2014年2月22日、万葉キス釣り

土曜日ですがお休みがいただけたので久しぶりに万葉埠頭で投げてきました。
天気も良くってちょっとだけ寒いの我慢すれば最高の投げ日和でしたよ(^^)
何人かの投げ釣り師が集まったので「投げ釣り師格付けチェック」が緊急開催。
釣果10匹以上が一流投げ釣り師、5匹以上で普通投げ釣り師、3匹以上で二流投げ釣り師、1匹以上でそっくりさん、BOZだと映す価値なしとの5段階評価。
午前8時、緊張のスタートです。
さてこの寒空の下で万葉に集まったのは、ま~ちゃん、hiroさん、shinさん、僕の4名。
最近の万葉埠頭、この時期にしてはそこそこ釣れているそうです。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE03号、ウッドガンスリム30号+自作天秤、シロギスファイン6号6本針、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは4色以内のキスを探すことにして釣り開始。
いきなり4色ラインでアタリ(^^)
慎重に回収しますが乗らなかったようで素針・・・・
隣のshinさんにグッドサイズ。
お見事っす。
その後もshinさん好調でダブルと続き華麗なスタートダッシュ。
ま~ちゃんは一休みしてから釣るわっと余裕モード全開。
僕にも4色ラインでアタリでて18cm(^^)v
その後も4色~3色で小さいながらアタリがでてポツポツとキスを追加。
30分遅れてhiroさん到着。
準備していきなりキスをゲット、やるねぇ~。
しかし2時間ほどでアタリは止まり生体反応なくなります。
こうなったら強いのがま~ちゃん。
どこからキスを釣ってくるのか不思議になるくらいにキスを釣ってきます。
神技やなぁ~
とうとう我慢できずにオモリをデルナー33号、針数を落として沖を探ります。
7色ラインでいいアタリ、グッドサイズを掛けますが水面から抜きあげる瞬間にポチャっと(><;
食いが浅いのかな。
その後も沖を攻めて小型ながらダブルを獲ってお昼休憩。

脂カスの美味しいラーメン食って体力復活した後は海王丸パークで後半戦。
ここでも一発目はshinさんに(^^)
近場を攻める僕にも1匹、更に手前をネチるま~ちゃんにもキス。
これで3人は普通投げ師の称号をゲット(^^)v
ワイワイやりながら投げて午後3時納竿としました。
hiroさんのそっくりさんは居残りで修業を続行したそうですよ。

結果
8:00~11:30 万葉
13cm~22cmキス 7匹

13:00~15:00 海王丸パーク
15cm~18cmキス 2匹
(画像はま~ちゃんと僕の釣果の合計です)
ご一緒していただいた普通投げ釣り師のま~ちゃん、普通投げ釣り師のshinさん、hiroさんのそっくりさんお疲れさまでした。
天気良かったのでちょっと顔が日焼けしました(^^;

次の「第2回格付けチェック」は更に厳しくなる頃に開催じゃ~
ではまた(^^)/

2014年2月11日、穴水湾キス釣り

今日はウェーダー履いて磯場のキスを狙ってきました。
前回のウェーダー作戦は撃沈、すでに「ウェーダー履いて磯歩きの会」と化しているウェーダー部隊(^^;
ここらで一発、真のウェーダーの実力を発揮じゃっとメンバーを増員してドン深磯場を攻略してきました。

早朝5時、車2台に分乗し穴水湾を目指したのはshima隊長、ハニ作戦参謀、hiro隊員、ビリー隊員、僕の総勢5名。
2月も半ばになるとキスはシモリ際のピンポイントでしかアタリはなく騙しの効かないシビアな釣りが要求されます。
5名で広く探ってキスの居所を探す作戦です。
釣り開始は午前8時。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投、PE1.2号、発泡20号+自作天秤、シロギスファイン8号4本針仕掛け、エサは青虫&塩チロリで挑戦です。
まずは水深深い奥のポイントから調査開始。
水深は20m近くあります。
足元までじっくり探ってきますがノーシグナル。
ビリー隊員にアタリがでたようで幸先よい一匹をゲット、これからが彼の怒涛の快進撃のスタート。
何投か探りますが生体反応薄いので足早に移動してキスを探します。
なかなかアタリないので不安になりますが、隣のハニさんに驚愕の3連@@
近くで竿出させてもらって僕にもダブル(^^)v
キスの数は圧倒的に少ないようで数は釣れません。
それでもハニさん、shima隊長は狙い通りの釣りでキスを次々にゲット、すごいなぁ~
僕はどうもアタリはでるのですがなかなか針掛かりせずに悩み中。
ここで食いの浅い冬キス専用のプロトタイプの天秤を導入。
コイツが良かったのかそれからは打率も上がってキスを次々にゲット。
水深浅めのポイントも探りますが、こちらは流石にノーシグナル。
シモリのキツイポイントをネチッと攻めてダブル、ダブルとキスを追加(^^)
ちょっと向こうでは「よっしゃ~~」っと叫ぶビリー隊員。
3連繰り出して絶好調。
お見事でしたよ。
正午過ぎまでやって納竿としました。

結果
8:00~12:00 穴水湾
15cm~22cmキス 10匹
今日の竿頭はビリーさん、薄いキスの居所を見つけてのピンポイント攻撃はお見事。
やっぱりこの時期のキスはシビアな釣りが要求されますね。
ご一緒していただいた皆様どうもありがとうございましたm(__)m
今宵は「冬キスの焼酎蒸し」、シンプルでシロギスの上品な味が最高でした。
よ~し次は軟体系リベンジの予定。
ではまた(^^)/

フィッシングショーOSAKA 2014

フィッシングショー大阪行ってきました(^^)
僕の期待度・気になる度ランキングベスト10は以下の通りです。

2014投げ関連でNo1は間違いなく「トーナメントキャスターAGS」
超軽量カーボンガイドの投入で穂先の軽量化→ロッドのブレを素早く収束→飛距離UP。
さらにカーボンの高剛性により感度の飛躍的向上が図られたそうです。
一度体感したいですね。

第2位はがまかつ「がま投競技SPECIALⅡ」
ロッドの好みはオモリを掛けて振ってみないとわかりませんし、実際の魚のアタリを感じでからじゃないとね。
でも見た目は最高にカッコ良かったよ。

第3位は「Fuji TORZITE」
SICが登場してから30年以上も経ってたなんて知ってました?
今回新しく発表されたのは「TORZITEリング」
軽量・薄型・高強度・滑りとどれをとってもSICを凌ぐ素材のようでこれも竿先の軽量化が図れる素晴らしい逸品。
価格はちょっと高くなるそうです、でも残念ながら投げ用TOPガイドだけはまだ間に合わないらしくセット販売はちょっと先になるそうです。
僕は導入決定やね。

第4位は「DAIWA クールラインα SU1000X & CPサイドボックスハード」
従来からある8リットル&11リットルの間に投入された10リットル。
設計も新しくなっております。大会用だと8リットルでも充分ですが、プライベートで美味しいキスを持って帰ろうと思った時には8リットルはちょっと容量不足気味。
真夏は氷いっぱいいれたいしね。
使い勝手良さそうなサイズです。
サイドボックスは売れそうな予感、クーラー本体にアタッチメントをビス止めしてから使用するタイプ。フィクセルと同じですが、サイドボックスの取り外しは圧倒的に楽チンです。
軽量だし両サイドに開くので便利ですね。

第5位は「サーフセンサー+SiⅡ」
超お買い得(^^)
カタログでは04が250mで4900円、4本撚りのPEだそうです。前のサーフセンサーより若干カタログでの強度が落ちているようですが、他メーカーに比べても問題ないレベルかなと。
手触りだけでは評価は不能、一度実釣で試してみたいですね。

第6位「CAST'IZM25」
最近は投げでイカ、アジ、メバルを狙ってみたいと妄想中の僕に最適のリール。竿ももちろんキャスティズムで降り出しのT25-385くらいがベストマッチで楽しい釣りができそうだな。
ただ残念なのがスプールの設定が細糸用しか存在しないこと。でも今回同時に発売されたSURFBASIA25のスプール、PROCARGO SS遠投のスプールとも互換があるそうで追加購入すれば問題なし。

第7位「SURF BASIA 45」
僕の愛用するトーナメントサーフ45の兄弟モデル。
ベアリングの数くらいしか違いがわかりません。めっちゃお買い得かも(^^)

第8位「ビクトルキス」
ささめ針さんから新発売される新針。
半ヒネリ、ロングテーパー、サイバーメタルと僕の心をくすぐるような設定。
使ってみたいなぁ~

第9位「KIGAN」
なんと韓国のガイドメーカー。
フレーム素材はチタン、ガイドリングの素材はZIRCONIA(ジルコニア)
いや~初めてみましたが楕円リングとか個性的な商品もありました。
HPはこちら

第10位は「あわび本舗のお姉さんの胸の谷間」
最強・最高・爆でした(^^)
残念ながら画像はなし、僕の網膜に焼き付いてますが・・・・

今期の戦力補強はどれにしようかな(^^)
ではまた(^^)/

ギア其の259、「大漁祈願蒔絵シール」

今日のギアは「大漁祈願蒔絵シール」
いろんな魚バージョンあるようですが、やっぱりKISUMANIAはキスでしょ。
金と銀の二種類あるそうです。
なかなかの逸品です。ちょっと細かいパーツが多くてクーラーに貼るのに神経使いましたが綺麗に貼れましたよ(^^)

寒い日が続きますがお体には気をつけて。
ではまた(^^)/

2014年2月1日~2日、能登五目投げ釣り

これ何だかわかります?
今日の釣りに使いましたよ(^^)v

能登小魚釣クラブの会長sさんと金沢を出発したのが1日(土)の午後1時。
2月の厳寒期は釣魚も少なく何を狙っても厳しい時期、何やってもイマイチなんだったら今回はタックルを投げにこだわって多魚種を目指すことにしました。
まず訪れたのは能登の夜の名所「O木港」、先日よりヤリイカが爆釣しているとか。
暗くなるまではアジを狙いましょってことで準備開始。
竿をスピンパワー405CX-T、リールはパワーサーフQD、PE2号、力糸にナイロン8号を20m直結したタックルがメインとなります。
アジはサビキでねらいます、僕のこだわりで超遠投カゴサビキじゃ~~(^^)
投げタックルに自家製カゴオモリ+キス用天秤、サビキ仕掛けを装着しウキは遠投発泡ウキでフル遠投。
周囲の投げサビキの方々より遥か沖を攻めることができます。
よ~しデカイアジ狙うよ~。
慣れないコマセをカゴに詰めて投げ返しますがアタリはさっぱり。
午後4時を過ぎた頃からお隣さんに25cm前後のアジが釣れ始めます。
そろそろ僕の竿にもっと期待しますが釣れん。
後から来られた方も竿出した瞬間からいいサイズのアジをゲットされています。
僕のウキは反応なし。
タナが合ってないようです、でもほぼ投げしかしたことない僕にはタナってのはどんな風にすれば良いのかよくわかりません、投げ釣りにはタナとかないし・・・・
お隣のベテランさんに教えてもらうと底が狙いかなって。
かなり深いようなので15mほどにセットして釣り再開。
あ、ウキが沈んだ。
20cmほどのアジゲット、やったね。
それからは連発、25cm超えはいいヒキでした。

でもそれからはアタリも遠くなり日没。
周囲の皆さんはヤリイカ狙いの仕掛けにチェンジされているので僕もヤリイカ狙いの「超遠投エサ釣り」で挑戦。
天秤から下を鶏のササミを巻いたスッテにチェンジしてフルキャスト~~
到着時からの向かい風が更に強くなり沖に投げても戻ってきます(><;
何度も投げ返して1時間、飽きました(^^;
投げヤリイカ狙いがナゲヤリに・・・
状況悪いそうで皆さん帰っていき堤防はガラガラ、釣れんね。
それでも3時間、投げ続けました。
何度かエサのササミが齧られていたのでイカはいたのでしょうがアタリも取れないうねりと風で・・・・
午後10時、うねりも更に大きくなり堤防をたまに超えるほどになってライントラブルで直す気力もなく終了。

3回戦はメバル、堤防で知り合った方に大量の青虫をいただいました。
でも夜勤明けで睡眠不足の僕には今からメバルを狙う体力はなく車で爆睡(^^;
メバル戦からはタケ師匠も合流。
タケさん、sさんコンビは朝まで徹夜でメバルを探っていたそうです。

早朝目覚めると雨。
でも欣太郎さんがカレイ狙いでファイトされているとのことで僕も投げ竿持ってキス&ハゼ&カレイを求めてお邪魔です。
お隣にはなんとhiroさん、飛騨ノアさんお姿。
皆さん好きやね~~(^^)
状況は良くないそうでアタリはさっぱりだとか。
僕は少し離れたポイントで開始。
仕掛けは昔から使っていたタックルボックスを発掘して探した大昔の投げ仕掛け、フィンガープロテクターもないので3色付近を集中攻撃。
1投目からアタリでて小型のキスをゲット。
その後も素針なくキスかハゼが釣れてきます。
午前8時頃には一気に潮が流れはじめオモリも止まらず釣りが成立しません。
皆さんの傍でお邪魔してワイワイやって午前10時納竿としました。

結果
16:00~22:00 能登O木港
アジ5匹

7:00~10:00 能登
15cm~19cmキス 7匹
ハゼ 5匹
タケさんからはメバルが爆釣だったそうで美味しいサイズをお土産にいただきました。
さすがメバル師匠お見事です(^^)
sさん、タケさん長時間お付き合いありがとうございましたm(__)m

結局今回は五目には到達できずでした。イカが欲しかった・・・
【アジ、ハゼ、キスのフライ三種盛り】
今宵の晩餐は「能登小魚三昧」、美味しくいただきます。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ