7月29日、白ギス釣り大会 IN かほく

今年も夏の恒例行事かほく市のお祭りイベントのひとつとして開催されている「白ギス釣り大会」が開催されました。
会場は某有名メーカ-の予選も行われる石川県かほく市の白尾海岸です。
海況抜群なものの今年のキスは遠・薄・小で・・・・
今日のワシは「6色縛り」、すなわち6色以内のキスは釣らないという気持ちで投げ倒してきましたよ。
3時間の短い競技時間でしたが肩が・・・・・腰が・・・・・(^^;

早朝3時、近所で福井から参戦のぎっちょさんと合流し会場の白尾海岸を目指します。
到着は午前3時40分、タックルの準備して受付に。
まだ周囲は真っ暗ですが大勢の参加者で賑やかです。
参加者は161名とのこと。
しばらくぶりの皆さんとワイワイ(^^)

午前4時30分、開会式&競技説明。
エリアは大崎側護岸~右は外日角まで、競技時間は午前5時~午前8時帰着。
釣ったキスの総重量で争われます。
ワシはどこに行こうか悩みましたが漂流ゴミの多い大崎側は敬遠して外日角まで20分歩きました。
この付近まで歩くと潜堤はなくなって投げ放題です。
ワシの隣には石川県屈指の遠投派A野さん、今日はA野さんに修行していただくつもりでがんばりました。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE03号、トップガン33号、T1キス4号6本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
「6色縛り」のマイルールなのでPEはサンラインのスモールゲーム0.3号150mにサンラインの0.4競技200mを足した350m巻き(^^;
スモールゲーム0.3は単色なので6色(150m)以内はどこを引いているのかわかんないのでサビけません。
いよいよ競技開始。
波はなく若干のフォローの風ですのでいつも以上に飛距離はでます。
じっくり探って6色残しで回収は12~15cmキスの3連。
次も同じ距離で3連。
ダブル。
4連と小型ながら数はでます。
素針なしで釣り始め1時間で18匹。
A野さんもほぼ同じ釣果だそうです。
しかし急にアタリが止まって小さな移動を繰り返しますが単発が精一杯で素針が続きます。
それでもただ海に向かって投げました。
ロマンです。
投げました。
釣れません・・・・
ここでA野先生、針を2本に落としてド遠投。
なんとそこそこのサイズのダブル@@
すいません、ワシの負けです・・・
っと残り40分になって大きく移動。
潜堤の切れ目めがけておりゃ~~っと。
15cmほどのダブル。
次は3連。
おりゃ~~っと失投(^^;
でタイムアップで競技終了。

検量に向かいました。
最大で16cmと小型のみ。皆さんいいサイズをお持ちで重量勝負は厳しい感じ。
検量結果は30匹で530g。

その後おにぎりと美味しい豚汁をいただいて至福の一時。
ワイワイと遊んでいるうちに集計終わったようで油野市長が登場しいよいよ表彰式です。
今年のブドウ大会を制したのはシャーさんでした。
釣果はぶっちぎりの700g超え、お見事です。
準優勝はT中さん。
う~皆さん凄いわ。
どすこいのケンさんはアクティブな釣りを展開し578gで第4位をゲット。
太平洋での荒行の成果でしょうか(謎)
遠投先生のA野さんは545gで第8位。
ワシは何とか10位で美味しい賞品いただきましたよ。5位の和田さんとツーショット(^^)画像は欣太郎さんのブログより拝借いたしました。

参加賞として全員に今年も美味しいブドウがいただけました。
朝早くからお世話になったかほく市スタッフの皆様どうもありがとうございました。
大変スムーズな進行で大会終了したのが午前9時前。
まだ時間あるので米出海岸まで移動してどすこいの秘密特訓、過酷な練習でこれからの大会がんばろうと思いましたがしばらく予定なし(^^;
8月からはしばらく浜キスお休みです。
能登行くぞ~~
ではまた(^^)/

7月25日、片山津海岸キス釣り

今日も気温30度を超えた真夏日。
さすがに日中の釣りは厳しい状況ですね。
ちょっと涼しくなる夕方目指して出漁してきましたよ。

午前中は仕事、午後からお休みでしたがなかなか仕事が終わらず職場を出たのが午後2時過ぎ。
エサ屋寄って片山津に到着は午後3時。
閑散としておりました(^^;
水曜友の会のM~ちゃんの到着を待たずに抜け駆け(^^;
早速準備開始。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE05号、デルナー30号+自作天秤、アスリートキス5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
遠投有利とのことなんでおりゃ~~っとフルキャスト。
ブラ天+向かい風で飛びません。
6色ラインでいいアタリ、その後5色半ばまでサビいて小さなアタリで16cmとピン2匹の3連。
次も6色でいいアタリでますが16cm。
キスの活性が高いのか小さい割にはいいアタリでます(^^)
M~ちゃんも到着しワシ遠め、M~ちゃん近めを広く探ります。
沖のキスのほうがサイズ、数共に良かったようです。
午後5時過ぎた頃には向かい風も止まりちょっと飛距離伸びました。
その付近に16cm~18cmほどが薄くいるような感じかな。
午後6時まで釣って納竿。

結果
15:00~18:00 片山津
マイクロピン~18cmキス 27匹(お持ち帰り分)

この時期のキスはやっぱり早朝が狙い目ですね。
ではまた(^^)/

7月22日、サンラインカップ投 北陸大会

I need SUNLINE
I love SUNLINE
I want SUNLINE 
日頃サンライン商品を愛用してましたのでご褒美がいただけました(^^)
サンライン最高じゃ~~

今日は石川県加賀市塩屋海岸でサンラインカップ投 北陸大会が開催されました。
午前4時30分、自宅から40分ほどで到着です。
3年ぶりに開催とのことでしたが相変わらず盛況で定員150名はすぐにいっぱいになったようです。
早朝から駐車場は満車、北陸、関西、中京、関東のサンラインフリークが集まっていつもは静かな塩屋海岸は熱気に包まれておりました。
すでに受付は始まっているようなのでタックル準備して受付に向かいます。
参加賞はカッコイイ帽子とお洒落なキーホルダー、なかなかナイスデザイン(^^)v
海の状態は波もなく濁りもなし、風も微風と最高のコンディション。
しかし昨日は波が高かったそうでピンは全くいなく数は出ないものの釣れるキスは皆どすこい級だったとか@@
3時間ほどで㌔超え、ドカンといいアタリが堪能できるそうです。
今日はどんな感じかな。

午前5時30分、開会式&競技説明。
西向テスターからサンラインテスターさんのご紹介。
全国各地から集まって来られた最強軍団です。
その後田中テスターより競技説明。
競技時間は午前6時~11時本部帰着。
釣ったキスの重量で争われます。
皆さん一斉によーいドンで足早に釣り座に向かわれておりました。
雨が降って少し砂が締っていたので結構歩きやすく皆さん足が速い・・・・
ワシは知らぬ間にビリになっておりました(^^;
人気はやはりポール付近の大きなワンド。
密集度もかなりのもので地元釣り師も混ざって大混雑。
混雑嫌って奥まで歩きますが皆さんしっかりといいポイントに入られているようでどうしようか悩みます。
すでに競技は始まってますが一番奥まで歩こうとテクテク、3色ほどに瀬があるポイントで初めてみようかなっとPALPINさんのお隣にお邪魔。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、Z45、PEサンライン競技06号、自作発泡30号+自作天秤、シロギスファイン5号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
まずは瀬肩を探って4色に投げてじっくりサビきますが生体反応なし、波口で15cmほどのキス。
周りの皆さんもポツポツ釣りあげておられます。
ワシは手前を集中攻撃しますがフグ。
もうちょっと奥まで移動、沖の様子を見て見ることに。
とりあえず発泡オモリのまま7色ちょっとに投入。
6色入ってすぐに竿先引き込む激震@@
それも連発@@
キスなら良型、でも青物かなぁ~
回収もずっしり重い。
波打ち際に姿を見せたのは25cm、22cmのどすこいダブル@@
次も沖を攻めて20cm超え。
次はアタリはド級でしたが掛かりが浅かったのか回収中に外れた様子。
サイドボックス探して残り15本くらいのシロギスファイン6号を発見、これは手持ちの中で最大の針でした。
針をシロギスファイン6号6本針仕掛けに変えオモリも発泡からタングステンに変えて遠投。
ドカーンと23cm。
しかしその頃にはすでに周りは猛者に囲まれて皆さんも遠めでドカーンの連発。
1時間ほどパラダイスを堪能しましたがさすがにキスは薄くなったようでちょっとずつ移動。
ポツポツとどすこい級は姿を見せておりますがワシに釣れるのはピン。
2時間経過した頃にこれじゃイカンと更なるパラダイスを発掘するために後ろ髪引かれながら大きくポイントを移動。
ワンド2つ飛ばしてadworkさんshou1さんのお隣に。
adworkさんはしっかりポイントを見つけておられるようでどすこい級を連発。
ワシには釣れません・・・
しばらくadworkさんの華麗な釣り技に圧倒されて尻尾を巻いて撤退。
どうも瀬の奥、7色ラインにキスがいるようです。
オモリを固定のタングステン33号に変更し後は遠投三昧。
海洋名人、ごっちくんコンビの隣にお邪魔してどりゃ~~っと。
小型3匹ほど追加。
その後は放浪の釣り人と化しピンをポツポツ追加、最後の最後にピン3連で競技終了。

検量に向かいました。
キスは薄かったようですが型の良いキスが結構混じって皆さん重量をあげておりました。
ワシの検量結果は740g、20匹ほど。25cm弱が2本いましたので重量稼げました。

その後30分ほどで表彰式。
優勝は・・・・なんとワシ。
エッヘン(^^)
準優勝は手取投友会会長、西田さん。
第3位は森田さん。
第4位は米ちゃん。
第5位はちぃむどすこい大阪のadworkさんでした。

いや~早朝1時間のモーニングサービスをばっちりいただいてラッキーでしたよ。
その後3時間近くはダメダメ人間、もっと考えて釣らないとだめですね。
いただいた景品も超豪華、先週のS針さんの大会でいっぱい消耗品ロストしたので助かります(^^;

その後は太っ腹サンラインさんの豪華抽選会。
PEライン、テーパーライン、アパレル関係の景品が目白押しで大賑わいでしたよ。
たこ焼き器をゲットのぎっちょさん。
daiさんはサンラインオリジナル?の戦車のラジコン。
その中でもこのお二人がいただいたのは・・・・
「サスリバイブ」???アハハ(^^)
どすこいメンバーもいいもんいっぱいもらってニコニコでしたがこの方だけは・・・・
★~★、残念。

いろいろお世話になったサンラインのスタッフさん、テスターの皆さんどうもありがとうございました。
会場でお声掛けていただいた皆様、どうもありがとうございました。

さて次回は前期の最終戦「かほくブドウ大会」投げますよ~~
ではまた(^^)/

7月20日、塩屋海岸キス釣り

今日は週末にサンラインカップ投が開催される石川県加賀市塩屋海岸に行ってきました。
この塩屋海岸、隣の波松海岸に比べると水深は浅いものの沖の瀬、出っ張り、ワンドがはっきりしたとってもグラマラスな砂浜。
キス釣り好きの成人男子なら一発でメロメロでしょ(^^)
先月までは25cmほどの良型混じりで絶好調だったようですがここ最近は調子もイマイチとか。
釣査開始です。

夜勤明けでしたが、久しぶりにハードな勤務でほとんど仮眠もとれずでしたが結構元気なワシ(^^;
おっさんパワー全開じゃ。
塩屋に到着は午前9時30分、天気予報は見事に外れて快晴(^^)
さすがにこれだけ暑いと誰もいないだろなぁ~っと駐車場を見渡すと・・・・
ん??
ナンバー1091??
なんとどすこい静岡のSBさんの車@@
うそ@@
タックル持って浜に降りて見ると遠く300mほど先にSBさんらしき姿。
歩きにくい砂浜をテクテク、やっぱりSBさんでした。
なんでも特別休暇がもらえたそうで塩屋に昨晩到着されたそうです。
朝の7時頃から竿だされているそうで、キスは小型がメイン、たまに20cmオーバー混じるとのこと。
ワシも早速準備開始。
今日のタックルはサンコンⅡ35-405、Z45、PE05号、自作発泡オモリ30号+自作天秤、シロギスファイン6号8本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
まずは手前を攻めて13~15cmのダブル。
同じパターンで小型単発。
ちょっと投げて小型ダブル。
う~んアベレージ12~14cmほどの小型キスばっかり。
SBさんとワイワイやりながらまったりサビいていると激震。
コイツは22cmのグッドサイズ(^^)v
しっかし良型は神出鬼没、なかなか巡りあえません。
ワシは上木のほうまで探りながら歩きます。
地形の変化は大きいですが、キスのサイズも数もあまり変わらず・・・・
あちこち広く探りましたが満遍なく広く薄くキスはいるようで5色~1色までどこでもアタリでました。
しつこく粘って5連。
結局4時間ほど釣ってこれといったパターンもみつからないまま納竿。

結果
9:30~13:30 塩屋海岸
ピン~22cmキス 58匹(お持ち帰り分)
20cm超えたのは4匹、その他は15cm以下。中間サイズは不在。
日曜のサンラインカップでお会いできる皆様、どうぞよろしくお願いいたしますね。
ではまた(^^)/

7月15日、フィッシャーズ スーパーカップ投 石川県大会

石川の巨大釣具屋「フィッシャーズ」さんの大会が白尾海岸で開催されました。
賞品がとっても豪華、よ~しがんばるでぇ~
前日の大磯の鬱憤を晴らすのじゃ。

大会当日、朝、目覚まし鳴って気持ち良く目覚め。
コーヒーでも飲んですっきりして出かけようと熱いコーヒー入れて外を見ると・・・・
ん??
なんだか明るいなぁ~~
この季節は午前3時30分でこんなに明るいんだ・・・
・・・・・
・・・・
着替えてタックル積んでもう一回時計見ると・・・・
午前4時50分@@@
1時間間違えました@@@@
受付は午前5時から午前5時30分まで、自宅から会場まではフツーに走って約1時間。
絶対間に合いません。
ヤベ~~
どうしようもないのでとりあえずケンさんにTEL、車を飛ばしました。
高速使って到着は午前5時29分、ギリギリセーフ。
あれこれしているうちに開会式。
バタバタです(^^;

今日の白尾海岸、ザブザブです。
昨日よりは幾分マシになったようです。
昨日のささめよりずっとずっと魚が釣れそうです。
競技時間は午前6時30分~午前10時30分、エリアは白尾海岸一帯。
釣ったキスの総重量で争われます。
今期初めての白尾海岸なんで良くわかりませんがとりあえずた~☆さんとハニさんを見つけて隣にいれていただきます。
タックルはKISU Type-R AX、Z45、PE06号、トップガン遊動30号、シロギスファイン5号6本針仕掛け、エサはチロリとイシゴカイで挑戦です。
まずは力の限り遠投。
7色ラインから探ってきますがノーシグナル。
潮の流れが速いようで左にかなり流されます。
人も多いのでオマツリも必死。
2投ほど遠めを探ってみますがアタリなし。
3色以内を探ってみますがこちらも生体反応薄々です(><;
ハニさんは3色ほどでキスをゲットされておりました。
ワシは30分ほどで移動。
移動先は白尾の人気ポイント。
こちらにはフィッシャーズのG10さん、お隣にお邪魔です。
遠くを攻めているのはA倉さん、マサさんの遠投組。
ワシは手前の払い出しを丁寧に攻めて見るといいアタリ入ります。
しかし針には乗らなかったようで素針。
こんな時のために近距離専用セッティングに変更。
2色でアタリでて15cm~16cmほどを単発、ダブル、ダブルと順調に追加。
流石に近距離の魚は薄いようでもうアタリでません。
さてどうしようかっと悩みますが隣のN沢さんが遠投で好調そう、ワシもオモリをタングステンに替えて針数落としてフルキャスト~~
6色ラインでアタリはわかりませんがポツポツとピンギスを追加。
もっと投げれば魚いるかなっとPEを0.2号に変更。
力の限り投げました。
アタリがさっぱりとれないのでどこで釣れたかを想定するのが難しいのですが残り1時間でパターンが見えたようで最後は素針なくキスを追加。
午前10時30分競技終了。

13匹~15匹ほどの釣果、皆さん結構魚を釣られているそうなんで検量結果を真面目に聞かなかったのでよくわかりません(^^;

1時間の待ち時間の後にいよいよ表彰式。
優勝は新潟の名手広瀬さん、エリアを広く探ってポイントを探したそうで400g弱の素晴らしい釣果でした。
準優勝は手取投友会会長の西田さん、第3位は岩釣会の雄、和田さん、皆さん300g超えだとかですごいや。

出発時に雨が降っていたのでカメラ&携帯忘れて画像なしです、すいませんm(__)m
今週末は塩屋海岸でサンラインカップ。
塩屋は楽しい浜なんで楽しみだなぁ~(^^)
ではまた(^^)/

7月14日、2012アスリートカップ 投げキスEAST大会

ささめ針さん主催のアスリートカップに参戦してきました。
数年前に一度WEST大会の葛野浜に行ったことがあるので今回はEAST大会の大磯に参戦することにしました。
翌日はダイワのAブロック大会、2連戦の予定でしたがDAIWAさんの勝手な都合により延期・・・・
日帰りで大磯に強行軍です。
ご一緒していただくのは今期絶好調のどすこいケンさん。
7月の大磯、超遠投が勝利への必須条件。
地元の浜で投げ練励みました。
大磯の海でワシのヘッポコ遠投が通用するかどうかを試すため今回は遠投のみにこだわっていくつもりです。
し・か・し・・・・
当日の大磯は大プッチン大会・・・・プッチンカーニバルじゃ~~(><;

前日の仕事を定時に終わらせ一度帰宅。
タックル準備を済ませケンさんと合流。
午後7時過ぎワシの車でいざ出発。
北陸道、福井あたりから雨。
新東名に入る頃には経験したことないくらいの豪雨、前がさっぱり見えません。
安全運転で走って何とか神奈川入り。
途中のSAで体力尽きて朝まで一休みしましょうってことに。
1時間ほど仮眠。
結構すっきりしたので午前3時前にSAを出発し大磯に向かいました。
石川では太いチロリしかなかったので現地のエサ屋でチロリを調達。
しっかしこの時点で南西の強風・・・
午前4時、大磯港の駐車場に到着。
道具を準備中に土砂降り、しかも雷ゴロゴロ。
こんなんで大会やるの??
受付は午前4時30分、タックル持ってカッパ着て土砂降り&強風の中受付に。
海はそれほど荒れてませんし釣りは成立しそう、後は雷だけが心配です。
こんな悪天候、ワシも釣り人生のなかでも初体験かも。
ドタキャン多いかなっと思いましたが皆さん続々と集まってこられます。
大会スタッフさんからは後1時間もすれば雨もあがる予報なんで開始時刻を遅らせて開催との連絡。
それまで西湘バイパス下で雨宿り。
午前6時を過ぎた頃から雨も上がって風は強いものの空は明るく釣りは成立しそうな状況に。
いよいよ大会スタートです。
しっかし近くの河川の増水で濁り水が注入、コーヒー牛乳のようです(^^;

開会式&競技説明。
競技時間、エリアを確認しスタート。
ワシは81番スタートですが、どこがいいのかわかりませんのでとりあえず浜を歩きながら海を観察。
テクテク歩きます。
10分ほど歩いたところで急に漂流ゴミが増え始め段々酷くなってきます。
西に向かうほど手前1色は流木、ゴミのパラダイス、しかも海はミルクコーヒー色・・・
釣りにならん。
東に戻りますが人が多すぎて竿出すとこありません(><;
ウロウロしているうちに競技スタート時間過ぎました。
ダメ元でちょっとゴミの少ないところを探して準備開始。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE04号、青タン30号、アスリートキス6号4本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
ゴミが酷くPEラインを太くしたいのですが遠投だけのつもりだったので手元にあるのは02、03、04のみ。
しかもオモリは鉛ひとつで後は全部タングステンで武装(^^;
何とかなるかなっと様子見のつもりで第1投は6色チョイまで投げてみます。
竿先を高くあげればゴミがからまないので何とかなりそう。
2色分ほど探ったところで回収。
しっかし回収中に道糸についたゴミがトップガイドにつまり取り除いている間にゴミ溜まりに突っ込んだPEラインが流木を掛けたようでアッという間にプッチン・・・
きゃ~~タングステンが・・・・
周りを見渡すと皆さんの道糸がヒラヒラと風になびいておりました。
こちらに移動してくる方が多数、状況お聞きするとほぼ全員がプッチンを体験、ゴミの少ないところを探しておられるとのこと。
ケンさんもすでに2本プッチン、HPPさんもすでにタングステン2本を放出したそうで・・・
ワシも1投目にして戦意喪失。
状況の好転を願って30分ほど様子をうかがうことに。
しっかしこの海からキスを釣りあげる方がポツポツと@@
チョリソーさんもワシの目に前でキスをゲット。
こうなったら投げるしかないでしょ~
手持ちで一番太い?04に力糸を結びおりゃ~~っと。
じっくり探ってきますが途中でお隣さんとオマツリ。
解いている間に道糸にゴミが絡んで回収不能でまたもプッチン(><;
しかしすぐにお隣さんがワシの仕掛けを回収。
これはワシにキスを釣れということかと回収した力糸を結び直し釣り再開。
すでに1時間30分。
まだ2投、回収ゼロ(><;
よ~く海を見るとゴミの少ないところもありますので回収はゴミのないタイミングで回収することでオモリの帰還率アップ(^^;
1時間ほどがんばりましたが生体反応なし。
沖に流れるデカイ流木にひっかかりまたもPE高切れ。
やっとれん・・・
ここで蛍会のヒゲジーさんがこられ2匹釣りましたよっと@@
ううううっスゴイ@@@@@
ワシも折れた心に鞭打って再度力糸を結んで投げました。
じっくり探って激震。
こりゃ~スゲーアタリ。
回収中も頭振ってゴンゴン。
キスなら20cm級、でもキスじゃない率90%・・・・
やっぱ違ってシマイサキ18cm。
残り15分でまたもプッチンで完全に心折れてワシのアスリートカップは終了。
帰りはオモリを放出して軽くなったクーラーを持って帰還(><;

検量所に向かいますが検量待ちはゼロ。
やはりどこも厳しかったようでキスが釣れたのは12~13人だったとか。
2012ささめアスリートカップEASTを制したのは21cmのグッドサイズを釣りあげたmasedaさん。
おめでとうございます。
準優勝は蛍会のヒゲジーさん、さすがっす。
どすこいケンさんもキスを釣りあげておられましたが重量が足りなかったようで残念。
大会結果は以下の通りです。

帰り道6時間は長かったなぁ~
片道550km、往復1100km、24時間弾丸ツアーは無事終了。
お付き合いしていただいたケンさんどうもお疲れさまでした。
今度は冬の湘南で修行しましょ。
明日は地元の本間釣り具さんのフィッシャーズスーパーカップ投に参戦。
早起きしなきゃ。
ではまた(^^)/

7月8日、島尾海岸キス釣り

本来なら地元の釣具屋「フィッシングかが」さんの釣り大会の予定でしたが、石川県は梅雨前線の通過に伴い土曜日は土砂降り&強風・・・・
波も2mほどでとっても外海の釣りは無理、大会は延期になりました。
でも天気予報は午前だけしのげば午後から晴れだし、エサは予約済だし、暇だし(^^;
ケンさん、エブさんと釣りに出ることにしました。
風向きは北西、外海はザブザブの状況なので釣り場の選択肢は3~4つ。
久しぶりの富山湾に向かいましょってことになりました。

出発は遅めに午前5時。
すでに夜は明けて明るくなってます。
ケンさんのMVP号で島尾にレッツゴー。
到着は6時30分前。
あまり来ないので状況もわかりませんし、情報もありません。
個人的に好きな植物園裏で竿出すことにしました。
浜には先客さん2名。
さすが富山湾、海はベタナギ、濁りもないし、風もなし、雨も心配なさそうで絶好の釣り日和(^^)
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE06号、自作発泡オモリ30号+自作天秤、キススペ5号8本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
ゴミが邪魔で投げにくいですが波が引いたタイミングでおりゃ~っとフルキャスト~~
発泡オモリなんで6色ちょっとに着水。
じっくり探ってみるとすぐに小さなアタリ、5色でも小さなアタリで小型ダブル。
お隣のエブさんには20cm前後の良型ダブル@@
4色でアタリでたそうです。
ワシも5色に投げて4色でいいアタリ~~~
粘ってもう一回アタリあったところで回収。
20cm、18cmの美味しいサイズ(^^)
ケンさんはパラダイスを求めて放浪の旅に。
ワシはエブさんとワイワイやりながら気持ちいいアタリを堪能。
しっかし1時間ほどでキスはいなくなったようでワシも移動。
5色前後でいいサイズきますが単発が精一杯。
オモリをタングステンに替えて更なる沖を狙ってみます。
気合いで投げた先で激震。
22cm(^^)
ワシのMAX飛距離にもいいサイズいるようで数はあまり拾えませんが遠投ロマン満喫いたしました。
4時間ほどやったところで3人とも満足の笑顔、ちょっと早いランチに向かいます。
さすがに午前11時前にはなかなかお店も開店していないようで高岡まで戻って麺屋に。
「モツラーメン」750円
もうちょっとモツにボリュームあればもっと良かったですがワシ好みの味で旨かったですよ。

午後からは定番の万葉埠頭。
こちらも久しぶりの登場。
誰もいません・・・・
投げ放題じゃ~~
まずはトイレ前から。
こちらはただひたすら遠投三昧。
ケンさんはPE04に変更、エブさんは青いオモリを装着と各自投げる気ムンムン。
万葉埠頭はワシらに期待にこたえてくれました。
7色前後でドカーン
ドカーン
ドカーンドカーン
ほぼ20cm超え(^^)
最高じゃ~~
近くもやってみましたがしっかりキスはいるようで広く探るとまだまだ釣れそうです。
午後3時頃まで投げに投げまくって終了。

結果
6:30~10:30 島尾海岸
15cm~21cmキス 46匹(お持ち帰り分)

12:00~15:00 万葉埠頭
18cm~22cmキス 11匹
なかなか良型に恵まれた一日でしたよ。
ご一緒していただいたケンさん、エブさんお疲れさまでした。
今日の晩飯は「新鮮キスのズケ丼」
さ~今週末は超ハードスケジュール。体力限界まで遊びます(^^)
ではまた(^^)/

第28回シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権~全国大会~

平成24年6月30日~7月1日、鳥取県弓が浜で第28回シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権全国大会が開催されました。
運よく東日本大会で切符をもらっていたワシも参戦、皆さんの素晴らしい釣技に圧倒されっぱなしでした。

6月29日(金)
勤務のシフトを変更して夜勤明け、仕事を終えてから鳥取に向かいます。
自宅から弓が浜までは約500km、ほぼ95%が高速道路なんで楽といえば楽。
平日昼間の高速はガラガラで約6時間ちょっとで無事弓が浜に到着。
下見の時間は1時間ほどですがとりあえず競技エリアを歩いてみます。
朝から下見されていた石川の皆さんにお聞きしてなんとなく状況把握、魚は3色以内、小型メイン、たまに20cm、数はポチポチ、ゴミ多い。
Aブロック、Bブロック、Cブロックと歩いて何度か投げて下見終了。
前夜祭の開催されるサンルート米子にチェックイン。
午後6時からの前夜祭は思いっきり楽しめました(^^)
お久しぶりのどすこいZOEさんともお会いしてワイワイと(^^)

6月30日(土)大会1日目
雨は降ってませんがお昼頃には降りだす予報。
幸い風は南寄りで波はベタ、昨日の漂流海藻はどこかに流れていったようです。
午前6時30分、集合でタックルチェック。
流石全国大会、入念なタックルチェックとボディーチェック。
その後競技エリアに移動。

ワシの第1試合はAブロック。
エリア左寄りに川の流れ込みがあります、その付近がよく釣れていた様子。
しかしワシの出発順は5番目、予想通り皆さん河口に釣り座を構えておられます。
ワシの入る余地はなさそうなので昨日のちょこっと下見で良かったエリア右端に釣り座を構えました。
いよいよ90分の競技スタート。
3色に投入。
すぐにアタリ、2色でもアタリ。
小型のダブル。
2色付近でポツポツキスを拾っていきます。
川の流れこみに入った選手があちこちに移動されているのが見えますので釣れてないのかな。
昨日はゴミで探れなかった波口のキスを狙いにいくと、これがビンゴ(^^)
バコバコ(^^)
6連、4連、6連と@@
気づくのちょっと遅れたのでまだまだ釣れそうでしたがここで競技終了。
検量結果は600g越えでAブロック1位をゲット(^^)v
ポイントに恵まれてラッキーでした。

第2試合はCブロック。
こちらは昨日は全く竿出せませんでした。
他のエリアとはちがって波口が小砂利、多分この付近でもキス狙えそうです。
スタート順は7番目と場所選ぶ権利はありませんので丁度空いていた本部前に釣り座を構えます。
予想通り0.5色の攻防。
上越の釣りと全く同じです。
しっかしいいアタリは連発するのですが針に乗らずイライラ・・・・
5号→4号→5号といろいろ針替えますがアタリの半分ほどしか魚をとれません。
これじゃアカンとガラガラのエリア左側を探ることに。
1色に沈む海草中にキスがいるようで1投ごとに移動しながらキスを拾っていきました。
こちらのキスは12~14cmの小型メイン、ほぼ素針なくピンをポツポツ釣って競技終了。
検量は380g、数はかなり釣ったのですがサイズが小さい。
河合選手は遠投で良型混じりで400g越え、エリアトップはじっくり丁寧な釣りをされていた伊藤選手で450g。ワシは第3位。

第3試合、Aブロック。
1回戦同様右端が良かったそうで前試合は横山さんがトップ。
ワシの出発順はまたも5番、なかなか思った場所に入れないもんです。
今度は反対に人気のなかった川の流れ込みで遠くを探ってみる作戦。
6色~5色でアタリでます。
小型ですが単発、ダブルでキスがついてくるのでワシは遠めを探ります。
隣の谷本選手は2色以内のキスを集中攻撃されておりテンポよくキスを釣っておられます。
30分ほど遠くを攻めてみましたが小型多く重量は稼げてません。
移動されてきた松田選手が良型含めて6連@@
ワシも真似して近くを探ることに方針変更。
2色以内でポツポツキスを拾っていきますが圧倒的にワシには釣れません(^^;
こりゃあかんと本部前に移動してゴミ周りを攻めて小型をポツポツ。
最後に小型ながら5連(^^)
検量に向かいますが小型キスが20匹ちょっとで260gで5位。
谷本選手は400gで断トツトップ。流石っす。

一日目の競技終了。
この段階でトップは谷本選手で勝ポイント22.83。
ワシは何かの間違いか5位と大健闘(^^)v
よ~し明日はコケないように頑張ろうっと。
ホテルでの夕食会は壮大な飲み会。いろいろと勉強させていただきました。
かなり飲んだかなっと部屋に帰ってベットに横になったら寝てしまったようで起きたら深夜0時。
一度起きてしまったらなかなか寝付くこともできず深夜TVで時間つぶし。

7月1日(日)大会2日目。
土砂降りです・・・・
幸い風はありませんが前が見えないくらいの雨・・・・
午前5時、昨日より1時間以上も早い集合でまだ真っ暗。

第4試合、Bブロック
初めてのBブロックです。
エリアの左に大きなワンド、昨日歩いてみても結構気になるポイントです。
でも昨日全くだったようで釣れたのは右側が良かったとの情報。
ワシ、スタート順が1番。ポイント選び放題(^^)v
エリア右側に釣り座を構えました。
この時点で自分の中ではよっしゃ~~っとここでバコバコじゃ~~。
エリアトップになるには300gほどいるかなっと算段。
後になってみればこれがイカンかった・・・・
競技スタート。
ルンルンで仕掛けを投入。
きっちり2色以内を探ってみますが素針・・・・
2投目もアタリなし・・・???
そういえば5色付近も良かったっと聞いたような・・・
投げて探ってみますがアタリなし。
隣の松田選手、斎選手も調子良くなさそう。
左のワンドに入っている選手に遠目で見て3連。
そっちか、ワシも猛然とダッシュしてワンドに向かいました。
移動後2色でいいアタリでマシなサイズ。
ピンをポロポロ。
しっかし回収途中で何かに奪取、ダツかな。
30分ほどで釣れ止んで全く生体反応なし。
選手の皆さんもあちこち移動されておりなかなか厳しい様子。
アタリは何度かでますが針に乗せられずに最後の30分はノーフィッシュ。
検量も100gに満たず6位。
トップの斎選手でも160gと厳しい釣りでした。

第5試合、Cブロック。
この段階ですでに決勝には進むことはできなくなったので後はスイカ目指して頑張るつもりで気合いいれましたが・・・・
ここはやっぱり手前砂利際の0.5色勝負。
両隣は横山選手と山本選手。
開始早々からいいアタリでますが針に乗りません。
3打数1安打の低打率。
そのうち目前に数匹のダツ、水面で何かを追いまわして・・・
10m隣の横山選手はポツポツとキスが釣れています。
う~ん何か秘技でもあるのかっと30分ほどじっくり観察。
わかりません。
明らかに良型と思えるアタリ、針にもしっかり乗せたと思いましたが素針。
心の奥でポキッと音が聞こえました・・・・
その後30分はダメダメ人間・・・・
ヤケクソで投げた6色でアタリでて小型が釣れますが時すでに遅し。
5匹60gで大撃沈(><;

決勝に駒を進めたのは谷本選手、横山選手、松田選手の3名。

いよいよ前半45分、後半45分の決勝戦の始まりです。
決勝エリアは2日間にわたって竿出し不可で温存、キスは濃そうです。
出発順谷本選手、横山選手、松田選手の順。
谷本選手はエリア右端、横山選手はエリア左端、松田選手はド真ん中。
残念ながら観客席からはすべての選手の釣果を見ることができません。
ワシは谷本選手の後ろで一挙手一投足をじっくり観察。
良型混じりで4連、6連と好調です。
1色から波口を重点的に攻めておられるようです。
3人ともかなり接戦のようで前半戦終了。
後半戦、一度叩いたエリアからは魚が薄くなるようで皆さん小刻みな移動をしながらの釣り、全く誰がリードしているかわかりません。
そのまま競技終了。
最後の2投で横山選手に良型混じりの多点掛けあったようです。
決勝戦見学中のワンショット。
ジャパンカップの歴史に名前を残した皆様。
これからジャパンカップに名前を刻む予定の皆様達(^^;

いよいよ緊張の検量。
第28回シマノジャパンカップ投を制したのは700g超えの釣果で横山選手でした。
前人未到優勝5回目の快挙おめでとうございます。
ホントに凄かった、投げてクーラーに腰掛けて小刻みに竿先でサビきながらの釣りのスタイルですが海の中が見えているのはっと思いたくなるほどキスがズラズラっと釣れてきます。
魔法にかかったように・・・・

石川の谷本さんにはいつも地元でお世話になっておりますが、決勝を闘っている姿はマジでカッコ良かった♡
松田さんも初めてお会いしましたがとっても初めてのファイナルとは思えないほど堂々たる姿、圧倒されました。

帰り道は延々6時間の一人反省会・・・
いろいろ見つけた反省点、地元でまだまだ修行に励みます。
声かけていただいた皆様、お世話になったシマノスタッフの皆様本当にありがとうございます。
来年も弓が浜に来れるようにがんばりますよ~~

では今週末は地元釣具屋の釣り大会、バコバコだそうで楽しみっす。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ