FC2ブログ

2019年7月28日、サマーフェスタ in かほく 白ギス釣り大会

2019_07280010_R1.jpg
夏の名物、「サマーフェスタ in かほく 白ギス釣り大会」、通称「ブドウ大会」が石川県かほく市白尾海岸で開催されました。
参加賞でかほく市特産のブドウ「デラウェア」がもらえ、更には優勝者にはブドウ界のスーパースター「ルビーロマン」がもらえます。
時価数万円・・・・
欲しい・・・・
食いたい・・・・
いつも以上に気合い入れて挑みました。
遠投が良いと聞いたのでバッカンとシンカーホルダーには時価数万円分のタングステンで武装していきましたよ(笑)

早朝4時前に会場入り。
駐車場には関東勢、関西勢、中京勢からの車がたくさん@@
全国のトップトーナメンターが多数参戦されておられる様子。
楽しみですね。
競技は午前5時から午前8時帰着。
エリアは西は大崎海水浴場の護岸、東はフリーとのこと。
釣り上げたキスの総重量で争われます。
2019_07280005_R1.jpg
参加人数は140名ほどと大盛況ですね。
会場を出発し浜に降りますが・・・
さて、白尾名物の運命の分かれ道。
大崎方面に行くか、外日角方面に行くか・・・・
昨日竿出された皆さんのお話を総合すると、大崎方面が好調とのこと。
大崎方面に向かいましたが、7割近い選手がこちら側に。
かなり護岸工事で狭くなっているのにこんな人数だとツライな。
かなり奥まで歩いて釣り開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE04、タングステン27号+自作天秤、シロギスファイン5号13本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
遠投が良いよっと聞いたのでまずは目一杯投げて7色ラインから探ります。
6色入ったところでアタリ、そのまま探って5色~4色ラインでアタリ。
16㎝頭に小型キス3連。
あれ、渋いな。
周りも小型キスが目立ちます。
沖を狙ってキャスト~
7色~6色ラインでアタリ、16~18㎝ほどが単発できますが数釣れません。
4色付近は小型。
エリア最奥のO麺手が釣れ釣れだそうです。
早速様子を見に。
奥のRYOUくんとO麺手が朝方いいサイズを連発連発してたそうですが、すでに枯れたわっと。。
しばらく隣で投げさせてもらって小型をポツポツ拾いましたが重量稼げません。
更に沖か?
渾身のフルキャスト~は力糸でプッチン(泣)
それからリズムが狂ったのか全く魚が釣れなくなりました。
渋い海から良型を狙い撃ちしているRYOUくんとO麺手、凄いわ。
少し戻って投げますがピン1匹とか。
手前にいないのかっと1色でいいアタリ(^^)
ピンではないキスがダブル。
ここで競技終了。

僕の釣果は33匹433g。
2019_07280006_R1.jpg
検量に戻るとびっくり。
なんですの、デカいキスがあちこちで・・・・1匹で100g以上あるんじゃないの・・・
外日角側の沈テトラ付近で竿出されていた選手にはいいサイズのキスがドカンドカンと・・・
うらやましい・・・・(泣)

無事検量も終わって朝ごはんを頂いて皆さんでワイワイと。
2019_07280007_R1.jpg
2019_07280008_R1.jpg
2019_07280009_R1.jpg
釣りの後にお弁当もらえるって素敵(^^)

さて表彰式。
2019_07280013_R1.jpg
優勝は富山投和会の和田さんでした。
釣果はなんと1015g、お見事でした。
準優勝は861gで地元アカシアサーフの石田さん。
第3位は803gで同じくアカシアサーフの舛村さん。
上位入賞者の皆さんです。
2019_07280014_R1.jpg
皆さん素晴らしい釣果流石でした。

ちょっと不完全燃焼。
高松まで行って投げるかな。
2019_07280015_R1.jpg
高松SA前、白尾よりは少し型も数も釣れました。
仲間内でラーメン賭けたバトルは僕の勝利(^^)
お昼はいただきます~♪
終始15本針で投げましたが魚は5連とか3連とか。
今年は少し渋いですね。
久しぶりの湘南の黒和さんと(^^)

朝は雨がぱらつきましたがお昼ごろはギラギラの太陽の日差し。
お昼ごろに体力尽きました・・・

結果
5:00~8:00 白尾~大崎
ピン~18㎝キス 33匹
9:30~11:00 高松SA前
ピン~21㎝キス 23匹

小型キス多かったので夏の定番「南蛮漬け」で(^^)
2019_07280016_R1.jpg

2019年7月19日、片野海岸キス釣り

2019_07190007_R1.jpg
前日のイカメタル戦から帰宅したのが午前1時過ぎ。
ゆっくり休めば良いものを今日は早朝からキス釣りに(^^)
流石に朝早くは辛いので遅めに出発。
2019_07190008_R1.jpg
片野海岸に到着したのは午前7時30分過ぎでした。

午前6時前から僕のスマホにはこんな画像が続々と(^^)
チーム投げ北のひとちゃんが片野を訪れております。
ひとちゃんと合流して状況をお聞きすると、遠めで数が釣れますがデカイ奴はなかなか混じらないなぁとのこと。
二人で長者屋敷前で投げてみます。
早速準備開始。
今日のタックルはトーナメントプロキャスターAGS33-405、トーナメントサーフ45、PE0.6号、27号オモリ+自作天秤、アスリートキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
ひとちゃんが沖を探っているので、僕は近投で探ります。
2色ラインでアタリ、1色入ったところで激震。
2019_07190009_R1.jpg
23cm混じりで5連。
近くを狙い、たまに20cmオーバーがきますが概ねピンがポツポツ程度。
沖を探るひとちゃんも小型ばかりだそうです。
朝やってたポイントのほうが良かったとのことなんで少し戻る方向で移動。
こちらは5色ラインが良いそうでひとちゃんに美味しいサイズが5連、6連と@@
2019_07190010_R1.jpg
僕にはダブルとか3連まで。
たまに5連(^^)
2019_07190011_R1.jpg
でも小型です(泣)
ここに加賀のアニキが到着。
20cmオーバーばかりの5連やら22~23cmのキスをボッコボコに釣り上げておられますわ(驚)
アニキ流石っす。
お昼前まで3人でワイワイと釣って納竿。

8:00~11:30 片野海岸
ピン~23cmキス 33匹(お持ち帰り分)
2019_07190012_R1.jpg
浅場のポイントでの20cmオーバーのアタリは最高ですね。

2019_07190015_R1.jpg
キスと赤イカの刺身。
2019_07190018_R1.jpg
イカリング、キスフライ、アジフライ(^^)
2019_07190013_R1.jpg
ゲソのバター醤油炒め。
今晩も美味しくいただきます。

ひとちゃんも加賀のアニキも良型ばっかりでスゲー釣果でしたよ。

2019年7月18日、金沢沖イカメタル

2019_07190002_R1.jpg
今期3回目のイカメタル戦。
今回は天照丸をチャーターして金石港から出船です。
前日は数が釣れたそうでいよいよ金石沖の赤イカもスタートかな(^^)

午後5時30分過ぎに10名で金石港を出航。
目指すは内灘沖水深40mのポイント。
30分かけて到着。
パラシュートアンカー入れて下に流れながら釣りスタート。
まずは15号のメタルスッテの3本針仕掛けを投入。
ま、こんな明るいうちからは釣れんよね。
っと思ってたら後ろのハニさんに赤イカ、船中初ヒット。
僕も集中して探りましたが、それからは沈黙。
暗くなって電気が点いて、雨が降って、風が吹いて、土砂降りになって、ウネリがでて、船が揺れて‥
修行やぁー(泣)
2019_07190004_R1.jpg
しかも船中はオマツリ祭り(泣)
しばらくで修行の刻は過ぎ、雨が弱くなったタイミングでアタリ。
なかなかサイズの赤イカ。
ここからはポツポツとイカが釣れだしました。
今日は20m~30mのタナでアタること多かったです。
ゴッチ先生は驚愕の3連掛け。
前半から飛ばして快調にイカを掛けていきます。
午後10時頃から僕の時間到来(^^)
フォールでアタるしダブルの連発とか釣れ釣れで楽しー♪
しかーし、釣れ釣れムードをぶち壊したのはサゴシカッター(泣)
パスっとメタルスッテを切られました。
サゴシが回るとイカの反応なくなるのかしばらく沈黙。
終始底を狙い続けているハニさんはコンスタントにイカを釣り上げてます。
2019_07190005_R1.jpg
sさんはドロッパーの代わりにワームをセットしたハイブリッド仕掛けでアジとイカを狙ってます。
後ろの皆さんはクーラー満タンのビールを消費してイカを入れるスペースを確保中(笑)
皆さん思い思いのスタイルで楽しんで納竿。

結果
18:30~23:30 内灘沖40m
赤イカ 42ハイ
スルメ 1ハイ
2019_07190006_R1.jpg

今回も竿頭はゴッチ先生で45ハイ。
イカに愛された男、流石やね。
船中350ハイ以上と楽しい夜になりました。
天照丸船長さん、機関長さんお世話になりましたm(__)m

2019年7月14日、FISHERS SUPERCUP投 石川大会

2019_07140007_R1.jpg
北陸を代表する釣具店フィッシャーズさんが主催する「FISHERS SUPERCUP投 石川大会」が高松海岸で開催されました。
昨日は大荒れの高松海岸、今日はどうかな。

目覚ましよりかなり早く起きてしまってすることないので会場に。
1時間の早着。
海の状況は完全に波は落ちてコンデションは良さそう、心配な雨も大丈夫かな。
2019_07140003_R1.jpg
午前5時、受付開始。
スタート順の抽選は86番。
参加人数は125名とのことです。
午前5時30分、開会式&競技説明。
2019_07140005_R1.jpg
競技時間は午前6時から午前10時、午前10時20分までに検量場に入ること。
競技エリアは七塚小学校から北は高松SAまでと3km以上の広大なエリア。
釣り上げたキスの総重量で争われます。
開会式終了後スタート。
人の流れを見ているとやはり人気は左側のエリアのようです。
どうする?
どうする?
右側のエリアが広いので、釣り歩こうと右側エリアを選択。
10分ほど歩いたところで競技開始時間。
昨日は荒れ荒れながらこの付近でペース良くキスが釣れたので、とりあえずこの付近から竿出すことにしてみます。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE04、タングステン30号+掛けキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイとチロリで挑戦です。
まずは手前を探ってみますが、アタリなし。
やっぱ遠投かな。
6色ラインに投入、サビきと同時に竿先を激しく持っていかれます。
あー、カモメっすわー(泣)
騙し騙し寄せてきて、隣のI下さんに助けてもらって羽に巻きついたラインを何とか糸を外しました。
2投目は7色ラインに。
6色入ったところでいいアタリ。
回収してみると18cm含んで3連。
もう一回投げてみると7色ラインで根掛り、嘘でしょ(泣)
苦労の甲斐もなく粘った挙句プッチン。
気を取直して再セッティング後に同じポイントでダブル、4連。
しつこく粘ってみると今度も竿先持っていかれる大アタリ。
6色から頑張って回収したのは35cmほどのヒラメ。
その後もキスは単発、ダブルで釣れてくるものの型が小さい。
それでも魚が付いてくるのでなかなか移動できず。
2時間ほどで渋くなったタイミングで奥に移動。
しかし奥の方々も渋いわっと。
30分ほどやりましたが、ピンがポロポロ。
やっぱ最初の場所に戻って追い上げじゃー。
しかし、戻ってみると全くアタリなし。
後半1時間は何やってたんだか。
ここで競技終了です。

僕の釣果は27匹404g
2019_07140006_R1.jpg
右側エリアの奥まで行かれた方々はキロ前後の釣果。
全然勝負になりません(泣)

優勝は神奈川から参戦の駒澤さん。
2019_07140008_R1.jpg
2019_07140010_R1.jpg
得意の遠投でキロオーバー、カッコいいなぁ。
よし、次はブドウ大会でリベンジじゃ。
2019_07140012_R1.jpg

今日のキスは素揚げでビールのつまみに(^^)

2019年7月13日、万葉埠頭キス釣り


明日は高松でフィッシャーズスーパーカップが開催されるので下見に行こうと車走らせましたが、西の風が強く波が出てるみたいなので下見を諦めて風裏になる富山湾に向かいました。
楽チンな万葉埠頭で投げてみよー♪

夜勤明けで出発、万葉埠頭に到着したのは午前10時過ぎ。
さすが土曜日の釣り公園、賑わっておりました。
先客の投げ師さんに状況お聞きするとポツポツと釣れるそうです。
ポイントも教えていただきましたm(__)m
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE04号、30号オモリ+自作天秤、掛けキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは6色ラインに投入、5色でいいアタリ(^^)
4色残しで回収したみると16~18cmキスがダブル。

いるねー♪
同じポイントでダブル、3連と追加。

激震で23cm(^^)
1時間は好調でしたが、さすがにアタリ減ってきます。
移動できるスペースもないので更に沖を狙ってみます。
しかし沖はガッチョと小型キスのみ。
夕方は高松の様子を見に行くつもりだったので、早めの納竿。

結果
10:30~13:00 万葉埠頭
13~23cmキス 22匹


氷見から山を越えて高松に。

予想以上に荒れてました。
強者が投げてます、ゴミ、ぶっ飛び潮で大変ですがキスは釣れますよっと。

1時間ほど投げてみましたがポイントハマれば3連、ダブルとキスが姿をくれました。
明日は状況良くなるみたいなんで楽しめそうですね。

今日のキスは自家製ツケダレの漬け丼で。

美味しくいただけました。

2019年7月7日、第24回石川オープンキス投げ釣り名人戦

2019_07070006_R1.jpg
今日は石川県加賀市片山津海岸で「第24回石川オープンキス投げ釣り名人戦」が開催されました。
微妙だった天候も晴れに変わり、前日の下見でもキスはバコバコ、楽しい大会になりそうです(^^)
でも・・・・

前日は遠近どちらもキスが数釣れてどこを攻めればいいのか少し悩みます。
サイズなら近距離で20㎝前後が連になってくるので最高に楽しい釣りになること間違いなし。
片山津にしては珍しい。
納竿した後は県外からご参加いただいた皆様と24時間温泉でワイワイと(^^)

早朝3時過ぎに出発し片山津に到着したのは午前4時前。
すでに多くの皆様にお集まりいただき感謝感激です。
明るくなって海を見ると昨日よりは少し波がでてうっすらと濁りも。
2019_07070004_R1.jpg
波口は大きく波が崩れるので超近距離は厳しいか。
午前5時、開会式と競技説明。
2019_07070001_R1.jpg
石川鱚酔会を代表して会長のトシ兄貴よりご挨拶と競技説明。
2019_07070002_R1.jpg
2019_07070003_R1.jpg
今日の参加者は59名、上位12名が2回戦に進出できます。
競技エリアは片山津海岸一帯、堤防の上は釣り禁止。
午前5時15分~午前8時帰着。
よ~いドンでスタートです。
僕は去年シード権をいただいていたので1回戦は見学です。
昨日は新堀川近くが良く釣れたとのことで名手が竿出されていました。
どんだけ釣れるか楽しみで後ろから見てましたが・・・・
ピン1匹・・・・
素針・・・・
豆アジ・・・・・
ゴミ・・・・・
・・・・・・
・・・・・
ウソ~~
全然釣れないそうです。
釣れ釣れ詐欺やわっと(泣)
徐々に右方向に歩いて釣果をお聞きしますが皆さん苦戦中。
カドヤ前で出会ったごっち君が奇跡の5連(^^)
その後shinさんもテンポよくキスをゲット。
2019_07070005_R1.jpg
しかし昨日のバコバコの面影もありません・・・・
左ドカン付近まで行かれた選手はポツポツとキスを釣り上げておられるそうです。
かなり渋いキスが相手なようで皆さん苦労されておられました。
午前8時、1回戦終了。

検量結果はこの通り。
1st-result.jpg
左ドカンを超えて浜を探った田中選手が35匹と他を圧倒する釣果で1位で通過。
新堀川付近で苦戦した後、大きくポイントを移動した鈴木選手も見事な釣果で2位通過。
1回戦ボーダーは17匹となりました。

2回戦の組み合わせの発表。
2nd_20190707190023bb4.jpg
2回戦はA組~E組の5組に分かれ3名一組で釣りをして各組の上位1名が決勝に進めます。
各組は20mほどのエリア範囲で釣りをしなくてはいけないので各々の攻め方、釣果、探り方などがじっくり拝見することができとても勉強になります。
僕はC組で若宮さん、大野さんとご一緒になりました(泣)
石川を代表する名手の釣りをじっくり研究したいと思います。
釣り座は塩田超えた先の階段下。
1回戦で結構釣果のあったポイントとのことです。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE04号、タングステン30号+自作天秤、掛けキス5号15本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
3色以内がポイントとのことですが、少し沖から探ってみます。
5色ラインに投入。
4色入ってしばらくしたところでいいアタリ(^^)
しばらく待って回収してみますが素針・・・・
あれ?
すぐに同じポイントに再投入。
同じポイントですぐにアタリ。
今度もじっくり待ってみます。
2色以内を探る大野さんにダブル。
すぐに若宮さんもキス。
流石です。
今度は4色を探り切ったところで回収。
18㎝ほどを交えて3連。
その後も全く同じパターンでアタリ続きます。
90分、全く同じことを繰り返しキスを追加していきました。
2回戦終了。

各組の結果はこの通り。
2nd-result.jpg
僕は4色のキスに助けられて何とか決勝に進出できました。
片山津の4色って・・・・あんまり探ったことないかもね。

2回戦と並行して敗者復活戦が繰り広げられており、敗者復活戦からは西向さんが28匹と見事な釣果で決勝に進出。
fukkatu-result.jpg

決勝に進出した6名の選手は・・・・
2019_07070013_R1.jpg
吉野 海洋選手。
2019_07070012_R1.jpg
出戸 隆志選手。
2019_07070014_R1.jpg
僕。
2019_07070011_R1.jpg
田中 義一選手。
2019_07070015_R1.jpg
鈴木 剛選手。
2019_07070016_R1.jpg
西向 雅之選手。
凄いメンバーです。
ビビッて足震えてますわ。

決勝戦は午前10時40分から正午まで。
100mほどの競技エリアで争われます。
じゃんけんでスタート順を決定、僕は一番新堀川に近い左側に釣り座を構えました。
いよいよ競技スタート。
あまり魚の釣れていないエリア、いつもの片山津から6色ラインが良いはず。
南西の風が強くて投げにくいですが針数を8本に減らして7色ラインに投入。
じっくり探っていきます。
6色ラインでいいアタリ。
追い食い誘ってじっくり探ります。
待ちきれずに回収。
針には乗らなかったようで素針。
6色を集中的に探ります。
西向選手、鈴木選手は3色以内を探っている様子。
2019_07070030_R1.jpg
2019_07070039_R1.jpg
お二人とも序盤から好調な滑り出し。
6色でアタリ、5色ラインでも違和感みたいなアタリ。
4色入ったところで回収。
18㎝含んで3連。
2019_07070025_R1.jpg
次も3連。
その後はアタリもないままマイクロサイズがポツリポツリ。
周りも同じような状況。
吉野選手が得意の遠投に切り替えます。
2019_07070027_R1.jpg
この向かい風、8色から探ってきますわっと。
竿ってこんなに曲がるんだね~
8色~7色のキスをテンポよく釣ってきます。
僕は焦るとボロボロになりそうなんで、マシーンのように6色~5色をずる引き。
ほとんどアタリの取れない10㎝弱のキスをポツンポツン。
2019_07070036_R1.jpg
エリア反対側の田中選手が4連、3連とキスを掛けてきてギャラリーが沸いてます。
2019_07070047_R1.jpg
接戦のようです。
手が震えだすような緊張感、やっとで競技終了。

集計が終わりいよいよ表彰式。
2019_07070056_R1.jpg
第24回石川オープンキス投げ釣り名人戦を制して第24代名人の座を射止めたのは釣果13匹で西向選手でした。
3色~1色のキスをじっくり探っておられたそうです。
おめでとうございます。
準優勝は大阪から参加いただいた田中選手、釣果12匹。
後半の追い上げが凄かったです。
第3位は僕。釣果12匹。
6色~5色をベタに探ってました。
3rd-result.jpg

最後は力石さんに提供していただいたがま投げを賭けたじゃんけん大会。
2019_07070049_R1.jpg
新名人の西向選手とじゃんけん大会しますが、西向名人強すぎ。
2回も全員に勝ってしまって3回目のじゃんけん勝負(笑)
2019_07070052_R1.jpg
力石さんありがとうございましたm(__)m

2019_07070054_R1.jpg
本日お集りいただいた皆様、遠いところからお越しいただき本当にありがとうございました。
石川オープンも来年は25年目、記念大会をと考え中です。
また来年の参加もぜひよろしくお願いいたします。

今日のキスは唐揚げで美味しくいただきました。

【第24回石川オープンキス投げ釣り名人戦】開催のご案内

明日の石川オープン名人戦、開催いたします。
心配だった天気予報も好転し、大会中は雨に降られないですみそうかな。
更に心配だった釣果ですが、驚きの釣れ釣れモードっす(^^)
遠投ー近投どこでも釣れます。
特に今日は波が少しあったためか近投で良型キスが多く釣れてましたよ。

朝から濃厚なメンバーによる濃厚な釣りが繰り広げられてました(笑)

それでは明日、午前4時30分、片山津海岸にてお待ちしております。

2019年7月3日、金沢沖イカメタル


7月に入って金沢沖赤イカもそろそろいい頃かなってことで天照丸さんにお邪魔してきました。
しかし‥
イカの群れはどこに‥

午後6時前、金石港を出船。
今年の金沢沖、まだまとまった釣果がないそうです。塩屋ー橋立沖は好調なのにね。
イカの群れは手取川を超えれないのか。
それじゃこっちから手取川を超えてやろうってことでレッツゴー♪
1時間近く船を走らせ美川沖、水深40mのポイントに。
午後7時スタートフィッシング。

15号の鉛スッテで誘ってみます。
釣り開始すぐにアタリはわからないけど何かがスッテに乗った様子。
ゴミか?
海藻か?
ちっさいアカイカか?
船中全員の視線を受けて水面に姿を見せたのは、イイダコ(笑)
それからしばらくで船尾のハニさんにヒット。
これはイカっぽい。

コウイカでした。
明るいうちはそれっきり。
集魚灯点いて僕のハートにも火が灯って真剣に誘います。
午後8時過ぎsさんに本命アカイカ。

すぐにゴッチくんに、またまたすぐにくろたむさんにもアカイカ。
とうとう僕にも(^^)
なかなかサイズっす。
さーこれから確変突入。
でも‥
でもでも‥
それからは生体反応なくなりました。
機関長さんもシビレを切らして金石戻るぞっと。
一目散に金石沖に。
こっちもなかなかアタリでません。
sさんもシビレを切らしてスッテからバチコンにチェンジ。
すぐに良型アジをゲット。
それを見ていたゴッチくんもバチコン投入。
流石アジンガー、華麗な技で尺超え混じえて連発。
そんな中くろたむさんに50cm近いビーチパラソルサイズの赤イカ。
おースゲーデカイ。
肝心の赤イカは底付近をネチネチやってるとアタリます。

サイズはなかなか(^^)
少し浅めのタナを探るとスルメって感じ。
あまりにゴッチくんのバチコンが楽しそうなんでイカの仕掛けは置き竿で、バチコンタックル借りてやってみます。
すぐに25cmほどのアジ。
おー楽しー♪
バチコン仕掛けにアジがヒット、すぐに置き竿にしていたイカの竿にもアタリ、右手と左手に竿持ってどっちもヒット(^^)
しかし、リールが巻けん(笑笑)
船長さんが助けに来てくれましたが、バチコンは針ハズレ、イカも痛恨の針ハズレ(泣)
欲張り過ぎました。
午後11時過ぎた頃には周囲一面が霧に覆われ幻想的な雰囲気。

霧の向こうから海賊船が現れそうな感じで少し怖かった。
終了時間までポツンポツンとイカが姿を見せてくれました。
日付が変わる前に終了。

結果
18:00~24:00 美川沖~金石沖
アカイカ 4ハイ
スルメ 3ハイ

船中28ハイ、一人2ハイ~6ハイでした。
もう一潮待ってリベンジじゃー
天照丸船長、機関長ありがとうございました。
楽しい仲間と楽しい船で良い釣りができました。
プロフィール

rin

Author:rin
旅とグルメのブログのようですが‥投げ釣りもしてます(汗)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ