FC2ブログ

2019年6月8日、ダイワキスマスターズ富山大会

2019_06080005_R1.jpg
ダイワキスマスターズの富山大会が島尾海岸で開催されました。
島尾海岸は綺麗なところで好きなんですが、大会となるとかなり難しい浜。
ここ数年はエントリーしてませんでした。
今年は苦手意識を克服しようと土砂降りの雨、強風、ずぶ濡れの悪コンディションでしたが頑張りましたよ(^^)v

大会前日。
夜勤明けで島尾海岸の下見に向かいます
深夜未明から降り出した雨、北東の風‥
島尾に行かずして悪コンディションが想像できます・・・・
ダメもとで海の状況だけでも見に行くつもりで出発。
島尾に到着したのはお昼前。
土砂降りっす(泣)
風がボーボーです(泣)
ザブザブです(泣)
ニゴニゴです(号泣)

2019_06080002_R1.jpg
雨雲レーダー見るとしばらくで雨雲が抜けそうなので車中で待機。
30分ほどで雨が小降りになったタイミングで浜に降りました。
なんと、浜には釣りしてる強者が@@
さー、僕も釣り開始。
波が高く手前3色は濁り入って釣れそうになさそう。
投げてみました。
5色ラインに着底後、すぐにアタリ(^^)
2019_06080003_R1.jpg
4色半ばまで探って回収してみると18cm含んで3連。
次もダブル。
手前を探ってみますがゴミがついて釣りにならず。
6色~5色でアタリでます。
バコバコではないものの素針ないペース。
1時間ちょっとやって植物園裏に移動。
こっちは厳しい。
ゴミだらけやし、アタリもない。
30分ほど投げてやっとピンギス1匹。
厳しい釣りになりそうです。
土砂降りになってきたので納竿。

遅めの昼飯は氷見番屋街の「麺屋いく蔵」

氷見そば。
無化調ラーメン、パンチはないもののじわっとくる旨味が美味しいですね。麺もハトムギ?入った変わった麺でした。

おやつに「氷見牛コロッケ」。
雨に濡れて寒いので隣の氷見総湯でまったりー♪

休憩所でゴロゴロして夜は車中泊します。

大会当日。
起きると雨・・・
でも風はなく波も少しは落ち着いている様子。
会場に到着。
昨日よりは海の状態は良さそうです。
ゼッケン抽選はW-14、海に向かって右側のエリアです。
昨日は釣れたほうのエリアだったのでラッキーです♪

午前5時、開会式&競技説明。
2019_06080004_R1.jpg
参加人数は120名ほど。
2019_06080006_R1.jpg
悪天候なので時短で開催され、競技は1回戦のみとしますと発表。
競技時間は午前6時から午前9時までの3時間、各エリアから上位7名がブロック大会に進出できるそうです。
ポイント選びが重要になりますね。
ゼッケン順にスタート。
さてどこで竿出そうかと。
先行ダッシュで皆さん奥に向かわれます。
多分、テトラ付近が人気になりそうな感じ。
初めは僕も足早に向かいますが、海見ながら歩いているとゲート付近で大きな離岸流を発見。
誰も浜に降りずガラガラなので初めはこのポイントから攻めてみることにします。
2019_06080007_R1.jpg
上位7名に入るには少しリスクを背負ってでも勝負に出ないと厳しいかなっと。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペ35-405、トーナメントサーフ45、PE04号、タングステン30号+自作天秤、4号針12本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
昨日はもっと荒れた海でしたが、5色ラインでアタリ出たので目一杯投げて探ってみます。
風が強く5色出し切りが精一杯。
サビキと同時にアタリでました。
よしっ。
20㎝混じりのダブル。
4色以内はザブザブで厳しい様子。
迷いもなく沖にオモリを投げ続けました。
1時間ほどは5色のみを攻めてダブル、単発、単発、ダブルと18㎝~20㎝の良型が釣れていい感じ(^^)
3色以内はゴミゴミ、回収で必ず大きなゴミがついて大変です(泣)
だんだんアタリ出るまでの時間が長くなってきたのでオモリを固定のトップガン、針数を減らして更に沖を。
沖にもいました。
6色ラインでアタリ。ここを攻めて1時間。
素針はないものの連にもならないペース。
周囲はあまり芳しくないようなので全く移動もせず目の前のポイントを攻め続けて競技終了。
数は20匹ちょっとほどですが、型が良い奴も結構いました。

検量に向かいます。
検量所は閑散と・・・・
なんと、左側のBエリアは激渋だったそうで釣果ありは10名もいないんじゃないかっと。
僕の検量結果は650gほど。型が良いキスが多くてラッキーでした。
しばらくで集計終了。
表彰式です。
Bエリアから7名、ボーダーは1匹10gちょっと。
Wエリアから7名、ボーダーは300g弱だったかな。
凄い釣果の差ですね。
優勝は850g超えの早坂さん。
2019_06080011_R1.jpg
スゲーっす。Wエリアの最奥で遠投、良型がボコボコだったそうです。
尊敬します。
2019_06080014_R1.jpg
2019_06080016_R1.jpg
僕もなんとかブロック大会の権利頂きました(^^)v

大会お世話にして頂いたスタッフの皆さまありがとうございました。
お声掛けていただいた皆様どうもありがとうございました~♪
夏の村松浜でがんばってきますっ。

2018年7月28日、ダイワ キスマスターズ Cブロック大会

2018_07280012_R.jpg
キスマスターズCブロック大会に参戦してきました。
今年は良く釣れる弓ヶ浜、足元でも、遠投でも、中間距離でもどこでもアタリます。
悩むわ~

下見編。
弓ヶ浜には深夜に到着。
空港展望駐車場に車とめて少し仮眠。
早朝5時、明るくなってから浜に降りました。
まずはエリアの左端になるだろう2本目の川の流れこみからスタート。
今日のタックルはサンダウナーコンペ35-405、トーナメントサーフ45、PE0.4号、TGフロート27号+自作天秤、袖型4号12本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
4色付近に投入、すぐにアタリでますがキスではない感じ。
3色ラインでキスっぽいアタリも交えて2色残しで回収。
針の数だけ魚はつきますがミニミニサイズのチャリコがかなり混じって6:4でピンギス。
3色ラインは魚多いですが外道も多い様子。
試しに投げてみると6色でいいアタリ入ります。
少しアベレージ上がって15㎝前後が混じって5連。
試しにいろんな距離を探りますが、どこでもアタリでます。
いや~困った。
横のポイントを探りますが、手ごたえあったのはやはり川周り。
遠投、近投を繰り返してあちこち探ってどこが一番効率良く魚を増やせるのか悩むばかりです・・・
午前10時くらいまで浜を探って、これ以上は暑くて厳しいわっと納竿。

石川にはなじみのない釣具屋さんを巡って皆生温泉の「おーゆランド」でまったり。

平日昼間の温泉、最高やわ~
人少ないしのんびりできるし、昼間の露天風呂で全裸の解放感を満喫(笑)
広間で昼寝して米子駅前のホテルにチェックイン。

大会当日。
2018_07280006_R.jpg
午前4時、ホテルを出発。
しかし、米子駅前は祭り規制中でホテル前の道路は通行止め。
裏道入ったら一方通行パラダイスで迷路突入・・・
今日は迷路に悩む一日になりそうな予感・・・・
さて、弓ヶ浜のブロック大会会場には西日本の地区予選を勝ち上がった名手が勢ぞろい。
参加者は46名、全国大会への切符は3枚。
まずは2回戦に進むことだけを考えてやれることを精一杯やります。
午前4時45分、受付を開始。
抽選の結果、僕は海に向かって左側の青エリア、18番スタートになりました。
各エリアの参加者は23名ずつ、上位40%の10名ずつの選手が2回戦に進出できます。
午前5時15分、開会式&競技説明
2018_07280001_R.jpg
2018_07280002_R.jpg
競技エリアは青エリア、白エリアとも500m。
昨年よりかなり狭くなってます。
昨日の下見も広く探りすぎた感じ(笑)
ゼッケン順にスタートです。
僕の狙いはやっぱ川。
昨日も少しは型の良いキスが混じった感じかな。
午前6時、競技スタート。
6色の型の良いキスを狙うことにします。
しかし、7色~6色はアタリなし。
5色に入っていいアタリ連発して15~18㎝のキス4連。
3色付近を探っている選手は10連とかやってるし・・・
昨日はチャリコ混じって大変やったのになぁ~
もう一回投げてみますが次はピンが2匹。
アカンやん。
2投目で近投にチェンジ。
3色~2色でアタリ多く7連。でも全部12㎝以下。
数狙いにするか・・・
開始30分ですでに迷路突入。
他の選手の勢いに飲まれそうになったので移動。
移動先で遠投。
7色でいいアタリ連発。
15~18㎝クラスが5連(^^)v
隣の選手も凄い勢いでいいサイズを連掛けしてます。
ここで投げて沖を探りました。
段々型は小さくなるものの数がつくし外道も少ない。
アタリが遠くなった頃合いで大きく移動して見ることに。
本部本面に戻って投げますが、この付近は6色ラインではキスが薄い様子。
僕が投げて探って釣れる距離なのは川から向こう側かな。
ここで競技終了。

1回戦の検量は1400gちょっと。
2018_07280008_R.jpg
皆さん持ってますわ~
しばらくして2回戦進出選手の発表。
僕の青エリアは1300gぐらいがボーダーだったようで何とか2回戦に進出できました。
青エリアのトップは愛知の大林さんで1900gと圧倒的@@

さて2回戦。
2018_07280009_R.jpg
参加20人のうち切符は3枚。
釣り座は右端の川付近に。
この頃には台風の影響なのか強い向かい風。
さっき良かった7色ラインは厳しいかな。
でも投げ倒そうっとPE0.3号、タングステン33号にチェンジ。
周りの皆さんも投げる気満々の様子。
海も段々と波っけがでてきていかにも釣れそうな雰囲気。
1回戦の終盤、僕の投げる距離では魚は薄くなっていた様子。
皆で投げると更に厳しいのか。
手前の魚も少しは復活しているのか。
いや~、また悩んだ・・・・
風強い、飛ばない、釣れないの思考順路で急に弱気になって開始7分前に手前を探る釣りに徹しようと作戦変更。
風強いしトラブル少ないスプールに変更。
針数も12本に。
さて2回戦スタート。
やはり周りの皆さんは遠投スタート。
僕は3色ラインから。
探り始めすぐに遠投の皆さんが回収。
あれ?
どうしたん?
ほぼ全員20㎝オーバーのキスをゲット@@
中にはダブルって方も@@
僕の竿にはピリピリっと小さなアタリ(苦笑)
これはピンの7連。
この頃はまだ数釣れば勝負になるっと思ってました。
隣の妹尾さんはスタート直後から圧倒的な感じで良型キスをボコボコと。
凄いっす。
流石の僕も30分で近投を捨てて遠投に。
7色まで力一杯投げて6色でアタリでるパターン。
23㎝の良型混じって1時間ほど良い釣れっぷり。
イケイケじゃ~
でも素針を2回引いたタイミングで移動。
移動先ではピンが1匹、ピンが2匹・・・・
後半30分は全く釣果を増やすこともできず競技終了。

2回戦の検量は400g台と問題外な感じ。
検量もすべて終わっていよいよ表彰式。
ダイワキスマスターズCブロック大会を制したのは妹尾選手、2回戦釣果1㎏超えと圧巻。
2018_07280011_R.jpg
7色~6色ラインを探っておられたそうです。
2位は900g台、3位は700g台でした。

やっぱ悩むとダメだね。
次回はしっかり自分を信じて自分の釣りをできるように心がけたいっと思います。

大会をお世話していただいたダイワのスタッフの皆様、大会中お声かけていただいた皆様、どうもありがとうございました。
良い勉強になりました。

実は、来週末も鳥取に(笑)
今度は砂丘で勝負じゃー

2018年6月2日、ダイワキスマスターズ鳥取大会

2018_06040001_R.jpg
今年も弓ヶ浜行ってきました。
自宅からは片道500㎞、7時間弱の遠征になりますが魚のたくさん釣れる大会は大好きです。
今回のキスマスターズ鳥取大会は大会史上最高の釣果だったそうですよ。

前日の夜、どすこいのエブさんと僕で石川を出発。
名神工事中の影響か若狭舞鶴道にトラックが多く流れが悪い・・・・
弓ヶ浜に到着したのは午前2時30分、予想以上に時間かかりました。
大会受付までしばらく仮眠。

午前4時、まだ暗い中キスマスターズの受付が開始。
さすが参加者200名の大会、受付の順番も長いわ。
僕のゼッケンは青15。
海に向かって左側(西側)のエリアになりました。
今日の海はベタナギ、風はやや後ろからの追い風、気持ち良い気温で最高の釣り日和(^^)
2018_06040004_R.jpg
車に戻ってタックルの準備。
今日のタックルはサンダウナーコンペ35-405、トーナメントサーフ45、PE0.4号、トップガン27号+自作天秤、袖型針5号12本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
午前5時過ぎ、開会式&競技説明。
2018_06040002_R.jpg
2018_06040003_R.jpg
競技時間は午前6時から午前9時まで、午前9時30分までに帰着のルール。
競技エリアは青エリアが本部からマウイの奥までの1.8㎞、白エリアは本部からログハウスまでの1.8㎞。
事前の情報ですと、どこでもどの距離でもバコバコですよ。型の良いキスはポイントムラあるので探してくださいっと。
参加者は200名弱、各エリア上位40%の40名弱が2回戦に進出できます。
スタート順が早かったのでできるだけ奥から探ってくるつもりで奥に歩きました。
健脚の方にたくさん抜かれてマウイの前くらいから釣り開始。
午前6時、競技スタート。
6色ちょっとに投げて探ってきます。
すぐに小さなアタリ、その後6色ラインでいいアタリ(^^)
気持ちいい~♪
しばらく探って回収してみます。
20㎝オーバー含んで4連。
少し向こうでは8連とかにもなってます。
いろいろ探ってみようと距離を変えて試してみます。
一番サイズの良いのは6色~5色。活性高いキスが多くすぐにバナナになってなかなか綺麗に多点掛けできません。
3色以内の浅瀬にもキスは多くアベレージ12~13㎝、でもこれは数が付きます。
いろんな距離にキスがいるのでいろんな狙いができて悩みます。
気持ち良い距離でいいアタリがでるので最高のキス釣りですね。
キスも無限にいるわけではなく、1時間ほどで狙いのポイントのキスは薄くなったようなので移動。
移動先も状況同じかな。
残り1時間になりますが、どのポイントでも魚は釣れているようで人の動きが少ない。
皆さん順調なようでどれだけのボーダーになるか想像できません。
同じ北陸から参戦の魔人海洋くんも9色ラインからの超遠投でいいサイズのキスを釣ってました。
そんなこんなで午前9時、競技終了。

検量所に持ち込まれるキスは凄いもので1㎏オーバーの釣果が続出。
僕の釣果は1600gちょっと。
2018_06040006_R.jpg
ダイワさん本部の巨大クーラーにはあっという間にキスで埋め尽くされていきましたよ。
最終的にはこんなデカいクーラーが4~5個キスで満タンにあってました。

集計終了後2回戦に進出できるボーダーは西の青エリアが1288g、東の白エリアが1080g@@
1200g超えの高いボーダー、過去最高記録みたいです。1回戦参加選手の半数近くが1㎏超えやったんでしょうね@@
僕もなんとか無事に2回戦に進出、エブさんも2回戦に。
2018_06040007_R.jpg
北陸の魔人と小島さんも余裕の通過に素敵な笑顔やね(^^)

さて2回戦。
この頃から風向き変わって結構な向かい風。
2018_06040008_R.jpg
ゴミも流れてきました。
遠投は厳しそう。
1回戦の感じからは狙いは良型の多そうな6色~5色のラインかな。
この付近を探る算段で2回戦スタート。
幸先よく競技開始後すぐに20㎝オーバーの3連。
しばらくこの付近を攻めてみます。
海底に変化があるようでアタリがなければ少し止めて待つスタイルで20㎝前後のキスが当たってきます。
結局最後までこのパターンで数はでませんがサイズの良さそうなキスが多く何とか重量稼げました。

2回戦終了後の検量。
いや~皆さんたくさんのキス持ってますわ~
1回戦であれだけ叩いた後なのに@@
僕の検量結果は1086g。
キロ超えの選手も多くおられました。
ブロック大会に進出できるのは2回戦に進出した約80名の30%、23~24人。
注目のブロックボーダーは900g。
何とかブロック進出することができました(^^)
ありがとうございます~♪
2018年ダイワキスマスターズ鳥取大会優勝は圧倒的釣果1600g超えの経ヶ坂さんでした~♪
2018_06040011_R.jpg
おめでとうございます。
2018_06040013_R.jpg
2018_06040012_R.jpg
2018_06040033_R.jpg
大会運営のダイワスタッフの皆様ありがとうございました。
大会中お声かけていただいたたくさんの皆さんどうもありがとうございましたm(__)m
来月の弓ヶ浜ブロック、楽しんできたいと思います。

明日は報知キスに参加予定、米子に1泊、今回のホテルは衝撃の1泊2500円、フロントのおばちゃん最高でした(^^)

安宿ですが広めの浴場付き、風呂でのんびりして体を癒して夜の米子に。
しかし、ほとんど寝ていないので生ビール3杯目で意識朦朧・・・・・
寝よう・・・
部屋に帰ってきたらまだ午後7時、明るいし(笑)
でもベットで横になった瞬間、意識飛びましたわ。

2017年9月23日~24日、ダイワキスマスターズ2017全国決勝大会

2017_09240004_R.jpg
第2回ダイワキスマスターズの全国決勝大会が秋田県八峰町峰浜で開催されました。
Cブロックから勝ち上がりで参戦させていただきました。
昨年は凄い釣果だったこの峰浜も7月の豪雨による慢性的な濁りと流木などの漂流物で浜もかなり荒れており状況はあまり良くないようです。

仕事の段取り悪く、休みが貰えずで下見なしの一発勝負での参戦。
秋田の花丸さんのブログを日に3~4回チェックして浜の状況を確認する日々でした(^^)
金曜の朝、北陸新幹線かがやき~秋田新幹線こまちのルートで秋田入り。6時間の道のりです。


そこから宿までさらに1時間30分…もう少しで青森らしいです。
宿は町営施設の「はたはた館」。
宿に到着して、先に宅急便で送った荷物を解き明日の試合の準備。

夜になって前夜祭の開幕。

全国から集まった選手は16名、名だたる方々ばかりです。
酒も入ると一気に賑やかになり、下見をしていない僕にも今日の状況をいろいろ教えてくれました。


要約すると、海は数日前の荒れで濁りきつく何とか釣りができる状況。
8色以遠の魚がデカイ。夕方になって波が落ち5色~3色のミドルレンジでも魚は狙えるようになってきた。
多分200g釣れれば良いほうだろうと。
さて、キスマスターズの楽しみは一対一のバトル戦。
120mの狭いエリアを2名で闘い勝ち点を競うルール。
やっぱり気になるのは対戦相手、その対戦相手を決める抽選会がスタートします。




僕は4ブロック、広島の名手の樋口選手。先月の報知杯で準優勝されており渋い釣りが好きですと。
湘南の駒澤選手、超遠投派イケメン。G予選村松浜でご一緒しましたが遠投力は凄かったです。
3人目は去年のチャンプ亀田選手。初めてお会いしましたがフットワークの軽い素早い釣りをされるそうです。
この3名とのガチンコバトル、楽しみです(^^)
明日は波も落ちて濁りもとれてもっと良くなるはずっと信じて夜は更けていきました。

大会1日目。
心配だった海も完全に落ち着きべた凪。
2017_09240001_R.jpg
濁りはありますが、バコバコ釣れても良さそうな状況にニヤリ(^^)

7:00~8:30 第1試合
対戦相手は広島の樋口選手。
エリアは6番、エリア左側と右側で少し状況が違うように思えます。
じゃんけんに勝った樋口選手は右側、僕は左側に釣り座を構えます。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、トーナメントサーフ45、PE0.4号、トップガン30号のブラ天、5号袖型10本針仕掛け、エサはチロリ、イシゴカイ、青虫で挑戦です。
いよいよ競技開始。
まずは7色ラインまで投げて探ります。
5色入る前にいいアタリ入りますが、キスは乗らずに素針。
2投目で小型キスをキャッチ。
沈みゴミが多く、ゴミ絡み多いです。
樋口選手は遠投で探っているようでポツポツとキスを釣り上げておられます。
しつこく6色~5色を探る釣りで5匹で競技終了。
多分似たような釣果と思いますが検量は後からになるので勝っているのかは不明。

9:30~11:00 第2試合
駒澤選手と対決。
先ほどの隣の5番エリア。
先の試合をチラ見してました、エリア右側の遠投で清水選手が好調に釣果を重ねておりましたので僕も迷わず遠投。
残念ながら入りたかった場所はじゃんけんに勝った駒澤選手。
すぐ隣に入ります。
試合開始。
思いっきり遠投。
8色ラインから探って7色でアタリ。
15cmほどのキス。
少しづつ移動しながら横に探ってみます。
4投目まで素針なし。
それからはアジやらサバやらチャリコはきますがキスの追加なし。
駒澤選手が移動したので入りたかったポイントに。
ここで2匹追加して競技終了。
駒澤選手は僕より更に沖の9色ラインのキスを釣っていたそうです。サイズもでかかった…(泣)

昼休憩挟んで第3試合。
12:30~14:00
第1番エリア、左の川の河口。
6色付近に根掛かりあるので注意してねっと。
去年のチャンプ亀田選手と対戦。
またまたじゃんけんに負けて入りたかったポイントには入れず…
エリアの左側に向かい、足跡が少なかったので叩かれていなのかなーっと。
根掛かりにビビってオドオドと探ります。
6色付近でアタリ、でも針に乗りません。
エリア右側の亀田選手はポツポツとキスを追加。
投げてるように見えます。
その後アタリ続きますが、キスではないチャリコ、アジ。
エリアの中央まで戻って遠投。
でもアタリは入りません。
6色から手前を探って5色付近で3連。
その後ピンを追加して4匹で終了。
亀田選手は投げてるように見えましたが、ラインを太くして飛距離を落とし4色ラインを探っていたそうで型の良いキスを6匹…
中途半端な遠投にこだわった僕がアカンかった。

全て試合が終わって検量に。
第1試合、樋口選手と接戦でしたが10gほどで僕の負け。
第2試合、駒澤選手9匹で型が良く大差で敗退。
第3試合、亀田選手6匹、重量でも大差で敗退。
一度も勝てずに僕のキスマスターズは終了でした。

勝ち上がりは1ブロックから9色オーバーの超遠投で古牧選手。
2ブロックからはダイワのレジェンド高橋選手。
3ブロックからは遠投の名手清水選手。
4ブロックからは湘南の遠投派、駒澤選手。

明日の準優勝、決勝が楽しみですね。

僕はシード権争奪戦に挑みます。
大会1日目の結果です。


大会2日目。
2017_09240011_R.jpg
準優勝とシード権争奪戦が6:00~7:30の90分で争われます。
スタート順はビリだったので適当にポイント選んで釣り座に。
昨日の夜の中夜祭でいろんな話を聞いて、今日は無理な遠投はせずにミドルレンジを攻める釣りで勝負してみます。
まずは沖に波の立つ4色ラインを探って15cmキス。
でもそれからは続きません。
隣の酒井選手が遠投でパタパタっと釣りあげますがモーニングが終わったのか30分ほとでアタリなくなったみたい。
最奥も状況良くないようで亀田選手が走って戻ってきました。
エリアの左側がガラ空きだったので、どうせなら清水選手と高橋選手の準優勝対決を見ようとエリア左端で竿出します。
遠投で攻める清水選手が優勢のようです。
僕は釣れないのでヤケクソで15針に、6色から波口まで探るつもりでズルズルっと。
4色ラインでアタリ(^^)
粘って3連。
丁度高橋選手にもキス。
6色付近に投入しているので、僕も真似してその距離に。
すぐにアタリ(^^)
ゴミ地帯に突入したようで回収した仕掛けはゴミゴミ。
最後の3分、高橋選手は置き竿に。
これにキスが釣れたようで逆転勝ちだったみたいです。
僕はまたも貧果で終了(泣)

準優勝対決を制したのは古牧選手と高橋選手。
2017_09240012_R.jpg

決勝戦が楽しみです。
2017_09240013_R.jpg
解説に早坂選手をお迎えして決勝戦を観戦。
放送禁止用語が連発するギリギリトーク炸裂(^^)
試合のほうは9色ラインを探って8色残し回収の超遠投で攻める古牧選手が圧巻の釣果。
ほぼ素針なく良型キスを連発してました。
後半は10色投げて探っていたそうです@@

第2回ダイワキスマスターズを制したのは古牧選手でした。
凄い遠投を間近で見させていただきました。
サンダウナーコンペ40号、PEはダイワ8ブレイド0.4号、トップガン30号、10本針仕掛けで9色ラインを探っていたそうです@@


シード権争奪戦の結果です。

誠に不甲斐ない結果、投げ釣り人生もここで終わりにしようかなっと思いましたが、レミちゃんに励まされて来年も続けることにしました(^^)
課題がたくさん見つかったので石川に帰って修行します。


お世話になったグローブライドの皆様、本当にありがとうございました。
あの楽しい感じがグローブライドの社風なんですね、良い商品が生まれるはずです。
何年かかるかわかりませんが、またきっとお世話になりに戻ってきます。
その節はどうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月17日、ダイワキスマスターズCブロック大会

2017_07170006_R.jpg
鳥取県弓ヶ浜で開催されたダイワキスマスターズCブロック大会に参戦してきました。
今年の弓ヶ浜、近年稀に見るほどの好調が続いているそうでどんな戦いになるか楽しみです。

大会前日、日曜日の早朝に出発。
北陸道ー福知山ー国道9号ー鳥取ー山陰道ー米子のルートで向かいました。
昼間の下見は暑くて大変そうなので、夕方下見することに決めて鳥取で砂丘観光(^^;



鳥取砂丘ってこんな大きいんですね、ちょっと感動。



砂の芸術を堪能して、お昼は鳥取市の名店「中富」


魚介ダシの醤油ラーメン。
旨味の強いスープにコシのあるストレート麺、旨かったです。
弓ヶ浜に向けて出発。
到着は午後2時。
まだ暑いし車で移動しエリア範囲を確認。
西は展望駐車場前、東はログハウスの300mほど手前まで。
展望駐車場前で少しだけ投げてみます。
追い風が凄く普段は届かない距離でアタリ連発。
25cm前後混じって4連とか5連とか@@
凄いわ、弓ヶ浜。
釣った魚は海水浴の方に貰って頂きました。
明日は投げて投げて、力の限り投げることに決定。
ホテルにチェックインして体力つけるために肉喰いに行きました(^^)

大会当日。
午前4時30分頃に会場入り。
西日本を代表する猛者が集まっております。
粛々と準備。
エサも地元の釣具屋「釣好」のお父さん頑張ってくれました。
遠投主体に10度スプールにPE0.2号を数個追加。
オモリはタングステンのみ。
受付してゼッケン抽選はホワイトエリア。
東のエリアです。
午前5時過ぎ、開会式と競技説明。
参加者は55名、各エリアから上位40%の11名が2回戦に進出できます。
競技時間は午前6時から午前9時の3時間、午前9時30分までに検量場に到着とのこと。
各エリアが1kmほどと狭いので時間最後まで釣っても帰ってこれます。
スタート順も14番と中程、狙いのポイントはないので浜を歩きながらポイント探して歩いてエリア端まで来てしまいました(^^;
2017_07170002_R.jpg
釣れなかったら戻りながら探ろうと。
早速準備開始。
今日のタックルはサンダウナーコンペⅡ35-405、ダイワ45、PE0.2号、トップガン30号、針は5号6本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
気持ち良いくらいの追い風なんで投げて楽しそう。
午前6時、競技スタート。
第1投目はフルキャスト。
この色は何色?と思うほど飛びました。
糸ふけもいっぱい出てるんでしょうけど(^^;
サビき開始からすぐにアタリ。
すぐに回収。
20cmオーバー含む3連。
周囲もかなりの連掛け、これはかなりのペースで釣らなければキツそう。
期待の2投目、回収は結構な手ごたえ、でも残り3色で何かに強奪され仕掛けごと全ロスト…
何かがいる…
その後も遠投のみで2時間、針数少ないので数はそこそこですが型が良いので重量戦では何とかなると信じてがんばりました。
残り1時間は欲張って6色以内を探って、6連とか(^^)
凄いな、弓ヶ浜。
時間いっぱいまで釣って1回戦終了。

検量に向かいます。
ありぁー、皆さん持ってますわー
半数の選手が1kg超え。
2017_07170003_R.jpg
僕の釣果は1226g。
大林選手は2300g超え、圧巻です。
ドキドキして結果待ちました。
何とか2回戦に進むことができました。

さて、2回戦。
23名の選手から秋田へのチケットは4枚。
狭い門です。
どこが良いかわかりませんが、昨日夕方投げた感じでは西側のキスが大きかったイメージ。
颯爽と西に向かって歩きますが、あら、半数以上の選手は東に(^^;
奥まで歩くと混んでいたので少し手前の川付近にクーラー置きました。
2017_07170005_R.jpg
2回戦開始頃からは更に風が強くなり、まさに神風(^^)
さらに沖を攻めれそうです。
第1投目、渾身のフルキャスト。
着底、糸ふけとったらすぐにアタリ。
半色だけサビいて回収。
22cmの良型含んで4連。
次も4連です。
型物は初めの1投目にきますが2、3投目は型が小さくなる感じだったので、釣れていても1~2投で移動しながら広く探る作戦に。
100mほど東に移動したポイント。
見た目は普通ですが、沖にオモリが食われるくらい大きなカケアガリがあります。
ここがパラダイス(^^)
届けば間違いなく25cmクラスが混じります。
竿先が持っていかれるくらいのアタリ、最高です。
その周囲のキスも活性高いようで食い上げ気味のアタリでバナナになりますがいやー楽しい。
最後まで釣れて競技終了。

検量は1600g超えと2時間の釣りではプライベートでもなかなか味わえない最高の釣りでした。

選手全員の集計が終わっていよいよ表彰式。
一等賞で秋田での全国大会の切符を頂けました(^^)v
2017_07170009_R.jpg
2017_07170010_R.jpg
秋田、頑張ってきます。
お声かけていただいた大勢の皆さま、どうもありがとうございました。

帰りは定番のラーメンをやめて「蒜山焼きそば」

美味しゅうございました。
今週末は地元の釣り大会。
楽しみです~♪
プロフィール

rin

Author:rin
旅とグルメのブログのようですが‥投げ釣りもしてます(汗)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ