6月26日、塩屋海岸キス釣り

今日は塩屋海岸で近所の釣具屋さん主催のキス釣り大会が開催されました。
いつもお世話になっている小松の「Fishing 釣好」さんです。
もちろん参加させていただきましたよ。

前日夜は某所で飲み会、深夜の麺修行と励んで寝たのはわずか2時間ほど・・・・
午前3時前に金沢を出発し高速使って塩屋に到着は午前4時少し前。
まだ周囲は真っ暗ですが駐車場には参加者の皆様が集まってこらえ賑やかになっておりました。
午前4時30分、開会式&競技説明。
午前10時に本部帰着ってことでとても簡潔な説明の後、よ~いドン。
昨日はかなり波が高くて厳しい様子だったそうですが今日はいい感じに波だっている程度で好釣果が期待できそうです。
とりあえず20分ほど歩いて通称「ポール」より更に片野側のワンドから釣り開始。
お隣には前年度チャンプのケンさんと名手Yさん。
早速準備開始です。
今日のタックルはKISU Type-R AX、Z45、PE06号、デルナー改33号、T1キス5号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
まずは4色付近に仕掛けを投入。
じっくり探ってきます。
底は大きな砂紋があるようです、3色入る寸前で小さなアタリ。
2色残して回収は14cmほどの小型キス4連。
その後もその付近を攻めますが数投でキスのアタリは遠のきます。
手前に波のヨレるポイントがあったので試しに探ってみるとこれがビンゴ!
1色以内で4連、5連とキスが釣れ初めパタパタとキスを追加。
でも30分ほどで単発多くなりサイズも数も落ちます。
もうちょっと奥まで歩いて釣り再開。
ここも3色付近の浅瀬の手前にちょっと掘れて深くなっているポイントにキスが集まっているらしくバコバコ(^^)
針を10本に増やして数も稼ぎにいきました。
7連、6連ってのあり、20cm級も混じりパラダイスやぁ~~~(^^)
魚を散らさぬようにあちこち投げ分けて釣り続け午前9時過ぎに帰りのことも考えて納竿、20分歩いて本部まで戻りました。

検量の結果は117匹2.3kg。
なんとか一等賞をいただくことができました(^^)
どうもありがとうございました。
欣太郎さんをはじめスタッフの皆様どうもお疲れさまでした。

今回はデジカメ&携帯忘れて画像ありませんm(__)m
帰りにはケンさん、shou1さんと遠投修行に安宅新に向かいましたが釣果もパッとせず、ベンチで昼寝して納竿となりました。
ではまた(^^)/

ギア其の215「ダイワ プロバイザーサーフ SXU80」

今まで使用していたクーラーの投入口がぼっきりと壊れてしまいました。
パーツ取って修理しようかなっと、じっくり見ていると・・・・
汚いなぁ~(^^;
5年ほど使いました、あちこちビスの穴だらけです。

思い切って新しいクーラー買おうとネットを徘徊。
シマノのフィクセルにしようかと悩みましたが、やっぱり使い慣れたダイワをチョイス、ダイワのサイドボックスはかなり頑丈なんで落としても壊れんしね(^^)
静岡の有名釣り具店でなんと半額を発見@@
思わずポチっと(^^)
今年からはロゴの新しいタイプが発売されているようで旧バージョンを安売りしているようですね。

やっぱ新しいもんはいいです。
でも今回はビス穴でいっぱいにしたくないので厳選したパーツを厳選した位置にしっかり取りつけと思ったら怖くて穴あけることできなくなってしまいました・・・
じっくり考えて使い勝手の良いクーラーになってこれからいっぱり活躍してもらおうっと思います。

ではまた(^^)/

6月19日、ダイワスーパーバトルカップ投 富山県大会

今日は富山県島尾海岸でダイワスーパーバトルカップ投が開催されました。
ワシも気合い入れて参戦いたしました。
でも・・・・・
あーあ・・・

早朝3時、近所でどすこい加賀メンバーと待ち合わせケンさん、shou1さん、た~☆さんとワシの4人で島尾に向かいます。
ガラガラの北陸道を走り抜け島尾に到着は午前4時過ぎ。
すでに大勢の参加者が集まっておりました。
今日の島尾は北東の向かい風でちょっと波があり、手前には漂流ゴミが多数・・・
デンジャーな雰囲気満点です。

早速ゼッケン抽選。
白101番・・・・
・・・・
初めてみたのが1番ゼッケン、なんとケンさん。

さていよいよ開会式&競技説明。
競技エリアは赤が氷見漁港側で白が雨晴側、かなり広くエリアがとってあるようで端は見えません。
競技時間は午前6時から9時まで、午前9時30分までに本部帰着とのこと。
参加人数は180名ほど、2回戦に進出できるのは40%の70名ほどになるのかな。
事前の下見情報では白エリアの用水流れ込みがバコバコとのことで密集が予想されます。
思ったとおりスタートした選手が足早に向かうのは同じところのようです。
最後尾からのスタートのワシ、この密度の中で竿出そうか、もうちょっと奥まで歩こうかっと悩んで競技開始まで10分以上あることから一番奥まで歩くことに。
かなり遠くまで歩いて、こんなところ初めてだわぁ~っと。
さすがに誰もいませんのですけさんと並んで準備開始。
準備中に競技開始のホーンが鳴りました。
早速第1投。
近くが良いとこことでしたので2色以内を探りますがアタリなし。
ちょっと沖めの5色付近から探ると4色でアタリ。
15cmほどの単発。
2投目も同サイズ。
昨日は良型交えてバコバコだったそうで、こんな小型を拾っていても勝負にならんのかっと考えが頭をよぎります・・・
3投目は50mほど右に移動して投げてみますが素針。
ここはダメじゃっと早々に見きって左に移動。
沖テトラ帯でちょっと投げてみますが小型がポロポロと釣れてくるだけでここもアカン。
自分だけのパラダイス発見作戦は早々にとん挫、密集地帯に割り込んで投げます。
でも・・・・
こっちも激渋だとか。
釣れないの・・・・?
4色でアタリ、ピン。
波口がゴミ混じりでピン。
初めのポイントのほうがよっぽどマシでした(^^;
う~んこうなってしまったらどこを狙えばいいのか分からなくなってきました。
ちょっと離れたところの○田さん、カツさんには良型の姿も見えますし皆どこを狙ってるんだろ??
さ~得意の迷走の始まり始まり・・・
この1時間ピン数匹のみ。
周囲は結構釣れているようなんで全く勝負にならん。
もうちょっと移動してケンさんの隣に入れていただき4色付近のカケアガリをじっくり探ると小型ながら3連(^^)
よ~し後1時間、追い上げじゃ~~
っと思った矢先にガイド絡みでプッチン(><;
慌ててスプール交換して投げ返しますが、替えたスプールに巻いてあったのがPE04じゃん@@
ゴミがいっぱいですが1時間くらいは大丈夫だろっと思い釣り続けました。
5色で激震、しかも連発。
回収も重いしこりゃ期待です、しっかし後2色って時に大きな漂流ゴミが絡んだようで急に巻きあげ重くちょっとテンション掛かった瞬間プッチン・・・・
ワシの心も小さくポキッと音をたてて折れました(><;
残り20分、再セッティングして投げますが全くアタリもなく魚も釣れずで競技終了。

検量に戻ってきますが皆さんこの悪条件の中で良く釣っておられます。
白エリアはトップが600g代、2回戦に進出できるボーダーは200gちょっと。
全く届かずでワテのバトルカップは終了いたしました(><;
2回戦にはどすこいからは針さん、にしかんさん、すけさん、カツさん、ケンさん、shou1さん、た~☆さんが進出。
皆さんがんばって~~!

2回戦はさらに渋くなったキスを釣るシビアな展開だったようですよ。
ワシは浜の隅っこで泣いていたので見ておりません・・・・

さて表彰式。
優勝は260gを釣った富山の○塚さん、おめでとうございます。
準優勝は同じく富山の○十里さん。
第3位はぱるぴんさんでした。
皆さんお疲れさまでした。
ブロック進出者は21名とのこと。
にしかんさんおめでとうございます(^^)v

しばらく釣りは自粛します・・・・
では。

6月11日、シマノジャパンカップセミファイナル北日本大会

昨年のジャパンカップ上越予選でセミの権利をいただいておりました。
約一年の時を経過してジャパンカップセミファイナル北日本大会が新潟県上下浜で開催されました。
我武者羅にがんばりました、今できるだけの精一杯の自分の釣りを・・・・・・
後悔しないために・・・・・

6月10日、セミファイナル前日。
なかなかお休みが取りにくく金曜は勤務変更をお願いして夜勤明けで出発です。
顔は怖いけど心優しいhppさんがお疲れやろうから富山まで来たら乗っけてってあげるっと、本当にありがとうございましたm(__)m
平日でガラガラの北陸道を北上、上越名物の電気屋の釣具屋?「いせや」さんで予約してあった活きの良い極上チロリを購入して上下浜に到着は午前11時頃でした。
天気抜群、海況抜群でキスの匂いを感じます。
タックル持って浜に降りるところでS野さんにばったり、ガッチョパラダイスでキスはポツポツしか釣れませんよっと。
厳しい試合になりそうです。
早速左エリアから竿出してみます。
エリア端近くまで歩いて順に探ってきますがガッチョ、ガッチョ、ガッチョ・・・・
時折いいアタリでデカイガッチョ・・・
キスは不在。
しっかし右に移動した先でねじさん、タケちゃん、mitto師匠さんとお会いしたところでキスバコバコですよ~っと。
型はちょっと小型ながら4連、5連とキスが釣れてきます。
もうちょっと歩くとキスが釣れなくなったんでこの付近を要注意ポイントとして登録(^^)
その後ランチにいつものラーメン屋。
O本さんにばったり出会ったんで上越で今まで疑問だったことをいろいろ教えていただいてラッキーでした。
食後は浜に戻って下見の続き。
今度は右エリアから探ってきます。
丁度石川、富山のキス名人達も竿出すところでしたのでこっそり後をつけてストーカー(^^;
キスが周ってくるとバタバタっと連で掛かりますがそれまではさっぱり・・・
でも型は明らかにこっちのほうが大きいです。
明らかなパターンもつかめずに午後5時過ぎまでがんばって納竿。

今夜の宿泊地の温泉付きホテルに向かいチェックイン。
温泉で体の疲れを癒した後で同宿のねじさん、タケちゃん、mitto師匠さんと宴会のスタート。
まぁ皆さん美味しそうにビア、酒をグイグイ(^^)
ワテは途中でペースダウン、午後10時近くに部屋に戻って爆睡でした。

6月11日、大会当日。
午前2時前、意味なく起き出してしまって・・・・
ゴロゴロウトウトを繰り返し午前4時にチェックアウト。
会場に向かいました。
大会会場にはすでに大勢集まっておられお久しぶりな方々にご挨拶。
丁度この頃からポツポツと雨が・・・・
面倒だけど濡れると嫌なんでフルにカッパを着こんで受付に。
今回のセミファイナル北日本大会の参加者は36名のようです。
ゼッケン抽選の結果ワテはA-15、B-13、A-1。
午前5時30分、開会式&競技説明。
ゼッケン順にエリアに分かれます。

第一試合 Aエリア
ワテの出発順は15番目と後方スタート。
昨日の下見では魚は小型で薄い印象。
目星付けた付近で竿出せたらいいなっと。
順々にスタートです。
駐車場に一番近いからか一般の釣り人も大勢いてワテの出発順では狙ったポイントには入れずもうちょっと奥に釣り座を構えました。
午前6時30分競技開始。
1投目から激震で20cmゲット。
昨日はいなかったサイズににんまり(^^)
このままバコバコじゃっと思いましたがそれからはガッチョ天国・・・・
エリア右端の選手がこちらに移動してくるのであっちは不調なのかなっと釣れないワテも今の場所でステイ。
しかしどんだけがんばってもガッチョ・・・・
何とか競技時間内に3匹、検量に向かうと皆さん持ってますやん・・・
こりゃ初戦から大きくコケちゃった様子(><;
そこそこサイズ3匹で95gで第一試合は11位で終了。

第2試合 Bエリア
こちらは第1試合の結果から結構キスが釣れている様子。
型もいいようでトップは700gだったとか。
今回スタート順は13番を後方。
皆さん好調だったエリア右端に向かって猛ダッシュ。
ワテも向かいましたが辿りつけずにエリア中央で竿出すことに。
両側を広く見渡せる場所なんで釣況に応じて移動のつもりです。
この頃から天気予報外れて土砂降り、風も出始め波もちょっと上がってきました。
さて競技開始。
すぐに15cm級が連で釣れますが釣れるペースは遅くこれじゃとっても上位を狙えません。
エリア右の選手もこちらに移動してこられますのであちらもイマイチなのかな。
ワテは比較的スペースの開いている左に移動しながらキスを探りますがかなり薄くポツポツ程度。
ここでエリアの左端がガラガラなのに気付きます、先週の上下下見の時にもこのくらいの波でエリア左の大きなワンド内が好調だったことを思い出し一か八か不人気のエリア左端に向かいます。
移動を一投目から残念ながら針には乗りませんでしたが良型のアタリ。
針を今までより大きくして投げ返します。
これからはバコバコ(^^)
4連、3連、20cm混じって絶好調。
さすがに後半30分はペース落ちましたがいい調子でキスを釣って競技終了。
数ははっきりしませんが25~6匹で478g、第2試合Bエリアで1位をゲット。
ラッキーやったぁ~(^^)

ここで休憩、ランチタイム。
第2試合までの競技結果は張り出されました。
ワテは第9位。
最終試合は一番でも順位を上げるようにがんばるつもりで臨みました。

第3試合、Aエリア
相変わらず釣果の渋いエリアのようで一か所で粘らずちょっとずつ移動しながらキスを拾う作戦です。
幸いスタートが1番(^^)v
好調なポイント周辺を猛ダッシュでゲット。
隣にはねじさんの姿。
さて最後の試合の始まりです。
第1投目から15cmほどをダブル。
ええ調子じゃん。
っと隣のねじさんを見たらバコバコモード@@
凄い!!
ワテも負けじと少ない引きだしからあらゆる釣り方を試してみます。
釣り開始から1時間経過した頃から潮の流れが速くなったように思え今まで必要以上に動かしていた仕掛けをじっと止める作戦で。
これが良かったのか偶々なのか数がでませんがそこそこサイズが釣れだして何とか重量を稼いでいきました。
競技終了。
これにて2010セミファイナル全競技が終わりました。
いよいよ検量。
釣れなかったと思ってましたが案外重量稼いで227g、第3試合Aエリアで第3位。

さて緊張の表彰式。
U山さんからrinさんおめでとうって言われて???
嘘??
??
??
優勝は圧倒的な強さで勝ちポイント51点、島野さんでした。
準優勝は45.63点、斎藤誠さん。
第3位は44.50点、大野さん。
緊張の第4位、ワテの名前が呼ばれました(^^)v
未だに実感わかずにおります・・・・
44.30点
第5位には44.30点で新潟の広瀬さん。
この中に認定書を持って立っていることがびっくりです、信じられん・・・

来月は念願の弓が浜での夢舞台、ワテの頭では全く想像できてません(^^;
あと数週間、今のワテの力でやれるだけのことができたらっと思います。
がんばってきますね(^^)v

6月5日、シマノジャパンカップ上越大会

今年もJC上越に参戦してきました。
大会会場の柿崎中央海岸はまだ本格的にシーズンインしていないようで日によって釣果にムラがあるようです。
渋い大会はいやだなぁ~っと思っておりましたが、心配無用でした、当日はバコバコ、デカイキスのオンパレードでしたよ。
ワシもがんばったのですが相変わらずのヘッポコぶりで大撃沈、また修行のやり直しです(><;

6月4日、大会前日。
夜勤を終えて一度帰宅。
タックル一式、寝袋など車中泊道具をバモスいっぱいに詰め込んでいざ出発。
天候も良く上越までは250kmのドライブです。
朝から竿出しているG3さんのお話ではキスは全く釣れませんよっと@@
アタリもないとか・・・・
そんな状態なら下見せんでもいいかっとゆっくり省エネモードで車を走らせました。
上越到着は丁度正午。
いつもの麺屋でG3さんと合流し情報いただきました。
その後会場入り。
昨年よりかなり地形が変わっておりました。
とりあえず中央より右側から探っていくつもりで浜におります。
波は全くなくベタナギ、濁りはありませんが海藻の切れはしなどのゴミが多く難儀な釣りになりそうです。
早速釣り開始。
不調ということでしたがいきなり20cm級の4連@@
でもそれっきり。
20mほど移動しながらポイント攻めて歩きながら探ってみました。
途中一か所好調な場所見っけ(^^)
その後左側に入りなおして探りながら釣り歩きました。
こっちも良さそうなポイントを見つけて後は当日の朝に決めようってことで納竿。

結果
12:30~16:30 柿崎中央海岸
14cm~21cmキス 21匹

今日の宴会&車中泊会場に向かい風呂入って酒飲んで騒いで午後9時頃に爆睡zzz・・・・

6月5日、大会当日。
早朝4時、起床。
会場に向かいます。
すでに大勢の方が集まっておられワテのテンションも上がります。
午前5時、受付開始。
ゼッケンの抽選に向かいます。
引き当てたのはいつものいつものことながら3ケタゼッケンで154番・・・
参加者160名とのことでしたのでかなり後方からのスタートになりました。
午前5時30分、開会式&競技説明。
競技エリアはエリア分けなしのワンブロック制、競技時間は午前6時~午前9時までの3時間。その後ゼッケン順にスタート。
右エリア7割、左エリア3割くらいでしょうか。
ワテも上越の猛者について右エリアに、15分歩いてポイント到着。
人気ポイントらしく密集度はかなりのもん。
すでに競技開始時刻を過ぎておりますので早速準備開始して投入。
今日は昨日のベタナギから一転、うねりが入り波口で大きく崩れて釣りにくそうな状況になっております。
早速ワテの右側で竿出していたK洋くん、上越の名手O本さんがキスを釣りあげておられます、さすがだわ。
二人とも連発。周りは沈黙・・・・ワシも沈黙(><;
15分ほどでやっとで1匹。
う~ん釣れん。
周りも同じ状況のようで苦戦しております。
30分ほどでもう1匹追加。
もう少し奥に移動してみます。
こっちもポイント掴んでおられる方はキスを釣りあげておられますがワシにはアタリなし。
競技開始1時間30分、沈黙が続きます。
時折キスらしいアタリがでますが針に乗りません。
こうなったらエリアの端まで行ってやろうっと大移動開始。
ちょっと歩いた先で落としたバッカンを拾おうと立ち止った先で竿出しておられた方が良型キスの4連、お隣が3連@@
ここいいみたいってことで早速竿出します。
しっかしどうもわかりません、両隣は順調にキスを追加していきますがワテにはさっぱり・・・
更に移動してこられたU山さんにも3連・・・・
かなり焦ります・・・
いや~な汗が・・・
残り1時間を切ったところでやっとでキスのアタリ。
20cm弱ですが久しぶりのキス。
最後の最後まであきらめずにがんばりました。
競技終了20分前、帰りのことを考えて納竿。
検量に向かうことにします。

検量所はすでに多くの人でごった返しております。
釣況をお聞きすると左エリアの一部が良型キスで沸いていたようでトップは800g超えだとか@@
凄いわぁ~
ワテの検量結果は7匹で246g。
とっても2回戦には進めそうもありませんので泣く泣く仕掛けを外して片付け開始。
ここで1回戦の結果発表。
どすこい総帥G3さんが600g超えで第2位、すけさんも2回戦進出。
2回戦に進出のどすこい総大将G3さんとどすこい若大将すけさん。

さて2回戦ですが、ワテら負け組は上下浜に移動して裏2回戦を・・・・(^^;

2回戦終了の正午頃に会場に戻ってきました。
2回戦もかなりのキスが釣れたそうで検量が楽しみです。
検量終了後にいよいよ結果発表。
2011年JC上越大会を制したのは名手O本さん、さっすが~(^^)
にしかんさん、すけさんがセミファイナルの切符をゲットされました、おめでとうございます。
レディース賞を獲得したのはどすこいファーストレディーまびゅさん、昨年に続いて2連続、おめでとうございます。
まびゅさんに負けたこの3人、今日からまびゅ様と呼ばせていただいますっと平伏しておりましたよ(^^;
大会結果です。
大会を締めくくるのは恒例のJCオリジナル自転車をかけたじゃんけん大会。
な、な、なんと自転車をゲットしたのはすけさん、何か持ってます。。。。

大会会場でお会いした皆様、お声掛けていただいた皆様どうもありがとうございましたm(__)m
やっぱり上越の釣りは難しいですね、まだまだ修行が必要なようです。
高速道路休日1000円が終了してしまうとなかなか行けないかもしれませんがまだまだ勉強したいなっと思う浜でした。
今週末も大会が続きます。
よ~しがんばるでぇ~~
ではまた(^^)/

6月1日、波松海岸キス釣り

雨、雨、風、風・・・・・(><;
最近はカッパが乾く間もないわ・・・

今日は夜勤明け。
仕事終えて職場を出ると雨・・・・
幸い海況は良さそうなのでカッパ着る覚悟で釣りにでることしました。
偶然お休みが一緒だったK森さんと波松に向けて車を走らせました。
まずは定番の白髭神社前から竿出すことに。
波は落ち着いてみえますし酷い濁りもなさそうなのでキスは釣れそう(^^)
早速準備開始。
今日のタックルはキススペシャルCX+、フリーゲン、PE06号、木オモリ+自作天秤、キススペ4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは手前3色を重点的に探ってみますがアタリなし。
波が大きく崩れる波口はフグパラダイス(^^;
なら遠投じゃっとタングステン付けて力の限り遠投。
追い風に乗って沖から探りますが6色くらいからゴミゴミ・・・
遠くはゴミがひどい様子。
あちこち1時間ほどK森さんと探りましたがキスの生体反応は全くなし。
移動決定です。
この頃から南東の風が強くなり始め爆風、この風じゃ福井新港も厳しい状況。
どうしようかっと作戦会議。
とりあえずお隣の浜地海水浴場なら沖テトラで波は大丈夫だし竿出せるんでないかいっと浜地に向かいます。
5分で到着。
予想通りに浜地はベタナギ。
海の色もなかなか良さそう。
早速テトラ際に投入。
3色ラインでプルプルっとキスのアタリ。
14cmほどの小型キス(^^)
その後も同じところでアタリ連発。
15cm前後の小型ばかりです、時折いいアタリが出ますが食いが浅いのか針には乗らず・・・
くやしい・・・
結構熱くなってしまって粘りましたが段々アタリもなくなり雨もひどくなりで一旦休憩。
これ以上粘っても良いことなさそうなので石川に戻って竿出すことに。
帰り道にある塩屋の様子を見に行くと予想より状況良かったので1時間ほど調査。
テトラ内でキスが1匹、K森さんにグッドサイズ2匹(^^)
でもフグも多いし外海に投げると底うねりがひどいのか仕掛けが絡んで絡んで・・・・(><;
こんな時は地元の荒れに強い浜佐美付近で〆ましょうってことに。
この頃には滝に打たれる修行僧の気分・・・・
浜佐美も波なく釣れそうな雰囲気です。
4色付近から探って3色でアタリ。
小さなアタリでピン1匹。
その後1色をネチってたらいきなり竿先ひったくる激震@@
同時にジャンプ~でえら洗い(^^;
セイゴかな。
何とか波打ち際まで寄せましたが最後の最後に激しく抵抗しハリスぷっちん。
気を取りなおして3色に投入。
またまた1色で激震@@
こいつは激しく走ります。
青物?
なんと良型のウグイ・・・・・
外道パラダイスだわ。
3色~2色でキスのアタリがポツポツでますが渋い、針には掛かりません。
粘ってやっとで針掛かりしたかなっと回収中に何者かに強奪されることしばしば(><;
なかなかキスが追加できません。
ヤケクソでテトラ際にタイトにキャスト。
ちょっとサビいたところでまたまた激震@@
回収中もゴンゴン頭振って暴れます、元気な魚やのぉ~どうせ外道やろっと、かなり雑な扱い。
波打ち際に姿を見せたのは、なんと良型キス@@
慌てて慎重に回収。
でっぷり太った25cm超えのグッドサイズ(^^)v
この1匹で心癒され気分良いまま納竿といたしました。

結果
10:30~16:00 波松~浜地海水浴場~塩屋~浜佐美
ピン~25cmキス 12匹
この雨の中ご一緒していただいたK森さんご苦労さまでした。
昨日、一昨日と海はかなり荒れたのでしょうね、回復にはもう少し時間が必要なようでした。
凪が続けば明後日くらいは楽しいかもしれませんね。

そうそう波松の東側に向かう坂道が土砂崩れで通行不可になっており、復旧には少し時間がかかりそうです、ご注意を。

週末は上越でがんばってきます。
お会いできる皆様、どうぞお手柔らかにお願いいたしますm(__)m
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ