FC2ブログ

2019年6月30日、G杯キス石川予選 高松海岸

2019_06300005_R1.jpg
今日はG杯キス石川予選が高松海岸で開催されました。
予選も最終戦、全国から猛者が集って高松海岸は投げ釣り界の名手が集結してましたよ。
熱いバトルが繰り広げられる予定なのですが、心配なのは天候‥
列島に留まっている梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んで各地で土砂降りの様子。
高松海岸も朝方に土砂降りになり、更に悪いのは南西の強風が吹き荒れる予報。
修行決定やねー(泣)

高松海岸に到着したのは午前4時。
雨降りですね。
カッパ着込んで準備開始。
ゼッケン抽選は128番、遅めのスタート順です。
午前5時過ぎより開会式&競技説明。
2019_06300007_R1.jpg
悪天候により競技時間を短縮し、エリア分けなしで1回戦のみで争われることになりました。
競技時間は午前5時30分から午前9時帰着。
釣り上げたキスの匹数で争われます。
いよいよ競技スタート。
6:4くらいの割合で左側に向かった選手が多いようです。
僕も左側が好きなので左側にっと思ってましたが、競技スタートが後5分だったのでとりあえず駐車場正面で少し投げてみることにします。
今日のタックルはがま投競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04、タングステン30号、シロギスファイン3号8本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
遠投有利とのことなんで、投げ倒して釣ります。
シンカーホルダーは全部タングステンで武装(笑)
まずはフルキャストー♪
追い風に乗って気持ち良く飛びました(^^)
微かな生態反応、6色残しで回収。
ミニサイズのアジとピンギス1匹‥
2投目はべったりゴミゴミ(泣)
少し移動して投げてみますが、ヒイラギ。
釣れん。
周囲もポツポツ程度のようです。
100mほど移動。
ここで良型含んで3連。
ひたすら沖に投げます。
3連。
3連。
3連。
3連。
3連が続きます(笑)
これで良いのか悩みます。
釣り開始2時間で20匹ちょっと、後半の追い上げに期待しようっと。
しかし午前7時30分を過ぎた頃からは南西の風が強くなり始めて、アッというまにクーラー吹っ飛ぶほどの爆風(泣)
海も一気に荒れて大会続行不可能で午前8時に更なる時短で競技終了。

僕の釣果は22匹。
雨の中で検量が続きます。
2019_06300008_R1.jpg
30匹オーバーの選手も登場し、検量場が湧きます。
集計が済んでいよいよ表彰式。
G杯石川予選を制したのは40匹と圧巻の釣果を叩きだした大阪から参戦の森さんでした。
エリア左側最奥で5色ラインから波口までを探って釣られたそうでお見事な釣果でした。
2019_06300011_R1.jpg
全国大会へのボーダーは29匹。
リザルトです。
2019_06300012_R1.jpg

遠投が有利だったのかと思ってましたが、上位3名は中近投だったそうです。
土砂降りの中、お世話くださったスタッフの方々どうもありがとうございました。

来週は石川県加賀市片山津海岸で石川名人戦が開催されます。
お時間許される皆様のご参加お待ちしておりますね。

2019年6月23日、G杯キス野積海岸予選


G杯野積に参戦してきました。
本来なら先週開催される予定でしたが、悪天候で延期となっていました。
土曜日に下見に入っている方からは場所ムラはあるけどいいとこ入るとバコバコだぜーっと。
2回戦ボーダーは70は行くんちゃうか。
楽しい釣りになりそうだっと妄想しながら深夜の北陸道を東に車を走らせました。
野積海岸に到着したのは丁度日付が変わったころでした。
受付開始時間までおやすみなさい。

翌日、車中に潜り込んだ蚊の猛攻にあって暗いうちに起床。
空は曇天、やや西からの向かい風。
DSCN6865_R.jpg
DSCN6864_R.jpg
波も少しでてました。
これくらいの波なら魚の活性上がって更にバコバコになってるかも。
楽しみ楽しみ(^^)

午前5時過ぎに開会式と競技説明。
DSCN6863_R.jpg
参加人数は120名弱、海に向かって右側をAブロックと左側をBブロックに分けて争われ上位20%の選手が2回戦に進出できます。
今日の参加人数だと、各エリアから約10名ずつ。
いきなり狭き門。
後悔ないように釣りまくるよー
僕はBブロックのほぼほぼ最後尾からスタート。
狙いのポイントがないので、どちらにも移動できるようにエリア中央付近から竿を出すことにしました。
今日のタックルはがま投競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04、タングステン30号+自作天秤、シロギスファイン4号15本針仕掛け、エサはチロリとイシゴカイで丁度です。
いよいよ競技スタート。
最初に入ったポイントは4色付近に瀬があるのでその向こうを攻めるつもりでやや遠投。
6色ラインですぐにいいアタリ(^^)
今からバコバコとアタリ続くぞっと期待しながらゆっくり探っていきますが、それからはアタリなし。
5色入って急に重くなったので回収してみると、アタリはあったはずなのにキスの姿はなくゴミが針数だけベッタリ(泣)
周囲も同じようで素針で回収の選手多いです。
事前の情報とは全く違うようで一晩でキスが姿を消してしまった様子。
もう一度6色ラインを攻めて良型キスのダブル。
欲を出してさらに沖に投げるとゴミ溜まり‥
7色からのゴミ回収は辛い(泣)
段々とポイントが絞れてくるとゴミの少ない6色ラインのみをさぐる釣りでポツポツとキスが姿を見せてくれるようになってきました。
少しずつ移動して探り探りますが、待って待って単発が精一杯。
周囲も遠投で攻めておられる選手が多かったです。
3時間の1回戦終了。
僕の釣果は16匹。

2回戦ボーダーはAブロックが9匹、Bブロックが11匹とのことで無事に2回戦に進むことができました。

さて2回戦。
25人ほどが2回戦に。
エリアは狭くなり250mほど。
1回戦良かったというエリア右側から釣り開始。
まずは沖に投げ入れてみますが、ゴミゴミ。
こりぁアカンわっとすぐに移動。
エリア中央部から投げますがアタリでません。
周囲もポツポツ程度。この感じならボーダー10匹くらいか。
開始40分アタリなし。
うー、ヤバイよー
周りでは既に反省会に昼飯食べに行くラーメン屋の相談(笑)
そんな時、隣の角張さんに3連@@
僕はさっきまでは6色ラインを攻めてましたが角張さんは更に沖を攻めておられる様子。
針数減らしてタングステンの固定天秤に変え目一杯のフルキャストー♪
今日一番の飛距離(^^)
お、アタリ。
ん、アタリか?
うーん、多分アタリかも?
くらいの微弱な反応。
6色残して回収はなかなかサイズのキス含むダブル(^^)
それからは投げ倒してポツポツと追加。
しかしここで終了。
僕の釣果は5匹。

2回戦はエリア右側で7色ラインを攻めた選手に4連とかもあったそうで上位の選手は20匹超えとお見事な釣果でしたよ。

G杯野積リザルトはこんな感じでした。

反省すべきこと多かったです、この反省を来週のG杯高松にすべてを賭けて勝負します。
大会をお世話してくださったスタッフの皆さんどうもありがとうございました。
お声かけていただいた皆さんお疲れさまでした。

帰り道は恒例の麺活。
鱚麺組の皆さんに案内してもらって燕三条系ラーメンの名店「王風珍」さんに。


ガツンとパワーのある旨いラーメンでした(^^)

2018年10月7日~8日、第39回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権

2018_10090012_R1.jpg
G杯、行ってきました。
厳しくも面白く、楽しくも悔しい大会でした。
やっぱ、釣りって最高ですね。

G杯前日。
丁度台風25号が石川に到着した時間に、集合・・・・
土砂降りと爆風の中、出発です(汗)
IMG_2344_R1.jpg
IMG_2343_R1.jpg
今回は石川鱚酔会から4人がG杯に出場することができたので、大きな車をレンタルして愉快な仲間たちで伊良湖を目指します。
道中はG杯の話、釣りの話、エ〇話、毒舌、漫談、暴露話が延々と続き深夜の高速を爆走、アッという間に伊良湖に到着。
本来なら伊良湖表浜で開催予定でしたが、海況が悪いため伊良湖西の浜に会場を変更。
どんな浜なのかな。
到着は午前4時、少し仮眠のつもりが爆睡・・・・・
IMG_2358_R1.jpg
かなり明るくなってから浜におりました。
エリアも不明なのでとりあえず南に歩いてヤシの木の前くらいで浜に降りました。
向かい風強く、海は少しざわついてます。
早速準備開始。
今日のタックルはがま投競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04号、30号オモリ+自作天秤、シロギスファイン4号8本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
先に竿出されていた村山さんは2色でアタリ出たそうで早々にキスをゲット。
よし、キスはいると分かって元気でます。
僕は中間距離から探って5色ちょっとから探ってきます。
すぐにアタリ連発。
おるやん(^^)
いいね~
いいね~
回収もずっしり手ごたえ。
でも・・・・・
メゴチの7連@@
IMG_2353_R1.jpg
メゴチ半端ないってよ(泣)
それからも釣れるのはメゴチメゴチメゴチ。
2色以内を探ると激震とともにヘダイ・・・・
キスはおらんのか。
オモリをタングステン33号にチェンジ、針数も思い切り減らして気合いのフルキャスト。
IMG_2356_R1.jpg
向かい風のせいで全然飛びませんが、何とかピンギスを追加。
それからも力の限り投げてピンをポロポロ。
前日に竿だされた方の話ですと、遠投でいいサイズが良く釣れましたよっと。
一晩でこんなに変わるんですね・・・・
足早に広く浅く探って戻り道は近投で。
波口でピンギスがポロポロ。
釣れない遠投よりは効率よいのかな。
遠投か、波口か・・・・
悩みます。
午前で下見は終了。
新潟勢・関東勢・北陸勢でランチに。
IMG_2366_R1.jpg
旨くて安い「海鮮丼」いただきました。
それからはホテルにチェックインして温泉でまったり~♪
IMG_2372_R1.jpg
IMG_2374_R1.jpg
オーシャンビューだぜ~

さて、前夜祭。
抽選で明日の大会の組み分け。
IMG_2377_R1.jpg
僕はA組。
Gチャンプ渡辺さんをはじめ名手が勢ぞろい、普段はご一緒できない凄い方たちばかりなのでビビりながらも少し楽しみです。
IMG_2378_R1.jpg
IMG_2379_R1.jpg
美味しい料理に美味しいお酒、つまみは釣りの話。
IMG_2384_R1.jpg
IMG_2387_R1.jpg
いろんな話を聞けて楽しかったなぁ。
テンションアゲアゲで部屋に帰って明日のがま投げではなく、まくら投げでバトルじゃ~(笑)
IMG_2392_R1.jpg
ちょっと横になった瞬間眠りに落ちました。

G杯当日。
2018_10090001_R1.jpg
天気予報では風は落ちる予報、でも朝は結構な向かい風と波口で崩れる波。
2018_10090002_R1.jpg
厳しい釣りになりそうです。
早速第1試合。
競技エリアは一番北側。
競技時間は午前6時から午前8時30分までの90分。
僕はエリア中央部を釣り座に決めました。
散々悩んで、まずは遠投から探ってみることに。
いざ競技スタート。
33号のタングステンでフルキャスト~
着底してすぐにいいアタリ連発。
この距離でこのトルク感は間違いなくキスでしょ。
少し探って誰よりも早く回収。
15㎝~18㎝のキスがダブル。
昨日のキスとは全く違うやる気満々のキスです。
それからは思いっきり投げまくります。
単発が多くなかなか数がつかないと悩む僕の隣で湘南の上井さんが怒涛の4連、3連と。
凄いわ~
僕も負けじと投げますがやっぱダブルまで。
う~ん、飛距離が足りないのかなぁ~
悩みながら1回戦終了。
検量結果は、上井さんが14匹でダントツ。
続いて地元ライジングサーフの長澤さん、安倍川さんが11匹。
2018_10090003_R1.jpg
僕は8匹で真ん中くらい。

第2試合。
こっちも迷わず競技開始から投げ倒します。
沖のキスは元気良いみたいで届けばアタリでます。
それでも単発かダブル。
上井さんはやっぱ数が違う。
悩むなぁ。
釣れない僕にアドバイスしてくれました。
結構な潮の流れがあるので、仕掛けは止め気味で潮に乗せて探ってますよっと。
反対に僕はメゴチを嫌って早いサビキで探ってました。
目一杯投げて潮に乗せて探って回収すると4連(^^)v
上井様、神様です。
少しアタリが止まったタイミングエリアの右端行って遠投してみると3連、ダブルと(^^)
楽しいっ~♪
楽しい2回戦が終了。
検量結果は湘南の遠投派、駒澤さんが15匹でトップ。
村山さんと僕が13匹で続きました。

第3試合。
一番本部寄りのエリア。
風が少し強くなってきて遠投は辛そう。
でも中間距離のメゴチゾーンはツライ。
近距離狙おうか、遠投でやろうか・・・・
更に針数落として遠投でスタート。
すぐにいいアタリ入って18㎝キス。
やっぱ遠投じゃ。
素針が2回続いたタイミングで左に移動。
気合いのフルキャスト~っと思ったら力糸でプッチン。
ありゃ~
替えのスプールにチェンジ。
気合いで投げますが、今度はバックラッシュ(泣)
更にスプールチェンジ。
今度は根掛り・・
何とか外れましたが、オモリから下に誰かの高切れしたPEラインが絡んでぐちゃぐちゃに‥
僕のイケイケはダメダメに急降下。
この時間のこのエリア、キスはかなり厳しいようで1時間たっても5匹持ってればいい方みたい。
残り30分、何とか追い上げにっと頑張りますが、釣れてくるのはメゴチばかり・・・・
競技終了。僕のG杯も競技終了・・・(泣)
検量結果はこの渋いタイミングで8匹ものキスを釣り上げた村山さんがトップ。
3試合の集計でA組からは上井さん、村山さんの関東勢お二人が決勝に進出。
おめでとうございます。
B組からは地元ライジングサーフのレグナムさんこと山田さん、伊藤さんが決勝に。
C組からは我ら石川鱚酔会から米田さんと榛村さんが決勝進出。

決勝戦はこの6人が90分で争います。
2018_10090006_R1.jpg
2018_10090005_R1.jpg
米田さんが1番スタートでエリア左端に、隣に村山さん、榛村さん、山田さん、伊藤さん、上井さんのポジション。
競技スタートです。
米田さんが波口狙いで近投、ほかの5名は遠投の様子。
開始すぐに米田さんにアタリ、いいサイズのキスをキャッチ。
その後、伊藤さんに良型キス。
山田さんにもダブル。
しかし渋い様子で次がなかなか続きません。
そんな中、好調なのは米田さん。
波のヨレたポイントを選んで丁寧に探って1匹、ダブルと順調に追加。
他を引き離していきます。
メディア、ギャラリーも米田さんにベッタリ(^^)
しかし、後半になって怒涛の追い上げを見せたのは山田さん。
得意の超遠投から近投にチェンジしてからアッという間にキスを追加して米田さんと1匹差まで追い上げます。
どうなるん?
僕らの緊張も高まります・・・
エリア左端が山田さん、右端が米田さん。
お互いの状況はわかりません。
熱い90分の競技が終了。
しかしどこからもおめでとうの声が上がりません。
どっちなのか・・・・
検量の結果、9匹の釣果で米田さんが優勝。
山田さんは8匹で準優勝。
第3位は伊藤さん。
2018_10090011_R1.jpg
おめでとうございます~♪
メッチャ良い試合でした。
皆さんメチャメチャカッコ良かったです。

優勝の米田さんの今日の釣りです。
IMG_2396_R1.jpg
IMG_2398_R1.jpg
IMG_2401_R1.jpg
IMG_2404_R1.jpg
2018_10090008_R1.jpg
IMG_2418_R1.jpg
IMG_2410_R1_201810092225257c5.jpg
1回戦・2回戦は遠投で7色ラインのキスを狙っていたそうです。
3回戦も前半は遠投、後半で隣のOさんが近投での連掛を見てから近く探ってみたところダブル。
その後ももう一回ダブルと釣れたそうです。
遠投派と思う米田さんですが、実は近くのキスを狙う釣りも大好きなんですって。
優勝おめでとうございました。
最終リザルトです
IMG_2413_R1_20181009222526694.jpg

刻々と変わる波、潮の流れ、魚の活性、その時々の状況を読んで最高の攻め方を考え日頃の技術を余すことなく発揮できた者が勝者となる。
今まで以上にキス釣りが難しいと思い、今まで以上に楽しいっと思いました(^^)
いつの日か決勝戦の舞台で自分の最高の釣りが披露できますように。

お世話していただいたがまかつさん、GFGの皆様、大変お世話になりました。
お声かけていただいた大勢の皆様本当にありがとうございました。

さ~来週は「報知キス」
徳島のキス釣り勉強してきますね。

2018年7月1日、G杯キス高松海岸予選

2018_07010007_R.jpg
2018年のG杯キスの予選会もこの高松海岸が最終予選会場。
予想通り全国から猛者が集まり、今日の高松は濃い顔ぶれ(汗)
今年は好調の高松海岸、5月後半から数釣りが楽しめているようです。
昨日の下見された方からもバコバコじゃ~っとキスは濃いよっと。
残念ながら僕は仕事で福井におりましたので情報だけいただいて明日は楽しそうだねっと♪

早朝4時過ぎ、高松に到着。
すでに駐車場は満車。
海はベタナギ、風もなく絶好のコンディションですが、これだけ海が静かだとキスもビビッてすぐにいなくなっちゃうんじゃない?
ゼッケン抽選は25番、西のAエリアになりました。
こっちはどこでも釣れるよっと、主に3色~2色の魚が濃いそうです。
午前5時、開会式&競技説明。
2018_07010001_R.jpg
がまかつフィールドテスターのトシ兄貴より競技説明。
競技エリアは海に向かって左側がAエリア、右がBエリア。
競技時間は午前6時から9時の3時間、釣り上げたキスの匹数で争われます。
各エリアとも上位20%タイの14名ずつが2回戦に進めます。
Aエリアは砂浜が侵食で浜を移動できないので自転車道路に上がって15分歩いて浜に降りるウォーミングアップ付き(汗)
波もなくポイントも絞れないのでとりあえずエリアの右端まで歩こうかな。
10分歩いて右の旗の少し手前にクーラー置きました。
2018_07010004_R.jpg
5色付近に瀬があって3色が深く、2色でまた浅くなる感じ。
今日のタックルはがま投げ競技Ⅱ35-405、投げリール、PE04号、タングステンフロート27号+自作天秤、シロギスファイン3号13本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。
いよいよ競技開始。
まずは3色付近の深みを攻めてすぐにアタリ。
アタリ続いて1色ラインが入ったところで回収。
12~15㎝キス6連。
隣は10連とか・・・
2投目も6連。
針数の半分もつきません。
3投目にはダブル。
少し移動してみます。
移動先では6連、お隣さんは8連とか・・・・
う~ん釣れん。
沖を探ってみるか。
タングステンフロートのまま7色まで投げて探ってみます。
7色~6色入るところでアタリでて4連。
次は3連。
これでよいのか???
う~ん、どこでも釣れると悩みます。
とりあえずもう少し移動。
移動先でも3連とかダブルとか。
釣れないことはないが数が伸びない。
お隣さんは好調で20mほどしか離れていないのに圧倒的に数が違います。
ちょっと観察してみると・・・・
2色ラインを重点的に攻めている様子。
2色ラインにあるカケアガリに仕掛け止めてアタリを拾っているみたい。
僕も真似してみると8連(^^)
おっし、このパターンじゃ。
それからは追い上げ開始。
ポイントも良かったようで少し向こう側では新潟の名手達が大フィーバー祭を開催中。
おこぼれが僕の前にもくるみたいで数は稼げています。
残り1時間。
この頃からまた3色の深みにキスの新しい群れが入ったようでバコバコ。
最高9連までいきました。
最後までこの場所で粘って競技終了。

検量の結果、僕の釣果は78匹。
2018_07010005_R.jpg
Aエリアはかなり釣れたようでトップは新潟の池田さん98匹。
遠投でも数釣れたそうです。
ボーダーは71匹まであがって冷や冷やもんでしたが、何とか2回戦に進出。
Bエリアは少し渋めでボーダー44匹とのことでした。

さて2回戦。
駐車場正面が2回戦のエリア。
28名が参加。
上位4名が全国大会への進出できます。
精一杯やれることをがんばってみます。
スタート抽選は5番と好位置。
去年は左側で沈没したので、今回は右側に釣り座を構えてみました。
2色付近に変わった波が立つので良さそうに見えました。
競技開始。
2色ラインからアタリでて1色で連発。
8連からスタート。
いいね~
少し左に投げると素針・・・
うそっ・・・
僕のクーラーの位置より20mほど右側が良いようでこの付近で6連。
太陽がでて海の中が見えるようになるとこの付近は2色付近に深みがあって、1色で浅くなっているようです。
この1色の浅瀬の際でキスが周るようでアタリがでるまで待ちの釣り。
テンポは悪いですが、1匹掛ると次々にキスが掛ってくるイメージで5連、4連となかなか好調。
アタリがでるのも信じて待ってキスを追加していきました。
途中かなり渋くなる時間ではじっくり待ってのストレスたまる釣り。
エリアの端なのでほかの情報がなく自分の釣りを信じて2時間がんばりました。

2回戦の検量結果は45匹。
2018_07010006_R.jpg

全員の検量が終わっていよいよ結果発表。
2018_07010009_R.jpg
優勝は53匹の釣果で新潟の池田さん。1回戦もぶっちぎりの釣果で完全勝利でした。
近投も遠投もお見事でした。
2位は僕、45匹。1色のキスをネチネチと(^^)
第3位は湘南の渡辺さん、スタートは10連を連発とロケットスタートだったそうです。
第4位は米田さん。後半4色ラインのキスを見つけてからの追い上げがすごかったそうです。
昨年に続いて連続の高松から本戦に出場、さすがですわ~♪
最終結果です。
2018_07010011_R.jpg

秋の伊良湖、がんばってきます(^^)v
大会運営されたがまかつ様、GFGの皆さまどうもありがとうございました。
大会中お声かけていただいた皆様、ありがとうございました(^^)

さて次週も高松でフィッシャーズさんのスーパーカップ投。
楽しみです。

2018年6月17日、G杯キス柿崎中央海岸予選会

2018_06170005_R.jpg
さ~今週はG杯予選会、新潟の柿崎中央海岸で開催です。
土曜の朝、夜勤を終えてから出発。
上越までは200㎞ちょっとなので午前のうちに到着。
石川は晴れてましたが、上越は雨・・・・
まずはいつもの「ラーメンショップ」で腹ごしらえ。

柿崎中央海岸に到着したのは正午過ぎくらいでした。
すこしうねりの残るコンディション、釣れるのか・・・
まずは左のエリアから探ってみましょうっと、エリア際になるだろう川のそばから釣り開始。
波口はザブザブなので少し沖めを狙って3色付近から探ります。
ご一緒してくれたエブさんにアタリがでたそうで、回収してみると良型キスの5連@@
4色ラインでアタリでるそうです。
僕も4色探って20㎝オーバーのダブル(^^)
でも明日はサイズの関係ないG杯、少し微妙。
ゴミも多いですが、ゴミをかわせれば良型キスの7連(^^)

楽しいわ~~
ここで足止めても仕方ないので移動しながら探ります。
ゴミが多いですが、4色~2色でポツポツ、やっぱ川側が楽しかったなぁ~
次は右エリア。
こっちはかなり魚が釣れるそうで朝は4色~2色でバコバコでしたよといろいろ情報頂きます。
期待で探りますが・・・
アタリなし・・・・
ホントに釣れるの・・・・
全然生体反応なし・・・・
かなり奥まで歩いてやっとでキスのアタリ、じっくり待って3連。
砂が抜けて石が出てるところでは根掛り連発、難儀な釣りじゃなぁ~
午後5時くらいまで探ってなんとなくの雰囲気がつかめたところで納竿。
30匹ほどの釣果でした。

夜は近くの宿に。

近くの温泉でまったりして近くの居酒屋でキンキンに冷えた旨いビールで乾杯。
飲んで食って宿に戻って広めの部屋の布団でごろり、幸せです。
そのまま夢の中に・・・・

さてG杯当日。
午前4時前に会場入り。
昨日より波は落ちてます。
状況変わってるかな。
ゼッケン抽選は89番、右エリアになりました。
午前5時過ぎ、開会式&競技説明。
2018_06170001_R.jpg
がまかつテスターの田中さんから競技説明。
競技時間は午前5時45分から午前8時45分までの3時間、釣り上げたキスの匹数で争われます。
140人弱の参加者で上位20%タイが2回戦に進出できます。
更に2回戦進出者の上位5名が全国大会に出場と狭き門、がんばりますよ~
昨日の感じだと最奥の旗の際かなってことで足早に向かいました。
歩きにくい浜にゼーゼーですわ。
2018_06170003_R.jpg
旗の際には太平洋の猛者がたくさん・・・・
いよいよ競技開始。
昨日アタリが多かった2色ラインを攻めますが、根掛・・・(泣)
ん?
少し場所がずれているみたいです。
20mほど移動。
こっちは根掛かりなく波口まで探れます。
2色はアタリなく、1色~力糸の距離でアタリ。
16㎝ほどのキス。
この付近を攻めて4連、3連と好調なスタート。
序盤戦は終始こんな感じで釣れ続きました。
残り1時間でパタっとアタリが止んでたまにポツリポツリと。
魚が入ると一気に釣れて、いなくなると一気にアタリなくなる面白い浜です。
3時間の競技終了。

僕の釣果は31匹。
こちらのエリアは僕のいた旗際と真ん中のワンド付近が好調だったみたいです。
2回戦のボーダーは24匹、無事に2回戦に進出です。
向こうの左エリアも同じくらい釣れてボーダーも同じくらいだったそうです。

さて2回戦。
駐車場正面が競技エリア。
スタート順は8番。
狭いエリアなので2時間探り歩くつもりで左端からスタート。
2色ラインにゴミが溜まっているので1色~力糸を探りますが、フグフグパラダイス。
2投で見切って右に移動。
移動先も芳しくなく競技エリア真ん中が爆釣しているみたい。
早速密集に潜り込んで竿出します。
右のSAIさんに4連、左のK川さんに5連、真ん中の僕にはアタリなし。
あれ?
O本さんに6連、H川さんにも4連、僕にはアタリなし。
あれあれ?
1色に入ったところから小砂利が混じるのでその付近がポイントとみて仕掛けを止めたり誘ったり、でもアタリなし。
あれあれあれ?
段々周囲も釣れなくなって密集もばらけます。
少し左に50mほどのポイントが炸裂。
早速僕も仲間入り。
隣のS原さんに良型キスダブル。
隣のA塚さんにもキス。
僕には・・・・
・・・・・・
・・・・
これ以上は涙でPC画面が滲んで書けません(泣)
結局1度もアタリなし。
これほど長い2時間、人生で初でしたわ。

すべての検量が終わっていよいよ表彰式。
G杯キス柿崎中央海岸予選会を制したのは、石川鱚酔会 西向雅之さん41匹。
凄いよっ、この釣果。
準優勝は柏崎サーフの岡本さん。
第3位は谷澤さんでした。
2018_06170006_R.jpg
皆さん凄いね。
リザルトはこちら。
2018_06170008_R.jpg

帰り道は、普段これない辺境のラーメン屋「あさひ楼」に。


やっぱり迷った・・・

よし、次は気分入れ替えてG杯高松、がんばります。
プロフィール

rin

Author:rin
旅とグルメのブログのようですが‥投げ釣りもしてます(汗)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ