2017年1月29日、七里御浜キス釣り

2017_01290002_R.jpg
1月半ば、とあるラーメン屋にて・・・
北陸の冬は暗いよねっとボヤく僕に、太平洋側は天気も良いし青空の下で浜からキス狙えるよ~っと。
熊野付近ならそんなに遠くないよ、七里御浜なら冬でも釣れるみたいだし・・・
それなら行きますかっ(^^)
っと、即決。
あれこれしているうちに遠征メンバーも増え楽しくなりそうです。

土曜の深夜、石川を出発。
今回の七里御浜遠征メンバーはケンさん、西向さん、島野さん、ごっちくん、僕の5名。
僕は夜勤明けだったので車のバックシートで爆睡(^^;
起きたら三重県でした。
まず目指すのは「七里御浜」、めっちゃ広大な浜なのでどこで竿出していいものやら悩みます。
少しづつ北側から探っていきましょ。
鬼が城近くの浜から竿出すことに。
2017_01290001_R.jpg
夜明けを待ちきれず薄暗い中から砂利浜を歩いて海に向かいます。
昨日は結構荒れていたようで、波打ち際で崩れる波は結構なもの。
少し遠投気味に攻めてみようかな。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、Z45、PE06号、木オモリ30号+自作天秤、掛けキス5号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
少し追い風、6色付近から探ってきます。
3色付近まで探りましたが全くアタリなし。
5人で広く分かれて探ることに。
僕はカルバートを超えて浜の左、鬼が城方面に移動。
沖にブイが浮かんでいるので何か沈んでいるようです。
4色ラインでいいアタリでて、期待で回収するもベラ。
その後も4色~3色ラインはベラゾーン・・・・
デカいベラが連発・・・・
たまにベラじゃないのはキタマクラ・・・
嫌になって撤収。
皆さんも全く釣れないそうで少し南下することに。
いろいろお聞きした話でも鉄板は「ウミガメ公園」
とりあえずキスの顔見たいし、ウミガメ公園まで車を走らせました。
2017_01290003_R.jpg
浜に降りて期待の1投。
全くアタリません。
こちらも結構なうねりでキスには厳しいのかな。
1時間ほど遠投~近投と広く探りましたが生き物は全く釣れず。
既に4時間、誰もキスの顔見てません。
浜は厳しい様子なので港内を攻めましょうと作戦変更。
更に南下して和歌山県に入り「宇久井」で投げてみることに。
丁度干潮のタイミングなのか潮位が低いです。
ここで、3色ラインをダラダラ探っていた僕の竿に小さなアタリ。
2017_01290004_R.jpg
微かな期待で回収するとピンギスですがキスをゲット~♪
皆の活性も上がっていつも以上に真剣に探ります。
しかし、1時間経っても追加ならず・・・・(泣)
ピンギスとは言え、人生初の和歌山のキスをゲットした僕は気分ルンルン(^^)
お昼だし一旦竿をたたんでラーメン屋に。
和歌山ラーメンなら「井出商店」、でもさすがに遠くて行けません。
近くで検索した「井出商店直伝のラーメン屋」に(^^;
とんこつ醤油に細麺の和歌山ラーメン。

結構きついとんこつ臭、でも嫌いじゃありません。
僕は結構良かったと思います。

食後に作戦会議。
やっぱ、浜は厳しいようなんで尾鷲方面に戻ってやりましょうっと。
大泊、新鹿、三木里のどこかを目指しましょ。
その前に、和歌山なんだし「みかん」でも買う?

西向さんの直感に従ってみかん直売所にレッツゴー。
とっても面白く優しいお父さんお母さんでした。
みかんと言ってもいろんな種類あるし全部食べて味見したらいいわっと(笑)
「青島」「はるみ」「ぽんかん」「はっさく」「早生」etc・・・・
みかんってこんなに種類あるですね、奥深い。
10個以上は食ったかな。最後に出てきた「梨味のみかん」最高でした。

全員で30㎏近く買って、帰り道に食べたらええよっとお土産のみかんを数kg貰ってみかんを堪能できました(^^)

ラーメンとみかんで腹も心も満たされましたが、肝心の釣欲だけは満たされません。
次が最後の釣り場ってことで実績のありそうな「新鹿」で竿出すことに決定。
新鹿に到着は午後1時過ぎ、向かい風強く遠くを攻めるのは厳しそう。
2017_01290006_R.jpg
綺麗な浜ですが、この時期に釣れるんかなぁ~
午後3時までっと時間を決めて釣り開始。
6色付近から探ってきます。
5色ラインでいいアタリ(^^)
おお~これは・・・・

デカいフグ(泣)
隣の西向さんがいつも以上に丁寧な回収。
浜に姿を見せたのはキスのダブル@@
おお~いるやん。
少し離れたとこのケンさんもダブル、ごっちくんもダブルと釣れてますね~
5色ラインでアタリでてピンギスですが1匹ゲット。

2017_01290008_R.jpg
6色~5色ラインでアタリ多いようです。
2017_01290011_R.jpg
遠投気味に攻めるごっちくんになかなかサイズのキスダブル。
2017_01290012_R.jpg
足早にあちこちを探る西向さんに3連。
2017_01290009_R.jpg
島野さんには良型キス。
午前の不調を忘れるように冬の浜のキスを楽しみました。
午後3時、帰りの時間を考えて後ろ髪引かれながら納竿。

結果
7:00~15:00 七里御浜~宇久井~新鹿
ピン~18㎝キス 9匹
2017_01290017_R.jpg
全員の釣果を合わせると小型中心ながら50匹弱に(^^)
2017_01290020_R.jpg
目的の七里御浜ではキスを見ることができず残念でしたが、遠足気分で楽しい旅になりました。
長時間運転していただいた西向さん、ホントにありがとうございましたm(__)m
行きも帰りも寝てばっかりでごめんなさい・・・・

まだまだ厳しい季節が続きますが、渋いキス釣りを堪能したいと思います(^^)v

ギア其の278、「シンカースタンド」


しばらく雪の日が続いていた北陸も寒波を抜けたようでホッとしています。
幸い北陸三県でも石川県の積雪は少ないようですね。

さて、今日は「シンカースタンド」
またの名を調味料入れ(^^;
ダイソー製です。

オモリが5個まで立てて入ります。
僕はバッカン使用派なので、バッカンに入れてオモリを入れて使ってます。

なかなか形もサイズも使い勝っても良さそうですよ。

週末は冬の遠征。
暗い北陸を脱出して太陽ポカポカの太平洋を目指します。
七里御浜で投げ釣りじゃー(^ ^)v

2017年1月22日、穴水湾キス釣り

2017_01220001_R.jpg
今期初のウェーダーでキス釣りに行ってきましたが・・・・

1月も後半になるとさすがにキス釣りのポイントは限られてきます。
こんな時に力を発揮するのはウェーダー(^^)
ドン深の多い穴水湾ならウェーダーの機動力あれば通年キスが狙えます。
さ~今日はどこのキスを攻めようかな~♪

早朝4時過ぎに出発。
ウェーダー部隊のs隊員と能登に向かいました。
南西の強風の予報ですので、上がれる磯場はたぶんアソコだけ。
迷わず向かいました。
到着は午前6時30分、夜明け前でまだ暗く車中で待機。
徐々に明るくなってきたので車の外にでますが、想定外のウネリ・・・
向かう先は低い磯場、このうねりだとかなり厳しいかも。
残念ながら安全第一の僕らはウェーダーを諦めました。
南西の風裏になるポイントを探して穴水湾をめぐり、何とか竿出せるポイントを発見。
2017_01220002_R.jpg
じっくり探ってみることにします。
今日のタックルはがま競技29-405、XT遠投、PE1.5号、ショート発砲25号+自作天秤Ⅱ、掛けキス6号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは実績あるポイントを攻めますが、プルっと小さなアタリがあったきりで素針。
s隊員もアタリあるけど針にかからんっと。
活性の高い個体はいないようで根際の渋いキスを1匹づつ探る繊細な釣り。
キスの数もいないようでアタリが続くことはありません。
数匹釣ったところで全くアタリがなくなり移動することに。
作戦会議の結果、やっぱ水深のあるポイントでやろうと向かいましたが積雪多く入れません。
穴水湾は南寄りの風が入ると風の影響で釣りにくいので一気に南下して能登島近郊まで。
2017_01220004_R.jpg
こっちでも風裏を探して小場所でやってみますが全く魚のアタリはなし。
クーラーの中は寂しい限りですが、空は時折青空が広がって風裏にいる限りは結構快適だし、のんびりと能登の冬景色っていいなぁ~っと必死で現実逃避中・・・・(苦笑)
最後の頼みで冬キスの名ポイント。
先客は常連の高岡のおじちゃん。
今日はあんまり調子良くないけどポツポツとアタリはあるよっと。
早速釣り開始。
潮はガンガン流れているので迷わず遠投~
5色ラインでアタリ。
2017_01220005_R.jpg
これが15~18㎝キスの3連(^^)
それからも同じようにちょっと沖めを探るとアタリでてキスがポツポツっと。
根際を探るs隊員には良型キスの姿。
お昼頃には更に風が強くなり雨もひどくなってきたので納竿としました。

結果
7:30~12:00 穴水湾~能登島
14㎝~21㎝キス 17匹
2017_01220008_R.jpg

今日のキスは「キスのユッケ風」
なかなか美味しかったですー♪
穴水湾、今年はちょっと渋いかも・・・・・
今度は更にディープな穴水湾を探って(^^)

2017魚津勉強会、開催決定のお知らせ

20170122uodu.jpg
明日の魚津勉強会、開催が決定しました。
今日の経田海岸の状態ですー♪



真冬のキス釣り大会&新年初の釣り大会として有名な【魚津勉強会】の案内が到着しました。

【日 時】平成29年1月22日(日) 〔15日から延期になりました〕 午前7時集合 午前7時30分から競技開始
【場 所】富山県魚津市経田海岸(地図参照)
【競技方法】竿1本の投げ釣りによるキスの総匹数で争われます。詳細は大会当日に発表します。
【参加費】1000円
【申 込】当日受付ですので申し込み不要です

冬でも荒れない富山湾、1月でも水深あるのでキスはまだまだ狙えます。
新年早々の浜投げキス、楽しみですね。

参加の皆様、道中の車の運転など充分お気をつけてお越しくださいませ(^^)

2017年1月15日、富山新港キス釣り

2017_01150009_R.jpg
日本列島を襲った最強寒波、北陸地方にも今期最大の積雪がありました。
北西の強風が吹き荒れ外海は波6mの大時化、気温も上がらないようですが北西の風裏になる富山湾ならキス釣れるかもっと行ってきました。
一人じゃ心続かないので最強の折れない心を持つケンさんを強引に連行です。

土曜の段階では雪は全くありませんでしたが、今朝は積雪5㎝ほど。
除雪車でるほどではありません、しかし富山に入った途端に雪が増え始め富山新港には積雪20㎝くらい。
生憎の天候ですが海洋君、小竹さんもご一緒してくれるそうで賑やかになりそうです。
まずは富山新港のマニアック釣り場から釣り開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、Z45、PE06号、ウッドガンスリム30号+自作天秤、掛けキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
5色付近に投入しじっくり探ってきます。
4色ラインでいいアタリ(^^)
気温は1度、海水が温かいようで気嵐がみられます。
そのままじっくり探って回収。
18㎝ほどを頭に3連(^^)v
キスの群れはそれほど濃いようではなく数匹釣って新しいポイントを探るスタイル。
4人いるのであちこち探って、煙突6色っとか灯台5色のような感じでポイントを教え合って釣果を増やしていきました。
一人じゃなかなか探れない範囲を素早くサーチできました。
さすがに移動せずに3時間、キスもだんだん薄くなってきたので大きく移動していつもの海王丸パークに。
こっちには富山の投げ人、I上さんがおられヒイラギ凄いわっと(^^;
早速僕らも釣り開始。
超遠投有利の海王丸パーク、海洋君はPE03号にタングステンを装着して遥か沖のキスを狙い撃ち。
2017_01150003_R.jpg
200m近く沖からアタリをくれた20㎝オーバー
2017_01150004_R.jpg
微かなアタリを繊細にとって3連っと絶好調。
ケンさんも極細PEにタングステンで超遠投。
2017_01150012_R.jpg
いいサイズのキスを撃沈しておりました。
小竹さんと僕は港内向きの中近距離を探ってみます。
2017_01150011_R.jpg
5色~4色ラインでいいアタリでて18㎝~20㎝キスのダブル(^^)
2017_01150013_R.jpg
その後も今日の最長寸23㎝(^^)v
小竹さんには良型のナマコ。さらに良型を連発(^^)
2017_01150001_R.jpg
2017_01150014_R.jpg
その後はしっかりキスのポイントを見つけていいサイズをゲットされておられました。
時折吹雪になりますが、完全防寒の装備できているので全く寒くもなく快適に釣りを楽しむことができましたよ。
こんな雪の日ですが釣りが楽しめる富山湾は素晴らしい釣り場ですね。

結果
8:00~12:30 富山新港
14㎝~23㎝キス 21匹
2017_01150015_R.jpg
お付き合いしてくださった皆様どうもありがとうございました。
ケンさん雪道の運転ありがとうございましたm(__)m

帰りは旨い「にんにくラーメン」食ってポッカポカになって帰宅しました。

さ~、次回は寒波が去った後の能登キス狙いに行ってこようかな。

2017年1月11日、能登島キス釣り

2017_01110004_R.jpg
今期最強の寒波が迫る中、能登島にキス狙って行ってきました。
気温は2度、北風ビュービューでの寒中キス釣りでしたが予想以上にアタリ多く楽しい釣りができました(^^)

午前5時過ぎに自宅を出発。
天気予報では西の風が強いようで能登島~穴水付近が風裏になりそうです。
能登島内でもキスが釣れ始めているようですが、今回は越冬キスの名ポイントで竿出すことに。
まぁこのポイント、釣れ具合は潮次第と結構ギャンブル性高い釣り場です。
到着は午前7時前。
夜明け間近の薄暗い中準備開始。
今日のタックルはがま競技29-405、XT遠投、PE08号、ショート発砲25号+自作天秤、掛けキス6号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
第1投目は5色付近から探ってきます。
4色ラインでアタリ、水深の深いポイントなのでアタリは重く鈍い。
欲張らずに回収すると18㎝ほどの綺麗な魚体のキスでした(^^)
2017_01110001_R.jpg
その後はアタリ続きません。
潮は全く流れていないようでオモリが流されることもありません。
遠投してみますが小型のキスがポツリポツリ。
2色ラインの根際で18㎝~20㎝のキス、しつこく探る釣りでポツポツっと追加。
大きくポイントを移動してみたりしますが、釣れるのは始めの1投~2投だけ。
キスは薄いようです。
2時間やってもツ抜けできず・・・・
午前10時を過ぎた頃から風が強く吹き始め、これに伴い潮も少し流れるようになってきました。
風が当たるポイントは寒くて厳しいので風裏に移動。
投げ難く回収し難い釣り場ですが気合いで勝負です。
潮が左から右に流れて、ゆっくりオモリを流すように釣ると6色~5色ラインでアタリがでるようになってきて15~20㎝のキスが素針なく釣れるように(^^)
2017_01110007_R.jpg
手前に藻が広がっているので高速浮上高速回収が必要ですが、これされクリアーできればバッチリです。
2017_01110008_R.jpg
6色ラインのキスが元気良いようでたまにダブル、まれに3連と絶好調。
まだまだ釣れそうでしたが、午後1時エサ切れで納竿となりました。

結果
7:00~13:00 能登島近辺
14㎝~21㎝キス 38匹(お持ち帰り分)
2017_01110010_R.jpg
能登サイズではなく小型のキスが多かったです。
深場の落ちた越冬キス、しばらく楽しめそうですね~
週末は魚津勉強会でお会いしましょう♪
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ