2016年5月31日、片山津キス釣り


平釣行ってきやした(^^)
今週末は石川県片山津海岸で「第21回石川オープンキス投げ釣り名人戦」が開催されます。
どんな状況なのか探ってきましたよ。

片山津に到着は午前6時。
青物は不発なのか、平日だからなのか投げ釣り師が4~5名と寂しい限り・・・・
時期的には最高の片山津を体感できるはずなんですけどね、釣れてないみたい。
広く探るつもりでドカンまで15分歩きました。
ドカン際から釣り開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、ダイワ45、PE04号、タングステン30号+自作天秤、掛けキス4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは5色付近から探ってきます。
4色・・・・・
3色・・・・・
ん?
アタリなし。
手前か?
2色ちょっとに投入。
すぐにアタリ。
小型の3連。

でも次は続きません。
やっぱ沖か?
更に沖に向かってフルキャスト~
7色ラインでアタリ。
小型のダブル(^^)
次も遠投じゃ~
でも続きません。。
いや~渋い。
塩田前、かどや前、河口と探りましたがどこも同じ状況。
ちょっと魚が薄い感じの片山津でした~
週末は爆発しますように(^^)
午前4時30分、片山津でお待ちしております~♪

結果
6:00~11:00 片山津
ピン~17㎝キス 26匹(お持ち帰り分)

土曜にもう一回行ってみます。

ギア其の274、「ワカサギ袖」


久しぶりに針を変えて見ようと思いました。

魚釣りに対する釣り針、非常に大事です。
信頼を失うと迷走します…
アタリがあっても魚が掛からない、ノリが悪いなあぁ、これって使ってる針が悪いんじゃないのか?
もう少し針のサイズを変えてとか、掛かりの速い外向きの針に変えてとか、回収中にバレてるみたいだしキープ力のあるこの針に変えてとか、大会中にはいろんなシチュエーションでいろんな悩みが生まれますからね。

個人的好みは袖型、細軸、短軸、ヒネリ。
この「ワカサギ袖」、すべてにおいて僕の好みにぴったり(^_^)
まだ使用してませんが、活躍してくれそうです。

【第21回石川オープンキス投げ釣り名人戦 】開催のご案内

大会案内
【第21回石川オープンキス投げ釣り名人戦】の案内が到着しました。
今年は6月に石川県加賀市の片山津海岸で開催されます。
トーナメントシーズンでお忙しい中とは思いますが、大勢の皆様の参加をお待ちしております。
6月の片山津は1年の中で最高の時期ですぜ(^^)

第21回石川オープン キス投げ釣り名人戦

【主  催】
石川鱚酔会
【大会目的】
投げ釣り愛好者の親睦とマナー・釣技の向上を目的とする大会です。
【日  時】
平成28年6月5日(日) 午前4時30分集合 雨天決行
【会  場】
石川県加賀市 片山津海岸(新堀川河口広場)
【受  付】
4:30~5:00 参加費500円を納め、参加表に氏名と年齢を記入すること。
【競技方法】
【1回戦】 5:00~8:00(3時間)
シード選手以外全員参加にてキスの匹数で順位を決定するが同匹数の場合は年長順とする。
上位12名が2回戦に進出できるがシード選手が欠場の場合は繰り上げとする。
2回戦に進出できなかった者は、敗者復活戦に出て再挑戦ができる。
前年度名人・準名人(シード選手)の方々は1回戦の審査員をし2回戦より参加する
【2回戦】 8:30~10:30(2時間)
2回戦より競技方法をトーナメント方式とする。
枠組みは1回戦の通過順位により決め3名1組(計5組)とし各組の勝者が決勝戦に進出できる
同匹数の場合は年長順とする
【敗者復活戦】 8:30~10:30(2時間)
順位はキスの匹数にて決定し、上位一名が決勝戦に出場できる。
同匹数の場合は年長順とする
2回戦と同時進行で行うため、場所は区分するので指示にしたがってください
【決勝戦】 11:00~12:30(1.5時間)
2回戦の各組勝者と敗者復活戦上位1名の計6名で行う。
場所は本部が決めたエリア内で実施する
順位はキスの匹数で決定するが1位同数の場合はデスマッチ戦を行う
2位以下の順序は年長順とする
1位-名人、2位-準名人、3位-準名人とし、次年度のシード権を与える
*デスマッチ 投入回数は1回・制限時間は10分・勝敗は匹数で決定する
【釣   法】
一人竿1本による海岸からの投げ釣り(予備竿の携帯は認めます)。
突堤やテトラは禁止します
エサは各自でご用意ください。ただし「イシゴカイ(ジャリメ)」に限る
【参加資格】
石川県の海を愛し大切にする投げ釣り愛好家(18歳未満の方は成人のご同行を願います)
参加者の所属クラブ、所属団体等の是非は一切問いません
【申 込】
不要。当日朝に集合場所にお集まりください。
【参加費用】
500円(当日 現地にてお支払い下さい)
参加費は次年度の大会運営に使わせていただきます。
【賞   与】
1位~3位までには賞状を授与する
また優勝者には楯と優勝カップを贈る。(優勝カップは持ち回り)
上位3名の外には「お楽しみ抽選会」で景品を用意します
【そ の 他】
健闘の結果、名人・準名人を獲得された御三方には次年度大会の受付・検量のお世話を主催者会員とお願いいたします。
投法・針数・針号数等一切問いません。
競技中の事故・トラブル等に主催者側は一切責任を持てませんので各人は十分ご注意ください
当日海の状態が悪く釣果が望めないと判断した場合は、場所・競技時間・競技内容が変更されることがありますのでご了承ください。

歴代名人
第1回大会 丸井 修一 
第2回大会 越田 逸郎 
第3回大会 越田 逸郎 
第4回大会 三好 一二三 
第5回大会 北嶋 賢治 
第6回大会 雨野 由信 
第7回大会 安宅 曜一 
第8回大会 相澤 浩次 
第9回大会 若宮 弘之 
第10回大会 田中 利之 
第11回大会 宮本 幹治 
第12回大会 香林 和幸 
第13回大会 太田 祐二 
第14回大会 松原 肇 
第15回大会 吉野 海洋 
第16回大会 香林 和幸 
第17回大会 吉野 海洋
第18回大会 香林 和幸
第19回大会 金安 孝一
第20回大会 力石 一穂
歴代名人2016

2016年5月22日、G杯尾浜海岸

2016_05230017_R.jpg
さ~山陰遠征釣行&観光旅行の2日目。
今日は島根県尾浜海岸で開催されるG杯予選会に参戦です。
もちろん初めての会場で期待でワクワクです(^^)

前日は弓ヶ浜~出雲大社で寝不足でクタクタ。
近くの江津市のビジネスホテルに宿をとって、到着後にホテル近くの居酒屋でビール数杯飲んで部屋に帰ったら爆睡・・・
翌朝、ちぃむどすこい関西のやまたかさんが同じホテルだったので会場までご一緒させていただきました。
初めての尾浜海岸に到着は午前4時過ぎ。
まだ暗いですが明るくなるにしたがって浜の様子が明らかになってきます。
2016_05230013_R.jpg
昨日の下見されていた方々のお話しですと2色以内で10~12㎝のキスが爆釣、針数だけキスがついてくるそうで、1回戦ボーダーは100匹くらいかなっと驚きです@@
G杯参戦される皆様はとっても心広く、初めての浜で戸惑っている僕に浜の攻略法や例年の様子などを細かく教えていただいてホントにありがとうございますm(__)m
浜の様子は沖に瀬があって手前は浅い様子。
キスは瀬の中に入ってきている群れを狙うパターンなのかな。
エリア抽選で僕はBエリア23番スタート。
海に向かって右のエリア。
釣り座が決まらないので遅いスタートはラッキーです。

午前5時、競技説明&開会式
1回戦の競技時間は30分繰り上げで午前5時30分から午前8時30分の3時間。
競技エリアは例年の半分ほどだそうですが大きく移動しなくてもよいので狭いほう大歓迎です。
釣ったキスの匹数で争われ、参加人数は80名ほどなのでBエリア40名の20%で8位タイまで2回戦に進出できます。

1回戦 5:30~8:30
昨日の下見では浜に降りる道の下あたりがバコバコだったそうでその付近に密集してました。
奥のワンドがちょっと水深深そうでキスが集まってるかなってことでこの付近をポイントに決定。
2016_05230014_R.jpg
今日のタックルはがま競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04号、ウッドガンスリム20号+自作天秤、シロギスファイン3号12本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
第1投目、近距離に投げるつもりでしたが予想以上に飛んで5色ラインからスタート(^^;
すぐにピリピリっとピンギスのアタリ。
4色ラインでもアタリ続いて回収。
ピン6連。
隣の島野さんはズラ~っと多点掛け、相変わらず凄いっす(^^)
2色付近を攻める選手を見ていましたが、あまり魚は掛かっていないようです。
昨日は波っけがあったそうで今日はベタ・・・・
手前のキスはいないんでしょうか。
僕はマイペースに5色ラインのキスを狙い続けました。
12本針に6連~3連がアベレージ、こんなんで勝てるのか・・・
迷いが生まれますが1時間経過した頃から周囲ではパタリとアタリが止まったようで皆さん苦戦中。
エリア右端の数人はバコバコに見えました、キスの群れに当たれば8連とかになるそうですが、群待ちの時間が長い様子。
5色のキスがいなくなったら6色でアタリ出始めその付近のキスをしつこく狙い1回戦終了。

検量結果は58匹。
2016_05230016_R.jpg
ちょっと微妙な感じ。
しばらくですべての検量が終わり結果発表。
Bエリアトップは新潟の鈴木さんで73匹だったかな。
ボーダーは僕で何とか2回戦に進出です(^^)v
やまたかさんはAエリア、76匹でトップ通過。
おお~~
北陸勢の西向さん、島野さんも余裕の通過。
さすが僕の師匠の皆様。

2回戦 9:30~11:30
エリアはさらに狭くなります。
16人中上位3名に全国大会に出場権利が与えられます。
顔ぶれはどこの大会会場行っても同じやね~
1回戦終わり際の状況では近距離のキスはかなり薄い感じ。
地元のkouさんのお話しですと1回戦終盤でも遠投で2~3連でキスが釣れたそうなので僕は遠投1本に絞って狙います。
7色~6色ラインで小さなアタリで4連、5連といいスタート。
アタリもしっかりとれるし海底の感じもなんとなくわかります。
後はひたすら沖の瀬の向こう側を狙って投げ込みます。
1時間は好調、いいペースでキスが釣れてます。
この頃から向かい風が強くなり10本針ではポイントに届かなくなりました。
針数落として力入れて投げますがちょっと飛距離足らず。
キスの数は段々減り始めます。
海も次第にザワザワし始めて近距離を攻める選手に8連~9連と。
僕も近距離やろうか投げようか悩みます・・・
残り40分、近距離で釣れてるエリアは狭く僕にはその間で闘うスキルも根性もないので投げ続けました。
競技終了。

2回戦の検量。
僕は36匹、320g。

いよいよ表彰式。
上位3名の皆様です。
2016_05230018_R.jpg
おめでとうございます~
やっぱ数釣りはシビアですね、だから面白いっと思います。
次は新潟でリベンジしたいと思います。
最終結果です。
2016_05230019_R.jpg
会場でお声かけていただいた皆様、どうもありがとうござましたm(__)m

楽しく悔しかった大会2連戦も終わり、これからは山陰の観光メインでがんばります。
一度は行ってみたいっと思っていた「石見銀山」
広大なエリアが世界遺産に登録されているようで2~3時間では全部見るのは無理っと観光案内所のおばさんに言われましたが無理やり強行。
どうしても行きたい当時の銀山坑道がそのまま見れる「龍源寺間歩」、歩いて2.3㎞で45分。
砂浜歩くより楽やろっと思い徒歩で向かいましたが、痛恨の坂道・・・しかも上り坂・・・・気温28度・・・・
ギブアップ寸前に何とか到着(^^;
疲れました。


でも坑道の中は寒いほどで昔の手掘りの壁、人の力ってすごいなっと痛感。
今度は「五百羅漢」

これまた石堀の羅漢が500体、圧巻でした。

世界遺産の古い町並みを2時間近く散策して石見銀山を堪能、松江に戻ってホテルにチェックイン。

最終日。
今日はホテルからすぐの「松江城」に。
松江城行くなら絶対に「堀川めぐり」の遊覧船乗りなさいっと山陰マスターさんからのアドバイス。
2016_05230023_R.jpg
2016_05230030_R.jpg
ただの遊覧船かと思いましたが、狭い堀を巧みな船頭の舵捌きで進んで水と緑の松江を味わうのは最高っと思いました。
松江城、近くに超大型クルーズ船が到着していたようで月曜なのに凄い人の数、しかも95%で中国の方々・・・
ここは日本なのでしょうかっと思うくらいでしたよ。
2016_05230025_R.jpg
鉄筋コンクリートのお城とは違い柱一本、床のあちこちに長い歴史を感じる松江城、重厚感抜群です。
お城をでた後は、本好きの僕が向かったのは「小泉八雲邸」
2016_05230034_R.jpg
2016_05230031_R.jpg
満足です。
丁度お昼を過ぎた頃ですが帰りは500㎞、長い帰り道が大変なので自宅に向かうことにします。
そういえば10年前は出石で皿ソバ食べて帰ったんだったなっと。
そうだ、もう一回皿ソバ食べに行こうっと遠回りになりますが強行。

出石周辺も古い町並みが観光になっていて次回はこの付近を散策したいな。
適当に入った大きなお店で名物の「皿ソバ」

薬味、わさび、とろろ、卵と順番に味の変化を楽しめて舌もお腹も大満足(^^)
後は一気に自宅まで車を走らせました。

総走行距離1210㎞、燃費14.5㎞。
釣りに観光に思いっきり遊びましたよ。いい遠征でした。

2016年5月21日、シマノジャパンカップ中四国大会

2016_05230010_R.jpg
今年のトーナメントの初戦「シマノジャパンカップ中四国大会」に参戦してきました。
ちょっと遠いですが今回は嫁さん同行で山陰観光を兼て大会参加、釣りも楽しいけど観光地をじっくり巡ることができて山陰の良さを体感できましたよ。

金曜の仕事を終えてから出発。
福知山までを高速、それからは国道9号で鳥取入り、鳥取からは山陰道を走って米子のコースで450㎞約7時間で弓ヶ浜に到着。
朝まで仮眠zzz・・・
2時間ほどぐっすり寝て会場に向かいました。
今年の「シマノジャパンカップ中四国大会」、参加者は222名だったかな。
2016_05230001_R.jpg
お知り合いにご挨拶させていただき弓ヶ浜の近況をお聞きしました。
魚のサイズは小さいようですが中近距離で数はそこそこ釣れるそうです。
エリア東より西の奥が良いみたいです。

午前5時30分、開会式&競技説明。
2016_05230003_R.jpg
競技時間は午前6時から9時帰着。
エリアは西に2㎞、東に1.5㎞と広大です。
222名参加なので2回戦に進出できるのは20%の45名。
ここまで車を走らせたんだし、フルセット闘いたいものです。
僕のゼッケンは20番、なかなかの好スタート位置(^^)
とりあえず情報通りに西に歩きました。
波はなく海の状態も良くわかりません。
2016_05230004_R.jpg
15分ほど歩いた通称「誘導灯」前で不自然な潮目、丁度競技スタート時間でしたのでここで竿出すことにします。
今日のタックルはKISU Type-R AX、投げリール、PE04号、タングステン30号+自作天秤、掛けキス5号8針仕掛け、エサはチロリ+イシゴカイで挑戦です。
背中からの風で仕掛け絡みがちょっと心配。
6色付近に投入して底を探りながらサビいてきます。
5色入ったところでアタリ。
連発、でもアタリは小さく魚は小型の様子。
4色まで探って回収。
15㎝~12㎝にキス4連。
同じ感じで探ってみます。
6色~4色にアタリ多く、4色以内は薄い感じ。
その付近を攻め続けキスを追加。
アタリなくなれば移動して歩きます。
6色~5色ラインのキスを拾って歩きました。
太陽が見えてから海底の様子もわかるようになりあの付近が良さそうだなっと思うところでいいサイズも混じり好調に釣れて思ったように魚釣れて気分良かったなぁ~(^^)
で、一回戦終了。

検量結果は1044g。
2016_05230006_R.jpg
エリア西奥はかなり好調だったとのことで大勢の選手が大きな袋にキスたくさん入れてました。
集計結果が発表され1回戦は突破できました。
2016_05230007_R.jpg
久しぶりのジャパンカップ1回戦通過にうれしかったです~

さて、2回戦。
45名から13名の選手がセミファイナルに。
狭き門です。
エリアは狭くなりましたが、僕が1回戦で竿だしていたポイントはエリア内に入っているようです。
1回戦終了間際も好調に釣れていたので迷わずそのポイントに向かいました。
この頃から風向き変わってやや東寄りで向かい風、結構な強風。
7色~5色のキスを狙って渾身のキャストを繰り返しますが、風が強く糸ふけ大きくでているせいかアタリがぼけてよくわからなくなってます。
回収するとピンが2~3匹ついているパターン。
アタリがわからないので無駄な釣りだとわかっていても同じパターンを繰り返すスタイルで1時間。
やっぱこれじゃダメだっと足でポイント探して回りますがどこも同じ状況。
1回戦の釣りが忘れられずまたも同じポイント同じことを繰り返す始末・・・
釣れないのに・・・
結局競技終了までこんな感じで2回戦終了。

結果は聞かないでください・・・・

最終集計が終わって表彰式。
優勝は圧巻の900gオーバーで釣果で西向さん。
2016_05230008_R.jpg
2位とほぼダブルスコアの驚愕の釣果、流石です。
サンライン0.2号スモールゲームで向かい風の中、遠投でキスを探ったそうです。
ホントに素晴らしい釣果で優勝おめでとうございます。
上位13人の皆様がセミファイナルの権利を獲得。
2016_05230011_R.jpg
石川鱚酔会からは島野さんもセミゲットされておりました、おめでとうございます~♪
2016_05230009_R.jpg
最終結果です。

午後からは山陰観光の第一弾として「出雲大社」行ってきました。
10年ほど前に一度行ったことがあったので薄い記憶を頼りにむかいます。
出雲のkouさんに教えていただいた美味しい出雲そばのお店「羽根屋」さんに。


つるつるっとした喉越しの良い割子そばを美味しくいただきました♪
それからは出雲大社を散策。


背後の山々に囲まれ神聖な雰囲気で歴史の重みを肌で感じました。

さーそれからは翌日のG杯尾浜に参戦するべく車を更に西に走らせました。
次に続きますね・・・・・

2016年5月15日、能登穴水沖タイラバ


実は・・・・・船舶免許取りました(^^)v
2級ですが・・・・

友人の船にお邪魔して乗せていただくだけばかりで申し分けなかったので、自分で船をレンタルして初出船。
ちょっとした冒険ですわ。
穴水でルアーフィッシングのガイド船を運営されているアルベルトフィッシングサービスさんでレンタル船を手配。

友人のF船長さん、sさん、僕の3名で出船の予定でしたが、F船長さん急なお仕事で・・・・
出船は素人の二人で行うことに@@
アルベルトさんでは大丈夫ですよ、練習がてら乗ってくださいっと応援されてドキドキの出発です。
今日の船長は同じく船舶免許を取得したばかりのs船長で出港です。

教えてもらったポイントに船を走らせますが、正直怖い・・・・
ゆっくりゆっくり走って指定の水深70mラインの真鯛ポイントに1時間近くかけて到着。
さて釣り開始。
80gのタイラバで探ります。
アタリってどんなのに出るのかなっとs船長にいろいろ教えてもらいます。
アタっても合わせたらイカン、食い込むまで辛抱じゃっと釘を刺されましたが、すぐにでたアタリを鬼アワセ(><;
体が勝手にアワセます・・・
しばらくしてもう一回アタリ、今度は魚が掛かりました。

35㎝ほどのキジハタ。
すぐにs船長にも同サイズ。
ここで船の運転を変わって僕が操船。
ビビりながら魚探にてウロウロ、なかなか目的のポイントに到着できません。
ま、ここらでいいかっと。
先ほどからスロージギングをやっているsさん、フォール中にアタリでたそうで掛けた魚はデカいよ~
船の周りを走りまわって無事にネットインしたのは60㎝超えのガンド。

おお~すげー@@
驚いている僕の横ですぐに2発目@@
同サイズのガンド@@
おおおおおー
それからアタリなくなりもう一回船を戻して流します。
スロージギングはもういいわっとタイラバにチェンジしたsさんにまたもアタリ。
今度は何度も何度も締め込みリールのドラグが鳴り響いて格闘の末に水面に姿を見せたのは60㎝弱の真鯛。

おおおおおおー
お見事です。
僕も期待でいろいろやってみますが根魚をポツポツと追加したのみ。
お昼過ぎには風がでてきて怖くなったので帰港することにしました。
難関の着岸も決まって船の運転楽しかったです(^^)

帰って貰いもののガンド、キジハタ、カサゴのお刺身。
旨い、次回は自分の竿でマダイをゲットしてみせます(^^)v

2016年5月14日、安宅新浜キス釣り


午前の仕事が終わってから地元の海に出漁。
どすこいローカルネットワークの情報では、先週好調の片山津はさっぱりアタリがなく沈黙だそうです。
朝から海に出ているG3さんは安宅新浜でポツポツ釣れるそうなんで合流させていただくことにしました。

安宅新浜に到着したのは午後1時過ぎ。
予想以上に強風…、波も…
こりぁムリでしょ…(-。-;
でもG3さん、これでも釣れるっと。
早速準備開始。
今日のタックルはがま競技Ⅱ35-405、ダイワ45、PE0.6号、33号オモリ+自作天秤、掛けキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
G3さんの話だと、そんなに投げんでも釣れるそうです。
斜め向かいの強風なんで、がんばって投げても6色が精一杯。
でも、サビキと同時に明確なキスのアタリ(^_^)
しばらく追い食い待ってもう一度アタリが出たところで回収。
アベレージサイズのキスがダブルでしたが、抜き上げたところで針外れで1匹がポチャリ(-。-;

G3さんは3色ちょっとでアタリあるわっとダブル。

こんな海でも釣れるだねー
次もすぐにアタリ、20cmオーバーの良型キス。
荒れた海でバコバコじゃー
でも…
なぜか…
次が…
釣れません…
底ウネリが入りだしたのか仕掛けがモジャモジャになること多くこれはキスも厳しいかなっと納竿としました。

結果
13:00~14:30 安宅新浜
16cm、21cmキス 2匹

海が落ち着いてほしいですねー

2016年5月9日、片山津キス釣り

2016_05090002_R.jpg
今年は例年より2週間ほど早くキスが釣れ始めているようで地元の浜でもまとまった釣果出ています。
僕も悶々と出漁のタイミングを狙っていましたが、風が強かったり波がでたりでなかなか竿出せず・・・・
丁度良い日に当たると3㎏とかの大釣りもできるそうです。

今日は夜勤明け、海況抜群、風も問題なし、もちろん釣りに行きますよ~
丁度daiさんがお休みで早朝から探ってくれて、連絡すると片山津いいよ~♪っと(^^)
片山津に向かいました。
到着は午前9時30分過ぎ、daiさんを塩田近くに発見。
これまでの釣果をお聞きすると、アタリがあるのは6色~4色ライン、たまに3色でもアタリ、魚の群れが早く移動しているのか3連できても次は素針ってことが多いようでポイント絞り切れないようです。
クーラーの中には良型キス多数で15~16匹、2時間弱でこの釣果ならいいでしょ。
早速隣で準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、ダイワ45、PE06号、30号オモリ+自作天秤、掛けキス5号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは6色に投入しじっくり探ってきます。
定番の5色半からのカケアガリでアタリ(^^)
派手なアタリではないものキス特有のプルプルっと小気味良いアタリです。
しばらく追い食い待って回収。
2016_05090001_R.jpg
15~18㎝のキス3連。
daiさんは3色ラインでいいアタリしたわっと20㎝オーバーの3連@@
凄い~~♪
いろいろ探りますがdaiさんの言う通りなかなかアタリが続きません。
30分ほど単発でキスが釣れるだけで浜でまったりしてしまった僕の竿に激震。
キスのアタリではなく何か他の大型魚が食いついたようです。
シーバスや青物にしては走らないし、マゴチかな?
4色付近から慎重に寄せてきます、波打ち際で姿を見せたのはクロダイ、砂利浜に抜き上げた瞬間、針が外れましたがdaiさんが海に入ってすくってくれました。
2016_05090006_R.jpg
40㎝の腹ぼってりのクロダイ(^^)v
これを期にキスのアタリも増え始めて5色ラインでガンガン。
2016_05090008_R.jpg
20㎝オーバーのみの4連@@
2016_05090012_R.jpg
daiさんには6連。
2016_05090011_R.jpg
23㎝の良型含み3連、4連と釣れます。
晩御飯のおかず分は十分だったのでいろいろキスを探ってみることに。
思いっきり遠投してみました。
着水してすぐに小さなアタリ連発、投げてもキスいるんだなっと。
回収してみますが、これが微妙に重い・・・・
2016_05090013_R.jpg
ゴミかっと思ったら小型のイカが釣れてました(^^;
午後2時、雨がパラツキだしたので納竿としました。

結果
10:00~14:00 片山津
14㎝~23㎝キス 31匹(お持ち帰り分)
40㎝クロダイ
2016_05090014_R.jpg
さすがのdaiさんは僕の倍くらいは釣ってましたよ。
5月の初旬にしてはミラクルな釣果、美味しい外道も登場で非常に面白い釣りができました(^^)v
片山津サイコー(^^)
クロダイはお刺身に、お腹には卵がたくさんあったので煮付けでいただきました。
2016_05090016_R.jpg
次は赤いタイを狙いタイと思います。

2016年5月7日、能登島キス釣り

2016_05070005_R.jpg
新緑が目に眩しい季節になりましたね。
今日は能登島でのんびりと竿出せる小場所を巡ってキス狙ってきました。
広大な砂浜から思いっきり投げて釣るのは気分爽快ですが、能登の小場所で緑に囲まれて静かにキスを狙うのも趣深いと思います。

午前5時、朝方は雨が残る予報なので遅めの出発。
能登島に到着したのは午前6時30分過ぎ、まず向かったのが北湾側の小さな漁港。
港内よりワンド状の入り江が狙い目です。
早速準備開始。
今日のタックルはがま競技29-405、XT遠投、PE1.5号、ショート発砲20号+自作天秤、掛けキス6号3本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
後ろがブッシュなので仕掛けは短め、タラシを短めでコンパクトに投げます。
5色ラインから探って4色入ったところで竿先を押さえ込むようなアタリ。
ん?
しばらく待ってみるとスーッと走ります。
こりゃたぶんカレイ。
巻き上げ中も何度か締め込み水面に姿を見せたのは小型マコカレイ。
2016_05070007_R.jpg
24㎝でしたが身が厚くマッチョ系、お持ち帰り決定です。
2投目はサビきの途中で重くなり藻絡み。
その後も藻の絡みをかわして釣ると激震のアタリで23㎝の良型キス(^^)v
2016_05070006_R.jpg
1時間くらいやってると藻の薄いゾーンみたいのが見えてきてその間を探るとアタリでてキスがポツポツと釣れます。
バコバコではありませんが結構楽しい(^^)
さすがに小場所、アタリも減ってきたのでちょっと遠投気味に投げてみると竿先1mほど持って走るようなアタリ。
2016_05070008_R.jpg
これは32㎝のイシカレイ。
その後もマコカレイとキスを何匹か追加して次のポイントに移動することにします。

次に向かったのが藪を超え木を掻き分けて辿りついたポイントです。
2016_05070010_R.jpg
フナ釣りに来てるような感じで何か童心に返ったようでちょっとワクワク(^^)
2016_05070012_R.jpg
足元にワラビがたくさん生えてました。
まずは手前の藻際を探りながら釣ってみましたが全く反応なし。
沖の深みを狙って5色ほど投げて探ってみるとアタリ連発。
キスのサイズはピンが半分ほど混じりますが、たまにいいアタリでて24㎝を数本キャッチ。
2016_05070011_R.jpg
2016_05070015_R.jpg
天気予報通り空には晴れ間が広がりますが強風が吹き荒れかなり釣りにくい・・・・
丁度正午に納竿としました。

結果
7:00~12:00 能登島
ピン~24㎝キス 21匹(お持ち帰り分)
小型マコカレイ2匹、32㎝イシカレイ
2016_05070016_R.jpg
2016_05070017_R.jpg
マコカレイ、イシカレイ、キスのお刺身三種盛
静かにのんびりと心癒されるキス釣りできました。
さて、そろそろトーナメントの開幕です。
今年も気合い入れてがんばるぜぃ~

2016年5月5日、浜地キス釣り


今日は能登でブリをジギングで狙う予定でしたが、生憎の強風と高波で中止に(-。-;
楽しみにしておりましたのに残念です。
天気はいいので風は強い予報ですが、場所を選べば投げ釣りは成り立ちそうです。
この時期でこの海況で竿出せるのは…福井県の浜地海水浴場なんてどうかな。
朝は別場所で用事を済ませ、昼頃に営業時間の短い旨い麺屋で「こってり醤油」。

濃厚とんこつで久しぶりに美味しいラーメンでした。
帰り道に浜地海水浴場に。
沖のテトラで波は防がれ釣れそうな雰囲気ムンムン。
期待で投げてあちこち探りますが…
全くのノーシグナル…(-。-;
1時間ほどやりましたが生体反応なく納竿としました。
海が落ち着けば釣れそうです。
来週に期待ですね。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ