FC2ブログ

2019年10月17日、穴水ティップランエギング

10月も半ばを過ぎると能登のアオリイカもかなり成長して大きくなっているようです。
あの重量感あるグイングイン楽しみー♪

実は前日のお昼ごろに能登に来てました。
夕まずめは陸っぱりで狙ってみます。
ポイントを知らないので、今回も足場良くて安全な釣り公園からやってみます。
午後4時に到着。
結構人います。
毎日来てるお父さんのお話だと、昨日は明るいうちからラッシュで楽しかったよっと。
しかし、今日は暗くなってもアタリもありません。
僕のお隣さんが怒涛の4連発で僕のヤル気を削いでいきます泣
午後6時にはほとんどの人が帰っていきました。
寒いし辞めました(泣)
明日頑張るよ。

穴水まで戻って「湯ったり館」で温泉入って休憩室でゴロゴロ。人も少なくて静かでのんびりできました。
身体ポカポカのまま道の駅で車中泊。

午前5時前、穴水湾のエキスパート「Seabreeze」さんにお世話になり出船。

前波~古君沖水深20m付近で釣り開始。
他の遊漁船も周りにいるので、最近はこの付近が良いとのこと。
幸先良くアタリでて船中初ヒットは僕(^^)
18cmくらいの元気なアオリイカ。
それからもポイント毎に1~2ハイを拾い釣り。
たまに活性の良い群れに当たると船中何本も竿が曲がってます。
午前9時頃からは北東の強風が吹きウネリがでてきます。
船も早く流れますが、15~20mの浅めポイントなので何とか釣りは成り立ちます。
本日の最大サイズは25cmほど、根掛かりと思ってましたよ笑
キッチリ締めたドラグがチリッチリッっと鳴るのは快感ー♪
納竿の午前11時まで楽しめました。
山瀬船長、ありがとうございましたー♪
ティップランエギング、楽しいです。

2019年9月29日、第9回上州屋ティップランバトルin穴水


今年も開幕、上州屋ティップランバトル。
アオリイカの聖地、穴水で開催されました。
エブさんと参加してきましたよ。

集合場所の穴水港に到着したのは午前5時前。
参加者の皆さんで賑わってました。
抽選の結果、僕は航心丸さんに。
2019_09290006_R1.jpg
競技時間は午前6時から正午までの6時間。
釣り上げたアオリイカ3ハイの重量で争われます。
さー釣るよー。
午前5時30分、各船穴水港を一斉にスタート。
航心丸さんも船速上げてポイント目指します。
2019_09290004_R1.jpg
30分かけて甲沖水深15m付近から釣り開始。
バコバコかと思いましたが、船中アタリ出ません。
貴重は朝まずめは全く釣れず。
周囲の船も同じ状況だそうです。
渋いのか‥
1時間ほどポツンポツン程度。
浅場に行けば数は釣れるけど小さいし、今日は大きさ競う大会なんで型狙いましょうと船長。
何度か移動を繰り返した水深20mのポイント。
微かなアタリを拾って連発。
2019_09290001_R1.jpg
サイズは20cmオーバーばかり、キツめのドラグを滑らしながら上がってくるのは気持ちいいですね(^^)
午前8時を過ぎた頃からは南西の風が強くなり釣り難い。
シンカー増し増しで何とか釣りしますがアタリも少なく厳しい(泣)
2時間ほど修行の刻、風が弱くなったタイミングでパタパタっと釣れ始めます。
後半はエブさんもパターン掴んだか連発してましたよ。
正午に納竿。

僕の釣果は19ハイ。
検量結果は自分で選んだ大きなイカ3ハイで930g。
2019_09290007_R1.jpg
トップは1000g超、お見事でしたー♪
航心丸さんからは僕のお隣さんが4位、僕が5位頂きました(^^)

船長ありがとうございました。
2019_09290009_R1.jpg
バレーヒルの大西テスターとのじゃんけん大会で勝ち上がってスクイッドシーカーもらいました(^^)

帰りは穴水の8番ラーメンで反省会。

よし、今週末もティップランじゃー。

2019年9月20日、能登エギング


今日から4連休、何して遊ぼーかな(^^)
後半は台風が来るみたいなので、遊ぶなら今日と明日だな。

好調と評判の千里浜キス狙いに行こうー♪
少し欲張ってエギングタックルも積んで行こうー♪
夜明け前の能登里山海道を北上、海を見ると波高いし(泣)
風はないのに‥
千里浜のキス釣りは無理そうなので今日はエギングに決定。
外浦は荒れてそうなので内浦の大きな漁港付近まで車走らせました。
とりあえず道路沿いのアクセス楽なポイントをラン&ガン。
イカ、薄いっす。

僕が下手なのか朝方パタパタっと釣れてからは沈黙。
たまに小型のイカがエギを追いかけてきますが抱きつくほどヤル気なさそう。
午前で嫌になりました(泣)
こうなったら夕まずめを外浦でと能登半島を横断。


時間がたっぷりあるので、門前まで行って「総持寺」を観光。
立派なお寺に大きな山門。工事中だったのが少し残念。
人が少なかったのでのんびり散歩しながらいろいろ見て周れました。

さ、午後4時。
そろそろ夕まずめの勝負に向かいます。
お気に入りのポイントから探り始めすぐにイカ連発。
期待しましたが、それっきり。
投げたらPEの原因不明の高切れが2回、さらに表層でフィッシュイーターに襲われエギを持っていかれました(泣)
トラブル多いしロストも多い‥

太陽が沈んで暗くなったタイミングで型の良い奴が連発するものの、それからは続かず。
疲れたので納竿。

今日の麺活は8番ラーメンの「野菜トマトラーメン+チーズリゾットセット」
これ、旨いですー♪
期間限定ですが、レギュラー入り期待します。

食後は露天ジャグジーが最高に気持ちいいシーサイドビィラ渤海で風呂入って近くの道の駅で車中泊。
明日は千里浜でキス狙って行ってみよっと。

2018年10月25日~26日、能登エギング&ティップランエギング


休日出勤が続きますので、平日に代休の連休をゲット(^^)
今回は能登半島を回って、陸から海からアオリイカを狙ってみたいと思います。

まず初日は陸っぱりでエギング。
この時期だと日中のエギングは厳しいかな、朝と夕マズメが狙いです。
西風のせいで少し波が出て磯には上がれそうになかったので外浦の大きな漁港からスタート。

暗いうちに到着、狙いのポイントに入れてラッキーです。
辺りも白々としてきたころに小型のアオリイカ(^^)
気分が盛り上がってきましたが、同時に便意も盛り上がってきました‥
風がフッと止まったタイミングで竿先がスッと走りアワセいれますが乗りませんでした。
デカイのがいる、緊張します。
肛門括約筋も緊張してます‥
あぁー
あぁー
もう無理や‥
速攻で車に戻ってトイレまで爆走‥
朝マズメはトイレの中で迎えてしまいました(泣)
明るくなってポイントに戻りますが、気配なし。
磯場を見に行きますが、ウネリが入って乗れそうもなし。
仕方なく内浦側に逃げました。
1時間かけて内浦に、こっちはべた凪ですがやや強い向かい風、風向き大丈夫な小さな漁港をランガン。

生体反応薄いです。それでもセコイポイントを探って何とかイカの顔を見ることはできました。
昼間は何処かで昼寝して夕マズメに期待しよっと。
宇出津まで北上し「海洋漁業科学館」でイカの生態、イカ漁の基礎をしっかり勉強してきましたよ。


天気良くて気持ちいいので、外の公園のベンチでお昼寝(^^)
午後4時過ぎ、そろそろ夕マズメの準備しよっかな。
この頃から続々と人が集まってきてズラっとエギングの竿が並びました。
地元の方の話ですと、あまり調子は良くないそうです。
僕は3.5号のエギを出来るだけ遠投、沖のイカを狙います。
明るいうちは釣れそうもないので、隣のおっちゃんとワイワイ。

太陽が沈んだタイミングで釣り開始。
早速お隣さんにヒット。
すぐに僕にもアタリでてヒット。
キツめのドラグが滑ります、デカイわー
足場が高いですが、針の掛かりが良かったので強引に糸を持って引き上げました。

24cm、推定500g(^^)
それからもポツポツっと釣れました。
明日のことがあるので、午後7時納竿。
穴水の「なごみ」で温泉入ってマッタリ(^^)

明日は海の上から頑張るよ。
穴水の道の駅で車中泊。

2日目はティップランエギングでアオリイカを狙います。

お世話になったのは穴水の遊漁船Seabreezeさん、穴水新崎港から午前5時出船です。
暗闇の中、ポイントまで船を走らせますが予報より酷い風とウネリで湾の外に出れません。
湾内の風裏ポイントでアオリイカを探ることになりました。
10~25mのポイント、かなり風が強いので重いエギでやってみます。
早々に同船した小松の達人さんがヒット、なかなか良型。
すぐに連発。
おー、スゲー。

(Seabreezeさんから画像いただきました)
しばらくして僕にも20cmオーバーをキャッチ。
風が収まるまでと湾内をピンポイントで探ってアオリイカを狙っていきます。

2時間が経過した頃、風が弱くなったタイミングで湾からでます。
かなりのウネリ、怖いー(泣)
ライフジャケットの性能評価にならなければ良いのですが‥っと船長談。
巧みな操船で何とか水深30mのポイントに。
ウネリで船が揺れてアタリ取りにくいですが、小松の達人さんはここでも連発。
凄いなぁー
いろいろ釣り方教わって勉強になりました。
その後、風が止まって潮も止まってイカの活動も止まって修行の時間が続きます。
残り1時間、最後のポイント移動でイカの牧場に到着(笑)
バコバコではありませんが、絶えず誰かがヒットする感じで釣れるイカもデカイし(^^)

とっても良い釣りができました。
深場から上がってくるイカの引き、最高ですー♪
Seabreezeの山瀬船長どうもありがとうございました。

2日間の能登イカ三昧の旅でしたー♪
次はカワハギ狙ってみよーかな。

2017年11月7日、穴水沖ティップエギング


今日は穴水でティップエギングしてきました。
アオリイカもそろそろ終盤、キロ超えも出てるようで数よりもデカイ奴を釣ってみたい♪
穴水の有名ガイド船「アルベルトフィッシングサービス」さんにお世話になりました。

午前5時30分過ぎ、いざ出船。
今日は最高の良い天気、お昼頃から南西の風が強くなる予報で結構ハードな釣りになるかもっと米田船長。
午前6時30分頃からスタート。
まずは水深20mラインから。
風向き、潮の流れが同じでエギが竿の真下から上がってくるダメな感じ。
エギをキャストして無理矢理ティップラン(笑)
朝の時合でパタパタっと釣れます。
型は20cm前後。

アルベルトさんのブログから借用しました。

時合が終わるとアタリは遠く渋い。
少しでも活性の高いイカを探して水深40mの深場までいろいろ周りましたが、どこもパッとせず。
午前9時を過ぎた頃からは風が出て、ティップランらしくなりますが、すぐに爆風に…(泣)
それからは負のスパイラル…
釣れん、うねり、サゴシカッターetc

いつかイカ牧場に辿り着くことを祈って船長も懸命に操船してくれますが、今日のイカさんは元気がでないようで良いとこなしで終了。

まぁ、食べ頃サイズなので美味しくいただきます。
イカのカルパッチョ、刺身、バター炒めと定番ですがこれが今期最後かな。
プロフィール

rin

Author:rin
旅とグルメのブログのようですが‥投げ釣りもしてます(汗)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ