2018年6月17日、G杯キス柿崎中央海岸予選会

2018_06170005_R.jpg
さ~今週はG杯予選会、新潟の柿崎中央海岸で開催です。
土曜の朝、夜勤を終えてから出発。
上越までは200㎞ちょっとなので午前のうちに到着。
石川は晴れてましたが、上越は雨・・・・
まずはいつもの「ラーメンショップ」で腹ごしらえ。

柿崎中央海岸に到着したのは正午過ぎくらいでした。
すこしうねりの残るコンディション、釣れるのか・・・
まずは左のエリアから探ってみましょうっと、エリア際になるだろう川のそばから釣り開始。
波口はザブザブなので少し沖めを狙って3色付近から探ります。
ご一緒してくれたエブさんにアタリがでたそうで、回収してみると良型キスの5連@@
4色ラインでアタリでるそうです。
僕も4色探って20㎝オーバーのダブル(^^)
でも明日はサイズの関係ないG杯、少し微妙。
ゴミも多いですが、ゴミをかわせれば良型キスの7連(^^)

楽しいわ~~
ここで足止めても仕方ないので移動しながら探ります。
ゴミが多いですが、4色~2色でポツポツ、やっぱ川側が楽しかったなぁ~
次は右エリア。
こっちはかなり魚が釣れるそうで朝は4色~2色でバコバコでしたよといろいろ情報頂きます。
期待で探りますが・・・
アタリなし・・・・
ホントに釣れるの・・・・
全然生体反応なし・・・・
かなり奥まで歩いてやっとでキスのアタリ、じっくり待って3連。
砂が抜けて石が出てるところでは根掛り連発、難儀な釣りじゃなぁ~
午後5時くらいまで探ってなんとなくの雰囲気がつかめたところで納竿。
30匹ほどの釣果でした。

夜は近くの宿に。

近くの温泉でまったりして近くの居酒屋でキンキンに冷えた旨いビールで乾杯。
飲んで食って宿に戻って広めの部屋の布団でごろり、幸せです。
そのまま夢の中に・・・・

さてG杯当日。
午前4時前に会場入り。
昨日より波は落ちてます。
状況変わってるかな。
ゼッケン抽選は89番、右エリアになりました。
午前5時過ぎ、開会式&競技説明。
2018_06170001_R.jpg
がまかつテスターの田中さんから競技説明。
競技時間は午前5時45分から午前8時45分までの3時間、釣り上げたキスの匹数で争われます。
140人弱の参加者で上位20%タイが2回戦に進出できます。
更に2回戦進出者の上位5名が全国大会に出場と狭き門、がんばりますよ~
昨日の感じだと最奥の旗の際かなってことで足早に向かいました。
歩きにくい浜にゼーゼーですわ。
2018_06170003_R.jpg
旗の際には太平洋の猛者がたくさん・・・・
いよいよ競技開始。
昨日アタリが多かった2色ラインを攻めますが、根掛・・・(泣)
ん?
少し場所がずれているみたいです。
20mほど移動。
こっちは根掛かりなく波口まで探れます。
2色はアタリなく、1色~力糸の距離でアタリ。
16㎝ほどのキス。
この付近を攻めて4連、3連と好調なスタート。
序盤戦は終始こんな感じで釣れ続きました。
残り1時間でパタっとアタリが止んでたまにポツリポツリと。
魚が入ると一気に釣れて、いなくなると一気にアタリなくなる面白い浜です。
3時間の競技終了。

僕の釣果は31匹。
こちらのエリアは僕のいた旗際と真ん中のワンド付近が好調だったみたいです。
2回戦のボーダーは24匹、無事に2回戦に進出です。
向こうの左エリアも同じくらい釣れてボーダーも同じくらいだったそうです。

さて2回戦。
駐車場正面が競技エリア。
スタート順は8番。
狭いエリアなので2時間探り歩くつもりで左端からスタート。
2色ラインにゴミが溜まっているので1色~力糸を探りますが、フグフグパラダイス。
2投で見切って右に移動。
移動先も芳しくなく競技エリア真ん中が爆釣しているみたい。
早速密集に潜り込んで竿出します。
右のSAIさんに4連、左のK川さんに5連、真ん中の僕にはアタリなし。
あれ?
O本さんに6連、H川さんにも4連、僕にはアタリなし。
あれあれ?
1色に入ったところから小砂利が混じるのでその付近がポイントとみて仕掛けを止めたり誘ったり、でもアタリなし。
あれあれあれ?
段々周囲も釣れなくなって密集もばらけます。
少し左に50mほどのポイントが炸裂。
早速僕も仲間入り。
隣のS原さんに良型キスダブル。
隣のA塚さんにもキス。
僕には・・・・
・・・・・・
・・・・
これ以上は涙でPC画面が滲んで書けません(泣)
結局1度もアタリなし。
これほど長い2時間、人生で初でしたわ。

すべての検量が終わっていよいよ表彰式。
G杯キス柿崎中央海岸予選会を制したのは、石川鱚酔会 西向雅之さん41匹。
凄いよっ、この釣果。
準優勝は柏崎サーフの岡本さん。
第3位は谷澤さんでした。
2018_06170006_R.jpg
皆さん凄いね。
リザルトはこちら。
2018_06170008_R.jpg

帰り道は、普段これない辺境のラーメン屋「あさひ楼」に。


やっぱり迷った・・・

よし、次は気分入れ替えてG杯高松、がんばります。

2018年6月9日、シマノジャパンカップ新潟大会


シマノジャパンカップ新潟大会に行ってきました。
上越の柿崎中央海岸で開催されていた頃は良く行っていたのですが、村松浜に変わってからは初めての参戦です。
この村松浜、シマノでもダイワでも非常に重要なウェイトを占める浜、良く勉強することが大事になりますね。

土曜日が大会ですが、金曜日から休みが貰えたので広い村松浜を探って歩くつもりで木曜日の夜に出発。
高速道路が深夜割引になるタイミングを待って新潟入り、途中の道の駅で朝まで仮眠。
村松浜に到着したのは午前7時前くらいでした。
さー、時間はたっぷりあるし浜の端から端まで探るよー
まずは北側から。
丁度、右往左往さんがおられたのでご一緒に(^^)
開始一投目、5色ラインでいいアタリ、17cmほどのキス。
連にはなりませんが、2投目にもきました。
それからはさっぱり。
右往左往さんは3色~2色でアタリ出るそうで、2連~3連と釣り上げられております。
僕も釣れることは釣れますが、小さい、渋い‥
波口にもキスはいますが、数はあまり多くなさそう。
少しづつ探って歩きますが、これといって変化もなく駐車場前まで。
次は南側を探ります。
奥から帰って来られる方はまあまあ釣れますねっと。
僕も少しづつ探って歩いて、暑いし疲れたぁー
エリアの最奥はこの付近かなっとところまで一気に向かって投げてみます。
おー、この付近は5~4色でもアタリます。
それほどたくさんはアタリませんが、先ほどよりは断然アタリ多くキスも波口サイズより大きい。
何となく浜の雰囲気がわかったところで、新潟のラーメン師匠に誘っていただき名店「あしら」さんに。

濃厚味噌にパワーのある太麺、レアチャーシューと極上の逸品。石川じゃ旨い味噌ラーメンには出会ったことないですわ。

この頃には気温も上がって暑い、浜に戻る気力もなく近くの温泉に。
塩っぽい温泉で体を休めて、大広間で横になったら2時間ほど寝てしまったようです(^^;
暗くなるまでまったりして車に戻ってまた爆睡(^^ ;

さて、いよいよシマノジャパンカップ新潟大会。
朝まで一度も起きずに熟睡、身体も復活。
会場は活気に溢れてます。
さすが新潟、関東からの方々多いですね。
早速受付してゼッケン抽選。
52番、南側のAエリアでした。
本部より南側がAエリア、北側がBエリア。
午前5時30分、開会式&競技説明。
2018_06100001_R.jpg
今日の参加人数は約180名、各エリアとも上位20%が2回戦進出できます。
ゼッケン順にスタート。
迷いはなく、出来るだけ奥から釣り歩くつもりです。
しかし、皆さん考えは同じようで足の遅い僕が到着する頃には最奥は満席、すでに競技開始時間も過ぎてました。
手早く準備して釣り開始。
今日タックルは、遠投も視野に入れて35号に0.4号のPEで挑戦です。
魚が小さいので、小針にタングステンフロートで投げてみます。
5色ラインから探って、すぐにアタリ。
4色いっぱいまで探って3連。
少しマシなサイズが入ります。
次も3連、次はダブルですがまあまあの型。
周囲もポツポツ釣れているので、朝のタイミングを大事にと手返し重視で1時間ほど。
6色投げてもアタリでて、その付近のキスが少し大きいので集中的に攻めてみます。
一度、6連ってのがありました。
我ながらビックリ。
残り1時間でアタリが止まり、選手の移動もあまりないので戻りながら状況を確認して歩くことに。
あちこちのポイントで20匹弱は釣れているそうです、後は型の勝負になりそうです。
あれこれしているうちに競技時間終了。

1回戦の検量結果は439g、数はいませんが型に恵まれたようでラッキーでした。
2018_06100003_R.jpg
Aエリアトップ通過は湘南の真間さん、563gとダントツ(^^)
僕も2回戦に進出できましたー♪

2回戦進出はAエリアから勝ち抜けた18名とBエリアから勝ち抜けた14名の合計32名。
セミファイナルへの切符は9枚。

いよいよ2回戦開始。
天気予報通り、午前9時くらいから北東の強風が吹き、海は一気に荒れ模様。
2018_06100002_R.jpg
これくらいなら何とかなるのかなぁっと甘く見てましたが、潮が速くてオモリは流れる、ゴミが多くてガイドに詰まると散々。
僕も始めに入ったポイントは流れが速くて厳しい感じ、それならばと3~2色の瀬の内側を攻めてみますがアタリなし。
残りも1時間。
流れの少ないポイントを探そうと移動。
移動先はさっきよりマシな感じ。
でも周囲の人も釣れてないそうです。
それならば、出来るだけ投げてみようっと。
33号とショートアームのタングステンに針数減らして渾身の遠投。
アタリも分からず小型キスが1匹ついてました(^^)
やったぜー♪
残り10分、2匹目を狙いますが都合よくはいきませんわね。
競技終了。

2回戦の検量も済んでいよいよ表彰式。

優勝は我らが石川鱚酔会の高田さんでしたー♪
この渋い海から良型キス、お見事でした。
僕も何とかセミファイナルのチケットいただきました。


2回戦は激渋のようで釣果あった方は全員セミに進出できたそうです(^^)

大会運営のシマノスタッフの皆様、お世話になりました。
お声かけてくださった大勢の皆さんありがとうございました。
新潟の師匠、2日間お付き合いくださってありがとうございましたm(__)m
また遊んでくださいね♪
2018_06100004_R.jpg

さー、来週も新潟。頑張ります。

2018年6月3日、第49回報知キス釣り選手権・SESSYA CUP

2018_06040031_R.jpg
昨夜はまだ明るいうちに寝落ち。
ぐっすり寝たおかげで体力復活。
午前4時にホテルを出発し「、第49回報知キス釣り選手権・SESSYA CUP」に参加すべく集合場所の弓ヶ浜空港展望台駐車場に。
今日の弓ヶ浜も良い海況に良い天気(^^)
2018_06040019_R.jpg
風もなく昨日より更にベタナギ。
魚散るの早そうやなぁ~

午前5時、受付をしてタックルの準備を開始。
昨日は遠投が必要かなっとオモリはタングステンで武装していきましたが、今日は数釣り勝負。
一番数が狙えそうなのは2色~手前の浅瀬のピンギス。
仕掛けもオモリもすべて入れ替え、でも竿は35号しか持ってこなかった・・・
今日のタックルはサンダウナーコンペ35-405、トーナメントサーフ45、PE04号、25号山本Vシンカー+自作天秤、シロギスファイン3号15本針仕掛け、エサはチロリ&イシゴカイで挑戦です。

午前5時30分、開会式&競技説明
2018_06040016_R.jpg
競技時間は午前6時~午前10時帰着の4時間、釣り上げたキスの匹数で争われます。
競技エリアは西がサーフショップマウイ前から東は地引網の網小屋付近までの約2㎞。
昨日の状況だと魚はどこでも狙えそうなので人の少ないポイントを目指すことに。
でも、スタート後しばらく皆さんの動向を見ていましたが、綺麗に右と左に分かれちゃってな悩みますわ~(苦笑)
昨日の状況を知るマウイ前から探ろうっと西に歩きました。
気づけば昨日のポイント近くで竿出すことに。
2018_06040017_R.jpg
いよいよ競技開始。
3色付近から探ります。
あれ~アタリないし・・・・
絡んだかなっと心配しだした残り1色でやっとアタリ。
波口まで探ってピン3連。
少し向こうの方は8連@@
川の流れこみの方も多点掛け。
もう1投してみます、今度は3色から。
3色から2色に入るところでアタリ連発、少し大きめのキス混じって5連。
この付近なのかっと探りますが3連、ダブルと尻すぼみ・・・
移動してみます。
移動先でも5連、次はダブルとイマイチ。
エリア奥は釣れているみたいなので完全なるスタート失敗。
なかなか数がつかないので小移動を繰り返します。
どこを探っても3連まで、こうなったら3連の手返し勝負じゃ。
ささっと探って移動を繰り返します。
残り1時間、皆さんも食いが落ちてきた様子。
ここが踏ん張りどころ、浜を探って歩いて少し気になるポイントに。
ここがビンゴ、5連、6連、5連、5連っとあっという間に20匹。
最後の1時間で30匹は追加できましたよ。
いや~いい場所に出会えてよかった~(^^)
午前10時、競技終了。

昨日の釣れ具合だとボーダーは120匹くらいかなっと思ってましたが、ベタナギのせいなのか少し渋く79匹がボーダーでした。
2018_06040020_R.jpg
僕の釣果は99匹、なんとか9月の決勝戦に進めることができました(^^)v
今年は徳島県北の脇海岸、噂に聞く超ピンギスの洗礼を受けに行ってきます。
優勝は瀬尾さん122匹。圧倒的釣果お見事でした。
2018_06040030_R.jpg
2018_06040022_R.jpg
2018_06040028_R.jpg
2018_06040032_R.jpg

2日間弓ヶ浜を堪能できました、弓ヶ浜の愉快な皆様ともたくさん遊んでいただき最高な時間を過ごせたことを感謝いたします。
来月、夏の弓ヶ浜にお邪魔させていただきます。
お声かけていただいた皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

早く帰ってゆっくりしたいっと急いで帰路につきますが、鳥取市に入ったくらいで旨いラーメンでも食って帰りますかっと(^^)
ホントは中古車屋なのにラーメン屋っと変わった店構えの「ホット・エアー・コーポレーション」に。

かなり分かりにくい町中にありました。
人気店なのか店の前には順番待ちの列。
ここまで来たし少し待ちましょうっと順番に並びますが、なかなか列が進まず40分待ち。
ラーメン頼んで10分待ち・・・・
待ち草臥れた頃に運ばれたきたラーメンみて一気に心癒されました~♪
「極上極み塩らーめん」

綺麗に並べられたレアチャーシュー、絶品です。
麺もストレート細麺で歯ごたえある好みの麺、塩スープは地鶏から取った抜群のダシで絶品でしたよ。
また行きたいなっ。
鳥取万歳~♪

2018年6月2日、ダイワキスマスターズ鳥取大会

2018_06040001_R.jpg
今年も弓ヶ浜行ってきました。
自宅からは片道500㎞、7時間弱の遠征になりますが魚のたくさん釣れる大会は大好きです。
今回のキスマスターズ鳥取大会は大会史上最高の釣果だったそうですよ。

前日の夜、どすこいのエブさんと僕で石川を出発。
名神工事中の影響か若狭舞鶴道にトラックが多く流れが悪い・・・・
弓ヶ浜に到着したのは午前2時30分、予想以上に時間かかりました。
大会受付までしばらく仮眠。

午前4時、まだ暗い中キスマスターズの受付が開始。
さすが参加者200名の大会、受付の順番も長いわ。
僕のゼッケンは青15。
海に向かって左側(西側)のエリアになりました。
今日の海はベタナギ、風はやや後ろからの追い風、気持ち良い気温で最高の釣り日和(^^)
2018_06040004_R.jpg
車に戻ってタックルの準備。
今日のタックルはサンダウナーコンペ35-405、トーナメントサーフ45、PE0.4号、トップガン27号+自作天秤、袖型針5号12本針仕掛け、エサはチロリで挑戦です。
午前5時過ぎ、開会式&競技説明。
2018_06040002_R.jpg
2018_06040003_R.jpg
競技時間は午前6時から午前9時まで、午前9時30分までに帰着のルール。
競技エリアは青エリアが本部からマウイの奥までの1.8㎞、白エリアは本部からログハウスまでの1.8㎞。
事前の情報ですと、どこでもどの距離でもバコバコですよ。型の良いキスはポイントムラあるので探してくださいっと。
参加者は200名弱、各エリア上位40%の40名弱が2回戦に進出できます。
スタート順が早かったのでできるだけ奥から探ってくるつもりで奥に歩きました。
健脚の方にたくさん抜かれてマウイの前くらいから釣り開始。
午前6時、競技スタート。
6色ちょっとに投げて探ってきます。
すぐに小さなアタリ、その後6色ラインでいいアタリ(^^)
気持ちいい~♪
しばらく探って回収してみます。
20㎝オーバー含んで4連。
少し向こうでは8連とかにもなってます。
いろいろ探ってみようと距離を変えて試してみます。
一番サイズの良いのは6色~5色。活性高いキスが多くすぐにバナナになってなかなか綺麗に多点掛けできません。
3色以内の浅瀬にもキスは多くアベレージ12~13㎝、でもこれは数が付きます。
いろんな距離にキスがいるのでいろんな狙いができて悩みます。
気持ち良い距離でいいアタリがでるので最高のキス釣りですね。
キスも無限にいるわけではなく、1時間ほどで狙いのポイントのキスは薄くなったようなので移動。
移動先も状況同じかな。
残り1時間になりますが、どのポイントでも魚は釣れているようで人の動きが少ない。
皆さん順調なようでどれだけのボーダーになるか想像できません。
同じ北陸から参戦の魔人海洋くんも9色ラインからの超遠投でいいサイズのキスを釣ってました。
そんなこんなで午前9時、競技終了。

検量所に持ち込まれるキスは凄いもので1㎏オーバーの釣果が続出。
僕の釣果は1600gちょっと。
2018_06040006_R.jpg
ダイワさん本部の巨大クーラーにはあっという間にキスで埋め尽くされていきましたよ。
最終的にはこんなデカいクーラーが4~5個キスで満タンにあってました。

集計終了後2回戦に進出できるボーダーは西の青エリアが1288g、東の白エリアが1080g@@
1200g超えの高いボーダー、過去最高記録みたいです。1回戦参加選手の半数近くが1㎏超えやったんでしょうね@@
僕もなんとか無事に2回戦に進出、エブさんも2回戦に。
2018_06040007_R.jpg
北陸の魔人と小島さんも余裕の通過に素敵な笑顔やね(^^)

さて2回戦。
この頃から風向き変わって結構な向かい風。
2018_06040008_R.jpg
ゴミも流れてきました。
遠投は厳しそう。
1回戦の感じからは狙いは良型の多そうな6色~5色のラインかな。
この付近を探る算段で2回戦スタート。
幸先よく競技開始後すぐに20㎝オーバーの3連。
しばらくこの付近を攻めてみます。
海底に変化があるようでアタリがなければ少し止めて待つスタイルで20㎝前後のキスが当たってきます。
結局最後までこのパターンで数はでませんがサイズの良さそうなキスが多く何とか重量稼げました。

2回戦終了後の検量。
いや~皆さんたくさんのキス持ってますわ~
1回戦であれだけ叩いた後なのに@@
僕の検量結果は1086g。
キロ超えの選手も多くおられました。
ブロック大会に進出できるのは2回戦に進出した約80名の30%、23~24人。
注目のブロックボーダーは900g。
何とかブロック進出することができました(^^)
ありがとうございます~♪
2018年ダイワキスマスターズ鳥取大会優勝は圧倒的釣果1600g超えの経ヶ坂さんでした~♪
2018_06040011_R.jpg
おめでとうございます。
2018_06040013_R.jpg
2018_06040012_R.jpg
2018_06040033_R.jpg
大会運営のダイワスタッフの皆様ありがとうございました。
大会中お声かけていただいたたくさんの皆さんどうもありがとうございましたm(__)m
来月の弓ヶ浜ブロック、楽しんできたいと思います。

明日は報知キスに参加予定、米子に1泊、今回のホテルは衝撃の1泊2500円、フロントのおばちゃん最高でした(^^)

安宿ですが広めの浴場付き、風呂でのんびりして体を癒して夜の米子に。
しかし、ほとんど寝ていないので生ビール3杯目で意識朦朧・・・・・
寝よう・・・
部屋に帰ってきたらまだ午後7時、明るいし(笑)
でもベットで横になった瞬間、意識飛びましたわ。

ギア其の287、「竿立て用パラソル」


いいもん発見。
無改造で装着オッケー(^^)
これ、最高です。
お値段も衝撃の700円(^^)

これから暑くなる浜のキス釣り。
少しでも日陰あると涼しいんだけど、浜にあるわけないし。
日除けになるパラソル探してました。

近所のホームセンターで見つけたこのパラソル、実はチェア用のパラソル。

でも、竿立てにピッタリでした。

使わないときはこんな風に。

今日は夜勤明けだったので、試しに浜に持って行ってみました。
ダイワの竿立てに装着。
身長183cmの僕がギリギリ立って入れます。

パラソルの裏はUVカット、身体全部は陰に入れませんが頭が日陰なだけでとっても涼しかったですよ。
夏のキス釣りが楽しくなりそう(^^)

パラソルの実証実験に少しだけ竿出してみました。
相変わらず浜のキスは絶好調。

18cm~20cmがアベレージ、小型はほとんど混じりません。
2時間ほどでお持ち帰り十分でした。
今年は最高のキス釣りが楽しめてます(^^)

今日のキスは、拾ったワカメと一緒にしゃぶしゃぶ(^^)


ワカメ旨いわ。
メカブは刻んで冷奴で。

今度からキス釣りしながらワカメ探します。
プロフィール

rin

Author:rin
マニア系キス釣りのパイオニア

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
月別アーカイブ