9月25日、島尾海岸キス釣り

今日は久しぶりに浜からフルキャストしてきました。
週末は3連休、初日は野暮用で釣りはなし。
昨日はs隊長と二人でエギ竿持って能登をランガン、天候良しちょっと風強いですがイカバコバコでしょうっとお気楽モード、しかし能登半島外浦側は先週の台風の影響か海況安定せずで無理、内浦中心にあちこち周りましたが今年はイカが不調のようで釣り人もさっぱり・・・
当然釣果もさっぱりで撃沈(><;
今日の日曜日は調子良ければイカ連荘のつもりでしたがどこもいい話聞かないのでキス専門でがんばりましょってケンさんと打ち合わせて来週の富山カップの下見に島尾海岸に向かうことにしました。

早朝5時、近所の某駐車場でケンさんと合流。
ケンさんのMVP号で島尾に向かいます。
何故だか車には投げ竿のほかにもエギ竿がぁ・・・・(^^;
島尾到着は午前6時過ぎ、ベタナギ、風なし、濁りなりの絶好のコンディション。
駐車場はゴミひどくって先週の台風の影響かな。
この時期の島尾は未体験、釣れるんかなっと思いながらまずは老人ホーム手前から釣り開始。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE08号、パトリオット27号+自作天秤、シロギスファイン5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは5色付近にオモリを落としてじっくり海底を探ってきます。
ちょっとサビいたところでプルプルっと小さなキスのアタリ、その後ガツガツっとえげつないアタリ。
3色残して回収は12cmほどのピンダブル、フグにやられたようで針2本無くなってました。
ケンさんも同サイズをポロポロ。
5色付近はゴミだまりがあるようで結構針にゴミが付きます。
そんな中ですがケンさんはお上手に釣ってピン5連(^^)
数は釣れるようなんで針のサイズを4号に落として針数増やしてピンの数釣りに挑戦。
しっかし難しいもんで2~3投でキスはいなくなりちょっと移動すると釣れるパターン。
距離もおよそ4~3色付近。
活性高いようで口に掛からずスレも多いし小型ながら仕掛けをグッチャグッチャにされました(^^;
2時間ほどピンを釣って遊んでましたがここらで一発遠投でもぶちかましますかっと長距離砲ケンさん。
早速オモリを替え、針数落としてフルキャスト!!
かなり沖でアタリが出たようで回収されております。
結構巻きあげも重いわっと砂浜に姿を見せたのは20cm級含む4連パーフェクト@@
投げたら釣れるじゃんっとワテも早速オモリを替えておりゃ~~っとフルキャスト。
着水地点からすぐにいいアタリ(^^)
18cm、16cmのダブル。
ケンさんは絶好調で天ぷらサイズの4連。
すごいわっとワテも負けじと思いっきり投げます。
いいアタリで20cmゲット。
数はそれほど増えませんが美味しいサイズといいアタリに堪能されて楽しいわぁ~(^^)
午前9時を過ぎた頃からそろそろ違う釣り場に移動しませんってことで一旦納竿。
ケンさんは実釣2時間30分で50匹弱の釣果、来週の富山カップは楽しくなりそうですね。

午後から千里浜ってことにしてしばらくは氷見周辺のイカを調査しましょうっと懲りずのイカ狙い(^^;
走りだしてすぐの氷見漁港で何やらイベントやってるようでちょっと寄り道。
まだ午前10時ながらイベント会場で入善ラーメン「ブラウンラーメン」をいただいて充電完了。

数か所でイカを狙ってみましたが全く反応なく釣り人もまばらでした・・・・
イカをやり始めるとどうしても釣りたくなるのが心情、内浦付近も不調みたいなんで外浦に向かいましょうっと1時間30分かけて石川県富来町付近まで移動して磯場でシャクリ開始。
幸先良くすぐに小イカが釣れますが後が続きません。
ケン師匠はフットワーク軽く連発。
イカの活性も低いようで数もでませんしエギのロストも多くってもうちょっと釣りやすい場所に移動願い(^^;
車で10分ほどの有名磯場でビシバシやりますがなかなか釣れず。
渋い中1時間粘って何とか1ハイ、姿を見れただけでもラッキーってことで午後3時納竿といたしました。

結果
6:30~9:00 島尾海岸
マイクロ~20cmキス 31匹(お持ち帰り分)

天候に恵まれて能登半島をあちこち周りました、やっぱり綺麗なところ多いですね。
心癒された連休でしたよ(^^)
もうしばらく性懲りもなくイカ狙ってみます。
ではまた(^^)/

9月18日、第3回どすこい杯争奪キス釣り大会

ちぃむどすこいが主催するD杯もすでに今年で3回目、今回も遠方から参加していただき賑やかに開催することができました。
ワテらに日頃の行いのおかげなのか雨マークの天気予報がD杯当日のみ好天、さらに先週の台風一過から千里浜のキスはさっぱりだったのが好調に急転しキスもしっかり釣れてとてもよい一日になりました(^^)

午前5時30分過ぎに千里浜に到着。
海はベタナギ、風はやや追い風で絶好のコンディション。
すでに大勢の参加者の皆様が集まっておられました。
早速大会の準備開始いたします。
次々に受付においでくださる方々に検量カードを参加記念のステッカーをお渡ししていきます。
今回の参加賞のステッカーはプロに委託して立派なものを作りました。
今年の参加者は37名、東は千葉県、西は大阪からもお越しになっていただき感謝感激です(^^)

午前6時15分、開会式
大会実行委員長のG3さんよりご挨拶と競技説明。
どすこい杯は釣ったキスの中から選抜10匹の重量で争われます。
皆さん思い思いのポイントに向かわれました。
前日までの釣況ですと釣果が狙えるのは朝の数投、日が上がるとさっぱりとのパターンのようで朝の30分が勝負になりそうです。
ワテは本部前のエリア右端にototoさん、マスターズサーフS山さんと並んではいりました。
午前6時30分競技開始。
今日のワテのタックルはプロスカイヤーDHZ27-405、フリーゲン、PE06号、木オモリ23号+自作天秤、キススペ6号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは追い風に乗せて6色付近からサビき開始。
すぐにアタリがでてニヤリ(^^)
そのまま追い食い誘って3色までじっくり探って回収は15~16cmが3連(^^)v
おおっ、釣れるやん。
周りも結構釣れてるようでキスが鈴なりになって上がっているのが見えます。
中でも圧巻なのはエボさんの釣果、周囲はおよそ2~3連なのにエボさんは5連、6連とバコバコ、凄いっす。
しかし予想どおり30分が過ぎたころからアタリは急激になくなりガッチョ、ハネなどの外道が多い様子。
ワテも一旦竿を置いて競技エリアを偵察に向かいました。
Uさんお見事(^^)皆さんやはり朝一が良かったようで20cm近いサイズも結構混じったようです。
距離は5.5色と手前3色付近が良かったそうです。
釣れない時間が過ぎて皆さんがまったりしはじめた頃から風向き変わり海がややざわめき始めた頃からキスの活性が上がったようでまたまたキスが釣れ始めキスがずらずらっと釣れているのが見えました。
日射しもかなり強烈、更に生ぬるい南風が吹き込んで暑いこと暑いこと・・・・(^^;
暑い中釣りにがんばっている皆さんに申し訳なりっと思いながらもワテは竿をたたんで検量準備に励みました。
午前10時、競技終了。
続々とキスが検量に持ち込まれます。
今回からは一番大きなキス1匹の重量で決まる「1匹どすこい賞」も新しく設けられたので自己申告制で大きなキスを提出していただきました。
20~30匹の釣果があった方が多く数日前の状況でこれだけキスが釣れるとはびっくりでした。
集計作業が終了したところでいよいよ表彰式の開始。

第3回どすこい杯争奪キス釣り大会を制したのは・・・・
10匹重量408gの静岡から参戦してくださったSBさんでした。
この海からこれだけの釣果、お見事な釣り腕です、どうもおめでとうございました(^^)
準優勝は惜しくも2g足りず、釣果406gで投梁さん、おめでとうございます。
第3位は391gですけさん、朝一のスタートダッシュでかなりの重量を稼いだとか(^^)
第4位は385gで太田さん
第5位は362gで佐野さん
上位入賞者の皆様素晴らしい釣果で本当におめでとうございました。

注目のたった1匹のキス重量で決まる「1匹どすこい賞」は
なんとこれまたSBさん。
23cm90gのお見事サイズで圧勝。
ことしのどすこい杯はSBさんの一人舞台でしたね(^^)

その後は本大会に協賛していただいた能登家族旅行村Weランドさん、フィッシャーズ金沢店さんより提供していただいた豪華景品を賭けての大抽選会。

お忙しい中参戦していただいた皆様、本当にありがとうございました。
拙い運営でご迷惑をおかけしましたが楽しんでいただけたでしょうか?
ちぃむどすこいのモットーは楽心至上主義、これからも楽しんでキス釣りができる場を提供していきたいと思います。
また来年お会いいたしましょ~
ではまた(^^)/

9月14日、片山津キス釣り

とっても久しぶりに投げ竿持って投げてきました。
いやぁ~投げ竿ってこんなに重たかったっけ・・・・

水曜なんで仕事は午前でおしまい。
天気も良いし海況も良さそうなんでビシバシとしゃくったろっかっとがんばって仕事を終わらせ定時で職場を脱出。
しかし外に出て見ると結構風が強い・・・・
ちょっと厳しいかもと安全策に投げ竿持参で釣り場に向かいました。

釣り座は片山津です。
ターゲットはイカ、イイダコ、キスの3種混合プレイ。
到着は午後1時30分過ぎ、待ち合わせの平釣クラブの皆さんも続々集まってまずはイカからスタート。
しかし案の定、北風強く糸ふけ酷くて釣りにならん。
でもワテの先生Mさんはビシバシっと難なくイカをゲット。
う~んすごい。
その後もしばらく風に苦しみながらしゃくりましたが生体反応なしで根掛かりで心折れました・・・
やっぱり投げ釣りじゃ~~
同じくイカ狙いをやめたdさんも投げ竿を手におりゃ~~っと。
ワテは第2のターゲット、イイダコを狙うつもりでタコスッテを投げ竿の先に装着しフル遠投。
30分ほど超真面目にタコを狙いましたが全く釣れないまま心折れました。
やっぱりエサつけんと何も釣れんわっと今度は普通のキス仕掛けにチェンジ、イシゴカイを付けてキスを狙います。
dさんは5色ちょっとでキスがアタるそうでポツリポツリとキスをゲットされておりました。
ワテも投げてじっくり探りますが釣れるのはガッチョばかり・・・
1時間近くもミニガッチョのみで心折れる寸前に明確なキスのアタリ(^^)
何とか16cmほどの小型でしたがキスをゲットして心軽く?納竿としました。

結果
14:00~17:00 片山津 篠原
16cmほど1匹

いや~釣れんね、キスもイカもタコも・・・・
厳しい季節です(><;
さていよいよ今週末はどすこい杯、まったりとした釣り大会なので皆さんお気楽にお越しください(^^)
肝心の天気予報は何とか大丈夫そうですが万が一開催が厳しいようでしたら前日夜にKISUMANIAまたはどすこいオフィシャルサイトで開催のご連絡をいたします。
それでは日曜午前6時に千里浜でお会いしましょ~(^^)
ではまた(^^)/

ギア其の220、「堺庖丁」

釣った魚を捌くのはワテの仕事。
我流で適当にやってます。

綺麗に捌くにはやはり包丁の切れ味が重要っすね。
切れない包丁でやってるとイライラします(^^;
今まではいつのころからか自宅にあった小さな出刃庖丁を使ってました、時折砥石でしっかり砥いでましたがヘタクソな砥ぎで更に切れ味は悪化・・・・
ここしばらく砥ぎ方を勉強してなんとなくできるようになったんで包丁を新調することにしました。

キスがメインなんで刃渡りは10cm前後の鯵切包丁くらいを探してネットを徘徊。
包丁で有名といえば・・・堺、土佐、越後三条、関、越前などなど。
お値段は1000円~数万円までとピンキリだし・・・
私、プロではありませんしメンテナンスも充分にできる自信もなかったんで入門用の包丁をポチっと。
実はヤフオク(^^;
倒産品の大セール品で(^^;;;;
1800円(^^;
堺實光の庖丁だとか(銘は読めません・・(^^; )
刃は安芸鋼
使ってみたらびっくりの切れ味でした。
サクサクと綺麗に切れて快感です。
後はメンテナンスを欠かさぬようにしたいと思います。

台風の影響で海は荒れてますね、週末まで無理そうデス・・・
海が落ち着いたらそろそろアオリ狙いにがんばってこようかなっと。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ