2018年5月13日、穴水沖タイラバ


春のノッコミ真鯛のシーズン到来。
しかし、穴水周辺の沖はイマイチらしい。
釣れんかったら穴水湾のクルージングじゃっ。
s隊長とハニさん、僕の3名でレンタルボート借りて行ってきました。

今日の船長は僕(^^)v
穴水のアルベルトフィッシングサービスさんで20ftのボートを借りて出船です。
まずはオススメと言われた水深70mのポイント。
僕はスロージギング、s隊長はタイラバ、ハニさんはサビキ仕掛けと異種混合戦。
アタリませんねー
海底の変化も少ない様子。

次のポイントに船を走らせます。
こっちは底が荒いようです。
スロージギングの僕にアタリ、結構引き込みますが多分根魚ぽい。
浮いてきてもまた暴れだすので、なんだろっ?
赤い魚体?
オニカサゴでした。

結構良い型(^^)
その後、タイラバやってるs隊長にアタリ。
フッキングにはいたりませんが、アタリが続くのでヤル気でてきます。
10分後、s隊長にヒット。
タイ独特の3段引きやー、真鯛確実っと。

しっかり真鯛をゲット、お見事です。
サビキ仕掛けのハニさんにも穂先引き込む良いアタリ。

この魚もオニカサゴ(^^)
それから同じポイントを再度流しましたが、今回はアタリなし。
お昼頃からは雨と風がひどくなる予報なので、早めに根魚のお土産でも狙いに行きますかっと。
水深40mの根魚ポイントに。
こっちではs隊長に良型のキジハタ。
僕もタイラバに持ち替えて狙いますが、アタリませんねー。
やっぱ、一番アタリのでた70mのポイントに戻ります。
こっちで僕のスロージギングにまたまた良い型のオニカサゴ(^^)
お土産満足です。
よーし、これからじゃー。
しかし、この頃から風が強くなり船が流されて重いジグを使っても底取り出来ず。
波とウネリも出てきたので湾内に緊急退避。
湾内のポイントでアジかメバルでも。
ハニ隊員にアジ、でもポイント過ぎると全くアタリなし。
雨もひどくてずぶ濡れ。
帰港することにしました。
心配だった人生3回目の着岸も何とかなって無事に陸地に辿りつくことできましたよ。

大したことのない釣果でしたが、自分の操船で釣れた魚は格別ですね(^^)

オニカサゴの湯引き。
オニカサゴの胃袋ポン酢和え。

オニカサゴとキジハタのお造り

オニカサゴとキジハタの唐揚げ(^^)
どれもこれも旨いわー
まだまだ冷蔵庫で熟成中(^^)

2017年5月5日、観音崎沖タイラバ


友達の船長さんの船に乗せてもらい観音崎沖のノッコミ真鯛を狙いに行きました。
が、午前5時出船するもののエンジン不調で出戻り…
今日は終わりかと思いきや、船長の師匠の船長の船に乗せてもらえることになって、穴水に向かいます。
穴水から無事出船、能登島エノメ沖から探りますがアタリなし、観音崎沖に船団が出来ているので様子見に行ってみるとガンドが釣れてるようです。

水深90m~100m、タイラバは後ですることにしてまずはジギングで攻めてみます。
1投目、いきなりフォールでアタリ。
突っ走ります、キツめのドラグを滑らせながら100mの底から上がってきたのは(^^)

ナイスファイトの80cmオーバー、6kgのガンドでした。
丁度同じタイミングでsさんの竿にもヒット。

ほぼ同サイズ(^^)

その後はアタリ遠のき、タイラバも全く反応なし。
でも一匹に癒されました、今日は良い日やったなぁー♪

2016年8月7日、穴水沖タイラバ

穴水の船長にお誘いもらってタイラバ行ってきました。
しかし、僕の実釣時間はわずか10分・・・・(号泣)

土曜の夜は船長の別宅でBBQ~
初めてお会いする方々もまじえて大勢で肉に酒にと楽しい夜でした。
日付がわかるまで飲み続けたせいで、出発の午前4時には完全なる酔っ払い・・・
何とか船まで連れてってもらい乗船。
40分かけて水深80mの大型真鯛一発狙いのポイントに到着。
朝の海は気持ちよくて船を走らせているうちに酒も抜けてよ~し釣るよ~
っと、ガイドに糸を通してタイラバを結んでっとやってるうちに・・・・
うっ・・・・
気持ち悪くなってきた・・・・
酒酔いは復活しましたが、船酔いになってしまったようで(泣)
それからはただひたすら気持ち悪いのを耐えながら船尾のキャビンで寝たきり・・・
暑いし・・・・
気持ち悪い・・・
暑い・・・
気持ち悪い・・
5時間耐えて、そろそろ帰るかっと船長。
結局、初めの10分ほど釣っただけで寝て終わりました。
船中では大型の魚が何度かヒットしたそうですが、針が伸ばされたり、リーダーで切られたりといろいろドラマがあったそうです。
やっぱ僕にはまだ強力酔い止め「アネロン」がまだまだ必需品のようです。

2016年5月15日、能登穴水沖タイラバ


実は・・・・・船舶免許取りました(^^)v
2級ですが・・・・

友人の船にお邪魔して乗せていただくだけばかりで申し分けなかったので、自分で船をレンタルして初出船。
ちょっとした冒険ですわ。
穴水でルアーフィッシングのガイド船を運営されているアルベルトフィッシングサービスさんでレンタル船を手配。

友人のF船長さん、sさん、僕の3名で出船の予定でしたが、F船長さん急なお仕事で・・・・
出船は素人の二人で行うことに@@
アルベルトさんでは大丈夫ですよ、練習がてら乗ってくださいっと応援されてドキドキの出発です。
今日の船長は同じく船舶免許を取得したばかりのs船長で出港です。

教えてもらったポイントに船を走らせますが、正直怖い・・・・
ゆっくりゆっくり走って指定の水深70mラインの真鯛ポイントに1時間近くかけて到着。
さて釣り開始。
80gのタイラバで探ります。
アタリってどんなのに出るのかなっとs船長にいろいろ教えてもらいます。
アタっても合わせたらイカン、食い込むまで辛抱じゃっと釘を刺されましたが、すぐにでたアタリを鬼アワセ(><;
体が勝手にアワセます・・・
しばらくしてもう一回アタリ、今度は魚が掛かりました。

35㎝ほどのキジハタ。
すぐにs船長にも同サイズ。
ここで船の運転を変わって僕が操船。
ビビりながら魚探にてウロウロ、なかなか目的のポイントに到着できません。
ま、ここらでいいかっと。
先ほどからスロージギングをやっているsさん、フォール中にアタリでたそうで掛けた魚はデカいよ~
船の周りを走りまわって無事にネットインしたのは60㎝超えのガンド。

おお~すげー@@
驚いている僕の横ですぐに2発目@@
同サイズのガンド@@
おおおおおー
それからアタリなくなりもう一回船を戻して流します。
スロージギングはもういいわっとタイラバにチェンジしたsさんにまたもアタリ。
今度は何度も何度も締め込みリールのドラグが鳴り響いて格闘の末に水面に姿を見せたのは60㎝弱の真鯛。

おおおおおおー
お見事です。
僕も期待でいろいろやってみますが根魚をポツポツと追加したのみ。
お昼過ぎには風がでてきて怖くなったので帰港することにしました。
難関の着岸も決まって船の運転楽しかったです(^^)

帰って貰いもののガンド、キジハタ、カサゴのお刺身。
旨い、次回は自分の竿でマダイをゲットしてみせます(^^)v

2016年4月24日、能登島沖タイラバ


近所の釣具屋恒例の春のバーゲンセール開催中。
店内の商品、今ついてる値札から30%~10%OFF。
タイラバ一式買っちゃいました(^^;

買ったら使ってみたくなるのが世の常。
でも出船予定日は毎回大荒れで海には出れず、3度目の正直でやっと出港できました。
前日土曜の夕方に能登入りして夕まずめはメバリング。

予想以上に風が強く難儀な状況でしたが、25㎝ほどの良型メバルをゲット(^^)v

このサイズは引きが強烈で面白いですね。
そのまま夜は船長の別荘にお邪魔してBBQで盛り上がり大宴会、そのままお泊り(^^)
ぐっすり布団で寝て、午前5時30分出船です。

この時期はまだ乗っ込みマダイにも早いしタイラバは厳しいかな、まずは土産のイカを狙おうっと水深100mのイカポイントに。
副船長に電動リール一式お借りしたので楽ちん楽ちん。
船長&副船長コンビは多点のプラツノ仕掛けでスルメイカを連掛けで連発。
僕は手返し悪く単発がポツポツ・・・・
2時間ほどでお土産十分やわっと、魚狙いに向かうことに。
根周りを流してくれるのでスロージギング、タイラバと交互にやってみますが、船中アタリなし。
沈黙の船、90mラインをスローで探っている僕の竿にわずかな重み?
引かないのでゴミかなっと思っていたら、これが小さいスルメ(^^;

スロージグでもイカ釣れるんすね~♪
もうちょっと魚っけのあるマル秘ポイントに向かう途中で風が強く吹きはじめて残念ながら湾内に戻ることに。
時間はまだまだあるので時間つぶしにいろいろ探ってみますが生体反応なし。
午前10時30分、沖上がりとなりました。

結局タイラバは30分ほどやってみましたが、意外に地味な釣り・・・・
アタリないと心折れますね(^^;
丁度、金沢のJ州屋さんで「佐々木洋三のタイラバセミナー」が開催中ってことで勉強してきましたよ。

帰ってからは貰った魚を捌いて、近所で採ったタラの芽とスルメイカの天ぷら、サバの竜田揚げとお金のかからない晩御飯いただきました(^^)

もう少し働いたらGW突入。
何しようかなぁ~(^^)
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ