7月31日、かほくシロキス釣り大会

7月31日、今日はかほくシロキス釣り大会に出場。
午前3時に出発、daiさんを迎えにいきそのまま現地に向かう。
到着するともうかなりの人が集まってます、知った顔もちらほら見えてます。
午前4時30分より競技説明、5時より競技スタート。
海浜道路白尾料金所前で釣り始めることに。
風は若干の追い風、波少し、濁りなしの海況。
まずチロリのエサで6色に遠投、サビきと同時にアタリ、幸先が良いよいかも(^^)
3色までサビいて巻き上げるが15cmキス1匹。
次も6色で同じサイズ1匹、隣のdaiさんはヒイラギ交じりだがキスの3連、2連と順調そうだ。
アタリがあるがキャッチできない状況が続く、どうも波打ち際でバレてしまっている様子。
針を4号から5号に換え釣り再開。
1投に1匹のペースで釣り続ける、周りは全然釣れてない様子。
相変わらず6色でアタリ多い。
最後の1時間で大遠投、7色からサビいて6色でアタリ、初の3連、これでdaiさんを逆転したようだ、だんだん素針が多くなり雨もひどくなってきたので8時に終了し検量に向かうことに。
釣果は23匹660g。
150名近い参加者だったので20位くらいには入れるかなとは思っていたのだが、なんと7位、それも6位と同重量(年齢が上の人が上位になるらしい)だった。
daiさんは11位。
優勝は七輪サーフの実力者G3さん、2位はこれまた実力者の****氏だった。
G3さんいわく今日は遠投有利だそうで主に7色半でアタリが多かったらしい。
地引網の入らないポイントを中心に釣るのが大事だそうだ。
今回の反省点は、相変わらず集中力のなさ。たったもう1匹で6位入賞だったのに。
もっと手返しよく効率よく攻めるのが大事だと思う、また周りを観察するのも大事だと思うが、周りの釣果に左右されず自分の釣りを持続させるのがいかに大事かと痛感した。
最後の1分までの気を抜かずしっかりと釣る。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ