FC2ブログ

2019年5月25日、シマノジャパンカップ投セミファイナル北日本大会

2019_05260010_R1.jpg
シマノジャパンカップ投セミファイナル北日本大会に参加してきました。
昨年の新潟大会で荒れた海から苦戦の末に何とか1匹を引きずり出して久しぶりのセミファイナルの権利をいただきました。

大会当日は何とか有休出たものの、前日の下見分は休み貰えず(泣)
どうしても下見で竿出したかったので、夜勤明けにして強行することに。

大会前日の24日(金)
夜勤明けで石川を出発し、新潟県胎内市村松浜に到着したのは午後2時過ぎ。

天気は良いものの西からの強風です。
駐車場でお会いした皆様に状況お聞きすると、魚は3色以内で小型がパラパラ程度、たまに良型が混じるそうでこの良型入れないと重量戦は厳しいかもと。
丁度準備してたらシマノのスタッフさんがお見えになり競技エリアの旗を立てるそうです。
今回はきっちりと測ってエリアを決めるそうで、駐車場を真ん中に左右に300mずつ。
結構狭いのね。

競技エリア左側から探ってみます。
午前は波もなく手前でパラパラ釣れたとのことですが、午後になってからの強風で手前は濁り入って波もやや上がってます。
3色以内を探りますが、アタリなし。
あちこち探りますが全く釣れません。
30分ほどやってるとアタリも分からず小型キスが釣れた程度でさっぱり(泣)
それでも集中力保って競技エリアを探っていきます。
ポイントにはまったのか、たまたま魚に出会ったのかはわかりませんが、3色~2色ラインでポロポロと釣れるようになってきました。

魚は右側のほうが濃いのかな。
型の良いキスも混じるそうですが、海が荒れたせいなのかポイント選択が悪いのかさっぱりです。
午後5時過ぎた頃からは風も弱くなってきたので、遠投で探ってみます。
競技エリア真ん中付近、7色ラインで小型キスが釣れてきます。
もう少し数がつけば遠投もいいかもね。
日没近くまで釣りして下見終了。

結局ツ抜けもできなかったですわ。

近くの温泉でまったりしよっと♪
いろいろと噂の「西方の湯」に。


大きな親鸞聖人が迎えてくれます。
温泉の湯は絶品らしいですが、入るのがちょっと怖い店構え(苦笑)


店内は更にカオス(笑笑)
骨董で溢れてましたよ。
温泉は評判通りのとろりとした上質なお湯、だと思います。

晩飯は車中泊予定の道の駅の前にあるラーメン屋。

「濃醇ラーメン」いただきました。
レアチャーシューに炙りチャーシュー、煮卵と豪華トッピング。
魚介系ダシな濃厚ラーメンでした。
明日は頑張るよっ。

25日(土曜日)、セミファイナル北日本大会
早くに寝たので朝は夜明けとともに目覚めました。
することないので大会会場まで来て、浜の散歩。
海はベタナギ、風もなくコンディションは抜群。
2019_05260011_R1.jpg
釣れそうな感じ。
早くに到着した皆さんとワイワイやってる間に良い時間になって準備開始。
遠投を捨てることにして竿はキススペシャルCX+、オモリは25号の固定天秤、掛けキス4号10本針仕掛け、エサはチロリとイシゴカイで挑戦です。

午前8時、開会式と競技説明。
ワンブロック性。
参加は17名、上位4名がファイナル進出できます。
よし、がんばるよ。
クーラーチェック後、すぐにスタートです。

1試合目、8:30~10:00
昨日の下見の状況では、断然エリア右端のワンドが好調のようです。
型が良いキスが多く混じるそうですが、定員4名ってとこかな。
僕のスタート順は12番、無理だねー(泣)
2番人気はエリア左端のワンド。こっちを狙いに行きますが、良いところは取れませんでした。
ま、人の少ないところを拾いながら釣ろうかな。
いよいよ競技開始。
3色からズルズル引いて2色でアタリ、ピンの3連。
次はマイクロ単発。
ワンドの中心部では6連とか4連とか。
ええなぁ。
少しずつ歩いて探りますが、全くアタリなし。
周囲もピンがポツリポツリ程度。
魚薄いなっと。
アッという間に競技終了。
検量場で他の人の釣果見てビックリー
右のワンドの人気ポイントは良型混じりで好調。
トップのデカイキス混じりの関戸さんの釣果は圧倒的でしたよ。
僕のは無かったことにしてください(泣)

2回戦、10:30~12:00
今度はスタート順が早いので、走って走って1回戦の激アツポイントに乱入。
しかし祭りは終焉・・・
魚は散ってしまってアタリは散発でしたが、たまにマシなサイズが入ってポツリポツリ。
一度も移動せずに最後まで。
なんと朝は不発の左ワンドが炸裂してたそうです。
うー、釣りって難しい‥

第3試合、12:45~2:15
今回も人気の左ワンドには入れず、右側から釣り始めることに。
いろいろやってみますがアタリは出ません。
少し沖の4色ラインを探ってみるといいアタリで18cmほど。
その付近で素針なく釣れますが、小さい。
移動して探る気力もなく最後までグタグタやって終了しました。

全ての検量が終わってファイナルに進出できるのはこの4名。
2019_05260014_R1.jpg
優勝は早坂さん。
石川鱚酔会から桝村さん、島野くん、関戸さんと3名も@@
お見事でしたー♪
シマノスタッフの皆様ありがとうございました。
大会中お声掛けて頂いた皆様どうもありがとうございました。
2019_05260015_R1.jpg
反省点も見つからないほどの下手な釣りをしてしまいましたが、得たものも少しあったので明日も新潟の海で遊んでみようと思います。

2018年6月9日、シマノジャパンカップ新潟大会


シマノジャパンカップ新潟大会に行ってきました。
上越の柿崎中央海岸で開催されていた頃は良く行っていたのですが、村松浜に変わってからは初めての参戦です。
この村松浜、シマノでもダイワでも非常に重要なウェイトを占める浜、良く勉強することが大事になりますね。

土曜日が大会ですが、金曜日から休みが貰えたので広い村松浜を探って歩くつもりで木曜日の夜に出発。
高速道路が深夜割引になるタイミングを待って新潟入り、途中の道の駅で朝まで仮眠。
村松浜に到着したのは午前7時前くらいでした。
さー、時間はたっぷりあるし浜の端から端まで探るよー
まずは北側から。
丁度、右往左往さんがおられたのでご一緒に(^^)
開始一投目、5色ラインでいいアタリ、17cmほどのキス。
連にはなりませんが、2投目にもきました。
それからはさっぱり。
右往左往さんは3色~2色でアタリ出るそうで、2連~3連と釣り上げられております。
僕も釣れることは釣れますが、小さい、渋い‥
波口にもキスはいますが、数はあまり多くなさそう。
少しづつ探って歩きますが、これといって変化もなく駐車場前まで。
次は南側を探ります。
奥から帰って来られる方はまあまあ釣れますねっと。
僕も少しづつ探って歩いて、暑いし疲れたぁー
エリアの最奥はこの付近かなっとところまで一気に向かって投げてみます。
おー、この付近は5~4色でもアタリます。
それほどたくさんはアタリませんが、先ほどよりは断然アタリ多くキスも波口サイズより大きい。
何となく浜の雰囲気がわかったところで、新潟のラーメン師匠に誘っていただき名店「あしら」さんに。

濃厚味噌にパワーのある太麺、レアチャーシューと極上の逸品。石川じゃ旨い味噌ラーメンには出会ったことないですわ。

この頃には気温も上がって暑い、浜に戻る気力もなく近くの温泉に。
塩っぽい温泉で体を休めて、大広間で横になったら2時間ほど寝てしまったようです(^^;
暗くなるまでまったりして車に戻ってまた爆睡(^^ ;

さて、いよいよシマノジャパンカップ新潟大会。
朝まで一度も起きずに熟睡、身体も復活。
会場は活気に溢れてます。
さすが新潟、関東からの方々多いですね。
早速受付してゼッケン抽選。
52番、南側のAエリアでした。
本部より南側がAエリア、北側がBエリア。
午前5時30分、開会式&競技説明。
2018_06100001_R.jpg
今日の参加人数は約180名、各エリアとも上位20%が2回戦進出できます。
ゼッケン順にスタート。
迷いはなく、出来るだけ奥から釣り歩くつもりです。
しかし、皆さん考えは同じようで足の遅い僕が到着する頃には最奥は満席、すでに競技開始時間も過ぎてました。
手早く準備して釣り開始。
今日タックルは、遠投も視野に入れて35号に0.4号のPEで挑戦です。
魚が小さいので、小針にタングステンフロートで投げてみます。
5色ラインから探って、すぐにアタリ。
4色いっぱいまで探って3連。
少しマシなサイズが入ります。
次も3連、次はダブルですがまあまあの型。
周囲もポツポツ釣れているので、朝のタイミングを大事にと手返し重視で1時間ほど。
6色投げてもアタリでて、その付近のキスが少し大きいので集中的に攻めてみます。
一度、6連ってのがありました。
我ながらビックリ。
残り1時間でアタリが止まり、選手の移動もあまりないので戻りながら状況を確認して歩くことに。
あちこちのポイントで20匹弱は釣れているそうです、後は型の勝負になりそうです。
あれこれしているうちに競技時間終了。

1回戦の検量結果は439g、数はいませんが型に恵まれたようでラッキーでした。
2018_06100003_R.jpg
Aエリアトップ通過は湘南の真間さん、563gとダントツ(^^)
僕も2回戦に進出できましたー♪

2回戦進出はAエリアから勝ち抜けた18名とBエリアから勝ち抜けた14名の合計32名。
セミファイナルへの切符は9枚。

いよいよ2回戦開始。
天気予報通り、午前9時くらいから北東の強風が吹き、海は一気に荒れ模様。
2018_06100002_R.jpg
これくらいなら何とかなるのかなぁっと甘く見てましたが、潮が速くてオモリは流れる、ゴミが多くてガイドに詰まると散々。
僕も始めに入ったポイントは流れが速くて厳しい感じ、それならばと3~2色の瀬の内側を攻めてみますがアタリなし。
残りも1時間。
流れの少ないポイントを探そうと移動。
移動先はさっきよりマシな感じ。
でも周囲の人も釣れてないそうです。
それならば、出来るだけ投げてみようっと。
33号とショートアームのタングステンに針数減らして渾身の遠投。
アタリも分からず小型キスが1匹ついてました(^^)
やったぜー♪
残り10分、2匹目を狙いますが都合よくはいきませんわね。
競技終了。

2回戦の検量も済んでいよいよ表彰式。

優勝は我らが石川鱚酔会の高田さんでしたー♪
この渋い海から良型キス、お見事でした。
僕も何とかセミファイナルのチケットいただきました。


2回戦は激渋のようで釣果あった方は全員セミに進出できたそうです(^^)

大会運営のシマノスタッフの皆様、お世話になりました。
お声かけてくださった大勢の皆さんありがとうございました。
新潟の師匠、2日間お付き合いくださってありがとうございましたm(__)m
また遊んでくださいね♪
2018_06100004_R.jpg

さー、来週も新潟。頑張ります。

2018年5月26日、シマノジャパンカップ北陸大会

2018_05260003_R.jpg
今日は福井県三里浜でシマノジャパンカップ北陸予選が開催されました。
なかなか都合つかずしばらくご無沙汰のジャパンカップ三里浜だったので、昨日は無理矢理有休とって下見して準備万端で今日を迎えました。

三里浜に到着は午前4時30分。
昨日はベタナギでしたが、今日は不思議なウネリが入ってます。瀬の周りはサーファーさんがいます。
下見の状況だと、浜もテトラ帯もそれほど状況変わらずで浜の奥で良型多く、手前の川付近は数がでるけど型がでない感じ。
重量勝負なので良型狙っていこうっと。
魚もそれほど濃くない感じだったのでボーダーは200g半ばくらいかなっと。

さて、午前6時開会式。
2018_05260004_R.jpg
今日の参加者は110名、2回戦に進出できるのは20%の22名。
最終的にセミファイナルに進出できるのは7名。
僕のスタート順は78番。
とりあえず浜の奥を目指して歩くつもり。
最奥を目指しましたが20分歩いて力尽きました。
昨日の朝は釣れんかったけど、午後から下見された方の話ですとこの付近もかなり良型交じりで良かったよっと。
今日のタックルはキススペシャルCX+、テクMG、PE06号、山本Vシンカー25号+自作天秤、掛けキス4号10本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
昨日は2色以内が良かったので、その付近を探りますがアタリなし。
周囲もアタリないみたいなので、少し奥に移動。
こっちは移動後すぐに激震入って23cm(^^)
その後もピンがパラパラっと釣れます。
魚は薄いようで30分ほどで止まりました。
最奥が気になりましたが、奥の密集はすぐにバラけたので釣れてないと判断し本部方向に戻る向きで移動。
途中、新潟の名手がパラパラっと釣りあげていたので隣でやらせてもらいますが、小さいアタリ入るものの針には掛からず‥
近くの夏目さんは朝から好調ですでに十数匹とのこと。お見事です。
更に戻ったところでセニョさんとぎっちょさんを発見。
お二人とも渋いながらもポツポツ釣りあげておられますが、僕にはアタリもでません。
すでに1時間以上アタリなし‥
更に戻って昨日好調だった川周りに。
こっち数は伸びているようで、15~16匹とのこと。
無理矢理お邪魔させていただきます。
K森さんは2色以内を攻めてポツポツ釣れますよっと。
チーム投げ北の坂元っちゃんも4色~2色でアタリますよっと、僕の目の前で3連。
僕の1時間30分かけて釣った魚を数投で超えていただきました。
少し沖めを探ろうと5色ラインから探ります。
4色入ったところでアタリ、小型のキスでしたが久しぶりのキスにちょっと嬉しい。
それからはさっきの不調が嘘のように3連、ダブルと釣れてきます。
しかしここで無念のタイムアップ。

検量結果は12匹で286g。
2018_05260005_R.jpg
200gは後半40分の釣果ですわ(^^;
続々と検量に来られます。
今年の三里浜はテトラ帯のキスが良かったみたいで数もサイズもでてました。
三里浜、難しいわー
2回戦ボーダーは325g。
ちなみに250gで50位ほどとのことなので250g~300gの方がたくさんいるみたいですね。
2回戦進出者はこの方々。
2018_05260006_R.jpg

僕は用事で買い物に。
岡惣かまぼこ店のはんぺん、旨いと評判らしいです。
今回はごぼ天、はんぺん、ばくだんの詰め合わせを(^^)
2018_05260007_R.jpg

来週は鳥取にお邪魔させていただきます。
たくさん釣れるといいな。

2017年9月9日、シマノジャパンカップ関西大会

2017_09100007_R.jpg
今年初のシマノジャパンカップに参戦してきました~♪
数年ぶりの葛野浜です。
9月の葛野浜は厳しいよっと事前情報通りの厳しさ、それでも釣れるキスは少ないですがキスはいます。
しっかりポイントを見極めた選手に女神が微笑んでくれたようです。

金曜の仕事が終わってから出発。
どすこいのケンさんと京丹後葛野浜に向かいます。
車に乗って2時間、夜食行きますか(^^)
敦賀の屋台ラーメンにレッツゴー。
敦賀名物の屋台ラーメン、現在は「池田屋ごんちゃん」、「おかや」、「赤天」、「まごころ」の4店舗。
すでに3店舗は食べたことがあったので、最後の「まごころ」でフルコンプ(^^)
まずは、屋台から屋内店舗に移ってさらに人気のラーメン屋「金太郎」。

すでに午後11時ですが満席です。
おすすめは「金太郎ラーメン」

さすが店名を冠したラーメン、自信が漲る一杯。
見た目はちょっと濃い目の醤油ラーメン、でも予想上にさっぱりで旨みが強い。
旨いラーメンでした。
2杯目は「まごころ」

こちらは敦賀屋台ラーメンの王道の豚骨醤油スタイル。

あっさり味、飲んだ後とか2軒目のラーメン屋に良いかもしれませんね。
ラーメンを熱く語りながら若狭梅街道を西に。
京丹後葛野浜に到着は午前2時過ぎでした。
少し仮眠。

朝、午前4時前から参加者が続々と到着し駐車場はにぎわってきます。
まだ暗くて海は見えませんが風もなく波もなくコンディションは良いようです。
2017_09100005_R.jpg
しかしこの9月の高水温時にベタナギ、魚は厳しいでしょうね。
葛野浜の近況を聞いてみると、先週の日曜は荒れ模様ながらキスはそこそこ釣れてたそうですし、昨日も下見された方はそこそこアタリでますよっと。
午前5時30分、開会式&競技説明。
2017_09100001_R.jpg
2017_09100002_R.jpg
魚が薄く、状況悪いので競技時間競技エリアが変更されます。
競技時間は午前6時から午前10時の4時間一発勝負。
競技エリアは小天橋海水浴場から浜詰海水浴場までの約6㎞@@
昨年同様だそうで皆さん普通のリアクションでした(^^;
さて、魚が薄いようなので重量勝負なら大きい魚が有利。
箱石方面に歩くことにしました。
40分かけて岩場まで歩こうと思いましたが、箱石手前の大きなワンドの入り口で不自然な波が立つポイントを発見。
3色付近に浅瀬があるようです。
この浅瀬周りの瀬肩を狙おうっとクーラーを置きました。
今日のタックルはキススペシャルCX+、投げリール、PE06号、宮島オモリ23号+自作天秤、掛けキス4号10本針仕掛け、エサはイシゴカイで挑戦です。
まずは5色ラインから探ってきます。
4色から海底に変化があって結構なカケアガリ。
サビキが重くなるところで仕掛けを止めるとプルっとキスのアタリ。
しばらく追い食いを待ってみましたがそれっきり。
回収してみると13㎝ほどのピンギス。
周囲も皆さんもポツポツっとキスを釣っておられます。
しばらく探ってみましたがアタリないので箱石方面に。
途中でお会いする皆さんも1匹か0匹。
箱石の手前の岩場付近でねじさんを発見。
隣でやらせてもらいます。
ねじさんは1色付近のキスを狙っているようで上手にキスを釣り上げてこられます。
お隣の徳島の黒井さんにも良型キス。
やはり1色以内の波口を狙っておられるそうです。
僕もあっちこっち手前の溝を探りますがノーシグナル。
キスの群れがさっと通ったときにパタパタっと釣れるみたいです。
30分ほど粘りましたが、奥の箱石の岩場に心惹かれて行ってみることに。
2017_09100003_R.jpg
一見釣れそうですが、水深浅いっすね~
能登の釣りのように根の際をタイトに探るとチャリコにフグ、ベラっと外道ブラザーズ・・・
遠投で根の先端付近を攻めるとキスっぽいいいアタリ。
でもこの水深でこの根はかわすことはできず回収中に根掛り(泣)
さらに浜詰方向にっと思いましたが、すでに午前9時。
帰りの時間を考えて一旦本部方向に戻ります。
本部前に佐織さんと発見しお隣で投げさせてもらいます。
朝は好調で7~8匹の釣果あるそうで型のいいキスも2匹ほどっとさすがです~
30分ほどの間に上手にキスを追加されておられました。
競技終了。

厳しい釣りでした。
でも検量所には長い検量の順番。
皆さん釣り上げておられますね~
僕なんて・・・・(号泣)
2017_09100004_R.jpg
11gっす(泣)

いよいよ表彰式。
2017_09100011_R.jpg
シマノジャパンカップ関西大会を制したのは磯の浦101の武之森さんで圧巻の316g。
箱石の岩場が釣り座だったそうです。
準優勝はライジングサーフの長澤さん274g、小天橋の最奥での釣果。
第3位は石川鱚酔会の若宮さん、244g。
武之森さんと同じ箱石が釣り座だったそうです。
皆さんこの厳しい状況でさすがの釣果、素晴らしいっす。
2017_09100012_R.jpg
セミファイナル進出の11名です。
2017_09100008_R.jpg
抽選会を制したのは石川鱚酔会の中田さん、松阪牛1㎏。
2017_09100014_R.jpg
すき焼きパーティーに呼んでください~♪

先週の2匹、今週の1匹と釣れないキス釣りが続いてキス釣りが嫌いになりそうじゃ・・・
帰りの車で凹んでいたら、やまたかさんより高浜の三松海岸でバコバコですっと。
帰り道だし僕らも向かいます。
その前に昼飯。
宮津まで戻って「麺家チャクリキ」に。
京丹後で食べログでかなりの高ポイント。
なかなか前衛的なラーメン屋で多くのメニューを展開されております。
かわゆい店員さんのおすすめで「丹後ブラック」

予想通りの見た目と予想通りのお味でした。
次回は普通のラーメン食べてみたいっす。

食後は三松海岸に。
2017_09100015_R.jpg
やまたかさんはすでにクーラー満タンで帰られた後でした。
詳しいポイントをお聞きして僕らも投げてみます。
膝下くらいの浅いポイント、1色ラインでいいアタリ連発(^^)
サイコーっす。
小型キスながらいいアタリくれますね~
2017_09100016_R.jpg
ここも群れに当たれば15㎝前後が7連、8連っときましたが、それ以外はミニガッチョの巣。
なかなか手ごわい。
海よりも背後でBBQしている超絶ビキニのおねえさんが気になって釣りに集中できません・・・
1時間ほど釣って良いアタリを堪能して納竿としました。

帰りは得意の寄り道ツアー(^^;
敦賀の魚市場で「トロサバの開き」
2017_09100018_R.jpg
これ旨いです。
おまけに「レンコダイ」も(^^)
気前のよい店員さん探して値切ると半額くらいで買えます。
帰りは魚の開きでクーラー満タンでしたわ(^^;

今週末はGFG福井が主催の投げ釣り大会が三里浜で開催されます。
今年の三里浜、良い感じで釣れてるそうで楽しみです~♪

2016年5月21日、シマノジャパンカップ中四国大会

2016_05230010_R.jpg
今年のトーナメントの初戦「シマノジャパンカップ中四国大会」に参戦してきました。
ちょっと遠いですが今回は嫁さん同行で山陰観光を兼て大会参加、釣りも楽しいけど観光地をじっくり巡ることができて山陰の良さを体感できましたよ。

金曜の仕事を終えてから出発。
福知山までを高速、それからは国道9号で鳥取入り、鳥取からは山陰道を走って米子のコースで450㎞約7時間で弓ヶ浜に到着。
朝まで仮眠zzz・・・
2時間ほどぐっすり寝て会場に向かいました。
今年の「シマノジャパンカップ中四国大会」、参加者は222名だったかな。
2016_05230001_R.jpg
お知り合いにご挨拶させていただき弓ヶ浜の近況をお聞きしました。
魚のサイズは小さいようですが中近距離で数はそこそこ釣れるそうです。
エリア東より西の奥が良いみたいです。

午前5時30分、開会式&競技説明。
2016_05230003_R.jpg
競技時間は午前6時から9時帰着。
エリアは西に2㎞、東に1.5㎞と広大です。
222名参加なので2回戦に進出できるのは20%の45名。
ここまで車を走らせたんだし、フルセット闘いたいものです。
僕のゼッケンは20番、なかなかの好スタート位置(^^)
とりあえず情報通りに西に歩きました。
波はなく海の状態も良くわかりません。
2016_05230004_R.jpg
15分ほど歩いた通称「誘導灯」前で不自然な潮目、丁度競技スタート時間でしたのでここで竿出すことにします。
今日のタックルはKISU Type-R AX、投げリール、PE04号、タングステン30号+自作天秤、掛けキス5号8針仕掛け、エサはチロリ+イシゴカイで挑戦です。
背中からの風で仕掛け絡みがちょっと心配。
6色付近に投入して底を探りながらサビいてきます。
5色入ったところでアタリ。
連発、でもアタリは小さく魚は小型の様子。
4色まで探って回収。
15㎝~12㎝にキス4連。
同じ感じで探ってみます。
6色~4色にアタリ多く、4色以内は薄い感じ。
その付近を攻め続けキスを追加。
アタリなくなれば移動して歩きます。
6色~5色ラインのキスを拾って歩きました。
太陽が見えてから海底の様子もわかるようになりあの付近が良さそうだなっと思うところでいいサイズも混じり好調に釣れて思ったように魚釣れて気分良かったなぁ~(^^)
で、一回戦終了。

検量結果は1044g。
2016_05230006_R.jpg
エリア西奥はかなり好調だったとのことで大勢の選手が大きな袋にキスたくさん入れてました。
集計結果が発表され1回戦は突破できました。
2016_05230007_R.jpg
久しぶりのジャパンカップ1回戦通過にうれしかったです~

さて、2回戦。
45名から13名の選手がセミファイナルに。
狭き門です。
エリアは狭くなりましたが、僕が1回戦で竿だしていたポイントはエリア内に入っているようです。
1回戦終了間際も好調に釣れていたので迷わずそのポイントに向かいました。
この頃から風向き変わってやや東寄りで向かい風、結構な強風。
7色~5色のキスを狙って渾身のキャストを繰り返しますが、風が強く糸ふけ大きくでているせいかアタリがぼけてよくわからなくなってます。
回収するとピンが2~3匹ついているパターン。
アタリがわからないので無駄な釣りだとわかっていても同じパターンを繰り返すスタイルで1時間。
やっぱこれじゃダメだっと足でポイント探して回りますがどこも同じ状況。
1回戦の釣りが忘れられずまたも同じポイント同じことを繰り返す始末・・・
釣れないのに・・・
結局競技終了までこんな感じで2回戦終了。

結果は聞かないでください・・・・

最終集計が終わって表彰式。
優勝は圧巻の900gオーバーで釣果で西向さん。
2016_05230008_R.jpg
2位とほぼダブルスコアの驚愕の釣果、流石です。
サンライン0.2号スモールゲームで向かい風の中、遠投でキスを探ったそうです。
ホントに素晴らしい釣果で優勝おめでとうございます。
上位13人の皆様がセミファイナルの権利を獲得。
2016_05230011_R.jpg
石川鱚酔会からは島野さんもセミゲットされておりました、おめでとうございます~♪
2016_05230009_R.jpg
最終結果です。

午後からは山陰観光の第一弾として「出雲大社」行ってきました。
10年ほど前に一度行ったことがあったので薄い記憶を頼りにむかいます。
出雲のkouさんに教えていただいた美味しい出雲そばのお店「羽根屋」さんに。


つるつるっとした喉越しの良い割子そばを美味しくいただきました♪
それからは出雲大社を散策。


背後の山々に囲まれ神聖な雰囲気で歴史の重みを肌で感じました。

さーそれからは翌日のG杯尾浜に参戦するべく車を更に西に走らせました。
次に続きますね・・・・・
プロフィール

rin

Author:rin
旅とグルメのブログのようですが‥投げ釣りもしてます(汗)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ