8月31日、ダイワスーパーバトルカップ投 Aブロック大会

今日は新潟県村松浜で「ダイワスーパーバトルカップ投 Aブロック大会」が開催されました。
渋いキス釣りでしたが遠くをねちっこく探って釣果を稼ぎ来月の全国大会への切符をいただくことができました。

金曜日の仕事が終わってからエサの受け取り、荷物の準備等をして出発は午後9時。
村松浜まではナビで360km、約4時間ちょっと。
今回は石川を代表する名手、谷本さんとご一緒させていただくことになっておりいろいろ興味深いお話が聞けそうでとっても楽しみな釣行になりました。
台風15号の影響か南からの生ぬるい風で夜なのに気温は30度近く、下見組からの情報だと海は荒れ気味で状況悪くキスは釣れるものの半日数匹のレベルだとか。
キスにイカにシーバスにショアにオフショアにといろんな釣りに精通している谷本さんのお話はとっても勉強になり車中はさながら谷本塾、あれこれお聞きしてアッという間に新潟に到着。
会場の駐車場でしばらく仮眠。

午前4時過ぎに車の周囲が賑やかになって起床。
北陸エリア、東北エリアの名手の集まって緊張感高まっております。
タックルを準備して受付、浜に降りて開会式を待ちます。
海況は昨日よりかなり改善しているようで手前4色以内は濁りが入っているようですがゴミも少なく充分魚が狙えそうかな。
午前5時30分、開会式&競技説明。
本日のAブロック大会参加者は50名、上位4名が全国大会に進出できます。
1回戦競技時間は午前6時~午前9時、競技エリアは本部より西側にレッドエリア、東側がホワイトエリア。釣ったキスの重量で争われ各エリアの上位40%、今回は10名ずつが2回戦に進むことができます。
僕はレッドエリアでスタート順は25番。25人中25番目でいわゆるビリのスタート(^^;
ゼッケン順に整列していよいよスタート。

初めての浜ですので勝手がわかりません。
競技エリアは700mほどの広さなのでとりあえず一番奥まで歩いてポイント探すことにしました。
エリア奥に少し浜が突き出したところがありその付近の波の立ち方から海底の変化がありそうでとりあえず竿出すことにします。
近くには富山投和会の皆さんもおいでになりました。
早速タックルの準備開始。
今日はトーナメントキャスター33-405、ダイワ45、PE06号、トップガン30号、T1の4号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
いよいよ競技開始。
6色付近から探ってきます。
1投目から隣の鉄人さんに20cm級の良型@@
いや~ロケットスタート凄いわぁ~
僕は素針。
2投目はもう少し投げて2色ほど探って回収。
アタリわからずマイクロピン。多分5gくらい。
沖を探りますが、底うねりが入っているのか仕掛けが毛玉みたいになって上がってきます。
7色以遠には大きなカケアガリがあるようでその付近を集中攻撃。
結構厳しいカケアガリで無理にサビいたらPEがプッチン(><;
替えスプールにチェンジしようと思ったら用意してあったのは03、03、04の細糸のみ。
ありゃ~~
追い風も強烈なんでできる限りの遠投じゃっとPE03をチョイス。
針も減らしてフルキャスト~
で15cmほどをゲット。
周囲はあまり釣れていないようなので沖を探りながらポイント移動。
エリア中央から東側は不人気なのか人口密度は少なく思いっきり投げ放題。
快心のフルキャストでいいアタリ(^^)
16cmを追加。
その付近を狙って同サイズを3連発(^^)
HPPさんもタングステン+2本針で超遠投。
いいサイズをゲットされておりました。
この付近で粘って競技終了。

僕の1回戦の釣果は7匹129g。何とかレッドエリア4位で2回戦に春出することができました(^^)
レッドエリアトップは208gで斉藤選手、どすこいのすけさん、石川の名門アカシアサーフの大野さんも2回戦に。
ホワイトエリアからは谷本さんが第3位で2回戦進出です。

しばらくの休憩の後、2回戦の競技開始。
競技時間は午前10:00~12:00までの2時間、エリアは1回戦と同じなので広く設定されております。
キスは全体的に薄いようで1回戦の好感触だったポイントをもっときっちり攻めようと本部から200mほど西の東屋前に釣り座を構えました。
隣には昨年のシード選手の香川さん、ちょっと向こうにすけさん、その隣に大野さんの姿。
風は幸運にも追い風、沖を打つスタイルで釣り開始。
1投目から8色ラインでアタリでて回収。
15cmほどのキスとマイクロピンのダブル(^^)
よっしゃ~~。
すけさんにもキス、お隣さんに良型のダブル@@
2投目も同じポイントでキスのアタリ、15cmほど。
4投連続で素針なしで5匹。
しかしそれからはアタリはでるものの外道・・・・
両脇の方々もアタリが止まった様子。
クーラーに座って8色ラインをねちっこく探る釣りを粘り強く続けました。
30分ほど素針が続いた後7色ラインでキス。
でもこの付近はカケアガリが終わる付近で外道も多くヒイラギ、チャリコとややこしい・・・
残り30分で右側の浅瀬にいたサーファーがいなくなり、その付近に移動して探ります。
隣に移動してこられた谷本さんに3連続キス@@
僕にはさっぱりアタリがでなくなりそのまま競技終了となりました。

2回戦の検量結果は6匹で121g。
すけさんは150g超え・・・さすがやわぁ~
緊張の表彰式。
全国大会に進める4名に何とか入ることができました(^^)v
優勝はちぃむどすこいの若頭すけさん、僕は第3位、やったよぉ~~
皆さんありがとうございましたm(__)m

全国大会は鹿児島県吹上浜。
もちろん行ったことも見たこともありませんが、とっても綺麗な浜とのことで今からワクワクです。
でも9月は仕事が忙しいんで無事休みが貰えるか・・・ドキドキです(^^;
何とか調整がんばります。
ではまた(^^)/

ギア其の253、「鱚介アブミ」

鱚介オリジナル工房様より9月10日に新発売される新針「鱚介アブミ」のサンプルを分けていただきました。
針の形状は軸の長いタイプで、既存の針だとがまかつのショットキスと同型。
この「鱚介アブミ」の特徴は細軸軽量、鋭い針先。やっぱりキス釣りは向こうアワセの釣りゆえに刺さり重視ってことで針の強度を妥協してでも細軸で刺さりの良いものが個人的には好みです。
この鱚介アブミは軸径0.37mm、自重が13mg、同型のがまかつショットキスが軸径0.41mm、自重が17.6mgなので、数値的にも細軸軽量です。
実際に手に取った針は細みで鋭い印象、軸の長い針はあまり用いることはありませんが、エサを大きくつけることできますし、針を外すのも楽チンそうです。
気になるお値段は100本で400円、500本で1800円と破格のプライス@@
詳しくはこちらに。

で、今日は早速仕掛けを作って片山津海岸で試してきました。
タックルはトーナメントキャスター33-405、45、PE06号、27号オモリ+自作天秤、鱚介アブミ6号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
途中の釣具屋でエサを買いにいきましたが、イシゴカイの品不足が深刻なようで300円分だけなんとか・・・・秋の落ちギスシーズンが心配やなぁ。
日曜はバコバコだったそうでポイントお聞きして釣り開始。
まずは6色に投入。
すぐにアタリでて16cm~18cmのダブル。
次は単発。
3投目は素針。
ポツポツ程度・・・
ちょっと移動した先で派手なアタリでて23cm。
鱚介アブミががっちり掛かっておりました。
その後も6色付近がよいようで16cm~20cmが飽きない程度に釣れてきます。
たまに群れにあたるのか5連ってのも(^^)
外道のイイダコももちろんお持ち帰り。
いいアタリを堪能しました。
鱚介アブミ、針掛かりは抜群でしたが、針の素材が硬いのか無理にキスの口から針を外そうと強引にやると針折れも1~2回ありました。
細軸の針は強度面で延びやすい、折れやすいなどいろいろありますよね。これは刺さりを重視した細軸の宿命かと・・・。
実釣3時間ほどでエサ切れで終了となりました。

結果
13:30~16:30 片山津
14cm~23cmキス 34匹
イイダコは竜田揚げにして美味しくいただきました(^^)v
秋は美味しい食材多くて楽しいですよね。
ではまた(^^)/

8月25日、GFG北陸キス投げ釣り大会

今日は石川県千里浜でGFG(がまかつファングループ)主催のキス投げ釣り大会が開催されました。
がまかつ愛好者のワシはもちろん参加(^^)
この時期の千里浜はキスの数釣りに最適の会場なんですが、一昨日のゲリラ豪雨の影響で海には漂流ゴミが大量に浮かんでおり大変な大会になってしまいました。
キスはいるんですけど、回収できないんですよね・・・・

午前3時30分、どすこいエブさん、ま~ちゃんと待ち合わせし千里浜に向かいます。
昨夜未明に雨が降ってましたが、今は問題なし。
千里浜に到着は午前4時30分。
噂通り浜の浸食が厳しく浜がかなり狭くなっております。
波は落ち着いておりますが、手前4色付近までは海が茶色く濁りがきつい。遠投が有利なのかな。
午前5時、開会式&競技説明。
GFG北陸代表の高田さんとがまかつフィールドテスターの田中さんからご挨拶と競技説明。
今日の参加者は約30名、競技エリアは右の川から左の川までの1kmほど。
競技時間は午前5時15分から午前10時までの長丁場、釣ったキスの匹数で争われます。
今年初の千里浜なのでポイントもわかりません、エリア左側が人気のようで混み合っているのでワシは広く探れるエリア右側に釣り座を構えます。
お隣には針さん、カンちゃん、GOSENテスターの小野山さんのお姿。
早速準備開始です。
今日のタックルはがま競技35-405、ダイワ45、PE04号、タングステンデルナー33号、シロギスファイン5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
いよいよ競技開始。
まずは沖から探るつもりでフルキャスト~~
7色ラインでアタリでて16cmほどのダブル(^^)v
その後は単発。
手前を探ってみるとハネ・・・・
やっぱ沖のキスを狙おうってことでガンガン投げました。
単発、素針、単発と効率悪いですが周囲はあまり釣れていないのでマシなほう。
ちょっと移動しながら探り1時間で9匹。
この調子でがんばろっと。
しかし午前7時頃からは風がでて、潮も流れ出したのか漂流ゴミが一気に急襲@@
底にはゴミがありませんが3色以内の海面にはゴミゴミ。
道糸に絡んでガイドつまり、ゴミとってる間に雪だるま式にゴミが増えて・・・・回収不能。
ワシのPE04、デンジャーです・・・
皆さんゴミとの格闘を繰り広げております。
で、こんなんじゃ釣りにならんっと状況変わるまでしばらく休憩。
果敢にもオモリを打ちこむ強者もいますがゴミに襲われ大変なことに(><;
しばらく待っても状況は回復しません。
競技参加の半分の選手がリタイアした模様。
エブさんはすでにシンカーホルダーのオモリを全弾放出@@
目が死んでました。
ワシはこんなこともあろうかといつも持って歩いているPE1.5号のスプールにチェンジし強引に釣り開始。
切れる心配はありませんが飛びません。
先ほどのポイントは飛距離足らずで探れませんので6色以内をネチネチと。
5色でアタリでてゴミまみれながらキスの姿(^^)
よ~しこのパターンやね。
広く探ってみますがキスは薄いようでアタリは続きません。
エリアの逆サイドまで様子見に移動。
こちらは海洋くん、朝倉さんを始め遠投勢がガンガン投げ込んでいます。
ゴミはちょっとマシな様子。
沖のキスがいいようなんでもう一度04号に変えて沖を打ちます。
いきなりダブル(^^)。
その後は密集を避け、エリア中央部で投げます。
こちらは7色付近がよいようでアタリでて3連(^^)v
でもゴミも多くトップガイドに詰まってプッチン。
再セッティングしてまたもプッチン。
最悪やぁ・・・
でもキスはポロポロ釣れます。
残り30分、ラストスパートじゃっと力の限り投げた仕掛けは力糸でプッチン・・・・
経済的事情で残り25分残して競技終了といたしました。

釣果は19匹。
さて検量後は美味しいお弁当をいただいて皆さんでワイワイ(^^)
選手間の親睦を深めさせていただきました。

表彰式です。
優勝は遠投で攻め続けた富山の海洋くんで23匹。おめでとうございます。
第2位は19匹でワシ。
第3位は全弾ロスト、PE高切れx2と苦しみながらも最後まで競技を諦めなかったエブさん。釣果10匹。素晴らしいラストスパートでしたよ。
大物賞は18.5cmでアカシアサーフの石田さんでした。
その後は参加者全員にがまかつグッズが当たる豪華抽選会。
ワシはがまかつのトートバックがもらえてラッキーでした。
酷い海況で大変でしたが皆さんでワイワイと釣りができて楽しかったです。
世話人の皆様ありがとうございましたm(__)m

ちょっとエサが残っていたので高松に移動して2回戦。
こちらはゴミの心配なし。
7色~6色ラインでアタリ多く16cm~19cmがポツポツ釣れて遠投とアタリを堪能して正午過ぎに納竿といたしました。

結果
5:15~10:00 千里浜
14cm~18.4cmキス 19匹

11:00~12:00 高松IC裏
16cm~19cmキス 8匹

残暑厳しい頃ですが今年のキスはピンが少なくイイ感じかもですね。
ではまた(^^)/

ギア其の252、「MAZUME BOOTSFOOT GAME WADER」

ウェーダー、いわゆる胴付き長靴。
おそらく普通の投げ釣り師には全く縁のないギア。

今は投げ釣りばかりですが、昔は渓流釣りがメインだったのでウェーダーとは20年来の付き合い。
以前は快適性を追求してゴアにストッキングフット&ウェーディングシューズとかを愛用しておりましたが、現在のスタイルでウェーダーを使うのは冬季使用がメイン、蒸れることより少々藪こぎなどもしますので頑丈なモノを探しておりました。

最近はソルトルアーでもウェーディングが注目されているようでウェーダーの種類もかなり豊富です。
タウンでも使えるお洒落なデザインも多いし(^^)
今回はフェルトスパイク、頑丈な素材、お洒落なスタイル、安価なプライスってことで選んだのがコイツ「MAZUME BOOTSFOOT GAME WADER」
細みのスタイルでウェーダー履いてる?っと思わせるようなシルエット、素材も600デニールのヘビービューティーな仕様、価格もいいね。

かなり手触りのゴツイ生地ですが、履いてみると結構伸びるのか違和感なし。
我ながらいいセンスでした。

冬のウェーダーゲームまではまだまだなんで出番はもうちょっと先ですね。
ではまた(^^)/

8月17日~18日、奥能登キス夜釣り

昨夜から奥能登に大ギスを狙って行ってきました。
普段は昼間の釣りが98%、夜釣り2%で年に一度くらい。
ポイントの決め方も狙いもわからず・・・経験値不足でした(^^;
こんなワシにも奥能登のキスは心優しく竿先揺らしてくれましたがサイズUPは難しいですね。

土曜の仕事を午前で終わらせshimaさん&ハニさんコンビにお世話になり能登半島の先っぽ珠洲に向かいました。
車中の気温計は36度、夜釣りなら涼しくていいかもねっとお気楽会話している間に釣り座に到着。
今期2回目の釣り場ですが、穏やかな入り江で川が流れ込んでいますし所々に軽いシモリと夜釣りには最適なポイントかなっと自己判断。
3人で広く探ってみることにします。
shimaさん、ハニさんは明るい間は引き釣りでキスを探るそうで3色付近でアタリ多く20cm超え級がポツポツ釣れるそうです。
ワシは河口の横に釣り座を構え竿2本の置き竿スタイルで釣り開始です。
まず一本目を用意して3色に投入。
2本目を用意していると、いきなりパワーエアロのドラグが激しくうなります。
大ギスか?っとニヤリ。
でも竿を手に取ったら沖でエラ洗い(^^;
45cmほどのシーバスでした。
その後も30cm弱のシーバスに遊ばれます。
河口と反対に投げ込んでいた竿に短くドラグが鳴り23cmのキスをゲット。
それからも20cm前後のキスが竿先揺らします。
午後8時、真っ暗になって月がでてこれから本番じゃっと気合いのエネルギードリンクを注入。
30分に一度のペースでアタリでてキスをポツポツ。
隣のshimaさんに竿に大きなアタリがでたそうですが残念ながら針には乗らず。
午後10時、あまり状況も改善しませんしポイント移動しましょうってことで大きな漁港に向かいます。
こちらは車横付けで投げれますが魚は薄いようでたまに15cmの小型キス。
1色で23cmをゲット(^^)
でもそれっきり。
飽き性のワシはがんばるお二人を残して車に戻ってお休みタイム。

さて翌日の朝まずめ。
夏の朝は気持ちいいねってことで思いっきり寝坊(><;
shimaさん、ハニさんはしっかり起きて夜明け前から竿出しているそうで24cm含んでポツポツ釣れるそうです。
ワシも1時間ほどやってみましたが、相性悪い漁港のようで生体反応なし。
アタリも散発になったそうで最後の勝負に行きましょうっと。
今回の目的は「能登海釣り大会」に20cm以上のキスを釣ってエントリーすること。
現在の暫定TOPはどすこいの欣太郎さん、打倒欣太郎をスローガンに鉄板の穴水湾まで車を走らせました。
穴水湾にはどすこい大物部部長のタムさんのお姿、いろいろ情報お聞きして最近好調の釣り座を教えていただき2時間勝負。
3色以内でアタリ多くキスは好調。
18cm~20cmの美味しいサイズがアベレージと贅沢、たまに激震で23~24cmが混じります。
いいアタリを堪能させていただきました。
2時間の勝負、ワシは24cmと23cmをゲットして納竿といたしました。
穴水の釣り具屋さんで検量、23.6cmと22.4cmだったかな。

結果
16cm~24cmキス 30匹(お持ち帰り分)
3人の中では数もサイズもハニさんが勝ち、流石です。
長距離の運転ありがとうございましたm(__)m

今週はちょっと仕事がバタバタ、週末は千里浜でGFGの予定。
ではまた(^^)/

8月16日、安宅新浜キス釣り

残暑お見舞い申し上げます。

今年のお盆は休みなく仕事、つらいのぉ~(><;
今日は夜勤明けでしたので、一度自宅に戻ってから近場のキスを調査に行ってきました。
噂じゃHG周辺はイイダコに占領されたようでタコ祭りが開催中だとか・・・。
それならイイダコもキープして美味しく食ってやろうってことで出漁です。

先週ちょっとだけ竿出して調子良かった安宅新浜に向かいました。
到着は午前9時30分。
すでに気温は30度超え、風もなくって砂浜は灼熱地獄。
今年の安宅新浜は右側のテトラ帯が砂がついて広く探れるようになっております。
往年の名ポイント復活です(^^)
右の浜に降りて早速準備開始。
今日のタックルはがま競技35-405、ダイワ45、PE06号、33号オモリ+自作半遊動天秤、キススペ6号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずはウォーミングアップがてら6色に投入。
サビキと同時にいいアタリ(^^)
ゴンゴンっと暴れているのでとりあえず回収。
20cmと16cmのダブル。
ええやん。
次も同じ距離で小型のダブル。
釣れるねぇ~
底の荒い付近のようでほぼ同じ距離で、アタリます。
サビキが重くなったなぁ~っと思ったらイイダコ(^^)v
コイツも今日は獲物なのでしっかりキープ。
キスとタコを狙って少しずつ移動しながら探りました。
一見なんの変化もないような浜ですが、ポイントのムラは多く、釣れないところはキスもタコも釣れません。
単発orダブルが精一杯でしたが、いいポイントに入ってからは4連。
22cmのメタボ系(^^)
イイダコのダブル(^^)
正午を過ぎる頃には風が強くなってポイントに届きません。
針を落としてオモリも変えて沖を打ちます。
この頃からアタリもなくハリスが切れる超常現象が・・・
多分キラキラのアイツの仕業だろぉ~(><;
晩御飯のおかずには充分な釣果でしたので午後1時前に納竿といたしました。

結果
9:30~13:00 安宅新浜
14cm~22cmキス 26匹(お持ち帰り分)
小型イイダコ 12匹
明日は奥能登にデカイキス狙いに行ってきます。
今年初の夜釣りだよ~
ではまた(^^)/

8月11日、第17回フレンドリーカップキス投げ釣り大会

西野こうみ嬢とちぃむどすこい(^^)
ブログにも登場させていただきましたよ。

熱投、淡路島吹上浜で開催されたレインボーキャスターズさん主催のフレンドリーカップに参加させていただきました。
クラブ主催の大会で参加者は190名も集まり灼熱の浜に皆さんの熱気で凄いことになってました(^^;
勉強になること多かったなぁ~

どすこい選抜4名で淡路島に向かいます。
今回の遠征メンバーは遠征隊長ケンさん、エブさん、ビリーさん、ワシの4名。
午後9時、石川を出発。
お盆の帰省ラッシュでちょっと不安でしたが、大阪周辺を通るのは深夜だし大丈夫やろっと田舎もんの考えが甘かった・・・
名神で渋滞に嵌りロスタイム2時間、吹上浜に到着は午前4時過ぎでした、7時間もかかった(><;
まだ真っ暗ですが参加の皆さんが大勢集まっておりました。
ワシらは車中で30分ほどウトウト、午前5時前に受付に向かいます。
さすがに200名近い参加者、行列できてました。
お知り合いとワイワイやっている間にいよいよ開会式。
レインボーキャスターズの松尾会長様からご挨拶と競技説明。
競技エリアは浜一帯、時間は午前6時から午前9時までの3時間、釣ったキスの匹数で争われます。
2回戦に進めるのは40人とのこと。
事前の情報では2色以内の近投でバコバコ、時速40匹くらいは行くんじゃないかい?っと。
スタート順は真ん中くらい、7割以上が左の浜に向かってました。
良くわからないのでワシも左に、なんとなく良さそうな感じがしたポイントにクーラー置きました。
ちょっと向こうにトキねぇさん、ADさん、どすこいケンさんの姿。
今日のタックルはKISU Type-R AX、ダイワ45、PE06号、20号ウッドガンスリム+自作天秤、キス針5号10本針仕掛け、エサはマスオくんで挑戦です。
まずは1投目。
2色から探ってきます。
1色入ったところでアタリ、でも続かずで単発。
隣の方も単発、ダブルと数はつかない様子。
しばらくやってみますが、3連、ダブルときてからは素針続きます。
これじゃアカンや~んっと浜の中央に向かって移動。
皆さんの状況を見ますが同じような状況。
それならば人の少ない浜の右側に大きく移動。
こっちはガラガラ、単発でキスが釣れますがなかなか連になりません。
1匹ずつ拾う渋い釣り、でもオモリが上がってくる際まで引いてミラクル5連(^^)v
ビリーさん、エブさんも右側で苦戦中。
やっぱ左の浜が良さそうだわってことで戻ります。
まだ8時ですが気温も上がって汗ダラダラ、浜は小砂利で歩きにくいし、すでにヘロヘロ。
調子良く釣れているトキねぇさんの横に入れていただきましたが、怪電波の攻撃でキスの居所もわからないまま競技終了。
小型17匹、持ってる人は持ってますし微妙な数やなぁ~
1回戦の検量の結果、ボーダーは14匹、何とか2回戦に出場です。

2回戦は昨年のシード選手も加わって60名ほど。
最後まで釣れていたトキねぇさんのポイントに向かいます。
シード選手の佐織さん、トキねぇさん、ADさんと並んで2回戦開始。
お隣さんが3連発。
ワシは3連続素針・・・・
キスが見えてません(><;
ADさんはしっかりポイント掴んでいるようで安定した釣れっぷり。
暑さで汗でますが、嫌~な汗も混じります。
トキねぇさんに4連@@
TVカメラも集まって大賑わい、ワシにもやっとキス。
そっか、ポイントはここなんやね。
それからはほぼ同じ距離で毎回アタリでるようになりました。
しかし乗りの悪さは天下一品、打率悪し。
針の選択を誤ったかなっとあれこれ迷って迷路に突入(><;
2時間の競技終了。
釣果7匹。

表彰式です。
優勝は横山さん。どこでも強い、お見事です。
上位入賞の皆様おめでとうございます。
トキねぇさんはレディース部門で優勝。豪華副賞とうらやましいっす。
ワシはよっしーパパさんと同匹数でダイワの新製品フロートシンカーをいただきました。
灼熱の浜での大会で体力的には過酷でしたが、いろいろと勉強になることもあり無茶なスケジュールでしたが遠征して良かったなっと(^^)
あれだけの参加者の大会をスムーズに運営されていたレインボーキャスターズさんありがとうございました。
帰りは淡路島内の徳島ラーメンで反省会、淡路島名物のねぎもゲットし帰りの車は玉ねぎに囲まれてでしたよ。

ご一緒していただいた皆様、大会でお声掛けていただいた皆さまどうもありがとうございましたm(__)m
次回は能登の巨キスを狙って夜戦の算段。
昨日はどすこいの欣太郎先生の29.5cmも飛びだしてこちらも熱く燃えておりますね。
では皆様お体にお気をつけて。

8月4日、サマーフェスタinかほく 白ギス釣り大会

かほく市のブドウ、美味しいよ(^^)
今日は夏の恒例イベント「サマーフェスタinかほく 白ギス釣り大会」が石川県かほく市白尾海岸で盛大に開催されました。
地方自治体の開催するお祭りイベントながら参加者は約150名と多く、遠くは静岡、愛知、神奈川からもお越しになっておられました。
アットホームな感じでワイワイと釣りができるような雰囲気が最高なんでしょうね(^^)

早朝3時、ごっちさまをお迎えに行ってから白尾に向かいます。
到着は午前4時前、まだ真っ暗な中ですが受付が開始されております。
会場はすでに大勢の参加者で熱気に溢れてます。
ちぃむどすこいメンバーも多数参戦、よ~し勝負じゃ~~。
午前4時30分、開会式&競技説明
競技時間は午前5時~8時までの3時間、エリアは大崎海岸の護岸から外日角海水浴場までの広大なエリア、釣ったキスの総重量で争われます。
さ、左の大崎側まで歩くか、右の潜堤エリアで竿出すかどっちにしようか悩みました。
スタートした直後は大崎まで歩く覚悟で左側に向かいましたが、後ろを振り返ったときのメンバーが凄くてこれじゃアカンと弱気になり人の少なめの右側に戻って潜堤エリアで竿出すことにしました(^^;
旧料金所前から釣り開始です。
今日のタックルはKISU Type-R AX、ダイワ45、PE04号、デルナー30号、シロギスファイン6号8本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
まずは潜堤際の7色ちょっとに投げて探ってみます。
投入と同時にいいアタリ(^^)
追い食い誘って回収は16cm~18cmの3連。
近くを狙っておられる方の竿にもキス、朝一は広くキスがいるようです。
ワシは遠めのキスをメインに集める作戦で潜堤際に投げて探ります。
6色付近に海藻のゴミ溜まりがあるようで6色まで引くとゴミゴミ・・・
沖を1色だけじっくりサビいて回収のパターンで素針なしでキスが釣れてきます。
なかなか3連以上にはなりませんがそこそこのサイズが単発でくるのでネチネチと攻め、アタリが遠くなるとちょっと移動しての繰り返し。
終始同じスタイルで釣って競技終了。

検量終わったら美味しいおにぎりとトン汁がいただけ早朝から運動した後なので旨いわぁ~
皆さんでワイワイ食べた後はいよいよ表彰式。
今年の優勝は1200gオーバーと圧倒的釣果で西向さん。数もサイズも圧巻でした@@
準優勝は809gでワシ(^^)v
第3位はアカシアサーフの大野さんでした。
どすこいからはdaiさんが第5位入賞、おめでとうございます(^^)

抽選会を制し大物をゲットしたのはビリーさん。
なかなかいい竿じゃん。
美味しいブドウもいただいて大満足な大会でした。
かほく市のスタッフの皆様、楽しい大会を本当にありがとうございました。

時刻はまだ午前9時前、2回戦は高松SA裏。
釣り始めは良型がバコバコっときたようですが、キスは薄く30分経過する頃には単発。
でもいいサイズが混じるので楽しいっす。
針さんに良型(^^)お見事です。

いつもの鍋屋で汗かきながら鍋食って食後の3回戦は大崎に。
1時間限定プチバトル勃発。
遠・近を上手に釣り分けたごっちさまが優勝。
ご褒美のアイスクリームを獲得。
悔しいのぉ~~

結果
5:00~8:00 白尾海岸
15cm~20cmキス 30匹ほど

9:30~11:30 高松
16cm~20cmキス 4匹

13:00~14:00 大崎
15cm前後キス 5匹

ご一緒していただいた皆さまどうもありがとうございました。

さて、今週末はいよいよ虹の投軍団主催の玉葱島のバトルに参戦です。
楽しみじゃ~~
ではまた(^^)v
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ