ギア其の251、「能登半島海釣り大会 参加登録証」

賞金総額100万円(^^)v
今年も開催されている「能登半島海釣り大会」
3か月もの長い大会期間、キス・クロダイ・スズキ・メジナ・イシダイ部門に分かれ期間中に釣りあげた2匹の長寸で争われます。
過去に何度か参戦しようと思いましたが、タイミング合わずで実は今年が初エントリー。
狙ってみたい夜釣りポイントあるので玉砕覚悟で挑戦かなぁ~
せめてエントリーできるようなキスが2匹欲しいなっ。
まだまだエントリーできますので皆さんもぜひ(^^)

三平君のカードがええよ。
パンフレットはサーフキャスティングだしね。
詳しくはこちら
http://www.notohantou.com/fishing/umi.html
ではまた(^^)/

7月28日、第18回石川オープンキス投げ釣り名人戦

やったぜぃ~~
念願のV3達成でした(^^)v
会場である片山津海岸、小砂利でのっぺりした浜でポイント絞りにくいところです。ジモティーのワシは有利でラッキーやったかなっ。

昨年は雨にたたられ散々な大会でしたが、今年は青空広がって最高の釣り日和。
気温も暑いですが、浜も皆さんの熱気でそれはもう・・・(^^)
午前4時過ぎに会場に到着、まだ真っ暗ですが駐車場は大賑わいでした。
我が石川鱚酔会が主催ですので会場の設営に励みます。
やや整ったところで受付開始。
今日の参加者は42名、石川、富山、福井、愛知、長野など遠方からの参戦者も多くて感謝感激。
どうもありがとうございますm(__)m
午前4時50分、開会式&競技説明
石川鱚酔会会長の田中さんのご挨拶。
競技エリアは不問、堤防除く浜からならどこでもOK。釣ったキスの匹数で争われます。
同匹数なら年長者の勝ちとなる北陸ルールが適応されます。
競技時間は午前5時から午前8時本部帰着。
そのままスタートとなりました。
近くにありながらあまり来ない片山津海岸ですが、最近は新堀川河口近くが調子良いみたいなのでなるべく川に近づいて広めの釣り座が構えられる場所に釣り座を確保。
早速準備開始。
今日のタックルはKISU Type-R AX、ダイワ45、PE04号、トップガン30号+自作天秤、キススペ5号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは6色ちょっとに投げてじっくり探ってきます。
6色ラインでアタリ。
そのままサビキ続けて5色入るとこでもアタリ。
回収してみると15cm前後の3連(^^)v
あちこちでもキスの姿が見えております。
調子いいのかなっと思いましたが、競技開始1時間を経過する頃にはアタリは遠のいて素針連発。
あちこち移動されているようです。
30分に1匹ペースで釣れていたのでワシは細かな移動を繰り返して小刻みにキスを探します。
最後の1時間は天秤、仕掛けを遠投用に変え力の限りのフルキャスト。
やや追い風に救われて気持ちいい飛距離(^^)
普段は探れない距離にキスいました。
単発ながら3連発。
で競技終了。

1回戦の結果です。
圧巻はアカシアサーフの大野さん、断トツの釣果です。
流石ですね(^^)
左ドカン周辺まで行かれた方が釣果良かったようです。

検量がすべて終わったところで2回戦の組み合わせ発表です。
ワシはC組でちぃむどすこいのケンさん、愛知の石黒さんと3人で争うことになりました。
釣り座をどこにしようかなっと相談。
やっぱ魚の釣れる左ドカン近くまで歩きましょうと。
2回戦のルールは各組3人が15mほどの狭いエリアでやらなくてはならないという壮絶なバトル。
互いの釣果がわかるので精神衛生上あまりよくありません(><;
いよいよスタート。
いきなりケンさんが1投目からキスをゲット@@
おおっ。
2投目もキス@@
3投目もキス@@@@
4投目もキス@@@@@@
すげーよ、海の中のキスが見えているような釣れっぷり・・・・
ここにきてワシにやっとでアタリで20cmオーバーの良型。
どうもケンさんは3色付近を狙っているようですし、お隣の皆さんが狙っているのも近くみたい。
片山津で3色ってのはあまりやらないのですが、試しに探ってみると3色ラインでアタリ連発。
粘って粘って3連(^^)
一気に同点に追いつきました。
その後も2.5色付近で待ちの釣りでアタリが出てポツポツと追加。
あっという間の90分が終了でした。

2回戦の結果。
各ブロック厳しい釣りだったようです。
ワシは決勝戦に駒を進めることができました(^^)
敗者復活枠からは、わずか90分で19匹も釣った谷本 洋さんが決勝に。
合計6名で戦います。

10分の休憩の後、いよいよ決勝戦。
決勝エリアは通称カドヤ前。
まず釣り座を右端に構えます。
3色~2色を探ってダメなら6色~5色の鉄板Pを探る作戦で釣り開始。
今年の片山津は新堀川に近づくほど3色付近の砂が抜けているようで岩盤が露出しているのか根掛かります。
その付近はミニカワハギの巣となっているようです。
どうも決勝エリアの2色から手前は根掛かりきついようで・・・
6色~5色を探る作戦に変更。
エリア左側が空いたので移動。
6色の大きなカケアガリをネチネチと探りました、キスがアタるのは6色~5色の変わり目付近、サビキを止めてアタリが出るのを信じて待ち。
待って待って待ってプルプル(^^)
よっしゃ~~
海面には姿を見せたのはキスのダブル。
でも波打ち際で1匹ポロリ・・・・(><;
やっちゃった・・・・
これじゃアカンや~~ん・・・・
でもまだ運に見放されていないようで同じポイントで待って待ってアタリ連発。
バナナ覚悟で追い食い待って待って待って・・・
4連。
ミラクルや~ん(^^)
その後もほぼ同じとこでアタリでてポツポツ追加で90分の決勝戦終了。

やったよ~~
名人位をいただきました。
準優勝は富山投和会の小竹さん。
第3位は終始遠投で攻めておられた遠投派、雨野さんでした。
決勝戦の結果です。
暑い時期の大会でしたが参加していただけた皆様、どうもお疲れさまでした。
お声掛けていただいた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
今年は夏も休まずキス釣り頑張りますよ~

大会終了後は近くの麺屋でランチして森田観光で2回戦。
こっちは遠投有利でプチ爆(^^)
デカイのはいませんが18cmほどの元気いっぱいの奴がいいアタリだしてくれましたよ。
イイ汗かきました(^^)

来週は夏の祭典「ブドウ大会」ですね。
またお会いしましょ~
ではまた(^^)/

7月22日、能登島キス釣り

北陸地方まだ梅雨は明けません、気温も湿度も限界MAX。
これだけ暑い日が続くと海の中も厳しいようで良型キスは姿を消すころ。
浜からじゃ早朝の時合いを逃すと厳しい釣りになりそうですし・・・・
思い切って夜勤明けで能登島を目指すことにしました。
能登島方面の夏用ポイントを中心に探ってみましたよ。
やっぱ能登はいいね、アタリも元気だし暑さも忘れてハッスルハッスル(^^)

休日出勤+夜勤のハードなお仕事を終えてから能登島に向けて出発です。
丁度お休みのdaiさんがご一緒していただけるそうで久しぶりのdaiさんとの釣行になりました。
空は曇天の梅雨空、雨は大丈夫かな。でも南西の風が強いようで釣り座は限られます。
いろいろ考えた割には一番楽で安易な閨フィッシングパークから釣り開始(^^;
お昼頃の厳しい時間帯ですがのんびりやりましょっと。
今日のタックルはハテラス30-405、XT遠投、PE1.2号、20号発泡オモリ+自作天秤、ジャストキス8号4本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
まず4色付近から探ります、いきなりいいアタリでて20cm級をゲット。
daiさんもいいサイズを上げておられるようでいいスタートやね。
でも思ったように釣れ続かないもので15cm弱の小型は出ますがいいサイズはさっぱり、30分ほどで移動することにしました。
これだけ暑いとそこそろ水深ないとダメかなってことで適度な水深を求めて一度島の外に。
10m弱の水深のポイント、所々根が厳しくややこしい釣り場ですが、さすが漁師級の釣り師daiさんが炸裂で20cm級をバコバコ(^^)
ワシにはテカミ3連・・・・
daiさんのワンマンショーを1時間ほど堪能して移動です(^^;
もう一度島に戻って夏でも釣れるポイントに。
こっちはいつも通りに調子良く20cm級を連発。
23cmを超える大型はいませんが20cm前後が揃って楽しい~~(^^)
ハテラスも最高の調子でこれがワシの求めた能登用の竿やわっと。
1時間ほど楽しみました。
ちょっと休憩しましょうってことで喫茶Weにお邪魔して涼しい店内でお茶。
エサもあるし夕方の1時間ほどやって帰りましょと、向かった先は越冬キスの釣り場。
夏のドン深ポイントはどんなもんかなと思いましたが、冬と同じように釣れていつでも釣れるんやなぁ~
最後に22cm、いいアタリで満足して納竿しました。

結果
11:00~16:30 能登島
16cm~23cmキス 38匹(お持ち帰り分)
夏のキスもポイント選べばまだまだ狙えそうですね。
8月のキスは能登じゃ~~
ではまた(^^)/

ギア其の250、「ダイワ ハテラス 30-405」

能登戦の主戦力となるべき30号クラスの竿を探してました。

いい竿ないかなぁ~っと探すワシに越前屋さんから「ええもんありまっせ」
「この竿使うと巨ギスがバコバコでっせ、今回限りでお安くしときます。この機会逃すと次はありまへんよ」っと甘い囁き・・・・
こりゃ買わなアカン、即効でお買い上げ。
商売上手な越前屋さんは、ワシが大物釣れないのは祟りかもしれんと、今ならもっと魚が釣れるようになる壺もおまけとしてお安くお付けいたしますが・・・これはさすがに遠慮させていただきました(笑)

ということで今回のギアは「ダイワ ハテラス 30-405」。
かなり昔の竿になりますが、現在のダイワ調子を作りあげた名竿。
この竿、元竿がぶっといし不細工やけど、調子はいいんやよっと話は良く聞きました。
更にワシのお気に入りは8点ガイド仕様、今のプロサーフも8点に変更しているし柔らかめの穂先にはジャストフィットかもっと個人的な感想ですけどね。
DBガイドのシングルフットも調子を左右するファクターだと思いますし使ってみるのが楽しみですね。

週末も休日出勤+夜勤、ちょっと無理して夜勤明けで能登目指そうかなっとも妄想中(^^)
よ~しデカイキスを撃沈じゃ~~
ではまた(^^)/

7月16日、塩屋海岸キス釣り

5~7月の大会シーズンには無理言って休日勤務を外してもらってました。
なので昨日は休日出勤、夜勤も兼務のハードワーク。
今日は夜勤明けでしたので近所の浜に釣りに出ようかなっと。
しかし職場を出たところでT山ナンバーのバコバコ号に襲われ無理やり塩屋に・・・・(^^;
ちょうどばったり西や~んさんも(^^)
更に偶然、Bさんも(^^)
いや~びっくりですね、などと嘘くさい臭い会話をしながら浜に。
丁度浜から上がって来られた方は小さいのメインですが数は釣れますよ~っと。
よ~し気合いで勝負や~
4人でバトル開始です。
早速準備開始。
今日のタックルはKISU Type-R AX、45、PE06号、ウッドガンスリム30号+自作天秤、キススペシャル6号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
序盤をリードしたのはHPPさんと西や~んさん。
サイズは13~15cmの小型メインですがたまに20cmオーバー混じります。
4色~3色が良いようで波口は濁りがあって魚は薄い様子。
更に沖から探ってみますと6色~5色も結構いいようです。
小型9割くらいですが数は釣れて6連、5連と好調。
1時間ほど釣ったところで朝から入っておられたT本さんにバッタリ。
クーラー満タンなんでそろそろ撤収しますわっとおっしゃるのでクーラーチェック。
おおおおっ~~~@@
良型も多くぎっしり満タン、120匹だったそうです。
エサのチロリをいただいてアドバイスをもらって釣り再開。
アドバイス通りに魚は良型率UP、どうもありがとうございました。
西や~んさんにグッドサイズ連発。
HPPさんになんちゃって肘たたきサイズ(^^;
Bさんも20cm級を連発。
ワシにも22cmのメタボ系。
午後からは青空で夏の空(^^)
風も心地良く最高に気持ち良いまま浜でまったり投げました。
午後3時、納竿。

駐車場に戻って検量。
本日の竿頭はHPPさんで71匹でした。
ワシはピン~22cmキス 60匹
アベレージ13~15cm、20オーバー5本でしたがアタリは元気良くて楽しかったですよ。
平釣倶楽部の皆様どうもお疲れさまでした。
次回は秋の落ちシーズンでバトルしましょ。
ではまた(^^)/

7月14日、FISHERS SUPERCUP投 石川県大会

今日は石川県を代表する巨大釣り具店FISHERSさん主催の「SUPERCUP投 石川県大会」が白尾海岸で開催されました。
昨年は荒れた海況で渋い大会でしたが、今年は爆発(^^)
上位入賞者はキロオーバー連発の楽しい大会となりました。
ワシもいいポイントに入らせてもらったんですが・・・・

ごっちくんに迎えに来てもらって白尾に到着したのは午前5時。
県外からの参加も多いようで駐車場は賑やかになっておりました。
天気予報は雨、でも空は明るく大丈夫かな。
心配なんで一応カッパを着こんで会場入り。
参加者は100人ほどとのこと。
午前5時30分より開会式&競技説明
シマノインストラクター日置さん、草野さん、ダイワのフィールドテスタ-高橋さんがお見えでご一緒できるようで楽しみです。
競技エリアは白尾海岸一帯、釣ったキスの総重量で争われます。
競技時間は午前6時30分から午前10時30分までの4時間、前日の下見組の話だと遠めでいいサイズ混じって結構釣れるそうです。
開会式終了後は浜に降りて、クリーンビーチに合流し浜の清掃作業。
その後ゼッケン順にスタート。
ワシは大崎方面に歩き旗際に釣り座を構えました。
到着時はすでに競技が始まっており、エサ付け終わった頃には隣のA倉さんにキス7連@@
おお、さすが前週のG杯石川のチャンピオン。
今日のタックルはKISU Type-R AX、ダイワ45、PE04号、タングステンデルナー33号、T1の4号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
左横からの風がちょっと邪魔ですが、6色ちょっとに投入。
5色入る寸前にいいアタリ(^^)
待ち切れずに回収は23cm、18cmの重量級。
次も同じところ打って小型のダブル。
3投目もいい感じでしたが、回収中に激しく引き込まれモトスからパスっと(><;
4投目を投げたとこから、一気に空が暗くなりいきなりの土砂降り・・・
とっても釣りを続行できる状況ではなく竿を持ったまま嵐が過ぎるのを待ちました。
15分ほどで小降りに。
釣り続行です。
しかし1時間以上経過していますが釣果は5匹ほどとさっぱり・・・・
A倉さん、O竹さんはバコバコのようですし場所は良さそうなんだけど。
少し移動して富山のO田さんのお隣に。
こっちも遠投でバコバコしているようで、一時時合いがあったのか小型ながら6連、5連ときました。
残り1時間になってからは沖のキスの魚影が一気に消え、皆さん移動されキスを探しておられ、器用な選手は手前のキスに狙いを変え上手に数を増やしておられます。
ワシは更に沖を狙うべく針数落として渾身のフルキャストを連発。
で、素針を連発(><;
全く釣れません。
どすこいケンさんの隣に移動して投げますが生体反応なし。
海洋くん、ケンさんには3連、ダブルと釣れているのにワシに釣れるのはヒイラギか海草。
結局残り1時間は1匹も魚を追加できずに競技終了。

検量に向かいました。
ワシの結果は680gちょっと。
周りの方々は800gとかキロ超えとかもいるそうで凄いなぁ~

しばらくの集計時間とテスター3名の釣り講座を聞いた後にいよいよ表彰式。
今年のFISHERS SUPERCUPを制したのはA倉さんでした。
準優勝は海洋くん。
第3位はW田さん
第4位はO田さんと上位はすべて富山勢。
凄いや、遠投組が有利な展開になっていたようです。
太っ腹のFISHERSさん、景品はTVにクーラーと豪華で飛び賞も用意され会場は盛り上がっておりました。
会場でお声掛けていただいた皆様どうもありがとうございました。
FISHERSのスタッフの皆様、大変楽しい大会をありがとうございましたm(__)m
ごっち君、運転ありがとね。
10位入賞おめでと~、今度釣り教えてくださいよ。
帰りはどすこいチームでこの暑い時期に鍋・・・・汗ダラダラの修業でした。

エサもたくさんもらったし週明けに地元の浜で竿出してきます。
ではまた(^^)/

7月6日~7日、2013シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権 全国大会

2013年7月6日~7日の2日間にわたって鳥取県弓が浜でシマノジャパンカップ投(キス)のファイナルが開催されました。
西のセミで何とか権利をいただいておりましたので、期待と不安が入り混じる不思議な気持ちで550kmを車を走らせました。
やはり全国大会の舞台には普段の釣りでは感じることのない重いプレッシャーを感じ、これが迷いを生み、迷路に嵌り・・・・

木曜の夜に仕事を終わらせ深夜の高速をひた走り鳥取入りは午前2時。
夜明けまで車中で仮眠、のつもりでしたが蚊にたかられ痒くて眠れず・・・・(><;
悶々と夜明けまで車で過ごし、うすら明るくなった午前5時過ぎにタックル持って浜にでました。
今日の弓が浜は南の風で追い風、波はベタナギとコンディションは抜群。
早速タックルの準備。
今日のタックルはKISU Type-R AX、投げリール、PE06号、鱚介工房25号+自作天秤、袖4号10本針、エサはチロリで挑戦です。
まずはこの付近がAエリアかなっと思われる西方面まで歩き釣り開始。
3色~1色でピンギスが多いようで8連~9連と初めの1投は数が釣れますが、2投、3投すると一気に釣れなくなる様子。
試しに沖を探ると7色付近にもキスがいるようです。
個人的なイメージでは手前には10cm前後、沖は12~13cmって感じかな。
手返しや釣れる数を考えてどっちがいいか悩みます。
あれこれしているうちに下見の皆さんも増えあっちこっちで情報交換。
皆さん同じような状況だそうです。
お昼まで釣って一旦終了。

夕方からはホテルでオープニングセレモニーの開幕。
昨年の覇者、横山さんの乾杯で宴スタート。
美味しいお酒と美味しい料理、楽しい釣りの話であっという間の3時間でした(^^)
シマノのスタッフさんもとっても楽しい方ばかりで最高っすね。
ほとんど寝てないので部屋に戻ってベットに横になった2秒後に深い眠りに・・・・ZZZ
朝、目覚ましなるまで爆睡、体力もほぼ復活(^^)

いよいよファイナル1日目の開始。
第一試合は6:30~8:00までの90分。ワシはCブロック。
スタート順は7番、人気は右の旗方面でエリア中央はガラガラ。
空いてるエリア中央を釣り座に構えました。
まずは3色付近から探ってみますが、昨日の下見で散々叩かれたあとのようでキスは薄いし小さい。
たまに13cm混じってデカイっと思うほど。
30分過ぎた頃から手前のキスは捨てて沖のキスを狙う作戦に変更。
追い風乗っていつもより良く飛んだ先には15cm級もいるようでポツポツと追加。
アッという間に90分終了。
トップは石川の達人、島野さんの412g。ワシは304gで第3位。

第2試合、Bブロック。
エリアの左に川が流れており人気はやっぱ川付近。
でも今回も7番スタートでポイントの選択権なし。
先の試合で遠投でも勝負になるかなっと感触で今回は青タン33号にPE0.4号、針は8本でフル遠投。
キスが細かいのでアタリはさっぱりわかりませんが、底の変化の大きい場所に目星をつけてその付近だけを集中攻撃。
狙いが嵌って368gでブロック第2位。ブロックトップはマスターズサーフの平野さん、グッドサイズを狙いうち、流石です。

第3試合、Cブロック。
振り返ってみれば、この試合がすべてでした・・・・
遠投で釣れるやんっとルンルンのワシ。
でもスタート前に、第2試合の遠投組は全滅やったそうやよっと風の噂。
心の奥深くに刻まれたようで・・・・
今回も7番スタート、またもエリア中央でフルキャスト~~
しっかし何投してもキスはつきません、回収重くて期待してもミニチャリコ(><;
スタート前に聞いた「遠投全滅」が頭の中をリフレイン・・・・
隣の3色付近(推測)を攻めている健代さんに7連@@
これにはワシもたまらずタングステン外して木オモリ20号で手前をネチネチ。
7cm~8cmのキスが3連、ダブルときます。
迷って迷ってもう一度沖を探ります。
残り30分までマイクロサイズ5匹(><;
ヤバいっと背中には嫌~な汗、周囲の皆さんがバコバコやってるような気になって更に焦る。
自棄気味に投げた仕掛けは胴付きになって上がってくるし残り20分。
更に自棄になって針減らして更に沖におりゃ~~っと。
回収は14cmダブル。
おおっ。
次は4連@@
でもここで無情にもタイムアップ。
僅か12匹で111gの貧果でビリ(><;
トップは終始遠投で攻めておられた遠州の松井さんで247g、最後の6連お見事でした。
でも第2位175gと皆さん釣れていなかった様子。
迷って迷って錯覚、心乱された1戦でした。

第3試合を終えた第1日の結果。
暫定トップは勝ポイント23点で湘南の伊藤さん。
暫定2位は我らが石川の島野さん、22点。
続く第3位は石川の重要無形文化財、谷本さんの22点。
4位は渡辺さん、5位は平野さんと続きます。
ワシは勝ポイント15点で第8位。
明日は厳しくなりそうですが、何より皆さんと同じフィールドで戦えるのが楽しいし、一矢でも報いるつもりで明日の望みます。

翌日の第4試合はAブロック。
初めてのエリア、なんと1番スタート。
なんとなく左の旗をゲット。
今のワシにできることは迷いを捨て沖を打つだけ。昨夜もどすこい総帥G3さんから迷いを捨てて釣れっと激励。
残念ながら昨日までの強烈な追い風は止まってしまいワシの投力では針6本までが限界。
それでも投げました。
釣れません。
投げます。
釣れません。
第3投目、素針。
でも今日のワシには迷いはありません。
沖を探りながら徐々に移動。
エリア中央からアタリ出始め4連、ダブル、4連、ダブルとピン兄サイズが釣れ始め好調。
結果は300gほどでブロック2位、このブロックトップは流石の遠投力で湘南の佐藤さん、沖から多点掛けと好調だったそうです。

第5試合はBブロック。
今回もスタート順は1番。
先ほどはエリアの右端で地引網を入れていたようで今は既にあげられております。
事件が起こるなら地引網に近いほうだわっと推測。
もちろんエリアの右端をゲット。
今回も沖を攻めます。
しかし今回も3投続けて素針。
釣れんの・・・・
隣の松田さんには驚愕の多点掛け。
木オモリに手が伸びますが、不器用なワシにはいきなり釣りのスタイル変えてもアカンやろっと後ろ髪引かれながらエリア中央に。
ここは湘南の伊藤さんが沖に投げ、クーラーに座ってのリールサビキ。
回収した仕掛けには見事にキスの姿。
TVカメラも伊藤さんを集中攻撃。
ワシもカメラの端にでも映らんかなっと期待を込めてお隣でフル遠投。
着底すぐにアタッたかな?
これが12cm~13cmの4連。
すぐに投げ返しますが続きません。
TVカメラに未練残しながらエリアの左端まで移動。
足場が良いのでこの頃から吹き出した追い風に乗せられいい飛距離。
今日1番のいいアタリ。
リールを巻くハンドルには重り感が充分。
神にも仏にもバレませんようにっと祈って回収。
18cmほどのグッドサイズ。ニヤリ(^^)
でも隣の平野さんには明らかな20cmオーバーの重量級・・・
ガックシ・・・
残り20分投げまくりました。
気持ちも体力も尽き果てて最後の5試合目が終了。
ワシは200gほどでブロック4位。ブロックトップは400gオーバーの松田さん。競技開始からずっとバコバコでしたそうで凄いや。

計5試合のすべての結果が発表され、1位通過は圧巻の37点で湘南の伊藤さん。
2位通過は32点の石川の名手、島野さん。
3位通過は30点でミスタージャパンカップ、横山さん。
決勝戦は皆さんの釣りが見える絶好の場所で渡辺さん&健代さんの副音声の解説を聞きながら応援。
後半は谷本さんからいろいろ教えていただきながら応援。
前半後半の90分を終えて決勝戦は終了。
詳しくはシマノ様のHPで解説されております。

表彰式
優勝は圧巻の釣果で伊藤さん、準優勝は横山さん、第3位は島野さん。
皆さんの素晴らしい釣りを見ていてワシも更に1年がんばって来年もこのフィールドで竿出せるようになるように頑張ろうと思います。
4位は谷本さん、なんとワシには5位でスイカをいただくことができ、家族への土産もできてご満悦(^^)
とっても楽しく貴重な体験をさせていただいた(株)シマノのスタッフの皆様、本当にありがとうございますm(__)m
ご苦労さまでした。

長文乱筆失礼いたしました。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ