FC2ブログ

2018年10月25日~26日、能登エギング&ティップランエギング


休日出勤が続きますので、平日に代休の連休をゲット(^^)
今回は能登半島を回って、陸から海からアオリイカを狙ってみたいと思います。

まず初日は陸っぱりでエギング。
この時期だと日中のエギングは厳しいかな、朝と夕マズメが狙いです。
西風のせいで少し波が出て磯には上がれそうになかったので外浦の大きな漁港からスタート。

暗いうちに到着、狙いのポイントに入れてラッキーです。
辺りも白々としてきたころに小型のアオリイカ(^^)
気分が盛り上がってきましたが、同時に便意も盛り上がってきました‥
風がフッと止まったタイミングで竿先がスッと走りアワセいれますが乗りませんでした。
デカイのがいる、緊張します。
肛門括約筋も緊張してます‥
あぁー
あぁー
もう無理や‥
速攻で車に戻ってトイレまで爆走‥
朝マズメはトイレの中で迎えてしまいました(泣)
明るくなってポイントに戻りますが、気配なし。
磯場を見に行きますが、ウネリが入って乗れそうもなし。
仕方なく内浦側に逃げました。
1時間かけて内浦に、こっちはべた凪ですがやや強い向かい風、風向き大丈夫な小さな漁港をランガン。

生体反応薄いです。それでもセコイポイントを探って何とかイカの顔を見ることはできました。
昼間は何処かで昼寝して夕マズメに期待しよっと。
宇出津まで北上し「海洋漁業科学館」でイカの生態、イカ漁の基礎をしっかり勉強してきましたよ。


天気良くて気持ちいいので、外の公園のベンチでお昼寝(^^)
午後4時過ぎ、そろそろ夕マズメの準備しよっかな。
この頃から続々と人が集まってきてズラっとエギングの竿が並びました。
地元の方の話ですと、あまり調子は良くないそうです。
僕は3.5号のエギを出来るだけ遠投、沖のイカを狙います。
明るいうちは釣れそうもないので、隣のおっちゃんとワイワイ。

太陽が沈んだタイミングで釣り開始。
早速お隣さんにヒット。
すぐに僕にもアタリでてヒット。
キツめのドラグが滑ります、デカイわー
足場が高いですが、針の掛かりが良かったので強引に糸を持って引き上げました。

24cm、推定500g(^^)
それからもポツポツっと釣れました。
明日のことがあるので、午後7時納竿。
穴水の「なごみ」で温泉入ってマッタリ(^^)

明日は海の上から頑張るよ。
穴水の道の駅で車中泊。

2日目はティップランエギングでアオリイカを狙います。

お世話になったのは穴水の遊漁船Seabreezeさん、穴水新崎港から午前5時出船です。
暗闇の中、ポイントまで船を走らせますが予報より酷い風とウネリで湾の外に出れません。
湾内の風裏ポイントでアオリイカを探ることになりました。
10~25mのポイント、かなり風が強いので重いエギでやってみます。
早々に同船した小松の達人さんがヒット、なかなか良型。
すぐに連発。
おー、スゲー。

(Seabreezeさんから画像いただきました)
しばらくして僕にも20cmオーバーをキャッチ。
風が収まるまでと湾内をピンポイントで探ってアオリイカを狙っていきます。

2時間が経過した頃、風が弱くなったタイミングで湾からでます。
かなりのウネリ、怖いー(泣)
ライフジャケットの性能評価にならなければ良いのですが‥っと船長談。
巧みな操船で何とか水深30mのポイントに。
ウネリで船が揺れてアタリ取りにくいですが、小松の達人さんはここでも連発。
凄いなぁー
いろいろ釣り方教わって勉強になりました。
その後、風が止まって潮も止まってイカの活動も止まって修行の時間が続きます。
残り1時間、最後のポイント移動でイカの牧場に到着(笑)
バコバコではありませんが、絶えず誰かがヒットする感じで釣れるイカもデカイし(^^)

とっても良い釣りができました。
深場から上がってくるイカの引き、最高ですー♪
Seabreezeの山瀬船長どうもありがとうございました。

2日間の能登イカ三昧の旅でしたー♪
次はカワハギ狙ってみよーかな。

2018年10月22日、安宅海岸キス釣り+


今日の相棒はコイツで。
ライトでチョイな投げ釣り(^^)
夜勤明けで職場を出ると最高の秋晴れ。
海の状況も良さそうだし、少し竿出してこようかな。
この季節なら海でシロギス、川でもカワギス(ハゼ)が狙えそうだし、欲張って海&川のどっちもキス狙いじゃー。

まずは、海のキスを狙いに安宅の関に。
今日のエギングタックルだと、射程距離は3色以内。
海はべた凪なので何とかなるかな。
浜は平日ながら結構な釣り人、釣れてるみたいです。
浜降りて先客さんに話聞くと釣れるよーっと、でも奥で竿出してる人は別格やわっと。
誰?
ん?
あの姿は!

ダイさんじゃん(笑)
今日も好調とのことです。
ダイさんの隣で準備開始。
906MHのエギングロッドに8号オモリ、ビクトルキス7号3本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
気合いの遠投(笑)
おそらく3色付近に着水。
着底すぐにアタリ、竿先をひったくるような暴力的なアタリ連発。

たまらず回収、20cmと18cmのダブル。
次は22cm(^^)
たまらんね。
1時間ほどで晩御飯分は釣れたので、後はまったりと。
ダイさん曰く、遠投でも近投でもキスは釣れるそうです。
2時間ほどで海のキス部門終了。

次は川のキスを狙いに隣の梯川に。

始めのポイントは全くアタリなく、更に上流に。
ここでやっとでハゼに出会えました。

川の真ん中よりは手前が良い感じ。

3本針にパーフェクトも繰り返しハゼのガツっとくるアタリも満喫。

ダイさんも果敢に投げ竿で挑戦。
狭い川にこのタックル、なんか面白かった(笑)
2時間ほどで川のキス部門も終了。

結果
9:30~11:00 安宅海岸
15~22cmキス 26匹(お持ち帰り分)
11:30~13:00 梯川
ハゼ 16匹

ライトタックルの激震、楽しかったですー♪
晩御飯はもちろん、「海と川のキスの競演」

2018年10月16日、千里浜キス釣り+


今日は夜勤明けでしたが、日曜のエサが大量にあったので少し投げてきました。
いよいよ落ちギスシーズンに突入したようで地元の釣れ釣れ情報もたくさん頂いておりどこで投げよっかなぁー。

天気良いし風も大丈夫そうなんで、またまたキス&イカ狙いじゃー(^^)
欲張りやね。
両方狙うなら、昼間は千里浜でキス、夕まずめは外浦磯場でアオリイカのパターンがいいかな。

千里浜に到着したのは午前10時30分過ぎ、釣り人少なめです。

まだまだ好調のようなので、適当に車止めて竿出してみます。
今日のタックルはトーナメントプロキャスターAGS33-405、トーナメントサーフ45、PE06、27号オモリ+自作天秤、キスリベロ5号10本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは4色付近から探ってきます。
すぐにアタリ、なかなかトルクあるアタリも混じって20cm混じって4連(^^)
しかしアタリは続きません。
ピンの単発とか‥
少しずつ移動しながら探って歩きました。
時折良いポイントに当たると8連とか(^^)

今日は濁りの入っている付近のキスが良い型でしたよ。
結構歩いて探りました。

3時間ほどやってお待ち帰り分が十分なので投げ釣り終了。

少し車で休んでから能登半島を北上、志賀町付近の磯場でアオリイカを狙ってみます。

狙いの磯場に到着してみると、西の風が強く波かぶってますわー(泣)
一番狙いの磯には行けませんでしたが、隣のポイントに。
ウネリが入ってメチャメチャやり難いです。
こんなんで釣れるのかと思いましたが、すぐにヒット(^^)

結構良い型。
それからもパタパタっと釣れました。
肝心の夕まずめ、この頃には更に波が高くてなってダメな感じ。
寒くなってきたので暗くなる前に納竿としました。

結果
10:30~13:30 千里浜
15~22cmキス 68匹

16:00~17:30 志賀町磯場
アオリイカ7ハイ

千里浜、少し波があったのでバコバコとはいきませんでしたがまだまだ楽しく釣りできそうですね。

2018年10月14日、第49回報知キス釣り選手権大会・SESSYA CUP決勝大会

DSCN6514_R.jpg
日本で一番歴史のあるキス釣り大会、「第49回報知キス釣り選手権大会・SESSYA CUP決勝大会」に参加してきました。
会場は徳島県北の脇海岸。
秋の北の脇海岸は超ピンギスの数釣りで有名です。
少し前までは近距離で数が釣れているとの話で、とっても楽しみにしておりました。
ピンギスの微小なアタリをしっかり感じる感度の高いシステム、マイクロサイズに合わせた小針を揃えて、待ってろ北の脇(^^)

出発は前日の夜、土曜の仕事を終えて準備して福井で西向さんの車に乗せていただき徳島を目指します。
深夜の高速は快適、西向さんのキス釣りのアレコレはとっても勉強になってアッという間に鳴門に到着。
釣り具屋巡って北の脇海岸に到着したのは午前4時前でした。
午前4時30分を過ぎた頃から人が集まって賑やかに。
前日下見したやまたかさんからエサを受け取っていろいろ情報を頂きました、ありがとうございます。
何でもキスはとっても渋いようで、かなり厳しい釣りになるよーっと。大きめのキスも混じるので針の選択は難しいとオススメの針までお聞きすることができました。

午前5時30分、明るくなって受付開始。
今日の決勝大会に参加するのは47名、優勝者のみが今期名人の大野さんと対戦することができます。
よし、気合い入れて頑張るよ。
DSCN6504_R.jpg
DSCN6505_R.jpg
DSCN6506_R.jpg
午前6時、開会式&競技説明。
1回戦の競技時間は午前6時30分から午前8時30分帰着の僅か2時間。
競技エリアは抽選により海に向かって北側のAブロック、南側のBブロックに分かれて競われます。
僕はAブロックになりました。
各エリアから上位8位タイが2回戦に進出することができます。
スタート順で並びも決まっているのでポイントの悩みは不要です。
今日のタックルはキススペシャルCX、トーナメントサーフ45、PE06号、山本Vシンカー23号+自作天秤Ⅱ、秋田キツネ2.5号15本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
DSCN6507_R.jpg
DSCN6508_R.jpg
魚は1色以内とのことだったので1色から探りはじめました。
時々小石にオモリが当たってコツっとなるくらいでアタリなし。
素針で上がってきましたが、1/3の針のエサがなくなってます。

2投目も全くアタリないまま回収、5cmくらいのマイクロサイズが1匹。
3投目、0.5色付近でアタリと思いましたが、素針‥
4投目、アタリないままマイクロサイズの3連。
うーん、アタリとれてないみたい‥
それからは全く生体反応なし。
周りも移動していきます。
僕もあちこち探ってみますが、どこも開始1時間で10匹あればいいほうみたい。
残り1時間、エリア北側のケンさんが好調らしいので隣にお邪魔して竿出しますが、全く釣れません。
周囲ではポツポツと釣れているのでここで粘れば良いと思いますが追加なし。
結構最後までどこをどうやって釣れば良いのか分からぬまま競技終了。

検量結果は、5cmほどのマイクロサイズ6匹(泣)
DSCN6509_R.jpg
撃沈ですわー
結構、僕のいたAブロックはボーダー11匹、Bブロックのボーダーは18匹とのこと。
1回戦敗退です。
2回戦進出者の皆様はこちら。
DSCN6510_R.jpg

2回戦は全エリア開放で午前9時30分から午前11時30分までの2時間。
釣り始めは渋かったようですが、後半潮が引いてから調子でてきたのか1回戦よりは釣果良かったみたいです。

第49回報知キス釣り選手権大会を制したのは、2回戦で27匹ものキスを釣り上げた竹田さんでした~
おめでとうございます~♪
DSCN6525_R.jpg
準優勝はキス研鳥取の村山さん25匹、第3位はキス研大阪の瓜生さんでした。
2回戦のリザルトはこちら。
DSCN6519_R.jpg

さて、選手権大会の決勝が終わってからはいよいよ報知名人戦の開幕。
DSCN6526_R.jpg
現名人の石川鱚酔会の大野さんと竹田さんのタイマンバトル。
DSCN6527_R.jpg
DSCN6528_R.jpg
いや~楽しみです。
DSCN6529_R.jpg
大野さんはエリアを広く使ってアクティブに動き薄い魚を集めて回ります。
一方、竹田さんはクーラーに腰を落ち着けじっくりと探ってきてます。
魚が小さくで良く見えないので何匹釣れたかよくわかりませんが、大野名人が着実に釣果を増やしてきているようです。
後半になって状況良くなったのか数も釣れるようになり見ごたえある名人戦でした。
結果は46対31で、報知名人戦を制したのは大野名人、防衛成功です。
おめでとうございました~♪

流石です、カッコいいっす。

報知キス釣り選手権大会をお世話していただいたスタッフの皆様ありがとうございました。
大会中お声かけていただいた皆様ありがとうございました

帰り道にはせっかく徳島に来たんだし、名物の徳島ラーメンじゃ(^^)
狙いの店は痛恨の日曜定休・・・・(泣)
帰り道でたまたま見かけた「タケちゃんラーメン」に突撃。

微妙な感じの店名と店構えですが、午後2時を回っても行列できてます。
いただいたのは「肉入りラーメン」

徳島といえばこれでしょ(^^)
旨いラーメンでしたよ。

自宅に帰着したのは午後9時。
お土産のすだちでビールで乾杯~♪
DSCN6532_R.jpg
これ最高(^^)

2018年10月7日~8日、第39回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権

2018_10090012_R1.jpg
G杯、行ってきました。
厳しくも面白く、楽しくも悔しい大会でした。
やっぱ、釣りって最高ですね。

G杯前日。
丁度台風25号が石川に到着した時間に、集合・・・・
土砂降りと爆風の中、出発です(汗)
IMG_2344_R1.jpg
IMG_2343_R1.jpg
今回は石川鱚酔会から4人がG杯に出場することができたので、大きな車をレンタルして愉快な仲間たちで伊良湖を目指します。
道中はG杯の話、釣りの話、エ〇話、毒舌、漫談、暴露話が延々と続き深夜の高速を爆走、アッという間に伊良湖に到着。
本来なら伊良湖表浜で開催予定でしたが、海況が悪いため伊良湖西の浜に会場を変更。
どんな浜なのかな。
到着は午前4時、少し仮眠のつもりが爆睡・・・・・
IMG_2358_R1.jpg
かなり明るくなってから浜におりました。
エリアも不明なのでとりあえず南に歩いてヤシの木の前くらいで浜に降りました。
向かい風強く、海は少しざわついてます。
早速準備開始。
今日のタックルはがま投競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04号、30号オモリ+自作天秤、シロギスファイン4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
先に竿出されていた村山さんは2色でアタリ出たそうで早々にキスをゲット。
よし、キスはいると分かって元気でます。
僕は中間距離から探って5色ちょっとから探ってきます。
すぐにアタリ連発。
おるやん(^^)
いいね~
いいね~
回収もずっしり手ごたえ。
でも・・・・・
メゴチの7連@@
IMG_2353_R1.jpg
メゴチ半端ないってよ(泣)
それからも釣れるのはメゴチメゴチメゴチ。
2色以内を探ると激震とともにヘダイ・・・・
キスはおらんのか。
オモリをタングステン33号にチェンジ、針数も思い切り減らして気合いのフルキャスト。
IMG_2356_R1.jpg
向かい風のせいで全然飛びませんが、何とかピンギスを追加。
それからも力の限り投げてピンをポロポロ。
前日に竿だされた方の話ですと、遠投でいいサイズが良く釣れましたよっと。
一晩でこんなに変わるんですね・・・・
足早に広く浅く探って戻り道は近投で。
波口でピンギスがポロポロ。
釣れない遠投よりは効率よいのかな。
遠投か、波口か・・・・
悩みます。
午前で下見は終了。
新潟勢・関東勢・北陸勢でランチに。
IMG_2366_R1.jpg
旨くて安い「海鮮丼」いただきました。
それからはホテルにチェックインして温泉でまったり~♪
IMG_2372_R1.jpg
IMG_2374_R1.jpg
オーシャンビューだぜ~

さて、前夜祭。
抽選で明日の大会の組み分け。
IMG_2377_R1.jpg
僕はA組。
Gチャンプ渡辺さんをはじめ名手が勢ぞろい、普段はご一緒できない凄い方たちばかりなのでビビりながらも少し楽しみです。
IMG_2378_R1.jpg
IMG_2379_R1.jpg
美味しい料理に美味しいお酒、つまみは釣りの話。
IMG_2384_R1.jpg
IMG_2387_R1.jpg
いろんな話を聞けて楽しかったなぁ。
テンションアゲアゲで部屋に帰って明日のがま投げではなく、まくら投げでバトルじゃ~(笑)
IMG_2392_R1.jpg
ちょっと横になった瞬間眠りに落ちました。

G杯当日。
2018_10090001_R1.jpg
天気予報では風は落ちる予報、でも朝は結構な向かい風と波口で崩れる波。
2018_10090002_R1.jpg
厳しい釣りになりそうです。
早速第1試合。
競技エリアは一番北側。
競技時間は午前6時から午前8時30分までの90分。
僕はエリア中央部を釣り座に決めました。
散々悩んで、まずは遠投から探ってみることに。
いざ競技スタート。
33号のタングステンでフルキャスト~
着底してすぐにいいアタリ連発。
この距離でこのトルク感は間違いなくキスでしょ。
少し探って誰よりも早く回収。
15㎝~18㎝のキスがダブル。
昨日のキスとは全く違うやる気満々のキスです。
それからは思いっきり投げまくります。
単発が多くなかなか数がつかないと悩む僕の隣で湘南の上井さんが怒涛の4連、3連と。
凄いわ~
僕も負けじと投げますがやっぱダブルまで。
う~ん、飛距離が足りないのかなぁ~
悩みながら1回戦終了。
検量結果は、上井さんが14匹でダントツ。
続いて地元ライジングサーフの長澤さん、安倍川さんが11匹。
2018_10090003_R1.jpg
僕は8匹で真ん中くらい。

第2試合。
こっちも迷わず競技開始から投げ倒します。
沖のキスは元気良いみたいで届けばアタリでます。
それでも単発かダブル。
上井さんはやっぱ数が違う。
悩むなぁ。
釣れない僕にアドバイスしてくれました。
結構な潮の流れがあるので、仕掛けは止め気味で潮に乗せて探ってますよっと。
反対に僕はメゴチを嫌って早いサビキで探ってました。
目一杯投げて潮に乗せて探って回収すると4連(^^)v
上井様、神様です。
少しアタリが止まったタイミングエリアの右端行って遠投してみると3連、ダブルと(^^)
楽しいっ~♪
楽しい2回戦が終了。
検量結果は湘南の遠投派、駒澤さんが15匹でトップ。
村山さんと僕が13匹で続きました。

第3試合。
一番本部寄りのエリア。
風が少し強くなってきて遠投は辛そう。
でも中間距離のメゴチゾーンはツライ。
近距離狙おうか、遠投でやろうか・・・・
更に針数落として遠投でスタート。
すぐにいいアタリ入って18㎝キス。
やっぱ遠投じゃ。
素針が2回続いたタイミングで左に移動。
気合いのフルキャスト~っと思ったら力糸でプッチン。
ありゃ~
替えのスプールにチェンジ。
気合いで投げますが、今度はバックラッシュ(泣)
更にスプールチェンジ。
今度は根掛り・・
何とか外れましたが、オモリから下に誰かの高切れしたPEラインが絡んでぐちゃぐちゃに‥
僕のイケイケはダメダメに急降下。
この時間のこのエリア、キスはかなり厳しいようで1時間たっても5匹持ってればいい方みたい。
残り30分、何とか追い上げにっと頑張りますが、釣れてくるのはメゴチばかり・・・・
競技終了。僕のG杯も競技終了・・・(泣)
検量結果はこの渋いタイミングで8匹ものキスを釣り上げた村山さんがトップ。
3試合の集計でA組からは上井さん、村山さんの関東勢お二人が決勝に進出。
おめでとうございます。
B組からは地元ライジングサーフのレグナムさんこと山田さん、伊藤さんが決勝に。
C組からは我ら石川鱚酔会から米田さんと榛村さんが決勝進出。

決勝戦はこの6人が90分で争います。
2018_10090006_R1.jpg
2018_10090005_R1.jpg
米田さんが1番スタートでエリア左端に、隣に村山さん、榛村さん、山田さん、伊藤さん、上井さんのポジション。
競技スタートです。
米田さんが波口狙いで近投、ほかの5名は遠投の様子。
開始すぐに米田さんにアタリ、いいサイズのキスをキャッチ。
その後、伊藤さんに良型キス。
山田さんにもダブル。
しかし渋い様子で次がなかなか続きません。
そんな中、好調なのは米田さん。
波のヨレたポイントを選んで丁寧に探って1匹、ダブルと順調に追加。
他を引き離していきます。
メディア、ギャラリーも米田さんにベッタリ(^^)
しかし、後半になって怒涛の追い上げを見せたのは山田さん。
得意の超遠投から近投にチェンジしてからアッという間にキスを追加して米田さんと1匹差まで追い上げます。
どうなるん?
僕らの緊張も高まります・・・
エリア左端が山田さん、右端が米田さん。
お互いの状況はわかりません。
熱い90分の競技が終了。
しかしどこからもおめでとうの声が上がりません。
どっちなのか・・・・
検量の結果、9匹の釣果で米田さんが優勝。
山田さんは8匹で準優勝。
第3位は伊藤さん。
2018_10090011_R1.jpg
おめでとうございます~♪
メッチャ良い試合でした。
皆さんメチャメチャカッコ良かったです。

優勝の米田さんの今日の釣りです。
IMG_2396_R1.jpg
IMG_2398_R1.jpg
IMG_2401_R1.jpg
IMG_2404_R1.jpg
2018_10090008_R1.jpg
IMG_2418_R1.jpg
IMG_2410_R1_201810092225257c5.jpg
1回戦・2回戦は遠投で7色ラインのキスを狙っていたそうです。
3回戦も前半は遠投、後半で隣のOさんが近投での連掛を見てから近く探ってみたところダブル。
その後ももう一回ダブルと釣れたそうです。
遠投派と思う米田さんですが、実は近くのキスを狙う釣りも大好きなんですって。
優勝おめでとうございました。
最終リザルトです
IMG_2413_R1_20181009222526694.jpg

刻々と変わる波、潮の流れ、魚の活性、その時々の状況を読んで最高の攻め方を考え日頃の技術を余すことなく発揮できた者が勝者となる。
今まで以上にキス釣りが難しいと思い、今まで以上に楽しいっと思いました(^^)
いつの日か決勝戦の舞台で自分の最高の釣りが披露できますように。

お世話していただいたがまかつさん、GFGの皆様、大変お世話になりました。
お声かけていただいた大勢の皆様本当にありがとうございました。

さ~来週は「報知キス」
徳島のキス釣り勉強してきますね。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ