2月29日、福井新港キス釣り

今日は4年に1度の閏年。
これは、1年の日数が365日ではなく365.2422日なので、そのずれを調整する為である。西暦の年が100で割り切れ、かつ、400で割りきれない年は閏日を入れない平年になるらしい。

英語では閏日のことをleap day(跳躍の日)と言う。これは、普段の年はその前年の同じ日より1つだけ曜日がずれるが、閏年の翌年は2つずれる、つまり、曜日を1つ飛び越える(leap)からであるそうです。

へぇ~

さて今日は水曜なんで半日休み。
気温も10℃を超え、天候も申し分なく絶好の釣り日和。
午後から釣りに出ることにしました。
この時間で行けるとなると福井新港かな。
2~3時間の短時間の釣りになりそうですが西や~んさんもま~ちゃんもお付き合いしていただけるそうで日向ぼっこ気分でワイワイやりましょと(^^)
福井新港到着は午後2時、すでに北防波堤には西や~んさんが竿振っておられました。
状況は芳しくなくアタリはさっぱりとのこと。
この時期はかなり厳しいので想定内、投げ練気分でがんばろっと。
しっかし今日は天候は良いものの風が強烈、北東の追い風なんで気持ちいいくらいにオモリは飛びますがアタリはさっぱりわかりません。
今日のタックルはKISU Type-R、Z45、PE03号、デルナー33号、ファーストキス5号4本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
堤防中ほどからフルキャスト~~
追い風5m、良く飛びました(^^)
2色ほどサビいたところで回収。
アタリもわからず18cmほどのキス(^^)
おお、釣れるじゃん。
期待で釣り始めますがそれからはさっぱり・・・・
2時間近くアタリもありません。
ワシの隣で絶好調はま~ちゃん、いやま~様。
22~23cmのダブル、20cm超えを連発、すげぇ~~@@
その後あちこち移動して探りますがアタリもないし今日はなんとかBOZ逃れただけで良しとしようっと、思った矢先6色でいいアタリ(^^)
ルンルンで回収したら・・・・
なんと22cm含む3連、ミラクルっす。
その後も同じところで24cm(^^)/
でもアタリわからんかったのよね・・・・(^^;
気持ち良く午後5時納竿としました。

結果
14:00~17:00 福井新港
16cm~24cmキス 5匹

ご一緒していただいた西や~んさん、ま~ちゃん、ありがとうございました。
これからしばらく厳しい時期ですが懲りずの釣りには出る予定。
明日から3月、もうすぐ春ですねぇ~♪
楽しみだなっ
ではまた(^^)/

2月26日、穴水湾キス釣り

やっぱり冬のキスは釣れないですね。
今年の能登島~穴水湾界隈は2月入っても好釣果が続いていたので調子に乗って楽勝モードで向かいましたが・・・・・
穴水湾のキスはワシらに冷たかったです(><;

午前5時、shimaさんと合流し能登半島を北上。
途中の能登有料SAでちぃむウェーダーのケンさん、shou1さんと待ち合わせ。
今日は一日北風吹く寒い日になりそうなので風裏になる穴水磯に向かうことに決定。
海沿いは雪も少なく狭い道路もなんとか走れて釣り場に到着は午前7時過ぎ。
ウェーダーに履き替えていきなり山登り・・・・
滑る道に苦労しながらなんとかポイントに。
ちょっと潮位が高いようですがウェーダーなんでノープロブレム。
ワシとshou1さん、shimaさんとケンさんの二手に分かれて広く探ってみることにして早速準備開始。
今日のタックルはプロサーフSF405CX、BULL'S EYE XT遠投、PE1.5号、海草20号+自作天秤、ファーストキス6号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
このポイント、水深20mは超えているドン深P、この時期のキスはシモリの際にタイトについてあまり活発にエサは追ってない頃かと。
手前のカケアガリ際をじっくりと探りながらあちこち移動しますが、アタリが一度あっただけで釣果はさっぱり。
1時間ほどでケンさんが戻ってきますがあちら側もさっぱりとのこと。
それでもこの過酷な状況でもshou1さんはギリギリの攻めでキスをポツポツ釣っておられます。
さすが技巧派、違います。
この広大な磯場の中での鉄板Pに向かいました。
見た目に変化の乏しいPですが、海底が何か違うんでしょうね、ここはやっぱりアタリが良く出てええとこです。
shimaさんにアタリ、ワシの竿にアタリが出て16cmほどのキスですがやっとでBOZ脱出。
4色~3色でアタリでます。
ほぼ毎回アタリが出ますがなかなか針掛かりしません。
仕掛けを替え、天秤を替えで何とか針に乗るようになりポツポツとキスを追加。
22cmでました(^^)v
出張帰りでお疲れモードのshimaさんはアタリが出るのにキスが取れないと苦戦中。
ケンさんはアクティブに移動を繰り返して前人未到のポイントで竿出しされているようです。
しばらく続いたアタリも1時間ほどでパッタリとまり、それからは磯際を根掛かりギリギリまでタイトに攻めますが全くアタリなし。
2時間近くアタリもないまま全員一致で撤収となりました。

午後からは能登島に向かいますが、生憎の強風・・・・
気合いじゃ~~っと準備済ませ爆風の中でおりゃ~~っとキャスト。
こちらも手前のカケアガリの際でアタリでますが針に乗りません。
3打数1安打くらい。
ちょっと沖めには15~16cmほどの小型がいるようでこちらは活性高いのか針にしっかり掛かってきます。
手前のキスは難しいぃ~~
午後3時30分までがんばりましたが、冷え切った体と氷のように冷たくなった手がすでに限界。
納竿となりました。

結果
7:30~11:30 穴水湾
15cm~22cmキス 7匹(お持ち帰り分)
13:30~15:30 能登島
15cm~21cmキス 7匹(お持ち帰り分)
いや~ご一緒していただいた皆様どうもお疲れさまでした。
気温1℃、北風ビュービューはつらかったですね。
春はまだ遠いようで、しばらく冬キス修行がんばります。
ではまた(^^)/

帰りによった新鮮魚の買えるSAにはキスがトロ箱で2500円で販売されてました。
う~んこの時期どこで獲ったんかなぁ~

ギア其の229「オーパ!」

ワシ、こう見えても結構読書家。
活字大好きです。

寒くなって釣りに出れない日が続くと暇つぶしに本読んでます。
最近は急に思い立って自宅の書庫にずっと前からある「オーパ!」「オーパ、オーパ!!」を読み返しております。
すっかり開高健ワールドに引き込まれ毎日夜ふかし・・・・
ええですね、ユーモアたっぷりの文章に心癒されておりますよ(^^)

話は変わって・・・
今日はあまりの良い天気、仕事も半日終わりだったので強引に出漁してきました。
実釣時間2時間30分、往復3時間・・・・・
アタリは4回、キスも4匹。
なにやってんだか・・・・
でも天気良くて気持ち良かったですよ(^^)

週末はウェーダー隊の出動です。
寒そうですが「投げ釣りは気合いじゃ~」
ではまた(^^)/

ギア其の228「キャバリア工房製 エサ箱セット」

北陸地方の大雪も峠を越えたようで今日は快晴。
朝方はかなり冷え込んだようですが心配するほどの積雪はなし、風もなく気持ち良さそうな一日でしたが、ワシは夜勤明け・・・・
ハード勤務にテンション下がりながら帰ってきて今日は野暮用こなすことに。

さて今日のギアは投げクーラー界の有名工房「キャバリア工房」さんのエサ箱セットです。
以前ワシが使っていたのも木製、オーソドックスなタイプです。
3年近く使いました、かなり手荒に使いましたが大きな破損はなく時々ボンド補修してたくらい。
しかし先日エサ箱の上蓋が脱落・・・・さすがにワシの素人作業では修復不可。
思い切って新しいモノを購入することにしました。
今回は以前より評判をお聞きしていたキャバリア工房製に決定。
蓋が2つにわかれているセパレートタイプをチョイス(^^)
きっちりした作りがさすがです。
今回一番のお気に入りは「外エサ箱を取り付ける金属金物」
コレ、いいです。
ダイワでもシマノでもOKなんですね。
ワシも気分によってはプラスティックなシマノの小出しエサ箱を使用しますので、取り付けが兼用できるのはとっても嬉しいっす。
2012年、このスタイルでがんばります(^^)

以前使っていた奴はサブのクーラーに使う予定、能登方面のランガンクーラーに改造中なんでそちらでまだまだ現役でがんばってもらいます。

今週は比較的気温があがるようなんで自宅まわりの雪も溶けそうです、でも海の中は今が一番冷えてるんだろうなぁ~
ではまた(^^)/

ギア其の227「BULL'S EYE XT 遠投 9100」

久しぶりにリールを買いました(^^)

ええでしょ。
ナイロン8号250m巻けます、10号なら200m、投げのキス釣りには十分なスペックです。
これなら力糸もいらんね(^^)

「BULL'S EYE XT 遠投」磯カゴ専用のリールです、でもワシは本来の使い方ではなくあくまでキス釣り専用に使ってみるつもりです。
わざわざこんなもん買わんでもっと言われそうですが・・・・
ちょっとワシのこだわりがあって。
冬の能登でのキス釣り、2月~4月初旬は水温低下でキスのポイントは水深20m以上の深場がメイン。
このような磯の釣り場はだいたい手前に激しいカケアガリがあってこれをクリアーしなければ魚は取り込めません、よって発泡オモリや浮き上がりを考慮した改造天秤がメインになります。
当然かなり沖から浮き上がるように高速回収、高速浮上は必須条件。
しかしこの関係ではリールにかなりの負荷がかかります、まれに海藻などが絡んでいると抵抗も倍増、かなりの確率でギアが逝ってしまいます。
ワシの能登戦メイン機の旧フリーゲンのギア、2年ちょっとの使用で2回も臨終・・・・
ドライブギア&ピニオンギア替えると10000円ほどの出費になります(><;
つらいっす・・・
だましだまし使ってきましたがやっぱりもうちょっと耐久力あるリールを探すことにしました。

キスSD買おうかなっと思いましたがもうちょっとお手頃価格の「BULL'S EYE XT 遠投」が目にとまり、更には暇つぶしに周った釣具屋で40%OFF、勢いで買ってしまいました(^^;
カタログを見るとドライブギアはキスSP、キスSD、フリーゲン、フリーゲンTD、パワーエアロ、BULL'S EYE XT 遠投などのサーフ用、大物用問わず全機種「超々ジュラルミンCFギア」なのでギア強度ってのはピニオンギアに依存するようですね。
ピニオンギア、サーフ用のリールには「超々ジュラルミン」、大物リールには主に「真鍮」。
中でもフリーゲンTD、BULL'S EYE XT 遠投のピニオンギアには「超高強度真鍮」とありますので頑丈そうで安心の釣りができそうです。

当然このままで使用するわけではなくちょっとカスタム(^^)
純正のスプールは当分使うことないので取り外し、手持ちのキスSDスプール3号用を装着。
更にハンドルは純正90mmからフリーゲン80mmに変更。
濃紺が基調のボディーがなかなかかっこいいでしょ(^^)

重量はドラグスプール装着で若干重く515gになってしまいましたが手持ちサビきでも何とか大丈夫かなっ。

今まで以上に丈夫なギアシステムなんで安心、ギア比3.9と更にハイギアで回収も楽チン、能登戦メイン機になりそうです。
段々厳しくなるキス釣り、ポイント探せばまだまだ楽しめようなんで能登通いは続きますよ。
ではまた(^^)/

2月12日、穴水湾キス釣り

今日は一人で穴水湾を探ってきました。
いつもはウェーダーですが、今日は無理せずにノーウェーダーで挑戦です。
ちょっと水深浅めのポイントを中心にまわりましたので数は釣れないかなっと思いましたが、予想以上の釣れっぷりで寒い中頑張ったかいがありました(^^)

午前5時、自宅を出発。
昨日の好天で路面の雪はすべて溶けたようです、気温も2度ほどで路面凍結の心配もないようで快調に能登半島を北上しました。
当初の予定では能登島付近を釣査するつもりでしたが生憎の北西の強風というか爆風・・・・(><;
とっても釣りは成り立ちそうもないので、どこから風が吹いても竿出せる穴水湾に目的地変更です。
気楽な一人旅なので釣り座は普段行かないような小場所を中心に探ってみることにしました。
穴水に到着は午前7時前、結構雪あります。
まずはアクセス抜群の鯔待ち櫓前、キスは小型ですが駐車場からすぐに竿出せるので楽チンポイントです。
今日のタックルはプロサーフSF405CX、フリーゲン、PE1.5号、海草改造20号+自作天秤、ファーストキス5号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
確かここは3色~2色が狙い目のはず、4色投げてじっくり探ってくると2色ラインで小さいながらもキスのアタリ。
15cmほどの小型キス(^^)
それからもほぼ同じところでアタリが出て14cm~18cmキスを5匹ほど釣ったところでキスが散ってしまったようでアタリもなくなり移動することに。
移動先はちょっと説明難しい民家の軒先・・・・
静かに釣ってないと近所迷惑なんで静かに静かに竿出しました。
こちらは4色~3色でいいアタリ。
20cm級も混じって1時間ほど楽しめましたが、小場所ゆえ魚が散るもの早いようです。
能登島付近で竿出されているタムさんより入電「風が冷たい・・・・、キスも渋い・・・・」
午後から合流する約束してもう少し穴水湾を探ります。
次に向かったのは、超マニアック磯場。
ここは苦労の割にはあまり釣果に恵まれずで最近は来なくなってしまったポイントです(^^;
道路には30cmほどの積雪で車が入れないので徒歩でポイントに向かいました。
雪道を10分ほど歩いて到着。
いつもより潮が低く、丁度干潮のタイミングでしたので長靴でも磯に上がって竿出すことできました。
静かな海、綺麗な水、魚の雰囲気ムンムンでしたが全く生体反応ありません。
30分ほど根掛かりに苦しみながら完全に修行状態・・・・・
これだけアタリがでないのもびっくりだわっ、しかし3年ほど前に来た時に良かった小さな小さなワンドの中に試しに投げいれて見ると@@
2色~1色でいいアタリ連発(^^)
すべて20cm級(^^)
いやぁ~楽しい、30分ほど連発しました。
こんな小さなところに固まっていたようです。
もっと粘りたい気分でしたが、生憎長靴ですので潮満ちてくる前に撤収しないと大変です。
足早にあちこち探りましたが小型1匹追加で終了。
かなり奥まで歩いてきたので雪が積もった林道を歩いて帰るのが大変・・・・・
雪に足とられこけそうになるのを踏ん張って足腰ヘロヘロの難行苦行、20分近くかかって何とか車まで戻ってきました(^^;

午後からは能登島で竿出されているタムさんのところにお邪魔してご一緒させていただきます。
能登島入りは午後1時。
タムさんのお話ではかなり食いが悪いようでアタッても乗らないキスが多いそうです。
でも正午過ぎから潮が変わってキスの活性上がったのかポツポツ釣れ始めたそうでワシもヤル気満々でおりゃ~~っと。
4色でいいアタリ。
20cm級のダブル(^^)v
次も20cm単発。
それからも素針なくキスが釣れてきます、2月とは思えん・・・・
タムさんはちょっと早めに納竿されるようでお帰りになられました。
ワシはその後1時間ほどやって24cmをゲットしたところで午後3時納竿といたしました。

結果
7:00~15:00 穴水~能登島
14cm~24cmキス 38匹(お持ち帰り分)
写真は午後2時までの釣果です。

この時期にこれだけ釣れると満点っすね。
まだまだ脂の乗ったキスなんで美味しくいただけそうです(^^)

水温は徐々に低下中、これから段々厳しくなりそうです。
まだまだ頑張って釣りますよぉ~~
ではまた(^^)/

フィッシングショーOSAKA2012

今年のフィッシングショー、残念ながら投げ用品では目玉となる商品はありませんでした。
でもじっくり探せば気になる新製品はいろいろあるようで・・・・(^^)
なかなか新製品発掘ツアーは結構楽しかったですよ。

早朝5時、石川を出発。
地元は雪深いですが幸い路面の凍結は大丈夫そうで安心のドライブです。
北陸道~名神~阪神高速と渋滞にも遭わず快調に走ってフィッシングショーの会場インテックス大阪に到着は午前8時30分、駐車場に車を入れるのに手こずりましたが会場入りは午前9時でした。
過去3回来ましたが、今年の入場者数は例年よりかなり多いようで田舎もんのワシらには厳しい・・・・

まず初めにがまかつさんに。
新竿は「QUICKSURF」
光が当たると色が変わる綺麗な白色、なかなかかっこいいデザインでした。
スペックは385、オモリ負荷15号、18号、20号のライトタックル。
かなり竿も軽いので軽いオモリを投げて漁港をランガンしたら楽しそうですね(^^)
針にも新作。
「スピニングBスペシャル」
Vヘッド、ラインロックのギザなどを新装備し6号ほどの太いハリスを巻いてもすっぽ抜けなどがないように改良された大物用の針。
「ラメひげ付きの50本無限」
空針とラメひげが交互についた仕掛け、チモトは夜光塗りでアピール度アップだそうです。
この手の仕掛けはワシには作れず・・・・市販で出るといいなぁ~っと思ってました(^^)
変わりどころでは「PEハリス」と「カモフラキス」
フグに強いPEハリスを使った仕掛けと海藻カラーのハリスとモトスを使ったステルス仕様の仕掛けです。
PEハリスはワシも昔は自作しておりました、フグにはいいかもしれないと思います。
カモフラージュは確かに見にくく警戒心を持たれにくいスレっからしにはいいかも、でもワシの老眼には糸も見えずでエサ付けできないと思います(^^;

続いて「FUJI」さんに。
新製品の振り出竿用「遊動Kガイド」
これはとってもいいと思います。
折りたたみのガイドついた振り出竿、良く絡みますので・・・・
できればワシの振り出竿もこのガイドに変えてみたいなっと。

「ダイワ」さんは新製品の「イグジスト」が大注目のようでした。
投げコーナーには松尾テスター。
プロキャスターに25号、23号、385レングスが追加されたようです。
柔らかい竿にも興味のある今日この頃、じっくりお話聞いてきました。
今年の新登場「NEWスカイキャスター」
3Dクロスを纏った青竿、価格も手ごろで売れそうですね。
ダイワさんのデザイン、やっぱかっこいいと思います。
リールはZ45の限定カラーである赤色が登場。
スペックはそのままだそうですが赤好きにはたまらんですね(^^)
変わりどころでは「フロートシンカー」が新発売。
ここ数年人気の上部が発泡ウレタンを使った長オモリです。
さすがメーカーさんが作ると綺麗なもんです、ちょっと使ってみたいです。
ワシが愛用する力糸もモデルチェンジしてました。
ケンさんが気になっていたのは「針巻き機」
ガングリップスタイル、なかなかスマートでいいかもしれませんね。
ただ針のロックレバーの方向がナショナルさんとは逆だったような気がします。

隣にはシマノさん、びっくりしたは通路挟んで投げコーナーが対面しておりました。
ま、あっちこっち行かなくていいのでワシらには楽ちんです。
竿に新作はなくブースもちょっと狭め。
今年の新登場はマイナーチェンジした「フリーゲン」
前のモデルはワシも使用してますがスプール付近のデザインがイマイチ・・・・
でも今回のはスプール、ローターが一新されかなりカッコイイです(^^)
はっきり言って白キスマグよりずっと好みです。
気になる価格はなんとプライスダウンの方向で@@
ただ替えスプールがなくなるそうですが・・・・
追加で発売されるフリーゲンのスプールも価格控え目でこれはワシも欲しいなぁ~

オモリで有名な「KAGEYAMA」さん。
ブラリと寄りましたが驚きの新作がズラリと@@
おおっ、タングステンじゃ~@@
おおおっ~~木オモリじゃ~~~@@
おおおおっ~~オモリ号数が28.5号@@
メーカーさん捕まえていろいろ教えていただきました。
すでに発売されている商品もあるようです。
価格は結構控え目、木オモリも通常使用に耐えれるほどのお買い得プライス、タングステンも他メーカーさんよりは若干休めに設定されるそうですよ。
いや~この木オモリ、なかなか良さそうですね(^^)
発売されたら買い決定です。

その後ラインメーカ-さんを中心に周りましたがサンラインさんには追加商品はなし。
よつあみさんも新商品はないようです。
GOSENさんにはえらくお買い得なPEラインがありました。
PE0.6号200mで定価3600円、トライアングル製法を使った3本編みで価格を抑えることに成功したようです。
キャッチコピーの「BEST(最高)よりもBETTER(最良)を!」ってのが最高に気に入りました。
その通りだと思います。
テクミー力糸も04~6号と更に細い設定が追加されたようですね。

ラインメーカー「YAMATOYO」さんに超遠投の文字を発見。
以前から発売されていたPEライン「サーフファイター」にPE力糸を一体化した商品とのことでした。

投げ用品ではありませんがワシらウェーダーマニアに良さそうだったのが「PROX」さん。
お買い得プライスが多く普段から良く使わせていただいております。
以前から能登で使用するウェーダーのソールに悩んでおりましたが、ラジアル+フェルトのハイブリットソールがあるそうです。
なかなかマニアックな設計にニヤリ(^^)

なんといっても今回のフィッシングショーOSAKA2012で一番目立っていたのは「あわび本舗」さん。
前日会場入りしたG3さんからも絶対「あわび本舗」には行ってこいっと。
いや~~素敵です(^^)
盆踊り風の櫓を立てたブースにはワシ好みの色っぽくちょっと露出多めの浴衣のおねーさんが@@
いや~素敵です。
4回ほど行ってきました(^^;
ワシも櫓のステージに立ちたいなぁ~
その他の大勢のおっさんも群れてました。
現在開発中の投げ用「西向シンカー」発売期待しております。

約3時間、あちこち周って疲れました。
でも最後はやっぱり掘り出しモンを探して隣の即売会会場に。
こっちもスゴイ人、店内にはなかなか入れず・・・・
ここだけ目当てに来てもいいかもしれませんね。

午後1時、人ごみに疲れたおっさん4人は会場を後にしました。
ZOEさん、お久しぶりでしたね(^^)
帰りも快調に車走らせて石川に戻ったのは出発から12時間後の午後5時。
車中でも楽しいお話いっぱい聞けて楽しい旅でした。
ご同行の皆さまどうもお疲れさまでした。
帰ってからはたくさん貰ったカタログでお勉強です(^^)
さて来週は釣りに出たいな。
でも週半ばからまた寒波到来、大雪の模様・・・・
もう雪はいらん気分です。
ではまた(^^)/

ギア其の226「CPポケット125」

北陸地方は大雪注意報。
昨晩から雪がボタボタ降ってますし気温も2度ほどと寒いです。
午前で仕事終わりましたがすることもなくカタログもらいに釣具屋に。
シマノ、ダイワ、がまかつさんの2012総合カタログが揃いましたが、今年は欲しいものないなぁ~
気になる商品はありますので日曜のフィッシングショーで見て触って撫でてきます(^^)

さて今回のギア「CPポケット125」、ダイワさんのクーラーパートナーシリーズの商品。
クーラーに取り付けて使用する小物入れです。
サイズ的にシンカー入れになるのではっと購入してみました。
取り付けるのはサブで使用するクーラーです。
ビス5か所でかっちりとまりました。
本当は白いクーラーに取り付けると一体感あるんでしょうけどね。

これがなかなか使い勝手よいかもしれません。
最近多用する発泡系の長いオモリ、シンカーホルダーに収まらない奴でも気楽にポケットに収納、メゴチバサミ、ハサミなども収納できていや~楽ちん(^^)
でも足の折った固定天秤はちょっと無理かな。

冬の間の暇つぶしでした。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ