2016年9月10日、能登エギング

2016_09110005_R.jpg
いよいよアオリイカの季節ですね~♪
キスマニアな僕も毎年この時期だけはエギングロッドを持って能登を夜な夜な徘徊しております(^^)
昨年の能登アオリイカは散々な釣果、今年こそはっと気合い十分・エギの補充も十分。
まだまだ釣れ始めたばかりですが外浦より内浦がサイズが良いそうですね。
さ~美味しい秋のアオリイカ、爆釣目指して能登に出発です。

土曜の仕事を午前で終えて能登に向かいます。
残念ながら外側の海はザブザブ、内浦が主戦場になりそうですが気になるのは北東の強風。
風裏探しになりそうです。
穴水付近から海岸線沿いに北上しますが、どこも強風で厳しそう。
あまりより好みしてると夕まずめを逃しそうなので何とか風裏になる釣り座を選んで釣り開始。
2016_09110003_R.jpg
でも釣れん・・・・
うねりに向かい風・・・・
厳しいっす。
1時間ほどであきらめて更に北上。
狙いのポイントはどこもザブザブ。
う~ん、能登を迷走・・・・
貴重な夕まづめはアタリもなく終了。
夜釣りのポイント探しスタート、珠洲まで行くか~っと大きく移動。
道中の内浦三大漁港近くで竿出してみます。
釣れてるって聞きましたが堤防は白く墨跡もわずか。
釣ってる人も全然ですっと。
仕方なく投げてシャクってを機械的にやってるとエギをひったくるような派手なアタリでアオリイカゲットです。
2016_09110004_R.jpg
2時間近くねばってしまい何とかもう1ハイ追加して目的の珠洲に向かうことに。
珠洲の漁港も堤防は白く墨跡少ないっす・・・・
まだ本格的には釣れてないみたいですね。
1時間で眠くなったので寝ました(^^;

翌朝、夜明け前に目覚めると堤防には結構の人・人・人
期待に胸膨らみますが1時間やっても2時間やっても釣れません。
来た道を帰ることにしました。
帰り道で磯場メインに少しやって小型イカを何とかゲット。
でも風強くうねりと厳しくさすがに身も心も疲れ切って早めの納竿。
気になるポイントを偵察して次回リベンジしますよ。

実は沖漬けのタレを持参していたので今回の釣果は沖漬けに(^^)
2016_09110008_R.jpg
後一晩漬けこんでいただきます。

2015年11月15日、能登島沖ボートエギング+

2015_11150001_R.jpg
最近投げ釣りより船釣りがメインになりつつあるKISUMANIAです(^^;

今日もお知り合いの船長さんにお誘い頂いてボートエギングに行ってまいりました。
晩秋のこの時期、狙いのターゲットはたくさんあって思いっきり欲張ってみましたよ。

午前6時過ぎに出船、生憎小雨がパラついてますが風も波も大丈夫のようでボートエギングできる能登島沖まで全速力で向かいます。
30分かけて到着。
早速25mのポイントから釣り開始。
沖に出ると予想以上に風が強く、船の流されるスピード速くティップランが成り立ちません。
潮も速いようで35g+20g仮面シンカーでも着底せず・・・・
そんな悪条件でも船長にアオリイカ(^^)
少し移動して釣り再開。
水深20mのポイント、先ほどより潮の流れが弱く釣りやすいっす。
ここで僕に小型のアオリイカ(^^)
手元に伝わるアタリでした。
その後もこの付近が活性高いのか連発、竿先ひったくるような派手なアタリは24cmの本日一番(^^)v

ポツリポツリながらもアタリがでて今まで一番楽しいボートエギングでした。
2時間ほどやって次は深場でスロージギングに挑戦しましょうってことに(^^)
船長にタックル借りてスロージギングの開幕。
水深60m。
底まで落としてしつこく探りましたがノーシグナル。
sさんに40cm弱の良型アジ@@
1時間ほどやってみましたがアタリなし。
風も強くなり波もでてきたので能登島近郊まで戻ってオカズのアジ&カワハギでも釣りましょ。
年代物の船竿にサビキ仕掛けでアジを狙います。
ここではsさん炸裂、20cm~30cmのアジを怒涛のように釣りまくります。
僕にはアタリはあるものの回収中に外れるパターンでさっぱりです。
ここでも1時間ほど遊んで晩御飯分のアジをゲットできたところで納竿といたしました。

イカにアジにキジハタにと美味しいお土産たくさんで大満足な釣行になりました。
船長、ありがとうございましたm(__)m
帰ってからはsさんにいただいた良型のアジをお刺身に。

脂乗って旨かった~~
今度こそスロージギングで獲物を仕留めたいなっ(^^)

2015年10月25日、能登ボートエギング+

2015_10250001_R.jpg
人生2回目のティップエギング行ってきました。
前回は海が荒れてポイントまで辿りつけずに終了(泣)
ボートエギング用の竿も買って入魂完了しましたよ。

友人の船長の友人の船長にお願いして穴水より出船。
結構大きな船でした。
全員で6名、ティップランは3人、タイラバ2人、エサ釣り1人と各々が好きなスタイルの異種格闘技戦。
午前6時前に出発。
まずは水深40mのポイントから。
前回の釣行からは夜な夜なyoutube見て勉強してから挑みました。
船長からはシャクリも上手くなったよっと褒められました(^^)v
シャクって止めて待って、落としてシャクって止めてでアタリ。
3投目で来ましたよ~~
40mから上がってくるのでかなりの重量感と締め込みが気持ちいいわ~~
2015_10250003_R.jpg
20cmくらいのグッドサイズ(^^)
タイラバには良型のナメラ連発しております。
少し移動して釣り再開。
このポイントは船長が良型アオリイカ3連発、流石です。
今度は水深浅めの25m付近でやってみよっか。
ここでは僕なりに竿先にでた変化でアワセてズンっときました。
これも20cmオーバー。
すぐに同サイズ追加、でもコイツはアタリも取れない上に全く抵抗もせずに上がってきたので最後まで流れ藻が釣れたっと思ってましたよ(^^;
このポイントでもう1ハイ追加、ボートエギング最高だね。
船長さんにタイラバやってみる?って言われて初挑戦。
2015_10250006_R.jpg
1時間ほど巻いて落として巻いて落としてしつこくやって見ましたが全く生体反応なし。
船中沈黙です。
午前9時を過ぎた頃から風が強くなりだし海も波が立ち始めて厳しい状況になってきたので午前10時前に納竿となりました。

結果
6:00~10:00 能登内浦
20cm前後アオリイカ 4ハイ

初のティップラン、手探り状態でしたがイカが釣れて良かったっす。
微細なアタリをとる繊細さ、釣れてくるイカの大きさのギャップが楽しいですね(^^)
次はタイラバで釣ってみたいな。
船長ありがとうござました。


アオリイカのガーリック醤油焼き(^ ^)

2015年10月4日、能登島沖ボートエギング

2015_10040003_R.jpg
人生初のティップランに行ってきました。

今期の能登半島ではアオリイカは厳しい状態、まともに釣れない僕にお知り合いの船長さんが優しい手を差し伸べてくださいました(^^)
晩飯はアオリイカを飽きるほど食ってやるわ~
道具はレンタル、エギだけお店で選んでもらって準備完了。
午前5時30分、夜明けと同時に出船です。
目指すポイントまでは船で30~40分、到着までにいろいろ教えてもらいワクワクです。
し・か・し、ポイントまで後10分ってところで海が荒れてきて大きなウネリ襲われ、こりゃ無理だ・・・・
しばらく待ってみるかってことで風裏になる岬の裏で釣り開始。
船長もやったことないポイントだそうです。
魚探見ながら地形のチェック、いろいろ探ってみましたが4時間、一度も生体反応ないまま船中BOZで納竿。
この状況では仕方ない、今月もう一回リベンジすることをお約束して下船しました。

2015年9月23日、能登内浦エギング

さ~ていよいよシルバーウェークの最終日、能登エギングで〆ますよ~

最近の能登外浦、人が多くて狙いのポイントになかなか入れません。
それならばってことで情報が全くありませんが内浦の漁港をランガンすることに。
珠洲まで行きました、片道2時間。
スタートは珠洲の大きな漁港、午前5時30分スタート。
墨跡、ほとんどありません・・・・
エギングする人も誰もいません・・・・・
釣れてないみたいです。
朝の時合を大事に3号エギでシャクシャク、同行のsさんに早速アオリイカ(^^)
釣れるじゃん。
僕のハートに火が付きました、シャクリも丁寧に。
30分ほど経過したころにアタリ、アワセ入れますが乗ってません。
もう一度激しくシャクってステイ、ドンっときましたよ。
これが結構いい型で17㎝ほど(^^)
でもそれっきりです、イカの数が少ないみたいですね。
徐々に南下するプランで移動です。
移動先は初めてくる磯場。
水深浅いですがイカの雰囲気ムンムン。
思った通りに釣れて1投目で14㎝ゲット。

パラダイスかっと思いましたがそれっきり・・・・・
少しうねりもあって漂流ゴミも多く難儀な釣りでした。
追加できずに宇出津付近まで更に南下、ここも全く生体反応なし。
渋いわ、能登内浦。

結果
5:30~11:00 能登内浦
14㎝、17㎝アオリイカ2ハイ

連休最終日、残念な結果に終わってしまいました(><;
今年のアオリイカ、厳しいですね。
家帰って先日の「沖漬け」で乾杯~

いや~旨い、ちょっと甘い味付けですが好評でした(^^)
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ