7月6日~7日、2013シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権 全国大会

2013年7月6日~7日の2日間にわたって鳥取県弓が浜でシマノジャパンカップ投(キス)のファイナルが開催されました。
西のセミで何とか権利をいただいておりましたので、期待と不安が入り混じる不思議な気持ちで550kmを車を走らせました。
やはり全国大会の舞台には普段の釣りでは感じることのない重いプレッシャーを感じ、これが迷いを生み、迷路に嵌り・・・・

木曜の夜に仕事を終わらせ深夜の高速をひた走り鳥取入りは午前2時。
夜明けまで車中で仮眠、のつもりでしたが蚊にたかられ痒くて眠れず・・・・(><;
悶々と夜明けまで車で過ごし、うすら明るくなった午前5時過ぎにタックル持って浜にでました。
今日の弓が浜は南の風で追い風、波はベタナギとコンディションは抜群。
早速タックルの準備。
今日のタックルはKISU Type-R AX、投げリール、PE06号、鱚介工房25号+自作天秤、袖4号10本針、エサはチロリで挑戦です。
まずはこの付近がAエリアかなっと思われる西方面まで歩き釣り開始。
3色~1色でピンギスが多いようで8連~9連と初めの1投は数が釣れますが、2投、3投すると一気に釣れなくなる様子。
試しに沖を探ると7色付近にもキスがいるようです。
個人的なイメージでは手前には10cm前後、沖は12~13cmって感じかな。
手返しや釣れる数を考えてどっちがいいか悩みます。
あれこれしているうちに下見の皆さんも増えあっちこっちで情報交換。
皆さん同じような状況だそうです。
お昼まで釣って一旦終了。

夕方からはホテルでオープニングセレモニーの開幕。
昨年の覇者、横山さんの乾杯で宴スタート。
美味しいお酒と美味しい料理、楽しい釣りの話であっという間の3時間でした(^^)
シマノのスタッフさんもとっても楽しい方ばかりで最高っすね。
ほとんど寝てないので部屋に戻ってベットに横になった2秒後に深い眠りに・・・・ZZZ
朝、目覚ましなるまで爆睡、体力もほぼ復活(^^)

いよいよファイナル1日目の開始。
第一試合は6:30~8:00までの90分。ワシはCブロック。
スタート順は7番、人気は右の旗方面でエリア中央はガラガラ。
空いてるエリア中央を釣り座に構えました。
まずは3色付近から探ってみますが、昨日の下見で散々叩かれたあとのようでキスは薄いし小さい。
たまに13cm混じってデカイっと思うほど。
30分過ぎた頃から手前のキスは捨てて沖のキスを狙う作戦に変更。
追い風乗っていつもより良く飛んだ先には15cm級もいるようでポツポツと追加。
アッという間に90分終了。
トップは石川の達人、島野さんの412g。ワシは304gで第3位。

第2試合、Bブロック。
エリアの左に川が流れており人気はやっぱ川付近。
でも今回も7番スタートでポイントの選択権なし。
先の試合で遠投でも勝負になるかなっと感触で今回は青タン33号にPE0.4号、針は8本でフル遠投。
キスが細かいのでアタリはさっぱりわかりませんが、底の変化の大きい場所に目星をつけてその付近だけを集中攻撃。
狙いが嵌って368gでブロック第2位。ブロックトップはマスターズサーフの平野さん、グッドサイズを狙いうち、流石です。

第3試合、Cブロック。
振り返ってみれば、この試合がすべてでした・・・・
遠投で釣れるやんっとルンルンのワシ。
でもスタート前に、第2試合の遠投組は全滅やったそうやよっと風の噂。
心の奥深くに刻まれたようで・・・・
今回も7番スタート、またもエリア中央でフルキャスト~~
しっかし何投してもキスはつきません、回収重くて期待してもミニチャリコ(><;
スタート前に聞いた「遠投全滅」が頭の中をリフレイン・・・・
隣の3色付近(推測)を攻めている健代さんに7連@@
これにはワシもたまらずタングステン外して木オモリ20号で手前をネチネチ。
7cm~8cmのキスが3連、ダブルときます。
迷って迷ってもう一度沖を探ります。
残り30分までマイクロサイズ5匹(><;
ヤバいっと背中には嫌~な汗、周囲の皆さんがバコバコやってるような気になって更に焦る。
自棄気味に投げた仕掛けは胴付きになって上がってくるし残り20分。
更に自棄になって針減らして更に沖におりゃ~~っと。
回収は14cmダブル。
おおっ。
次は4連@@
でもここで無情にもタイムアップ。
僅か12匹で111gの貧果でビリ(><;
トップは終始遠投で攻めておられた遠州の松井さんで247g、最後の6連お見事でした。
でも第2位175gと皆さん釣れていなかった様子。
迷って迷って錯覚、心乱された1戦でした。

第3試合を終えた第1日の結果。
暫定トップは勝ポイント23点で湘南の伊藤さん。
暫定2位は我らが石川の島野さん、22点。
続く第3位は石川の重要無形文化財、谷本さんの22点。
4位は渡辺さん、5位は平野さんと続きます。
ワシは勝ポイント15点で第8位。
明日は厳しくなりそうですが、何より皆さんと同じフィールドで戦えるのが楽しいし、一矢でも報いるつもりで明日の望みます。

翌日の第4試合はAブロック。
初めてのエリア、なんと1番スタート。
なんとなく左の旗をゲット。
今のワシにできることは迷いを捨て沖を打つだけ。昨夜もどすこい総帥G3さんから迷いを捨てて釣れっと激励。
残念ながら昨日までの強烈な追い風は止まってしまいワシの投力では針6本までが限界。
それでも投げました。
釣れません。
投げます。
釣れません。
第3投目、素針。
でも今日のワシには迷いはありません。
沖を探りながら徐々に移動。
エリア中央からアタリ出始め4連、ダブル、4連、ダブルとピン兄サイズが釣れ始め好調。
結果は300gほどでブロック2位、このブロックトップは流石の遠投力で湘南の佐藤さん、沖から多点掛けと好調だったそうです。

第5試合はBブロック。
今回もスタート順は1番。
先ほどはエリアの右端で地引網を入れていたようで今は既にあげられております。
事件が起こるなら地引網に近いほうだわっと推測。
もちろんエリアの右端をゲット。
今回も沖を攻めます。
しかし今回も3投続けて素針。
釣れんの・・・・
隣の松田さんには驚愕の多点掛け。
木オモリに手が伸びますが、不器用なワシにはいきなり釣りのスタイル変えてもアカンやろっと後ろ髪引かれながらエリア中央に。
ここは湘南の伊藤さんが沖に投げ、クーラーに座ってのリールサビキ。
回収した仕掛けには見事にキスの姿。
TVカメラも伊藤さんを集中攻撃。
ワシもカメラの端にでも映らんかなっと期待を込めてお隣でフル遠投。
着底すぐにアタッたかな?
これが12cm~13cmの4連。
すぐに投げ返しますが続きません。
TVカメラに未練残しながらエリアの左端まで移動。
足場が良いのでこの頃から吹き出した追い風に乗せられいい飛距離。
今日1番のいいアタリ。
リールを巻くハンドルには重り感が充分。
神にも仏にもバレませんようにっと祈って回収。
18cmほどのグッドサイズ。ニヤリ(^^)
でも隣の平野さんには明らかな20cmオーバーの重量級・・・
ガックシ・・・
残り20分投げまくりました。
気持ちも体力も尽き果てて最後の5試合目が終了。
ワシは200gほどでブロック4位。ブロックトップは400gオーバーの松田さん。競技開始からずっとバコバコでしたそうで凄いや。

計5試合のすべての結果が発表され、1位通過は圧巻の37点で湘南の伊藤さん。
2位通過は32点の石川の名手、島野さん。
3位通過は30点でミスタージャパンカップ、横山さん。
決勝戦は皆さんの釣りが見える絶好の場所で渡辺さん&健代さんの副音声の解説を聞きながら応援。
後半は谷本さんからいろいろ教えていただきながら応援。
前半後半の90分を終えて決勝戦は終了。
詳しくはシマノ様のHPで解説されております。

表彰式
優勝は圧巻の釣果で伊藤さん、準優勝は横山さん、第3位は島野さん。
皆さんの素晴らしい釣りを見ていてワシも更に1年がんばって来年もこのフィールドで竿出せるようになるように頑張ろうと思います。
4位は谷本さん、なんとワシには5位でスイカをいただくことができ、家族への土産もできてご満悦(^^)
とっても楽しく貴重な体験をさせていただいた(株)シマノのスタッフの皆様、本当にありがとうございますm(__)m
ご苦労さまでした。

長文乱筆失礼いたしました。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ