手なアタリでて23cm。
鱚介アブミががっちり掛かっておりました。
その後も6色付近がよいようで16cm~20cmが飽きない程度に釣れてきます。
たまに群れにあたるのか5連ってのも(^^)
外道のイイダコももちろんお持ち帰り。
いいアタリを堪能しました。
鱚介アブミ、針掛かりは抜群でしたが、針の素材が硬いのか無理にキスの口から針を外そうと強引にやると針折れも1~2回ありました。
細軸の針は強度面で延びやすい、折れやすいなどいろいろありますよね。これは刺さりを重視した細軸の宿命かと・・・。
実釣3時間ほどでエサ切れで終了となりました。

結果
13:30~16:30 片山津
14cm~23cmキス 34匹
イイダコは竜田揚げにして美味しくいただきました(^^)v
秋は美味しい食材多くて楽しいですよね。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ