8月31日、浜佐美海岸キス釣り

渋い・・・・
キスいません・・・・

水曜なんで仕事は午後から休み。
天候良し、海況良しってことで出漁です。
小松方面に野暮用あったので釣り場は加賀方面ってことになりました。
でも塩屋~片野~片山津~安宅とめぼしいところは全く釣れてないようです。
時間もないし遠くまで行けないので可能性的にちょっとマシそうな浜佐美海岸に向かいました。
到着は午後2時前。
竿出してる人は誰もいません。
あちこち探ってみるつもりです。
早速準備開始。
今日のタックルはプロスカイヤーDHZ27-405、フリーゲン、PE06号、27号木オモリ+鱚介天秤、キススペ6号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まず選んだ釣り座はアクセスしにくいテトラ帯、投げにくい釣りにくいの難儀なところです。
5色付近からじっくり探ってきますがアタリなし。
1色以内を引いてみるとアタリ連発しますがチャリコ、チャリコ、チャリコ・・・・
もうちょっと沖かなっと力入れて投げたら沈テトラを超えてしまったようで力糸から先をプッチン。
200mほど移動です。
今度も沈テトラ際に投げてキスのアタリ。
15cmほどの小型でした。
その後はチャリコとフグ、時々ガッチョと外道ブラザーズの猛攻・・・・
どこに移動しても状況変わらず2時間探ってキスはたったの2匹で撃沈でした(><;

帰り道にフラッと寄った安宅新。
アオリ狙いの方々が入れ替わり立ち替わり、でもまだ早いようでイカは釣れてませんでした。
折角だし竿継いで投げてみます。
5色でキスのアタリ、18cmほどの食べごろサイズ。
でもそれからはさっぱり、こちらも釣れないようですね。
片山津ではイイダコが好調になっているそうなんで仕掛けを外してサイドボックスにあったイイダコ用のスッテを装着。
こんなもんで釣れるんかなぁ~っと半信半疑でフルキャスト。
1色ほどサビいたところで重くなり??回収してみるとイイダコ釣れてました(^^)v
それからは5色付近でタコ連発、素針なし(^^)
慣れてくるとタコが乗ったのがわかります。
午後5時30分納竿としました。

結果
14:00~17:30 浜佐美海岸~安宅新
15cm~18cmキス 3匹

水温高すぎるのかしばらくキスは厳しそうですね。
台風も心配です。
週末はどうしようか悩みます・・・ね
ではまた(^^)/

ギア其の219、「背負子クーラー2011冬モデル」

ワテが初めて背負子型のクーラーを作成したのが2005年夏、投げ釣りを始めたばかりの6年前。
JCに初めて参戦した時に静岡の有名釣りクラブの皆さんが背負っていたのを見て、一目惚れ(^^)
師匠daiさんとオリジナルでステンレス加工屋さんにオーダーしました。
今思えば「藤本製作所」さんで今では投げ用クーラーサイドボックスで有名っすね。

3~4年ほどメインで使いました。
背負子型、バランス良く担げるので長距離移動が楽です、更に足元の悪い磯場などでは両手が使えるので安心、収納力満点のアンダーボックスにはカッパでも入っちゃうし(^^)
難点は、背負子分の重量が重いこと、更には実は背中で暴れて走りにくかったりします(^^;
だんだん使わなくなってしばらく背負子クーラーは物置で放置してました。

物置掃除していた先日ふと閃いたんですが、越冬キス狙いに行く能登の磯場にはすごく使い勝手いいんじゃないかいっと。
能登の磯場、結構歩きにく磯場だし長距離歩くし(^^)
ってことで早速背負子君をリニューアル開始。

まず今年の冬モデルのコンセプトは「ライト&シンプル」
以前にゴテゴテ付いていた付属品を全部廃止、オモリホルダーも撤去。
ついでにステッカー類も全部剥がしてすっきりです。
パーツごとに紹介です。
クーラーと背負子フレームの接続部から。
クーラーの上蓋が背負子に取り付けた状態でも開くようにするには上蓋分のすき間がないといけません。
そのため背負子フレームに追加したステンフレームに大きなゴムブッシュを取り付けスペーサーとします。
そのスペースがもったいないので100均で見つけた車内用小物入れをフレームに挟んでオモリ入れとしました。
おかげで正面左右から見てもごちゃごちゃ見えずすっきりです(^^)

竿立はフレームキャップにドリルで穴あけ、市販のステン竿立をぶち込みます。
エサ箱はシマノさんのホルダーを使用しますが竿立の根元部分は12mmほどでそのまま使用できず、こちらもドリルで径を大きくして対応しました。
エサ箱は冬場での使用を考えてちょっとでも防寒性能?のある木製をチョイス。
これも自宅の物置に転がってました。

クーラー内の内蓋も今までは木製の内蓋を使用してましたが、今回はこれも撤去。
予備のエサを入れるタッパー一個だけをはめ込みました。
100均のタッパーコーナーを定規持ってウロウロ、おかげでクーラー内側にジャストフィットのサイズです(^^)v

まぁこれといって大きく変化もしてませんが改造費315円なんで・・・・(^^;
かなりシンプルに出来上がったかな、今年の冬は大活躍しそうです。

地元の釣況ですが、片野~片山津~安宅は恐ろしく渋いようですね。
この時期は水温上がって厳しい季節っすね。
ではまた(^^)/

8月24日、千里浜キス釣り

お盆が過ぎてから何やら天候が安定しませんね。
秋雨前線の影響でしょうか。

今日は夜勤明け、天気予報でも降水確率低そうだったので投げに行ってきました。
昨晩、仕事しながらどこ行こうかなぁ~っと悶々。
やっぱりキスのアタリを堪能したいってことでお盆過ぎから好調になる千里浜に行くことにしました。
朝、忙しかった仕事を何とか終えて職場を出たのが午前8時過ぎ。
一度自宅に戻って道具を詰め込みいざ出発。
丁度通勤割引の時間帯でしたので高速~能登有料のコースで約1時間のドライブ。
千里浜に到着は午前9時30分過ぎでした。
今浜ICからなぎさドライブウェーに入り海岸線を偵察しながら北に向かいます。
波もなく濁りもない絶好のコンディションながら釣り人は数人・・・・
釣れないんでしょうね・・・・
とりあえず釣れるよ情報があった千里浜の北端で釣り開始。
今日のタックルはキススペシャルCX+、Z45、PE08号、デルナー27号、キススペ5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
風はやや追い風、軽く投げましたが気持ち良く飛んで5色ちょっとに着水。
じっくり探っていきます。
5.4.3と探ってきますが素針・・・・
ん、釣れんのん。
今度はもうちょっと力入れて投げてみます。
6色から5色に入ったところで明確なキスのアタリ(^^)
結構いいアタリでルンルン回収。
でも16cmほどが単発(><;
あれっ、バレちゃったかな。
次も同じ5.5色でアタリ。
今度は15cm~16cmのレギュラーサイズの4連。
あちこち探ってみますが沖も手前もキスは不在のようでアタリがあるのは5色半前後。
数投でアタリが遠くなるようです。
1時間ほど探って10匹ほど、もうちょっと釣れ場所探して移動です。

今度はどすこい杯開催予定地のトイレ前。
数人の投げ人がいますが釣れてない様子です。
ワテも沖からじっくり探ってみましたが生体反応なし・・・・
3投投げてヒイラギ1匹で撃沈。
そのまま今浜IC付近まで南下して探りますがこちらもアタリはさっぱりです。
6色以内しか探ってませんが超渋い。

これじゃアカンっとお隣の米出に移動。
こっちは人っ子一人いません。
投げてみますと5色ちょっとで激震、でも針掛かりしなかったようでピンが1匹。
う~ん釣れん・・・・
500mほど移動して北川尻付近で釣り再開。
こっちは出っ張り先端から気合いのフルキャスト。
これが良かったようでサンラインイエローでアタリ連発。
型は15cm~16cmですが結構アタリは大きくブルブルが快感です。
こっちはキスよりもガッチョの活性が高いようでガッチョ入れ食い・・・
1時間ほどやってアタリが遠くなったので移動です。

今度は更に南下して高松IC付近で竿出すことにしました。
沖めがいいのかなっとフルキャスト、でもこの頃から追い風止んで飛ばんし・・・・
それでもなんとか7色ラインで激震。
こいつは23cmのグッドサイズ(^^)v
その後も15cm前後をポツポツ拾って午後2時30分、早めの納竿としました。

結果
10:00~14:30 千里浜~米出~高松
14cm~23cmキス 26匹(お持ち帰り分)
いや~厳しかった。
バコバコ想定ででかいクーラー持って行ったのに(^^;
9月入れば状況変わるかな。
でもそろそろイカシーズンの開幕、こっちも楽しみです。
ではまた(^^)/

ギア其の218、「PEテーパー力糸 閃光」

先日新発売された静岡の篭定釣具店さんオリジナルのPEテーパー力糸「閃光」を買ってみました。
PE力糸、消耗品ながら1本単価が1000円弱と結構なお値段。
パッチンしたら精神的にダメージくらいます(^^;
この「閃光」1~6号なら5本巻きで2990円、1本あたり598円のナイスプライス(^^)
早速篭定さんのネットショップでポチっと。
丁度セール中で5000円以上お買い上げで送料無料なんで更にラッキーでした。

さて到着した「PEテーパー力糸 閃光」、まさに閃光のように鮮やかなオレンジです。
テーパー部は3m+太号数部7.5mで10.5mのショートタイプ。
投げ方にもよると思いますが、力糸には結構相性ってのあるようでトラブル続く銘柄も過去にはありました、この「閃光」相性良いといいな(^^)

野暮用で今週末は休漁、来週の平釣でがんばってきます。
ではまた(^^)/

8月15日、片山津キス釣り

数日前にワシのケータイに片山津爆釣っとメールあり。
おおっ!!!!
この時期に珍しいなぁ。
早速お盆休み2日目の今日、出漁してきました。

朝、目覚まし鳴るものの痛恨の2度寝・・・・(><;
起きたら5時、すでに明るかったです。
慌てて道具と積んで片山津に向けて車を走らせます。
夏の早朝のこの時間は涼しくってホントに気持ち良いですね。

到着は午前5時30分過ぎでした。
慌ててケータイ忘れるし・・・・
常連さんのお姿、釣れる?
「3日ほど前の荒れが収まってからは絶好調ですって」
早速浜におりました。
今日のタックルはプロスカイヤーDHZ27-405、フリーゲン、PE06号、25号オモリ+自作天秤、キススペ5号6本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは4色から探ってきます。
2色でアタリ、でもそれっきり。
15cmが1匹。
2投目、更に近くを探ります。
生体反応なし。
遠めなのかな。
3投目は6色ちょっとに投げてサビきと同時にアタリ(^^)
プルプル連発。
5色残しで回収は15cm~18cmが3連。
次も3連
その次は5連。
絶好調じゃ~~~
ちょっと失投気味で単発。
このペースなら時速20匹ほどかな。
し・か・し・・・・・
釣り初め1時間で急激にペースダウン、というかさっぱり釣れなくなりました(^^;
大きく移動して気合いの遠投じゃ~~
がっ、ガイド絡みでプッチン。
再セッティングが面倒なんで納竿となりました(^^;

結果
5:30~7:00 片山津
ピン~18cmキス 15匹(お持ち帰り分)

早朝限定で楽しめそうですね。
ではまた(^^)/

8月14日、富山県某所キス釣り

暑い・・・・・
どこに行っても暑い・・・・・
どうせ何やっても暑いんだったら・・・・ってことで真夏のキス釣りに行ってきました。
いや~探せば釣れるんですねぇ~(^^)

早朝3時、ケンさんとshimaさんと合流し本日の釣り場に向かいます。
今回の釣り場、足場が非常に悪くってお勧めできません、場所は某所でお許しください。
真夏のキス、水温も30度近くまで上がると塩分濃度も上がり、水中の溶解酸素も少なくなり魚には過酷な環境です。
こんな時には周囲より若干でも水温が低そうなところや川の流れ込み、または潮通しがよさそうなポイントが狙い目になりそうですね。
さて早朝からテンション最高潮の3人組は24時間釣具屋でエサを大量に仕入れ釣り場に向けてレッツゴー(^^)
到着はうっすらと明るくなり始めた午前5時前、タックル一式持って釣り座までテクテク10分。
これが歩き難い・・・・
何とか釣り場についてみると射程距離に手漕ぎボートが数隻、キス狙いのようです。
邪魔にならんようにポイント選んで準備開始です。
今日のタックルはプロスカイヤーDHZ27-405、フリーゲン、PE06号、宮本木オモリ23号、キススペ6号6本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
まずは4色に投入。
探りと同時にアタリ、明確なキスのアタリですがサイズは小さいようです。
2色残して回収は15cm前後のキス3連。
やや右に投げて今回も小型ダブル。
shimaさんも小型ばかりのようです。
できるだけ広く探ることにします。
30分ほど経過したころ3.5色で激震。
竿先ひったくるようなアタリで23cmの良型ゲット。
次も同じポイントで20cm超え。
この付近が良さそうかなっと集中攻撃。
ピンのアタリがでたその直後、グイ~んっと引き込まれる大アタリ。
25cmのビッグワンでした(^^)
その後も20cm超えが混じりながら釣れて楽しいっす。
ケンさんには26cmの良型、更には23cmのダブルとか@@
午前8時頃にはすでに暑くなってきますが幸い風が心地よくって何とか釣りを続けられました。
もう1本25cmをゲットしたところでお持ち帰り分はもう充分ってことで針を2本のセーブモードで釣り再開(^^;
小型ならどれだけでも釣れるって感じです。
最後にshimaさんが25.5cmを見事に仕留めてさすがだなぁ~
午前9時30分、まだ早いですが納竿となりました。

結果
5:00~9:30 某所
ピン~25cmキス 48匹(お持ち帰り分)
3人とも充分な釣果に大満足で納竿でした。

真夏の釣り修行は終了、これからはどすこい衆真夏の荒行である麺道修行の開始です。
まず1軒目。
こってりとんこつ醤油。
2軒目。
富山ブラック系。
3軒目。
ちょっと休憩でつけ麺。
もう食えん・・・・
・・・・
といいながら夜には4軒目。
近所であっさり塩ラーメン。

釣りに麺に楽しい一日でございました。
ではまた(^^)/

8月7日、フレンドリーカップキス投げ釣り大会

関西の名門投げ釣りクラブ「レインボーキャスターズ」さん主催の「フレンドリーカップキス投げ釣り大会」に初参加させていただきました。
大会会場は淡路島の吹上浜。
参加が決定してからはgoogle Earthで浜をチェック(^^)
いろいろお聞きした情報で何となく自分なりに吹上浜を想像してタックルの準備をしました。
大会は180名近い出場者で大賑わい、関西はもちろん中京、関東からの有名キャスターも参加されておりさすが名門クラブだなぁ~っと。
しかし肝心の釣りは渋かった・・・・

前日の午後9時、某SAで今回の淡路遠征をご一緒していただくhppさん、Hさん、ケンさんと待ち合わせです。
hppさんの幸運を呼ぶ白いHエース号に乗せていただき北陸道~名神~中国道と走り抜け淡路入り。
4人の投げバカが集まれば車中は延々と釣り話、オモリがどうした針がどうのと・・・・
休憩挟みながら約5時間で吹上浜に到着でした。
真っ暗なんで状況わかりませんので大会受付時間までバックシートで爆睡zzz・・・

午前4時、車の周囲が賑やかになってきたので目覚めました。
暗い中受付が開始。
まだ海の状況はさっぱりわかりません、台風の影響か風がやや強いようです。
午前4時30分、タックル持って浜に降りると大勢の参加の皆さん。
やっとで周囲も明るくなってきてお顔の判別もできるようになったんでお知り合いを見つけてワイワイと(^^)
いよいよ開会式です。
松尾会長のご挨拶&競技説明。
大会エリアは吹上浜全体で競技時間は午前5時から午前8時帰着、釣ったキスの匹数で争われ上位40名までが2回戦に進めるそうです。
ワテが引いたスタート順は5番、好位置ですが始めてに浜なので勝手もわからずでどうしよう・・・
早いスタートの皆さんはダッシュでエリア右端の岩礁帯を目指すようです。
ワテはとりあえず右側に向かってなるべく波口の変化のあるポイントを探してHさんと歩き、小さな波止手前100mほどの砂利のきついポイントで竿だすことにしました。
昨日の下見ではうねりがやや大きい中でも近距離でキスがポロポロ釣れたそうですしキスはしっかり釣れそうです。
早速準備の開始。
今日のタックルは遠投近投にバランスの良いトーナメントキャスター33-405、Z45、PE08号、パトリオット27号+自作天秤、T1キス4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
午前5時競技開始。
早速4色投げてじっくり海底を探りながらサビいてきて3色で竿先引き込み激しいアタリ。
キスではない魚のようでかなり暴れます・・・
回収する前にハリスが飛ばされたようです。
2投目は3色付近からじっくりサビいてみて1色入る瞬間にキスのアタリ。
ウシシ(^^)
周りは釣れてないようなんで先制攻撃じゃっと回収。
でも痛恨の素針・・・
次も同じところでアタリますがこれも素針。
3投目にしてやっとで15cmほどの小型キス。
なかなか乗せるのが難しいキスのようです。
針をもうちょっと大きめの袖型に変えてからは食い逃げも減ったかな(^^)
ワテが選んだポイントは砂浜と小砂利が混じった釣り座、2色~1色に変わるところで砂浜から小砂利が混じりだしその付近でしばらく待つとアタリがでるパターンのようでした。
更に波口の払い出しの際にも魚はいるようでキスだけでなくチンタやハゼみたいな魚、ミニアイナメと外道も多彩(^^;
1時間ほどで3匹しかとれませんでしたが周囲も苦戦中。
アタリが止んでからはちょっとづつ移動しながら探って2匹追加で1回戦を終了。

検量に向かいます。
ワテの釣果は5匹。
全体的にキスが薄いようで1回戦トップは湘南の渡辺さんが12匹で唯一のツ抜け、ボーダーは3匹とのことでワテはなんとか2回戦進出決定です。
hppさん、Hさんも通過されておりました。

さて2回戦。
1回戦通過した40名に昨年のシード選手と招待選手が合わさり結構な人数です、80名くらいかな。
ゼッケン抽選は34番、どこで竿だそうかな。
1回戦好調の右端に向かおうかどうしようと悩んでワテは左に向かいました。
何故って?
初めての浜なんで折角だし全体を探ってみるのもいいかなぁ~っと(^^;
エリア左端の根の厳しいポイントでねじさんと竿出すことにしました。
午前8時35分競技開始です。
2色にチョイ投げ、いきなり根掛かり・・・・
何とか外れた仕掛けにはミニアイナメ・・・・(^^;
難易度高そうでワシには無理っとわずか2投で移動です。
2色以内をテンポ良く探っていきましたが生体反応なし、周囲も全く釣れていない様子。
大きく移動してみると瓜生さんが遠投で釣れますよっと。
たすさん、TAKE@紀州さんもキスをお持ちのようで「まだBOZなん?」っとプレッシャーを・・・
佐織さんの横でしばらく竿ださせていただきましたが近場はホントに厳しいようでワテも沖を狙う作戦に変更です。
結構な向かい風なのでPE03号、タングステンの30号を装着して針は3本。
気合いで投げてみますがアタリもなくフグに仕掛けをやられるだけ。
大会エリア中央ではhppさんが遠投で探っておられたので横に入れていただきワテもおりゃ~~っと。
アタリもさっぱりわからずピンが1匹釣れました(^^)v
それからは投げて6色~5色を探って回収のパターンでもう1匹追加。
隣の移動されていたTAKE@紀州さんもキスをゲットされておられますしワテも集中力切らさずじっくりネチネチと探りました。
特に5色ラインには底の変化があるようで、その付近を特にネチネチネチネチ・・・・止めたり引いたりしながらキスちゃん釣れてっと拝みながらのサビきでした。
残り30分で奇跡のダブル(^^)v
お~~しラストスパートじゃっと頑張りましたが結局追加できずに4匹で終了。

2回戦は1回戦より更に渋かったようです。
素早い集計作業ですぐに表彰式の開始。
ジュニア&レディース部門ではトキねぇさんが堂々の準優勝。
おめでとうございます
第15回フレンドリーカップを制したのは8匹を釣った神戸投翔会の塩崎さんでした。
エリア右側で遠投された釣果だそうです。
準優勝はキス研岡山の水口さんで7匹、第3位はキス研鳥取の瓜生選手で同じく7匹。
皆さんおめでとうございます。
ワテは同匹数だった湘南の伊藤さんにじゃんけんで勝って10位をいただくことができました(^^)
最後は参加者全員に景品がもらえる豪華抽選会(^^)
午後1時、大会終了となりました。

初淡路島、とっても静かでのどかな所でした。
忘れずに名産の玉葱も買いましたよ(^^)
条件が良ければもっともっと釣れるんでしょうね。
お世話になったレインボーキャスターズの皆様どうもありがとうございました。

帰りは渋滞に巻き込まれないように早めに高速乗りましたが、北陸道で事故のため高速通行止め・・・・
国道に降りた瞬間の大渋滞でもう大変でした(><;
長時間運転してくださったケンさんどうもありがとうございましたm(__)m

暑い日が続きますがお体にはご注意ください。
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ