12月28日、穴水湾キス釣り

今年を締めくくるべく納竿釣行に行ってきました。
やはり最後はキスでしっかり終わりましょうってことで越冬キス狙って穴水湾に向かうことにします。
天候は優れませんが気合で出漁、キスはなかなか調子よく釣れましたがトラブル続きで・・・・疲れました(^^;

午前4時30分、自宅を出発。
気温は4度、かなりさぶいデス。
途中でshimaさんと合流し二人で穴水に向かって車を走らせました。
能登有料走行中は激しい雨、霙、雪と先行きが思いやられますが今年最後の釣行ってことでアゲアゲなワテ(^^)
穴水に到着は午前7時前、まだ薄暗い中タックル一式持ってテクテクと磯場を歩いてポイントに向かいます。
今回はウェーダー持参、こんな格好でこの時期にキス狙ってきてるのは誰もおらんだろぉ~っと思いましたが・・・・・・・
歩くこと15分、ポイント到着。
潮位は低く磯が姿を見せておりますが風向きは最悪の向かい風。
う~ん何とかなるでしょっと準備開始です。
今日のタックルはがまサーフサイド33-410、ベーシア、PE1.5号、改造ジェット天秤25号、キススペ10号金玉仕様3本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
まずは4色に投入。
水深が20m以上もあるようでオモリが着水してもドンドン糸が出ていきます。
着底後じっくりサビキ開始。
2色で何やら根掛かり、ジワーっと寄ってきますが残り半色でプッチン(><;
????
力糸を結びなおし、仕掛けを再セットして今度は少し左に投入。
お隣のshimaさんに今日のファーストキス、その後もダブルと華麗な釣技でキスを釣り上げておられます。
ワテも同じところ引いてますが反応なし。
????
っと1色でまたも根掛り、がっしり食い込んだようでまたもプッチン(><;;;;
2連荘プッチンでテンション急降下・・・・・
再再セッティング済ませますがさすがに怖くなって移動してから釣り再開。
shimaさんに釣れるポイントをレクチャーして頂いてやっとで初キスゲット。
18cmほどのキスでした(^^)
周囲を見回すとワテらの他になんと投げ釣り師3名いらっしゃいます@@
こんな秘境の釣り場で・・・・あの人たちもかなりマニアックな方々ですねぇ~(^^)
キスの居所を探してウロウロしますがさっぱり、今日3度目のプッチンをやらかして集中力もプッチンいきました(><;
気温が低く冷たい向かい風に晒されていたせいで体の芯から冷え切っておりますし、手もかじかんで力糸を結ぶのに難儀します。
それでも1時間ほどあちこち投げ歩きましたがキスのいるところは限られているようです、それもサイズは小さく15cmほどがメイン。
だんだんサイズも小さくなってくるし素針も増えたし奥に歩いても状況悪くなる一方だしってことで移動することにしました。
竿たたんで先端で竿出されている投げ師さんのところにお邪魔すると、なんと@@
T友会の皆様@@
もっと早く声かければよかったなぁ~
T友会の皆様も小型が多いとのことで移動されるとのこと。
どうもお疲れさまでした。

shimaさんとワテは穴水湾を放浪するつもりで次のポイントに向かいました。
こちらは先ほどと違って風裏になっているおかげでそれほど寒くもなくって楽に釣りができそうです。
まずは3色付近から探ってきますがワテにはノーシグナル。
お隣shimaさんは絶好調。
う~~何故じゃ~~
一度不調に落ち込むとドンドン悪くなる一方でまさにデフレスパイラル・・・・・
こんなときはランチでも食べて気分一新ですね(^^;
穴水某所のお好み焼き屋でランチ食べて、気になる「究極のかれいぱん」を買って満腹満腹(^^)
とってもロングなカレーパン、揚げたてで美味しかったですよ~。売ってるのはどこのお店かわかるかな?
さ~て午後の部の開始デス。
まずは国道沿いの楽チンポイントで様子見でキャスト。
5色でブルブルっとキスのアタリ。
22cmの良型(^^)v
shimaさんにも良型。
結構浅めのポイントでしたが単発でポツポツ釣れてきます。
時折雨がパラツキますが車横付けなんでテールゲート上げて雨宿り、快適です(^^)
午後3時を過ぎた頃から素針が目立ち始めそろそろ納竿かなっと思った頃にT-Bさん登場。
しばらくご一緒させていただきましたが午後4時、納竿としました。

結果
7:30~16:00 穴水~七尾
14cm~22cmキス 27匹(お持ち帰り分)
今年最後の釣行も楽しく釣りができました。
ご一緒してくださったshimaさんどうもお疲れさまでした、先週に引き続いて運転どうもありがとうございましたm(__)m
今年一年間いろんなところで釣りをしました、いろんな人に出会いました。
ホントに楽しい一年でした。
また来年も楽しい年になるといいなぁ~

それでは皆さん良い年をお迎えください。
ではまた(^^)/

12月21日、穴水湾キス釣り

今期初の穴水湾に越冬ギス狙って行ってきました。
生憎の天候でしたがキスの心地よいプルプルを存分に味わうことができました(^^)

午前5時前に自宅を出発。
途中でshimaさん、まさだうえさんと合流し3人で穴水を目指します。
まだ本格的に越冬ポイントには入ってないかなってことで穴水湾を広く探ることにしました。
まず初めに向かったのは辺境の場所、鹿波。
到着は午前7時頃。
雨が心配でしたが幸い空は明るく大丈夫そうです。
早速準備開始。
今日のタックルはがまサーフサイド33-410、ベーシア、PE1.5号、改造ジェット天秤、キススペ9号4本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
この鹿波、結構根掛りが厳しくって水温が高い時期はベラ場(^^;
これだけ水温下がるとベラも姿を消しキスが狙えます。
まずはちょっと遠めで5.5色に投入。
サビキと同時にプルプルっとキスのアタリ。
待ちきれずに回収。
今日のファーストキスは16cmほどの小型キスちゃんでした(^^)v
お隣のshimaさんもしっかりキスをキャッチされております。
ちょっと遠くが良いらしく6色~5色で良くアタリます。
時折チャリコも混じってポツポツとキスを水揚げ。
5色でいいアタリをくれたのは22cmの良型と18cmのダブル(^^)v
楽しいですわぁ~
でもまさだうえさんは厳しい根掛かりにライントラブルを連発されて大変そう・・・・
2時間ほどあっちこっち探りましたが群れも魚のサイズも小さくなってしまったようなんで移動です。
移動先は地図を頼りに発見した超マニアックなポイント。
これで釣れれば最高なんですが、残念ながら根掛り厳しくキス釣りは不可(><;
速攻で撤収し再度移動です。
今度は穴水湾の奥深く、車がやっとやっと入れるほどの細い道の奥の奥。
バス釣り場のようなポイント。
まずはまさだうえさんの竿にアタリ、いいサイズのキスをゲットされております。
ワテには小型キスとテカミハゼ。
あっちこっち投げてキスのポイントを探します。
3投目にビンゴ(^^)
20cm超えと小型のダブル。
shimaさんも良型ダブル、まさだうえさんも良型ダブルと好調に釣れます。
さすがに竿3本で攻めると30分ほどでキスも散ったようです。
いろいろ探りましたがチャリコのみ。
移動です。
次の移動先は国道沿いの田んぼ際。
航空写真の本で紹介されていたポイント。
いつもは通り過ぎますが今日は探ってみましょうってことで釣り開始。
水深は浅く2~3mほど、沖には筏が浮いてます。
まずは4色に投入。
3色入ったところで小さいながらキスのアタリ。
16cmの小型キス。
護岸沿いの藻際を引くと激しいアタリ。
ちょっと期待しましたがどうもキスではない様子。
20cm足らずのチンタでした(^^;
同じポイント狙うと同サイズのチンタ。
また沖に向かって投げると小型のキス。
ポツリポツリと小型を追加して丁度正午になったので一旦休憩でランチタイム。

昼食済ませて午後の部をスタート。
でも丁度この頃より雨が激しく降り出して・・・・・・
軟弱なワテらは雨のしのげるところまで移動して釣りしましょってことに。
車を20分走らせて雨でもOKの釣り場に到着。
先客にクロダイ狙いの方がいらしてましたがお隣いいですか?っとお聞きして快諾して頂き邪魔にならないように釣り開始。
5色に投入、じっくりサビキで小さなアタリ。
アタリは微弱でしたが20cmのキス(^^)
雨降る中俄然ヤル気も出てきます。
5色~3色でアタリが多くポツポツとキスが釣れてきます。
ここでshimaさんの竿に激震。
どうもキスではない様子、あまりの激しい抵抗にモトスでプッチン。
う~~残念、どうもアイナメかなとのこと。
1時間ほど釣ってそろそろ納竿かなってところでワテに竿にアタリ。
コツコツっとでるアタリで?????
適当にこりゃ~マコカレイだわっと回収。
水面に姿を見せたのはまさに25cmほどのマコカレイと小型キスのダブル(^^)
アハハ(^^)
午後2時過ぎに気持ち良く納竿といたしました。


結果
7:30~14:00 穴水湾界隈
14cm~22cmキス 27匹(お持ち帰り分)
25cmマコカレイ

今回は本格的な越冬ポイントでは竿出しませんでしたがまだまだ通常ポイントでキスが釣れておりました。
まだまだ楽しめそうですね(^^)
ご同行していただいたshimaさん、まさだうえさんどうもありがとうございました。
shimaさん長距離の運転どうもありがとうございましたm(__)m
今年も残すところ後10日。
多分次の釣行が今年最後になりそうです。
気合入れて行ってきますよ~~
ではまた(^^)/

12月17日、波松海岸カレイ釣り

青空が広がってとっても12月中旬とは思えない天候、波もなく絶好のコンディションの福井県波松海岸。
でもやっぱりワテには鬼門なのかも・・・・・(^^;

水曜なんで仕事は半日、定時ダッシュで職場を脱出。
波松に向かって出発です。
最近不調の波松にも大判が良く釣れるとの情報で期待度満点、いつになくクーラーにはしっかり大き目の氷、やっぱり昆布〆で熱燗かなぁ~っと車中は妄想が膨らみます。
朝から竿出されている西や~んさんに状況をお聞きするべくTEL、全く釣れませんわぁっとのこと(><;
海況は良いものの全く生体反応はないらしいです、それでも気合い十分のワテはエサを購入し現地に向かいます。
波松に到着は午後1時30分頃、なんと師匠の車を発見。
丁度お帰りに支度をされているところで状況は最悪とのこと、う~ん釣れないんですか・・・・
ちょっと奥に西や~んさんを見つけてお隣で竿出させていただくことにしました。
早速タックルの準備開始です。
今日のタックルは竿3本、パワーエアロ、PE3号、改良カレイイレグ14号の自作胴付き仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
まずはセオリー通りに遠、近に投げ分けて広く探ってきます。
しかし、生き物が薄いようでエサはほとんどなくなりません、30分たって回収してみても全く変化ありません。
西や~んさんも状況変わらない様子。
天気は良く気温も高めなので浜辺で竿振ってるのが気持ちいいですねっと西や~んさんの釣り座でワイワイと(^^;
午後3時を過ぎる頃よりやや波が高くなり始めて海面がザワザワし始めました。
なんか良さそうな感じじゃありません?っと。
すると西や~んさんの竿にアタリ。
2人に緊張が走ります、今のはカレイっぽくない?
しばらく待ってみると再度アタリ、これは確実でしょ~
西や~んさんのギャランドゥ~大アワセ!!
がっしり乗ったようで締め込みも強烈、慎重に取り込んだのは分厚いイシカレイ、お見事っす(^^)
時合到来かってことでワテも自分の釣り座に戻って気合入れなおします。
でも・・・・・・・
エサ取りが姿を見せ始めたようで時折竿先は揺れますがカレイからはノーシグナル(><;
午後5時、暗くなるまで粘りましたが痛恨のBOZで終了でした。

結果
13:30~17:00 波松
BOZ

最近巷で流行っているボズ菌に感染したんやろか・・・・
どこかでリハビリしてきます(^^;
ではまた(^^)/

ギア其の162「S工房製 匠のエサ箱」

折角の週末でしたが土曜は研修会、日曜は野暮用で出漁はなし。
あちこちで景気の良いお話も聞きまして悶々と過ごしておりました。

さて今日のギアは「S工房製 匠のエサ箱」。
パイン材を使ったオールハンドメイド製の木製エサ箱です。
通常ルートでは販売されておりません、闇の市場でのみ出回っている名品(^^)
今回はOさんのご好意でクリスマスプレゼント?としていただいちゃいました、どうもありがとうございましたm(__)m
木目を生かした薄ラッカー仕上げになっており見た目もグゥ~!
来期からはメインで活躍してくれちゃいそうですわぁ~
週末には某所で素晴らしい方々と楽しいイベントに参加してきましたが携帯メモリーカードがクラッシュで残念ながら画像なし(><;
でもたくさん勉強になりました、皆さんまた遊んでくださいね(^^)

明日から天気良いみたいですね、天気良いうちに気合で出漁せんとね。
先ほどから道具を捜索中・・・・・スパイクオモリはどこいったかなぁ(^^;
ではまた(^^)/

12月12日、能登島カレイ釣り

今日は島でカレイ狙って行ってきました。
天気予報では釣り日和のはずでしたが、島は小雨・・・・・
でも気合で勝負じゃ~~

夜勤明けだったので、朝8時に仕事を終えて職場を脱出。
駐車場にはdaiさんのお姿(^^)
今日は偶然にもお休みだったので能登島にご同行していただくことになりました。
生憎、島のカレイちゃんたちは産卵のため食い渋っている様子、ここ数日まともな釣果は聞こえてきません。
どうしようかと悩んだ結果、大判はあきらめてマコ&キスをターゲットにしましょうってことに決定。
釣り座はどこにしようかなぁ~っと車中で相談、結局いつものキス釣り場で竿出すことにしました。
高速&能登有料を走って島到着は午前10時過ぎ、さすがに平日は釣り人の姿はありません、しかもこのポイントはカレイの釣果は全くわかりません(^^;
まっ、何とかなるでしょってことで準備開始。
今日のタックルは竿3本、仕掛けはキスも狙えるようにささめ大キスMの2本針、エサは青虫で挑戦です。
まずは堤防先端より仕掛け投入。
2本目を準備していると早速アタリ。
エサ取りかな?
2本目を投入してから巻き上げ開始。
ん?
何かついてる様子、
??
水面に姿を見せたのはちっちゃいながらもカレイの姿(^^)
18cmのベイビーマコ(^^;
エサ付け直して再度投入。
3本目も準備完了。
10分後、遠めに投入した竿に鋭いアタリ。
これは20cm級のキスダブル(^^)
同じP狙って投げるとすぐにキスのアタリ。
これも同じく20cm超え。
おかず釣り好調です(^^)
エサ確認にエサを回収すると何やら重い・・・・
でかいイイダコでした。
さらにおかずが増えました(^^)
実釣開始1時間が経過する頃、近くに投入していた竿に小さなアタリ。
本命っぽいデス。
しっかり針掛かりしたようで何度か締め込みます。
これまた26cmのジュニアサイズのイシカレイでした(^^;
微妙なサイズが続きます・・・・・
っとお隣のdaiさんの竿にいいアタリ。
期待で回収は24cmのダボハゼ、いろんな魚が姿を見せて楽しいですわ~
でも2時間過ぎる頃にはアタリも遠くなりケムシのオンパレード(><;
ちょっと移動してがんばりますが状況もあまり変わらず・・・・・
ボーっとしていると見慣れた車でアキさん登場(^^)
いろいろと島の状況をお聞きしておりますと先ほどからピクリともしない竿先が急に元気になってきました。
よ~し時合に突入??
遠投気味の竿に綺麗なアタリ、こりゃ多分本命でしょ。
気合の回収、結構巻き上げも重くって期待できそう(^^)
でも、でも、でも、姿を見せたのはプクーっと膨らんだデカイフグ・・・・・
隣の竿もアタリ。
これは2本ともハリス切れ・・・・・
しばらくアタリが続きますがフグばっかり(><;
やめじゃ~~
もうヤメタ。
釣れないカレイをあきらめて残りエサを使ってキス専で放浪することにしました。
竿1本持ってお気に入りのPを攻めますが・・・・
こちらもフグ、フグ。
daiさんもフグ、ピンキスばっかりだそうです。
それでもあちこちがんばりましたが午後3時30分エサ切れにて終了といたしました。

結果
10:30~15:30 能登島
18cmマコカレイ
26cmイシカレイ
18cm~23cm キス7匹
イイダコ
おかず満載の釣りになりました。
ま、一応カレイは釣れましたが・・・・・・
でもいろんな魚が竿先を揺らしてくれて楽しい時間を過ごすことができました。
お付き合いしてくださったdaiさん、アキさんどうもありがとうございました。
今年も残すところ後少しですね、後何回行けるかな(^^)
ではまた(^^)/

12月10日、片山津海岸キス釣り

仕事終わり頃にワテの携帯に新着メール。
小松市某所より発信されたメールにあったのは「浜から良型キスが釣れてますよ、数は20匹程度・・・・・」と目を疑うような内容。
だって今は12月ですよ、いくら今日は暖かい日だとはいってもねぇ~
朝方は訳あってボーっとしていた頭も定時近くには復活、とっても12月とは思えない暖かさ、抜群の海況。
これは行くしかないでしょってことで出陣決定デス。

水曜なんで仕事は半日、職場を出たのが午後1時過ぎ。
一度自宅に戻って釣り支度、完全にカレイモードになっていたので準備に時間がかかりました(^^;
車を走らせ釣り場に到着したのは午後2時頃。
今日は片山津の外れの沖テトラのあるPで竿出すことにしました。
釣り人は誰もいません(^^;
お気に入りのポイントでタックルの準備開始。
今日のタックルはがまかつサーフサイド33-410、ベーシア、PE1.5号、自作25号天秤、キススペ7号3本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
早速第1投目。
4色に投入しネチネチサビキ。
力糸まで丁寧にサビキますがアタリなし。
2投目はもうちょっと左に投げでじっくりさぐります、でも素針・・・・
3投目、4投目の生態反応なし。
外道すら釣れません。
20mほど移動してみます。
4色投げてひたすらスローサビキ。
2色でブルブルっと待望のアタリ(^^)
18cmのキスちゃんでした。
お~~釣れた~~っとワテもびっくり。
同じポイントで15cmほどの小型を1匹追加。
でもそれっきりアタリがなくなります。
さらに50mほど移動して禁断の秘儀を繰り出しド遠投。
5色で明確なキスのアタリ。
20cmのいいサイズです。
遠くにもいるのかなってことでフルキャストを挑みますが痛恨のバックラッシュ・・・・(><;
スペアスプールに換えて遠投でがんばります。
6色~5色に薄くてテンションの低い群れがいるようでネチネチサビいてポツポツとアタリがでます。
結構こんな渋めの釣り好きなんです(^^;
午後4時頃、5色付近で激震!!!
しっかり針掛かりしたようで期待の回収。
回収中も激しく抵抗してます
砂浜に姿を見せたのは堂々26cmの良型キスちゃんでした(^^)v
それからもテンションあげてがんばりましたが午後4時30分、日没にて納竿といたしました。

結果
14:30~16:30 片山津
14cm~26cmキス 7匹
数は釣れませんでしたが、今が12月ってことを考えると納得の釣果でしたよ。
う~んこの時期でも浜キス狙えるんですねぇ~びっくりです。
短時間ながら天気も良くって楽しい釣りができました。
ではまた(^^)/

12月7日、能登島カレイ釣り

ほぼ3週間ぶりの釣行でした。
先週の大爆釣情報をお聞きして期待度満点で島に向かいましたが・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・

昨晩はどすこい会の忘年会、飲んで食って飲んで飲んで・・・・
楽しかったですわぁ~(^^)
お集まりの皆様どうもありがとうございました。

さて一夜明けた早朝5時、すっきりとお目覚め。
でも外は一面の銀世界、結構な雪が降っております。
うっ、気温も0度、島まで辿りつけるのかなっと一瞬不安な感じに。
でも気合い入れて出発(^^)
やはり国道も薄っすらと積雪、能登有料は40km制限でいつもよりかなり時間はかかりましたが午前7時過ぎに何とか無事に島に到着です。
さすが能登島、金沢付近では吹雪の様相でしたが島上空は青空が広がって風もなし、気温が低いですがノープロブレム。
まずは先に島入りされておられる欣太郎さんにTEL、状況をお聞きしてお互いがんばりましょうってことでワテは今日の釣り座に向かいます。
今日はいつもは行かない道路脇のPで竿出すことにしました。
何故って?
なんとなく・・・・・
釣り人は少ないようで難なくポイントをゲット。
早速準備を開始します。
今日のタックルは振り出し竿3本、2本はカレイ用に改良カレイイレグ15号2本針仕掛け、1本はPE1.5号キススペ9号3本針仕掛けでキス探り用で挑戦です。
まずは置き竿を準備して釣り開始。
青虫をたっぷり房掛けにして早朝の時合を攻めます。
仕掛け投入して10分後、鋭いアタリ。
ちょっと大きめのチャリコでした。
手持ちサビキにも生態反応はなし。
置き竿もケムシのみ。
実釣開始1時間が過ぎる頃に約10時間ぶりにアキさんに遭遇(^^)
っと同時に湖西の作戦本部より入電、本部の情報に寄ればここ数日のカレイの釣果はさっぱり、大判祭りはすでに終焉した様子とのこと。
潔いワテは大判をあきらめておかず釣りモードにチェンジ。
早速おかず釣り場に移動です。
移動先はこの時期ならキス&マコ&イシカレイが狙えるおかずポイント(^^)
到着と同時にG3さんも入島との連絡、ご一緒することになりました。
ワテが奥の釣り座、手前にG3さんで釣り開始。
3色程度に投げて糸ふけ取ると手元にガンガンっとアタリ。
多分キス、でも15号に針にはなかなか乗りません。
いつものキス小針仕掛けに変更して5色よりサビキます。
3色でブルブル、15cmほどの小型ダブル。
隣のG3さんは激震に襲われているようで23cmほどの良型キス。
ワテにも22cmの良型キス(^^)
置き竿ほったらかしでしばらくキス狙ってがんばりました。
30分ほどで群れは散ったらしくツ抜けしたところでアタリがなくなります。
それからは置き竿メインでカレイを狙いますが激渋(><;
ここで強力助っ人の名古投げさん到着。
3人並んで竿10本近く並べますがたまにキスが釣れるだけでカレイからはさっぱり。
我慢ならずに小マコが良く釣れるPに再度移動です。
移動先は潮の流れが速くて有名なポイント。
到着と同時に先客さんがマコを釣り上げてワテらのテンションも上がります。
でも釣れないときは何をやってもダメなもんで・・・・・
根掛り連発でワテは一気に戦意喪失(><;
ピノの神様が降臨されておられる名子投げさんがマコをゲット、お見事です。
ワテはそのまま轟沈。
午後3時30分納竿といたしました。

結果
7:30~15:30 能登島
カレイBOZ
キス13cm~22cm 12匹(お持ち帰り分)
天気は良かったのですが・・・・・
今シーズン初の能登島カレイ戦は敗退。
帰り道は遠くて長かった・・・・
よ~し近日リベンジじゃ~~
ではまた(^^)/

ギア其の161「関西釣り場案内」

本が続きますね、すんません。
実はワテ、かな~り活字好きなんでやんす。
ってことで暇なときは本屋でブラブラしていること多いです。
これもどこかの古本屋で見つけたはず、勢いで買ってみましたが・・・・・
磯場は結構詳しく書いてありました、磯投げの方には良いかもしれませんね。

今週こそ気合で出漁、タイヤもスタッドレスに変えました。
大判ゲットじゃ~~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ