ギア其の136「鴨谷計幸のカレイ指南」

今日も雪模様、時折激しく降っております。
仕事は半日でしたがさすがに釣りには出れず所用を済ませて帰宅。
TV見ながらコタツで丸くなってます(^^;

今日のギアは釣りBooks「鴨谷計幸のカレイ指南」です。
昭和59年に発行されております。
釣りサンデー別冊名人シリーズの第3弾です。
ちなみに第1弾は「山本記久のグレ指南」でその他「西中祥竿のチヌかかり指南」「小西和人のキス指南」、「今井浩次の波止チヌ指南」などなど。
カレイの習性、タックルのすすめ、仕掛け&釣り方のテクニック、実際の釣り場の紹介と盛りだくさんの内容です。
25年近くも前の本ですが、カレイ釣りのそのものは全く変化がなくいろいろと勉強になることがありましたよ。
本の内容もなかなかなのですが、釣り具の広告もレトロなタックルがいろいろで何だか楽しいです。
例えば表紙裏は「OLYMPIC LET'S GO LX」、裏表紙は「SHIMANO HI-POWER PROSELECT X投シリーズ」、「宇崎日新のMulch Square」などなど。

実はこの手の釣り関係の古本を見かけるとついつい買ってしまって・・・・・・
別にコレクションしているつもりはないのですがね(^^;
お気に入りの古本屋は神田神保町「鳥海書房」さん。
東京出張の折にはいつも寄らせていただいております。

まだしばらく寒い日が続くようですがひっそりと春の足音も・・・・・
冬眠中の皆さんもそろそろ準備開始かな。
ではまた(^^)/

ギア其の135「ニュー"BB"フロート天秤」

折角の週末ですが天気悪いですね。
ワテは先ほど仕事より帰宅、ぐったりしております(^^;
冬の間は釣りに出れずに時間を持て余し気味になっちゃいます、来るべきシーズンに備えて仕掛けを巻き巻き、タックルの整備、改造などで暇つぶし。

さて今回のギアは「ニュー"BB"フロート天秤」、Mamiya-OP製です。
小学生の頃に良く使ってました。
特徴はなんといってもオモリの底のキャップをはめ込んでというギミックがプラモデル作りに明け暮れていた小学生のワテを虜にしとったようです。
本格的に投げ釣りをはじめてからは飛距離にこだわってしまいデルナーだのトップガンだの飛距離を求めたオモリ選びをしておりましたので全く興味も引きませんでしたが・・・
↑底のキャップをはめ込んで・・・出来上がりのスタイルも独特ですね。

しかし飛距離に限界を感じたここしばらくはアタリの大きさ、サビキの軽さ、浮き上がりの良さなどを重視して木オモリを使うシーンも多くなってきました。
しかし木オモリは一般的に高価なオモリです、素早い浮き上がりが要求されるようなシモリ場などではなかなか使う勇気もでません。自作されている手先の器用なNや~んさんやTuskerさんはとっても綺麗に製作されていて不器用なワテにはうらやましい限りです。

今回ワテががんばって作ったのは「拙○の投げ釣り」で商品化されているフロート天秤の改造版。
このフロート天秤は上部に中空プラスチックのカバーがついていて浮き上がりがとても早いことで有名です。
ただ何やら特殊なデザインでキスの引き釣りには向いていないようでちょっとした改造がよろしいかと(^^)
とても簡単、とりあえず足をペンチでぶった切ってしまいちょちょっとペンチで・・・・
出来上がり(^^)
一個200円ほどなのでお気楽に使うことができそうです。
まだ実戦投入しておりませんのでなんともいえませんがちょっと期待できそうですね。

最近では木の代わりに発砲素材を使ったものまで発売されているようで今後が楽しみですね。
次はタングステン+木とか(^^)
ではまた(^^)/

2月21日、能登島カレイ釣り

釣り日和=魚が釣れる日?
今日はとってもいい天気、朝方より空は青空、気温も高くってとっても北陸の2月とは思えないほどでした(^^)
絶好の釣り日和でルンルン気分で釣行でしたが、この時期やはり花粉が舞っているようでワテは鼻ジュル目はショボショボで・・・・
うっ、つらい(><;
しかし、大阪よりニック警部さんとご友人のNさんがお見えになっているのでワテも気合いでご一緒させていただくべく島に向かいました(^^)

今日は夜勤明け、定時に仕事を終わらせ職場より直行です。
高速、能登有料乗り継いで島に到着は午前10時30分過ぎ。
隠密モードで橋を渡りましたがどこかの監視網に引っかかったらしくポイントに到着と同時に某キャン管さん登場。
どこかに監視カメラでもあるのかも・・・・
二人で今日の釣り座に向かいます。
いつものポイントには約1年ぶりのニック警部さんとNさん、どうもお久しぶりでした。
魚は朝の時合で複数枚釣れているようですが大判はまだとのことです。
ワテはもうちょっと奥でがんばってみますわっと奥のポイントに向かいます。
今日のタックルはスッピン、がまSS、プロサの3本、パワーエアロ、PE3号、カレイイレグ14号2本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
順番に投入していきアタリを待ちます。
30分経過・・・・
1時間経過・・・・・
アタリません、エサもなくなりません・・・・・
ニックさん、Nさんもこちらに移動されてきました。
ひょっこりのテーマソングが鳴りしばらくしたところでアタリもわからずで28cmのイシカレイ。
ニックさん、Nさんもカレイを釣り上げておられます。

暇だったんでランチタイムにします。
今日のMenuは「中島菜deおいし~菜カレー」
う~ん美味(^^)

午後1時頃、左に近投気味に投入していた竿に小さなアタリ。
カレイのアタリのようです。
どりゃ~っと大アワセ。
しっかり乗ったようですがリールのハンドルを数巻きしたところで手前のカケアガリに掛かってしまったようでビクともしません・・・・
悪あがきも虚しくがっしり根掛かってしまったようです。
ロスト覚悟で力任せに引っ張るとハリスが切れたようで仕掛けが上がってきました、針には26cmほどの小型マコカレイ・・・・
20mほどお隣のNさんはさすがの連発、カレイを次々に仕留めておられます。
ニックさんもアタリは止まってしまったようでNさんの独壇場。
仕掛けを見せて頂くとなんと北近畿さんで評判の「白糸仕掛け」@@
ハヤブサさんより「スノーホワイトカレイ」の名目で新発売されているようで、Nさん曰く「今日はこの仕掛けに良くアタる」そうです。
ワテはその後20cmほどのミニマコカレイを1匹釣ったところで一人お祭りx2で仕掛けをロスト、2連荘根掛りでオモリもロストで戦意喪失(><;
午後4時納竿といたしました。

結果
11:00~16:00 能登島
28cmイシカレイ、26cmマコカレイ、20cmマコカレイ
ニックさん&Nさんは30cm前後を交えて20数枚とたくさん釣り上げておられましたよ。
しかし今年は能登島とワテとは相性悪いようで・・・・島の神様に嫌われちゃったのかな。
でも天気の良い中、久しぶりのニックさんとNさんとご一緒に竿出せただけでも楽しかったです(^^)
ワテの次回釣行は未定。
何とか時間作って懲りずにまた行きますよ~
ではまた(^^)/

2月17日、万葉埠頭キス釣り

気温は氷点下2度、積雪30cm、道路は凍結、でも出漁(^^)
真っ白な万葉埠頭でキス釣りやってきました。
時折激しく降る雪で竿もリールも真っ白け(^^;
ちゃんとキスちゃんは釣れましたよ。

午前6時30分、自宅を出発。
自宅前は除雪前で道路には雪が・・・・
ラッセルしながら大通りに、さすがにメインストリートは除雪済みですが気温が低く完全凍結。
丁度、車中のTVではTHEフィッシング「水野裕子の白キス釣り」(^^)
途中でまさだうえさんと合流し高速使って万葉埠頭に向かいます。
富山に入ると積雪量も増えこれじゃ万葉に入れんかもねっと。
でもしっかり除雪済みで難なく午前8時30分万葉埠頭到着。
駐車場には入れ食い号が到着済み(^^)
先ほどから雪がひどく降り始めG3さんは車中で待機中とのこと。
ワテは前回釣行時に残りエサがあったんでカレイ狙いで竿出すことに。
こちらでのタックルはがまSS33-410、PE1.5号、Lキャッチ25号、11号流線2本針仕掛けで挑戦です。
早速準備して雪が深い中、釣り座に向かいますが・・・・・
バシっ、バシバシっ@@
空気中が帯電しているようで竿延ばして歩いただけで電気が走って@@こわっ
天候が回復するのを待って釣り開始。
1投目はたっぷり青虫つけて4色に投入。
しばらくアタリを待っているうちに青空が見えはじめてG3さん、まさだうえさんも釣り準備開始。
早速ド遠投のG3さん、どうもアタリがあったようです。
期待の回収はしっかりキスの姿。
雪の中での投げキス釣り、何だか奇妙な光景です。
お隣まさだうえさんもすぐにキスをゲット。
あれ~しっかり釣れるじゃん(^^)
ワテはあくまで美味しいマコカレイ狙い、でかいエサ付けて男投げ、でも15分ほどで挫折(^^;
仕掛けを小針に変えてキス釣りに変更です(^^;
5.5色~サビきますがアタリません。
この時期のキス狙うなら、静かな入り江&適度な水深、伏流水、温泉・・・・
それならちょっと移動してあっちを狙ってみませんかと。
移動のための撤収作業中に投げ竿持った釣り師の姿、なんとカツさんでした(^^)
事情をお話してご一緒にプチ移動。
移動先で早速G3さんにアタリ、回収はダブルとのこと@@
すぐにダブルでキスを追加。
近場狙いのワテにはアタリなし。
ここでまたも雪が激しく降り始めて恐怖のバチバチタイム。
犠牲者はまさだうえさん、投げたとたんバチバチ食らって悶絶しとります(^^;
天候回復まで竿置いて雑談・・・・
雪は激しくプチ吹雪・・・・
でも30分ほどで天候回復。
沖をねらったカツさんがキスをゲッチュ~(^^)お見事です。
次はまさだうえさん、激しいアタリが出たようで慎重に回収しております、雪の中に横たえたキスは24.5cmのグッドサイズ。これまたお見事(^^)
あとはワテだけがBOZ・・・・・
皆さんの哀れむような視線の中で・・・・
5色の小さなアタリで小型キスをゲットです(^^)v脱BOZね。

時刻はお昼過ぎ。
温かいラーメンでも食べましょってことで前から気になっていたこちらのお店に向かいます。
お店の名は「まるなかや」?「まるたかや」ではありません。
しっかり「まるたかや」の流れをくむお店のようです。
オーダーはラーメン大盛り+にんにく+脂粕大盛りで(^^)
ラーメン600円、大盛りは+130円だったはず。
お味はあっさり醤油味、脂粕のこってり感と相まって非常に美味しい~
汁まで飲んで完食です(^^)
外は青空が見えこりゃ~午後からは釣りが楽しめそうです。

午後の部は新港に移動して釣り再開。
こちらはがま競技35-405、PE08、デルナー30号で遠投メインでがんばるつもり。
でも到着時から雪が降り出し空も暗い。
ビリビリ怖いですが晴れ間を狙ってフルキャスト。
こちらもG3さんは絶好調。素針なしでキスを釣ってます。
まさだうえさんにはまたも激しいアタリがあったようで期待で回収しますが針が伸されてしまった様子、残念・・・・・
ワテもド遠投じゃ~っと
6色でアタリ???
小型のキスがしっかりついてました(^^;
次も更に沖を狙って遠投じゃ~っと気合で投げたとたん、バチバチっと・・・・
慌てて竿を投げ捨てて・・・・
こうなってしまったら怖くって竿振れません、だんだん雪もひどくなってきて納竿となりました。

結果
8:30~15:00 万葉埠頭&富山新港
小型キス2匹

この雪降る中に何やってんでしょうね(^^;
でも一面雪景色の中でのキス釣りもなかなか風情があって・・・ない?
ご一緒していただいたG3さん&まびゅさん、カツさん、まさだうえさんどうもお疲れさまでした。
まさだうえさん道中の運転ありがとうございました、ハイテク満載の車に驚きでしたよ(^^)
さ~て次回はまたまた島でカレイ釣り予定、積雪があって大変かも。
ではまた(^^)/

ギア其の134「2008年カタログ」

今日はさぶい日でしたね、今期一番の冷え込みだそうです。
気温は一向に上がらず朝方は氷点下3度ほどだったとか・・・
水曜で仕事は半日、午後からはすることがなかったので禁断の釣り具屋巡り(^^;
お~ジェット天秤安いじゃんってその他もろもろをついつい数点お買い上げ、いらん出費でした(^^;

さて今日のギアは「2008年カタログ」
前回のフィッシングショーで頂いたものです。
シマノ総合、シマノ投げ、ダイワ総合、ダイワ投げ、がまかつ総合、TICA、Fujiと投げ関連じゃこんなもんでしょうかね。
今年の目玉はやはりフルモデルチェンジしたキススペMg、Z45の対決でしょうか。
ワテはどちらかというとダイワ派、45mmストロークの長細いスプールが好きなんです(^^)
今回のZ45もメチャかっこよいですね、ビジュアル重視のワテには超好みデス。
シマノのキススペMg、このデザインははっきり言ってワテの好みではありません、投げのフラッグシップとしてのオーラを感じることができません。
でも実際ロッドに取り付けた状態でクルクルしてみました、恐るべき滑らかさ、ローター持って捻ってみてもビクともしない高剛性。
あれから1週間以上経ちますがキススペMgの滑らかな巻き心地が思い出されます。
やっぱりキス釣りにはフィーリングも大事ですね。
次はシマノにしようかな~っと(^^;
まっ、当分購入予定はありませんので夜な夜なカタログ見ながら妄想することになりそうです。

最近のワテのマイブームは「落語」。
朝の連ドラ「ちりとてちん」の影響でしょうね(^^)
毎日がクライマックスのようで朝からよく涙しております、特に最近の草若師匠(渡瀬恒彦)の病気が発覚してからはもう大変です、涙なくしては見れません(^^;
で、ワテが気になるのは草若師匠が最後に演じた「地獄八景亡者戯」というお話。
ドラマ中ではフルに演じると1時間以上の超大作といわれてます。
そして、次の天狗座公演でこのネタを、草々(青木崇高)、草原(桂吉弥)、小草若(茂山宗彦)、四草(加藤虎ノ介)の四人で分けて演じてほしいと・・・・
早速「地獄八景亡者戯」を図書館で探してみました。
しかし、ないもんですね「まんじゅう怖い」「立ち切れ線香」はありました。
しょうがないので適当な1冊を借りて帰宅。
目次をよ~く見てみると「弥次喜多地獄旅行」って題が・・・・・
解説を読むと古典落語「地獄八景」を五代笑福亭松鶴が改作した原稿だそうです。
もちろん草若が演じた名セリフ「フグにフグ買いに行って、フグに料理して、フグに食うて、フグにあたってフグに死んだ」もしっかり(^^)
次は四草がこだわっている「算段の平兵衛」を探してみます。

次回釣行は能登ではなく足場の良いところから遠投でキスを狙ってみたいなっと思ってます。
ではまた(^^)/

2月11日、穴水湾キス釣り

2月の中旬っていうのにとってもいい天気(^^)
今日は釣りキチの皆さんと穴水で越冬キス狙ってきましたよ。
さすがに2月は水温低下が厳しいようでキスの活性は低くアタリは微弱、でもあちこちまわってポツポツ釣り上げました。
ランチもGood、釣り座のロケーションもGoodで楽しい釣行でした(^^)

午前5時、自宅を出発。
途中でまさだうえさんと合流し穴水に向かいます。
穴水到着は午前7時30分過ぎ、shimaさんご一行と合流するためしばらくの時間調整。
気になるポイントあるので下見に行きますが、道幅狭くってワテの車では進入できずで・・・・
あれこれしているうちにshimaさん、ご友人Y氏が到着。
まずは腕慣らしのポイントで竿だしです。
今日のタックルはがまSS、ベーシア、PE1.5号、Lキャッチ25号、9号KS3本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
年末に調子良かったポイントを攻めますがノーシグナル・・・・
ここにはおらんのかな~っと思った矢先shimaさんが20UPの良型をキャッチ。
ワテもがんばるで~
あっちこっちと移動を繰り返して1時間ほど探りましたが生体反応なしでした。
皆さんと協議の結果、車で移動し本日のメインの釣り場に向かいます。
ココは全く初めての場所です。
越冬キスには静かな入り江&適度な水深という名言の元に釣り場を探しての探索釣行です。
まず車を止めて15分ほど歩いた磯場で竿出しますが、残念ながらここはかなり浅いようです。
もう少し奥のポイントを目指します。
あっちこっちと磯場から投げて探りますが全く釣れません。
付近の地形、潮通しなどを想像しながら釣り座を移動、釣り開始約1時間後にshimaさんに待望のキスがヒット。
なんでもアタリは非常に微弱、プルっくらいだそうです。
ワテにもやっとでアタリ、非常にちいさいコツっくらいのアタリでした。
もう少ししつこくサビいて18cmほどのキスのダブルでした(^^)v
どうも3色~2色にキスがいるようです。
ポイントがわかればこっちのもの(^^)
同じところをじっくりゆっくりサビいて奇跡の3連(^^)v
2色で明確なブルブル、これは本日最長寸の23cmのグッドサイズ。
それからも小さなアタリを何とか拾って小型をポツリポツリと追加します。
丁度正午のサイレンが鳴ったころに一旦竿をたたんでランチに向かうことにします。

今日のランチはちょっぴりリッチ&ゴージャスに国道沿いにある「風傍(ふうぼう)」という和風レストランに決定です。
こちらのお店、絶景のオーシャンビュー、海を見ながらお食事ができます。
店内もとっても綺麗でおしゃれな感じです。
メニューは定食が中心、ワテは散々悩んで注文したのは・・・・・
「ジェントルマン定食」(^^;1800円也
何が出てくるのかと思ったらメバルの刺身、小鉢がたくさんのお膳に大きな器にテンコ盛りの魚介類のフライ。
お味はとても美味しくってどんどん食べ進みます、お腹限界いっぱいで完食でしたよ(^^)
その他の刺身定食、アナゴ天ぷら定食もボリューム満点で非常においしそうでした。

満腹になったところで午後の部スタート。
島に向かうか、穴水でがんばるかどっちにしようか悩んで、島でファイト中のとしろーさんにTEL、キスは渋いとのことでもうちょっと穴水を探ることにします。
ちょうど同じ頃、奥能登から移動されてきたG3さん&まびゅさん、すけさんと合流し遊歩道沿いのポイントに向かいます。
到着後すぐにすけさんが良型キスをゲット。
負けじとワテは歩道から磯に降りてがんばります。
こちらは5色~4色でアタリがでます。
まず1投目はダブル、2投目もダブルと好調なスタート(^^)
でも手前の藻がきつくって回収失敗も時折・・・
皆さんでYYGGと賑やかに釣りを続け午後4時納竿となりました。

結果
8:00~16:00 穴水
15cm~23cm キス14匹
お付き合いしていただいた皆様どうもありがとうございました(^^)
天気の良い中で楽しく釣りができました。
帰りに島にも向かうつもりでしたが時間が遅くって・・・・・
そのまま帰宅となりました。

さて明日からまた冬型が強まりそうですね。
寒くなりそうです。
インフルエンザも流行っているようです、お体には気をつけて。
ではまた(^^)/

2月8日、能登島カレイ釣り

今日は夜勤明けです。
でも夜中の仕事はヘビーを極め仮眠もろくにとれず完全に寝不足・・・・・
ウチに帰って寝ようかなっと頭をよぎりますが強行してしまいました。
ここしばらくは釣りに出ていなかったのでどうしても行きたかったのです(^^;

定時に夜勤を終えて職場を出ると一面の銀世界にびっくり@@
車は雪に埋もれてました・・・・約15cmほどの積雪デス。
う、道路も雪がいっぱいだしウチに帰ってと再び弱気になりますが何とか気合で出撃。
気温も氷点下のようで路面は完全に凍結しているようです、車の流れも悪く渋滞気味。
それでも何とか高速に乗ります、案の定高速は積雪のため50km速度規制中。
安全運転で走り能登有料に入りますと更に積雪が多くって、こりゃ~島には辿り着けんかも・・・・
能登有料も全線40km速度規制中、路面はツルツルです。
こちらも安全運転に徹して手に汗握りながら能登有料を島に向かいます。
しかし、なんと、柳田過ぎた頃から急に雪がなくなり和倉に入った頃には全く雪がありませんでした。
島にいたっては雪もなく青空が見えているほど。
さすが能登島、まさにパラダイスですね~(^^)

島に到着後、Bou-can-kanさんにTEL。
いろいろ状況を伺い電話で作戦会議、しばし相談の結果、Bou-can-kanさんのアドバイスで本日の風向きから風裏のポイントになる胴長一発場に入ることにしました。
到着は午前11時、早速準備開始。
今日のタックルはスッピン、がまSS、プロサの3本、パワーエアロ、PE3号、30号ジェット天秤、14号改良カレイイレグ2本針仕掛け、エサは青虫で挑戦です。
まずは1本を3色ほどに投入します。
と同時に背後からBou-can-kanさんが登場(^^)
さすがに島の監視任務につかれているだけあって島の情報に詳しいです。
最近の状況などを伺いながら順番に投入していきます。
と、右に投入している竿にアタリ??
ん?
沖ででっかい漂流海草の塊がかかってました(><;

実釣開始後30分が経過した頃に左に投入した竿にアタリ。
でも微妙な感じ。
しばらく待って大きくアワセを入れるとずっしりと魚の手応え(^^)
手前のカケアガリが厳しいポイントですので高速回収。
水面に姿を見せたのは身ペラでしたが35cmのイシカレイでした(^^)v
ここでBou-can-kanさんはお仕事に戻られます。また後でってことでお別れしワテ一人でがんばります。
この頃より風向き変わってちょっと寒い、沖は風が強いらしく大きなうねりに時折襲われます。
正午、島のテーマソングがなっているだろう頃に真ん中に竿にアタリ。
これは28cmの小型イシカレイ。
すぐに隣の竿に22cmのベイビーサイズのイシカレイ。
時合到来(^^)
エサをたっぷり付け直し更なるサイズアップを目指します。
午後1時過ぎ左に遠投の竿に良いアタリ。
これは30cmほどのイシカレイでしたが水面から抜き上げた瞬間に痛恨の針ハズレ・・・・
通称オートリリース(^^;
それからしばらくはアタリが遠のきます。
段々風が強くなって・・・さぶい。
今日は何やらエサ取りが元気なようでエサの消費がかなり早いです。
午後2時過ぎ、左に近投した竿に竿尻浮くほどの派手なアタリ(^^)
キタ~~~~
こんな時こそバーニング?ギャランドゥ?
魚はずっしり、結構な締め込み、かなり期待で回収でしたが、それほど大きくなくって35cmほどの分厚いイシカレイでした。
結構身が厚くなって体力復活してたんでしょうね。
午後3時、最後の1投で28cmのイシカレイ。
そのままエサ切れで終了でした。

結果
11:00~15:00 能登島
35cm~22cmイシカレイ 5匹

↑35cm、35cm、28cm、22cmイシカレイ。最後の1匹追加する前の写真です。

納竿後、Bou-can-kanさんのお仕事場にお邪魔して熱いお茶すすりながら釣り談義(^^)
大変貴重なモノも頂きどうもありがとうございました。
ウチに帰ろうと車に乗りましたがお昼も食べていないことに気付き前から気になっていたラーメン屋さんに向かいます。
気になっていたのはラーメンの美味しさではなくってこの微妙なネーミング(^^;
北陸にお住まいの方にはわかりますよね(^^)
「3番ラーメン」です(^^)
メニューには中島菜を麺に練り込んだ「グリーン麺」?の文字。
変わったもの好きなワテはもちろん「みそ野菜グリーン」を注文。
かなり強烈な見た目を期待しましたが案外普通のラーメンがでてきましたよ(^^)

さて次回は3連休の最終日、奥能登の達人コンビと越冬キスの釣査に向かう予定です。
でも明日は仕事、がんばりますよ~
ではまた(^^)/

フィッシングショーOSAKA2008


大阪行ってきましたよ、往復500km超え、釣り道具を見るために・・・・(^^;
しかし今回は盛況でした、投げ関連は新商品が多くってあっちにウロウロこっちにウロウロと大変でした。
じっくり手にとって比べることもできいろんな方々の意見を聞くことができて大変勉強になりました。
やっぱり新しいリール買うなら・・・・・こっちですね(^^)

午前5時、ワテの職場の駐車場でG3さん、まさだうえさんと待ち合わせ。
G3さんの入れ食い号AXにて一路大阪を目指します。
福井県で途中下車、西や~んさん、ぎっちょさんと合流し釣りバカ5人が勢ぞろい(^^;
途中で何度もICの乗り降りを繰り返してインテックス大阪に到着は午前9時30分過ぎでした。
しかし、駐車場の大渋滞にハマってしまい会場入りは午前10時を過ぎてました(><;

まず向かったのが「シマノ」さんのブース。

今年は竿にリールにクーラーと新商品、追加商品の目白押し(^^)
早速気になる「キススペシャルMg」を手にとってクルクル(^^)

重量的には先代Mgより僅かの軽量化ですが実際はかなり軽く感じました。
さすがシマノさんのリールだけあって回転フィーリングはツルツルで最高です、こんなのでキス釣ったら楽しいな~っと思えるほどでした。
お値段は定価で83000円。


そのほか気になったのはスピンジョイシリーズのリール、お値段も手ごろでマシンカットハンドルついてこりゃ~買いです。
竿はスピンパワー365シリーズ、メチャ派手な黄色、それもラメラメ(^^)
こりゃ~、目立ちますわ~

↑購入意欲バリバリのまさだうえさん(^^)

お隣は投げ専クーラー「フィクセル」
これは驚きの軽さ、サイドボックスも大型で容量は十分、付属のエサ箱がいい感じでしたよ。
シマノインストラクターのお三方に良くしていただきいろいろ詳しく教えていただきました(^^)
お知り合いもたくさん来られて賑やかなこと賑やかなこと(^^)
いつもブログを拝見していたTuskerさんにもお会いできご挨拶ができました(^^)
これからもよろしくお願いしますね。

次に向かうは「DAIWA」さんのブース。

こちらもZ45が新発売。


デザインははっきり言って超好みです、軽量化のための極限の肉抜き加工、まさにレーシングカーにふさわしいほどの機能美でした。
手にとってみましたがこれが金属?と思うほど軽くって、回転フィーリングはワテのZⅡをはるかにしのぎます。
購入意欲がムクムクと・・・・(^^;
あとはサーフベーシア35、タイドサーフが新しく追加されてました。

竿はオレンジの365&295、キス以外いもいろいろと使えそうですね。

そうそう今年の試投会は島尾海岸のようです。

がまかつさんは残念ながら投げ関連の新商品はなし。

来年に期待です。

ゴーセンのブースには新しいPEがいろいろと。

気になったのは150m巻きで安価なPEライン「投げ1番」、カレイ釣りなどでは100mもあれば十分なのでこれは都合が良さそうです。
ワテがメインで使っているのはPE3号、この糸だと150mで定価3000円だそうです。
PE力糸にはより細いラインに対応して0.6~6号が追加されたそうです。

価格は据え置きでがんばっていただけるそうですよ(^^)

ハヤブサさんでは「HP見ましたよ」でステッカーセットも頂きました(^^)
会場をうろついていると「児島玲子さんのサイン会を行いま~す、限定70名様です」とのアナウンスに思わず並んでしまいサインを頂き記念撮影(^^)
至近距離で玲子嬢にあえて思わずニヤニヤ(^^)

ちなみにまさだうえさんもご一緒に並びましたよ~20分並んだけどよかったですねまさだうえさん(^^)

ササメ針さんもオーナーさんも今年は新しい針は登場しないようでちょっとがっくり。

お昼には投げ北の皆さん、天満のモリ&トキねえさんご一行とご一緒にランチ。
皆さんの楽しいトークでYYGGでした(^^)

食後は釣り具の即売会場で掘り出しモノを発掘に出かけますが目ぼしいものはなし。

大抽選会ではぎっちょさんが磯竿を見事ゲット、Gさんはお約束のク○ラップ(^^)

もう一度展示会場に戻り物色、タックルオタクのワテにはホントに聖地でした。
2月19日発売のこの本、買いですね~、アマゾンで予約入れます(^^)

どんどん高級化していく国産メーカーに対抗して我ら貧乏人の味方として戦ってくれるTICAのブース。
投げリールもいろいろ出てました、ドラグフリー機能のついた「ABYSS」、目をひいたのはメタリックレッドの業投シリーズ、ABYSSの限定バージョンのようで大型のラウンドノブがついてカッコ良かったですよ、価格も実売18000円ほどだそうです。

年に1回の釣り具の祭典、思う存分堪能して午後3時大阪を後にして帰路に着きました。
しかし今回は大勢の方々に出会えて新しいタックルに触れることができて最高に楽しかったです(^^)
往復500km以上も運転してくださったG3さんどうもありがとうございましたm(__)m
入れ食い号ホントに快適な車ですね(^^)
さ~てターゲットはあのブツに決めて節約節約の日々を送ることになりそうです。
次回釣行はこっそり平日に島で大判でも(^^)
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ