ギア其の133「能登・加賀の釣り」

外は雪が降ってます。
朝までお仕事だったので今日は夜勤明けです、でも夕方にはもう一度出勤しなくちゃいけなくって・・・・・
天気が良ければ福井にキス狙いで行ってみようかなっと思ってましたが生憎の空模様なので家でゴロゴロしてることにしました。

今日のギアは「能登・加賀の釣り」。
しばらく途切れておりましたが航空写真シリーズ第5弾、ホントにしつこいですね(^^;
この本は地元の北國新聞社から発行されております。
定価は3600円、発行は1999年となってます。
福井~石川~富山が1冊にまとまって非常に見やすいですね。
新しいバージョンが発行されたあとでも時折開いて見ております、こっちの本にしかないポイントもたくさんあるので・・・・・(^^)

週末はいよいよ大阪フィッシングショーです。
ダイワさんからは新型Z45、35ベーシア、タイドサーフ、赤サーフ2、キャスティズム365&295などが発表されるようですね。
シマノさんはとうとうMgの後継機種のMgキススペシャル、投専クーラー、スッピン365などなど。
がまかつさんは何でしょう・・・・
昨年のFショーは投げ関連は少し寂しかったのですが今年は大いに盛り上がりそうで楽しみです(^^)
さ~てちょっとお昼寝でもいたしましょうかね。
ではまた(^^)/

1月27日、魚津勉強会

今日はお隣富山県魚津で手取投友会さん主催の魚津勉強会に参加してきました。
一年で一番早くに開催されるキス釣り大会です。
ワテは初参加ですが、この勉強会は今回で4回目?のようです。
気温は低く北風がさぶい日でしたが途中からは太陽も姿をみせてました。海況は落ち着いておりましたよ。
でもこの時期に浜からの投げ釣りでキスが釣れるん??って半信半疑で・・・・

昨日は富山で講習会、その後は悪友と氷見の民宿で美味しい料理とお茶家でYYGG(^^)
気付けば日付が変わっており日曜は釣りに行くんで早起きしなくちゃってことで速攻爆睡。
今日は寝ている友人を起こさないようにこっそり用意をすませて午前6時に氷見の民宿を出発します。
外気温は-3度、完全に路面が凍結しております。
ワイパーも凍ってウインドウォッシャーも凍って・・・・大変です。
無理なブレーキではすぐにABSが作動しちゃいます、無理せず安全運転で走って魚津、経田漁港に到着は午前7時20分。
この寒い中に石川富山を代表するお好きな方々が集合されておりました(^^)
今回の勉強会の参加者は約20名ほど、大会時間は午前8時から午前11時30分までの3時間30分。
特別ルールとして今回はペアマッチで勝負ということでした。
早速籤引きしてペアが決定。
競技説明をお聞きしてヨーイドンです。
ワテは全くの初めての釣り場なので状況が良くわからずですが、どうも右のテトラ帯は魚は釣れるそうですが根掛りが厳しいようです。
結局根掛りを嫌って大会会場のど真ん中付近で竿出すことにしました。
今日のタックルはがま競技スペシャル35-405、ZⅡ、PE08号、デルナー27号、KS7号5本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは第1投。
5.5色に投入。
水温もかなり低そうでキスの活性も低そう・・・・
ネチネチさびきで探ります、5色に何やらあるようで軽く根掛ります。
4色入ったところで何か変。
とりあえず回収します。
これまた重くって魚の手応えも・・・・・??
姿を見せたのは30cmほどの舌平目でした。
2投目は遠投して6.5色からのサビキ。
3投目も遠くからネチネチと。
たまに、ん?アタッた?
と思いますが魚はついていません。
でもエサには齧られた後があるので何かの生物がエサをつついているようです。
実釣開始後1時間が経過した頃、6色で待望のアタリ(^^)
間違いなくキスちゃんのアタリでした。
回収中も外れないでって祈りながらリールを巻きます。
砂浜に姿を見せたのは22cmのグッドサイズ(^^)/
よ~し2匹目を狙うぞ~っとオモリをタングステンに変え更に沖を攻めることにします。
5色以遠のみを攻めてピンガッチョのみ(^^;
それからは生体反応もないまま競技終了。

早速検量の開始です。
激渋の様相でしたがさすが手取投友会のお二方が4匹、3匹の結果でそれぞれのペアで優勝、準優勝で無事大会は終了となりました。
ご参加されておりました皆様どうもお疲れさまでした。

寂しい釣果で2回戦はどこ行こうかなっ~
皆さんは海王丸を見に行かれるようですしワテもついて行こうかなっと車を走らせてますがR8は大渋滞・・・・・
高速代をけちったばっかりに30分以上のロスタイムです(><;
もうお昼を過ぎていたのでどこかでランチしよっと思いナビで検索。
そういえば前から食べてみたかった富山ブラック、確か高岡で食べれる富山ブラック系の有名なお店の名前は・・・・
ありました「らーめん誠や」
お店は大繁盛のようです。
メニューは2種類、醤油か塩。
ワテは迷わず醤油ラーメンを注文。
早速出てきたのは真っ黒なスープに超極太ちぢれ麺、トロトロチャーシューが浮いてます(^^)
早速一口、真っ黒でくどそうですがそれほどでもなく実に食べやすい。
麺もうどん粉混じっているそうでモチモチ感が凄いです。
あっという間に完食(^^)
しばらく店内を見回しておりましたが醤油より塩が流行っているようですね。
次回は塩ラーメンにしてみよっかな。

満腹になったところで食後に2回戦、近くの万葉埠頭に向かいます。
到着は午後2時近く。
相変わらず釣れないようで先端内側、テラスで遠投と1時間ほど探りましたがBOZで終了でした。

結果
8:00~11:30 経田漁港
22cmキス1匹
舌平目 28cm

14:00~15:00 万葉埠頭
BOZ

今日は魚こそあまり釣れませんでしたが楽しく釣りができました。
でもあの寒い中集まった皆さんはホントに釣りが好きなんですね~(^^)
さて次回は海況良ければ夜勤明けの木曜に福井でキスでもと思ってますが天候悪そうですね~
ではまた(^^)/

1月23日、能登島カレイ釣り

今日は今年初めての能登島でした。
久しぶりの島でしたが相変わらずのどかな雰囲気でのんびり釣りができました。
これで特判でも釣れると最高なんですけどね~(^^)

夜勤明けです。
定時で職場を飛び出して島入りは午前10時過ぎ。
前回の釣行帰りに戦友の皆さんから大量の弾(エサ)をいただいておりました、気合の入ったエサなんで今日は特判を狙い撃ちじゃ~っと(^^)
早速実績場の胴長Pに向かいますが早くも関西Noが2台、ワテのお気に入りのPには竿がたくさん並んでおりました、腰の調子も良くないので楽チンアクセスの数釣り場に向かいます。
ところがこちらも満席@@
車3台で竿がずらっと並んでおりました・・・・・
どうしよう??
大物師匠&遠投師匠がお勧めの島北西のPに向かいます、こちらは人っ子一人いません、今日の戦場はこちらに決定デス。
早速準備開始。
今日のタックルは竿3本、スッピン、プロサ、がまSS、PA3台、PE3号、ジェット天秤30号、改良カレイイレグ14号の先針段差の3本針仕掛け、エサは大量の青虫で挑戦です。
とっても使い切れないほどの大量の青虫なんで針には溢れんばかりの青虫ダンゴで大判狙います(^^)
お師匠コンビお勧めの根の際を狙って釣り開始。
30分経過・・・・
1時間経過・・・・・
1時間30分経過・・・・・
エサ取りすらいません、ケムもいません、竿はピクリともしません・・・・・
暇なので竿1本だけ持って入り江の奥に放置。
しばらくして放置してきた竿がずれてます、ひょっとして。
慌てて駆け寄り大きなアワセ、魚の手応えです(^^)
今回は力糸もPEでラインはオールPEのタックル、それほど大きくはなさそうですが底に底に潜ろうと抵抗するのがわかります。
水面に姿を見せたのは32cmのイシカレイ、残念ながら産卵後の身ペラの個体。
10分後、同じポイントで鋭いアタリ。
これは22cmのジュニアサイズのマコカレイ。
しばらく後にこれまた同じポイントでアタリます。
これも良く締め込みましたがサイズはそれほどでもなく33cmのイシカレイでした(^^)
それからはしばらくアタリも止まってしまい暇なので付近を散策。
釣り座に戻ってくると島をパトロール中の某キャン管さんの姿が(^^)
お久しぶりでした。
ここしばらくの島の戦況をいろいろ伺って情報収集に励みます。
お隣の入り江ではAぢさんがファイト中ってことでした。

午後2時過ぎ、曇天模様の一日でしたが青空も姿を見せ始めます、気温も高めでいい釣り日和だなぁ~っと護岸の上で寝転んでいると遠投した竿にアタリがでます。
これは23cmのハゼ(^^;
このポイントはハゼも良く釣れるそうです。
お隣の竿にもアタリ、これはジュニアサイズのマコ。
続けて大きなアタリ。
これは25cmのマコでした。
潮が動いたのか時合が到来したのかポツリポツリと魚を追加することができましたが午後4時30分納竿でした。

結果
10:30~16:30 能登島
22cm~34cm イシカレイ4匹
22cm~25cm マコカレイ4匹
22cm ハゼ2匹
↑写真には7枚ですが帰り際にもう一枚釣れました。

今日もおかず釣りで終了。
能登島は水曜の平日なのにこの人出、驚きです。
名物ポイントは毎日毎日大勢の釣り人が入っているのでしょうね。
ワテは更にマニアックなポイントに足が向くことになりそうです。
次に狙っているのは・・・・・・かな(^^)

週末は経田で繰り広げられる熱いバトルに参加してみようかなっと思っております。
明日からは一気に気温も下がり雪マークが出現してました。
体調にはご注意くださいね。
ではまた(^^)/

1月20日、穴水湾キス釣り

今日は天候にも恵まれて気温は低いものの絶好の釣り日和(^^)
G&Mさん、S&Mさんとご一緒に能登穴水で遊んでまいりました。
ホントはカレイ狙いやったんですけどね、何故かキス釣りになってしまいました。
何故って?
それは・・・・カレイが釣れなかったからデス(><;

午前5時過ぎ、自宅を出発。
気温は-1度、さぶいです。
途中でshimaさん、まさだうえさんと合流しshimaさんの運転で穴水に向かいます。
今日のポイントは達人コンビも未踏の地、釣り場ガイドの本でも未だ未開拓の場所とのことで何が釣れるかと期待いっぱいで向かいます。
道中の車の中では非常にディープな能登の釣り場のお話でYYGGと(^^)
あっという間に穴水に到着。
ポイントには徒歩20分ほどかかって秘境の雰囲気抜群です。
水深も結構ありそうですし、潮も良く通りそうで大判カレイがウジャウジャいるかもねっ~と。
早速準備開始。
今日は2本をカレイ用で、1本はキス用と欲張りタックルです。
置き竿はプロサ、スッピンでパワーエアロ、PE3号、30号ジェット天秤、いつもと違ってキスも狙える流線11号の2本針、エサは青虫、キス用はがまSS、ベーシア、PE1.5号、Lキャッチ25号、KS9号の3本針仕掛けで挑戦です。
まずは置き竿を3色程度に2本を投入してアタリを待ちます。
エサ取りがいないようなんでキス用のタックル持って周辺の偵察に向かいます。
水深は15mほど、根掛りはほとんどなく手前からドン深になってます。
30分ほど探って見ますがアタリなし。
ワンドの奥を探ろうとしますがバックに木が繁っており投げ難い・・・・
それでも何とかサイドスローで投げてじっくりサビキます。
2色で小さな小さなアタリ、プルッくらいの微かなアタリ、姿を見せたのは16cmほどの小型のキスでした(^^)
向こうのshimaさんもキスの水揚げに成功されているようです。
男まさだうえさんは「わしゃ~カレイしか狙わん」と大針仕掛けのみで気合でがんばっておられます。
ワテはあっさりとキス専に変更、ひょっとしたらと置き竿に何か来るかもって思いエサをたっぷりつけて様子見ます。
実釣開始後1時間が経過した頃から太陽も姿を見せポカポカ気分、キスの活性も上がったのかポツポツと釣れ始めてきます。
キスが溜まっているらしい所にピンポイント爆撃、アタリが出るのはほぼ同じ場所。
小さなアタリをしっかりとって、サビキに集中してたまにダブル、稀にトリプル(^^)
カレイ竿にはケムシ、ケムシ・・・・
正午までがんばりましたがカレイ竿は不発、キスがポツポツでした。

お腹がすいたのでお昼に向かいますが途中で寄り道(^^;
ここは小さなワンドの更に奥、一見するとバスでも釣れそうな野池の雰囲気。
投げ竿持っているのが場違いな感じです。
まずはshimaさんの竿にアタリ、食い込まなかったようですがキスらしい魚がいるようで気合が入ります。
まさだうえさんの竿に良いアタリ(^^)
これはしっかり針に掛かったようで20UPのキスちゃん。
更に奥地で竿を出すワテの竿にもアタリ(^^)
でも回収は素針・・・・
ブルっときますがなかなか針に乗せることができません。
対岸めがけてキャスト、軽いカケアガリ?で仕掛けを止めた瞬間、竿先がグイっと引き込まれその後一気に糸ふけがでます????
えっ??
慌てて回収は本日最長寸の24cmのグッドサイズのキスちゃんでした(^^)v
大満足でランチに向かうことにしました。

今日のランチは前回お邪魔した「レストラン とうりゅう」で海鮮丼をいただきました。
海鮮丼840円はお手頃プライス(^^)
まさだうえさんはこりゃまた美味しそうな釜飯セット(^^)
どちらも大満足のお味でしたよ。

食後は能登をあちこちまわってこられたG3さん&まびゅさんと合流し釣り再開。
向かったポイントは先週まで調子良かったようですが今日はやや渋。
まさだうえさんはお上手にキスを釣っておいでました。
ワテは小型主体で最後に20UPのダブルで景気良く終了でした(^^)

結果
8:00~16:00 穴水周辺
15cm~24cmキス 29匹

今日は新規ポイントばかりをまわりましたがこの厳しい季節ながらキスの水揚げに成功でした(^^)
カレイもいけそうな雰囲気なポイントでしたがカレイは全く・・・・
時期が悪いのでしょうね、次回は花見の頃にカレイで狙ってみようかなっと思っております。
ご一緒していただいたG&Mさん、S&Mさんどうもありがとうございました。
たくさんのエサもいただきまして感謝感謝です。
shimaさん長距離の運転どうもありがとうございましたm(__)m

さ~て明日からはまた仕事、がんばります。
でも、週の半ばくらいにひっそり上陸してたりして(^^)
ではまた(^^)/

ギア其の132「能登外浦の釣り」

またまた登場、航空写真の本。
もうやめたほうがいい?
しつこい?
あと数冊で終わります・・・・

今日は石川の釣り場3部作の中の一つで「能登外浦の釣り」です。
能登半島の北側、外浦を中心とした航空写真ポイントガイドになります。
ワテは秋の落ちギスシーズンによく開いて見ております。
一般的に外浦には砂浜は少ないですが磯場に囲まれた小さな砂浜などの思いがけないポイントがいろいろあるので目を皿のようにして穴場探しております(^^;
外浦には巨キスを育むにはいい環境なのではないかなっと思われるポイントがいろいろと紹介されてますね(^^)
今年の秋も小さな漁港巡って落ち爆ツアー楽しみたいものです。

能登といえばやっぱり能登丼。
ワテの能登丼バイブルはこちらです。
興味のある方はどうぞ(^^)

さ、やっとで明日はお休みができました。
もちろん行ってきますよ、多分カレイ狙いです。
明日のKISUMANIAに乞うご期待(^^)
ではまた(^^)/

ギア其の131「能登内浦・富山湾の釣り」

さて今日はまたまた航空写真シリーズで第3弾です。
そろそろ飽きてきてまたっとお思いかと・・・

今回のギア、航空写真ポイントガイド「能登内浦・富山湾の釣り」です。
これは石川県の方々なら皆さんご存知の一品ですね。
冬の時期には大変重宝しておりポイントの知識はほとんどがこの本から得たものでございます。
手持ちの中でも一番新しくって2003年に発行されております。
地図の縮尺も大きくってかなり精密にポイントの把握することができて、更には近隣の駐車スペースの記載もあるので釣行の際にはメチャ役立っておりますよ。
能登島カレイも有名場はすべて網羅されておりますのでこの時期には大変お世話になっておりますね。

しかしこのタイプの本はかなりのお値段、この本は以前は1冊でまとめられていた石川の釣り場を3冊に分冊しての出版。1冊約3000円ですので3冊で9000円弱となります。
かなりのやり手ですね、北國新聞(^^;
もうかりまっか~?

さてもうちょっと続く航空写真シリーズ、お付き合いくださいまし。
ではまた(^^)/

ギア其の130「航空写真で見る 北陸・若狭の海釣り」

今日は仕事が多忙で先ほど帰宅でした(^^;
朝起きて外見ると一面の白銀景色に驚きました@@
気温も上がらず終日寒かったですが帰る頃には道路の雪も消えてました。
やっぱり北陸ですね。

今日のギアは昨日に続いて航空写真シリーズ第2弾で「航空写真で見る 北陸・若狭の海釣り」です。
今年は若狭方面の釣り場についても研究してみようかなっと思い立ってヤフオクで落札です。
アルコールに溺れた状態で入札、後で冷静になってみるとかなり高額な金額での落札となってしまいました(^^;
到着した本は年代モノで色あせなどがありますが中身は綺麗です。
発行が昭和61年と20年以上前の本ですのでかなり地形が変わっておりますが能登方面の航空写真では先日の本よりも遠景です、ポイントの把握に役立ちます。
マイブームの穴水周辺も詳しく載っており毎日コタツで見ながら悶々としております。

肝心の若狭方面は残念ながら磯場が中心でキスの釣れそうなポイントの紹介はほとんどありませんでした。
もう1冊くらい若狭方面の航空写真の本、欲しいですね(^^)
明日は石川県定番の航空写真の本が登場予定です。
ではまた(^^)/

ギア其の129「空から見たポイント 富山湾・能登の釣り」

めっきり寒くなりましたね、最低気温が氷点下の日が続いております。
それでも平野には未だにまとまった積雪はなくこのまま雪がなければ・・・・なんて思ってしまってます。
これだけ寒くなるとなかなか釣りにでるのも気合が必要で釣りに行けない荒れた日にはコタツに入って本でも読みながらって日が多くなります。
そんな時に妄想を膨らませるのに必要なのがこの手の本(^^)

今日のギアは「空から見たポイント 富山湾・能登の釣り」です。
これは北日本新聞社発行の航空写真を用いたポイントガイド。
ヤフオクで落札です。完全に新品でした(^^)
ウチにもいろいろと航空写真の本はあるのですが、やはり版元が違うと同じポイントでもアングルは違いますし解説も若干異なります。
今回のこの本は北國新聞社発行の「能登内浦・富山湾の釣り」よりは少し遠景で撮影されておりポイントの全体像を把握するには最高です。
平成5年発行と少し古いのでツインブリッジもないのがちょっと難ですが・・・・・
今まで知らなかったポイントの航空写真もあって夜な夜な妄想の世界に浸っております(^^;
次回釣行はこちらのポイントを、その次はこっち、次の次は・・・・ってやっぱり楽しいです、新規開拓、夢がありますもんね(^^)

週末の日曜はやっとで休みが取れました、ちょっと島から浮気して新規Pを開拓に向かうつもりです。写真で見た感じでは楽しそうなポイントに見えました。
後は天気が良くなることを期待するばかりです。
ではまた(^^)/

ギア其の128「がまかつ 競技スペシャル35-405」

世間は3連休のようですね。
今日は半日で仕事が終わって帰宅しましたが天気も悪く何もすることがありません。
DVDでも見ながらゴロゴロで終わってしまいそうです。
明日はぐんと冷え込みそうですね、予報では雪になるとかで釣行に出られるお方はお気をつけて行ってらしてくださいね。

さて、今日のギア、2008年初のギアコーナーに登場するのはワテの新戦力となる「がまかつ競技スペシャル35-405」です。
発売2年ほどなのですがやっとで手に入れました、それまではスーパーキャスティングが結構気に入っておりましたのでなかなか購入にはいたりませんでした。
発売から時間が経っているのでいろいろな評価が聞こえてきます。
まず飛距離は抜群のようですね、ジャストミートすれば未体験ゾーンに突入だとか(^^)
感度も実釣では十分なレベル、ただ30号、33号は表示よりもかなり硬く感じてしまうことが多いみたいですね。
ワテは気合で35選びました。きちんと投げれるようになるにはまだまだ時間がかかると思いますので更なる修行に励まないといけないようです。

実はこの竿、昨年の10月にがまかつ商品の一部が値上げされる前にとがんばり9月の末に手に入れました。価格修正後は約10000円ほどの値上げでしたので・・・・
しかし当然無理な金策のためにガイド&リールシートは買えずで年末まで箱に入ったままでした(^^;
やっとでローライダーガイド、金ぴかリールシートを手に入れて巻き巻きして昨年のクリスマスイブにシェイクダウン(^^)
今回のコンセプトは金ぴかゴージャス、スレッドは迷わず金色、リールシートもゴールドフード付きを奢ってます。
ガイドも金ピカと思いましたが何故だかチタンを選択(^^;
ガイドはとりあえず純正位置に取り付け、今回はエポキシなしでスレッド巻いた後に100均マニキュアで仮固定しただけです。

昨年の万葉での試し投げではワテ自身が投げを忘れており竿のインプレ語ることもできないのですが第一印象は「硬かった・・・・・」(^^;
ほぼ1ヶ月振り出しオンリーでしたので仕方ありませんね。
今年初旬はメインロッドとなってがんばってくれるものと思います。
寒い日が続きそうです、お体はお大事に。
ではまた(^^)/

1月8日、能登中島カレイ釣り

今日は新年明けて2回目の釣行でした。
ターゲットはカレイ、大判にはまだ少し早いかなっと思いましたがそんなの関係ありません、竿が出せるだけで満足なんです(^^;
島周りでは産卵期で食い渋っていたカレイ達もそろそろエサを食べるようになってきたみたいですね。

今日は夜勤明けです、それほど仕事は忙しくもなく仮眠がとれたので体力十分(^^)
ETC通勤割引使うために定時で職場を飛び出して高速~能登有料を乗り継いで能登島に向かいます。
今日の狙っているポイントは島ではありません、年末に調子良かったと噂の島の手前のポイントです。
到着は午前10時30分、先客さんがいらっしゃいます。
地元の方のようでご挨拶の後、快くお隣に入れていただきました。
朝から竿出しているそうですが激渋の様子・・・・・
ま、景色も綺麗なところだし、奥まったところなんで誰も来なくって静かだし釣り場的には良いところです。
早速準備を開始します。
今日は振り出し竿3本、パワーエアロ、PE3号、L型誘導25号、カレイイレグ14号2本針仕掛け、エサは青虫で、1本だけはキス用の小針仕掛けでおかず狙いです。
まずは3色付近に右、真ん中、左と投げ分けでアタリを待ちます。
投入後すぐに左の竿にアタリ。
でもカレイではなさそうです、しばらく待って回収は15cmほどの小型キス。
まだまだキスちゃんは元気なんですね~
それからは何故だかイイダコがよく釣れて・・・・その後はケムシのラッシュ。
実釣開始後1時間頃にキス用の小針仕掛けの竿にアタリ(^^)
ん?
回収は16cmほどのベイビーマコ(^^;
↑今年の初カレイでしたが微妙なサイズに喜んでいいのかどうなのか・・・・・。
小型のキスを2~3匹追加したところでタックル1本持ってジプシー開始。
釣り場はずっと護岸で整備されているのですが手前にテトラがあって竿出すところはほとんどありません。
テトラの小さな隙間から沖を狙ってキャストします。
しばらくサビいているとガンゴンっと派手なアタリ、デカフグ?
アワセを入れて高速回収、途中で頭を振って暴れております、姿を見せたのは30cm足らずのアイナメでした、それも金色のゴージャス仕様のアイナメくんでした(^^)/
↑クアトロ・バジーナ大尉専用の金色のアイナメ?!
こちらは根がキツイようでサビくと根掛ります、さっさとあきらめ元の釣り座でがんばります。
午後2時近くにまっすぐ遠投していた竿先にアタリ。
しばらく待っているとさ~っと糸ふけ、間違いないでしょう。
大きくあわせて手前の藻にとられないようにゴリ巻き回収。
あまり抵抗せずに姿を見せたのは30cmほどの小型イシカレイでした。
10分後、同じ竿にアタリ、これもカレイっぽくって期待で回収は23cmの小型マコ(^^;
時合かと気合い入ります。
っと左の竿が激しく引き込まれ@@
おお~~~
でも・・・・・・
デカフグでした(><;

丁度この頃よりキスの溜まっているポイントを発見したらしくピンポイントで投入するとブルブルっとアタリがでます。
やっぱり食いが渋いようでアタるけど乗りません、3打数1安打くらい?
アタるけど乗らないキスに熱くなってしまい暗くなるまでがんばってしまいました(^^;
午後5時寒くって暗くって納竿デス。

結果
10:30~17:00 能登中島
30cm イシカレイ
18cm~23cm マコカレイ4匹
16cm~23cm キス 7匹(お持ち帰り分)
28cm アイナメ

今日は完全におかず釣りで終了でした。
そうそう、先客おじさんですがかなりの曲者(^^;
口癖のように「いつもなら30分ほどで釣れるのに今日は全然ダメや、こんな日は絶対釣れん」っと何度も何度も何度も・・・・・耳にタコができるほど・・・・・
初めは聞き流していたのですが2時間経過する頃からボディーブローのように効いてきて・・・・
テンションも下がって大変でしたよ(^^;

週末の連休は休日出勤。
しばらくは釣りに出れそうにありません。
でも何とか時間を作って出撃じゃ~
ではまた(^^)/
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ